Tour(China)

2019年12月 8日 (日)

西安/ 漢陽陵帝陵外蔵坑保護展示庁(地下館)   [始皇帝ツアー DAY 3 14:00]

1dscn5342 漢陽陵前の広場(石畳)

「漢陽陵考古陳列館 基本陳列」に続いて訪ねたのは「漢陽陵帝陵外蔵坑保護展示庁(地下館)」でした。
バスを降りると、そこは広い石畳の広場で、階段の向こうに陽陵が見えました。

1dscn5344_20191207150501 階段を登ると正面に漢陽陵

階段を登りますと、そこも石畳とその向こうが草地の広いエリアで、右手の通路に沿って進みますと「漢陽陵帝陵外蔵坑保存展示庁(地下館)」の入口でした。

1dscn5345 階段の上から振り返ると一直線に延びた参道

なお、石段を登りきったところで後ろを振り返りましたら、参道が一直線に延びているのが見えましたが参道の先が朧に見えるだけでその長さは分かりませんでした。

1dscn5349_20191207151001  漢陽陵帝陵外蔵坑保存展示庁(地下館)の入口手前

さて、「漢陽陵帝陵外蔵坑保存展示庁」と壁面に記されたエントランス前のゾーンを抜けると、ベンチが数台置かれたエリアに至りました。

1dscn5351 入口で靴の上にカバーをかける

そこでは、ブルーのフィルムにゴムバンドが付いた靴カバーの箱が置かれていて、ここで各自が靴に装着してから館内に入ったのでした。

1dscn5352 漢陽陵全体模型

館内に入って最初に目にしたのは「漢陽陵」の全体模型模型でした。

1dscn5354 地下の展示エリア

更に歩を進めますと証明が抑制された広い空間となり、発掘調査の行われた坑が透明の板を通して足元に見えるという展示がなされていました。
最初は少しスリリングな感じがしましたが、直ぐに慣れました。

1dscn5356 発掘坑の上には透明なアクリル板(?)

1dscn5359 同上

この透明な板のエリアを抜けると、更にもう一層下のエリアに繋がる階段となっていました。

1img_6674 一層下の見学路(発掘坑を横から見ることができる)

一層下のエリアには長い見学路が設けてあって、発掘された坑を横から見ることができるようになっていました。

1img_6683 お茶の販売所(?)、係の人は不在でした

一通り見学を終え、ギフトショップを覗いた後、スロープを通って上に上がってきましたら、そこはもう出口となっていました。
一端出口を出てしまうと逆戻りはできないので、万一はぐれたりしないように出口のゲートを通らずにいましたら、目の前にお茶を販売しているような場所がありました。
ここで販売しているような、と書いたのですが、それは店員さんと思しき人は誰もいなかったことが理由です。

1img_6681 「秦漢古茶」という銘柄の茶葉

とはいえ、経験的にはこの場所はお茶の店であるというのはほぼ間違いのないことと確信しています。
そういう目で見ますと、ここで販売されているのは当館で展示されていた「世界最古のお茶」をイメージした茶葉であり、その名は「秦漢古茶」という銘柄のものであるようでした。
またそのことを裏付けるかのように、店の奥にはギネスブックの認定書が恭しく置かれていました。

1img_6684 ギネスブックの認定書(「漢陽陵考古陳列館 基本陳列」では世界最古の茶葉が展示されている)

   

2019年12月 6日 (金)

西安/ 漢陽陵考古陳列館 基本陳列   [始皇帝ツアー DAY 3 13:10]

1dscn5334 漢陽陵考古陳列館 基本陳列の建物

昼食を「陳列館漢源華宴餐庁」で摂った後、歩いて1分もしない場所にある「漢陽陵考古陳列館」の 基本陳列から巡りました。
この時点で空は厚い雲に覆われていましたが早朝から降っていた雨は上がった様子でした。

1dscn5277 エントランスホール(漢帝室の絵画)

最初にエントランスホ-ルにある漢帝の系譜を使った先生の説明を受けた後、漢帝室を描いた絵画を目にしながら展示室に歩を進めました。
展示されているのは、「瓦頭」という軒先に置かれる瓦や、立位や跪位の人物俑、あるいは着衣させる前後の人物俑、更には家畜としていた牛や豚というような動物の俑など、当時の生活様式や民俗が分かる展示も多くありました。

1dscn5283 瓦頭(秦時代は動物、漢時代は文字、が多い)

1dscn5285 立俑:持彗俑、座俑:跪座俑

1dscn5291 封泥(〇官令印(〇は「巳」の下に「寸」)

1dscn5296 官者俑(これに着物を着せる)

1dscn5298 着衣式女俑(着衣前後の女俑)

1dscn5305 乗馬姿の人物俑(これに着物を着せて馬俑に載せる)

1dscn5309 家畜俑(牛、豚)

1dscn5315 同上

また、彩色された女性の俑もあり、加えてこれらにはそれぞれ異なった髪型が施されていて、当時の女性の服装や髪形が分かるようになっていました。

1dscn5318 彩絵女俑

1dscn5322 彩絵女俑

1dscn5327 彩絵継手跪座女俑

1dscn5330 漢代の髪型は4種類

また、私的に最も興味が惹かれたのは世界最古の飲茶用の茶葉が展示されていたことでした。
先生の説明では、当時はお茶の葉は石臼などで粉末に挽かれたものが薬として服用されていましたが、この時代になって喫茶が行われるようになったということでした。

1dscn5331 世界最古の飲茶用茶葉の展示(ギネスブックの認定証もある)

1dscn5333 世界最古の飲茶用茶葉

1img_6684_20191206155301 ギネスブックの認定書

1dscn5338

   

2019年12月 4日 (水)

西安/ 漢源華宴 (昼食)   [始皇帝ツアー DAY 3 12:10]

1dscn5276 漢源華宴

この日の昼食は「陽陵」にある「漢源華宴」というレストランで摂りました。
ここでは「漢源華宴」については敢えてレストランと書きました。
というのは、ツアーの内容説明では『陽陵の社員食堂』と記されていたのですが、入口の構えはなかなかのものでしたし、また店内の広さやテーブルなどの設備を見ても悪くない!というもので、私達が想像する一般的な社員食堂とは一線を画するレベルのものだったからです。
なお、「漢源華宴」はフルネームでは「陳列館漢源華宴餐庁」というようです。

さて、私達ツアーの一行に用意された4卓のテーブルに着くと、昼食の料理が順次運ばれてきました。
最初はスープで、続いて各種野菜や肉の料理が円卓にどんどん並べられていきました。
その総数は、私が数えただけでも13種類(白ご飯を除く)ありました。
料理はどれも好い味わいでしたし、超豪華とはいいませんが社員食堂というようなレベルの料理ではありませんでした。
私は全ての料理を少しづついただきましたが、それでも満腹になりました。

1dscn5248 野菜や茸類のスープ(淡い塩味ベースで口当たりが柔和)

1dscn5251 筍・胡瓜のような野菜・木耳の甘酢ソース

1dscn5253 海老と海藻(分厚い海苔のようなもの)の炒め物

1dscn5255 玉葱、長葱、木耳、豚バラ肉の炒め物

1dscn5257 豚肉(近華ハムあるいは角煮風)と野菜の炒め物

1dscn5258 野菜スープの麺(米粉の中太麺)

1dscn5259 鶏肉、カシューナッツ、人参、瓜の炒め物

1dscn5260 空芯菜ではなかったような・・・

1dscn5261 包子(蒸された小麦粉の淡い甘味が美味とフワ硬な食感が良い)

1dscn5262 途中経過

1dscn5263 凍み豆腐と野菜の炒め物

1dscn5264 消防の特殊部隊(陽陵の社員食堂ということで、訓練に来ておられた消防の特殊部隊の隊員さんたちがビュッフェスタイルの昼食を摂っておられました)

1dscn5265 トマト、青梗菜、木耳、それと玉子だったでしょうかァ・・・、の具沢山スープ

1dscn5266 左)豚肉の細切り、木耳、パパイアあるいはアスパラガスのような食感の野菜の炒め物

1dscn5267 カリフラワー、木耳、アスパラガスのような食感の野菜、などの炒め物

1dscn5268 店内

   

2019年12月 2日 (月)

秦咸陽宮遺址博物館、秦咸陽城一号宮殿遺址   [始皇帝ツアー DAY 3 10:30]

1dscn5246 秦咸陽宮遺址博物館 外門

「秦咸陽宮遺址博物館」は訪れる人が少ないのでしょうか、それともこの日が雨降りだったからなのでしょうか、鋼鉄製でベンガラ色の外門は閉じられていて、人一人が通り抜けられる大きさの通用口が開いているだけという状態でした。

1dscn5206 秦咸陽宮遺址博物館 内門

バスを降りて敷地内に入り、更に内門を通り抜けると博物館の建物に至りました。

1dscn5209 咸陽宮エリアの鳥瞰立体模型

エントランスを入って少し進んだ場所に咸陽宮エリアを鳥瞰した立体模型がおかれており、ここで鶴間先生から説明がありました。

1dscn5211 秦時代の排水管

また、展示物の中に秦時代の五角形の排水管がありました。
この五角形の排水管は今でも出土するそうですが、尖った方を上にして敷設されているそうです。
今の感覚では尖っている方が下になるようで、今でも発掘された排水管を当地の農民たちは尖った方を下にして利用していることがあるそうでした。

1dscn5214 建物の外に無造作に並べられている排水管

また、秦時代の排水管が二千数百年の時を経た現在に建物の外に無造作に並べられていて、中国という国のおおらかさの一端を垣間見たような気分になりました。

1dscn5215 王朝のシンボルである鼎を皇帝の前で引き上げようとするが、紐が切れたという絵、中央左右付近の人物がひっくり返ろうとしている

上の絵に関しては先生から詳しい説明がありましたが、失念してしまいました。

1dscn5216 銘文陶鼎

1dscn5217 銅壺

「秦咸陽宮遺址博物館」を一時間ほど見学した後、「秦咸陽城一号宮殿遺址」を訪ねました。
「秦咸陽城一号宮殿遺址」は「秦咸陽宮遺址博物館」の裏手にある小高い岡で、知識の無い私などは当地に行っても訪ねるかどうかは疑わしいというもので、鶴間先生に同行させていただいたからこそ訪ねることができたという場所でした。

1dscn5231 秦咸陽城一号宮殿遺址

「秦咸陽城一号宮殿遺址」は小高い岡のような場所で、粘土質の土で覆われているようでした。
そして、朝からの雨が上がりつつも小雨が続いている斜面の小道はツルツルの状態となっていて、足元がおぼつかないものでした。
私も頂上まで登りましたが、草の生えた部分を選んで歩かないと滑って手を突くということになりました。
また、手を突いたところには鋭い棘のある灌木がいくつもあって、私の場合は掌や指の三か所から血が滲むという体たらくでした。

1dscn5232 秦咸陽城一号宮殿遺址からの眺望

漸く「秦咸陽城一号宮殿遺址」の頂きに着きますと眺望が開けていて、渭水の向こう側に小雨の中に朧気ではありましたが復元された宮殿群が見えたのでした。
快晴の空の下でクッキリとした景色を眺めるのも良さそうですが、こういう朧気の中に霞んで見える景色も古の景色を彷彿とさせられ、これまた趣のあるものでした。

1dscn5233渭水の向こう側には復元された宮殿群

なお、この「秦咸陽城一号宮殿遺址」を登ったことについてはさらりと記しましたが、このツアーの中ではかなり想い出深いものとなりました。

   

2019年11月30日 (土)

西安/ 咸陽市博物館 (度量衡原器、前漢時代兵馬俑)   [始皇帝ツアー DAY 3 09:00]

1dscn5205 咸陽市博物館 正門表側

西安2日目は朝から雨が降っていました。
最初の訪問場所は「咸陽市博物館」で、正門の前の狭い道にバスが到着しました。
道が狭くてバスの後ろから来た車からはクラクションが鳴らされることもありましたが、一行はスムーズにバスを降りました。

1dscn5146 咸陽市博物館 正門中庭側

バスを降りて、正門を通り抜けますと、そこは石畳の広い中庭になっていて、数台の自動車が駐車していました。
なお、大門の扁額は正面側も中庭側も「文廟」と書かれていましたが、その意味するところは想像はできるものの詳しくは浅学にして知るところではありません。

1dscn5140 正門を抜けると石畳の中庭があり、その奥に収納品の置かれた建物が並ぶ

中庭の石畳を通り抜けて正面にある建物に向かいました。

1dscn5148 度量衡の原器 升(青銅製、容量は約220ml)

ところで、秦は国内を安定的に統治するに当たって、その方策の一つに徴税制度の整備を行ったのでした。
そして、公正な徴税を行うために度量衡の統一と徹底が必要でした。
咸陽市博物館では、秦時代における度量衡の統一と徹底に係わる所蔵品が多く展示されているそうです。
私的には秦の行政について極一部分ですが知ることができて、それが印象に残った次第でした。

1dscn5158 度量衡の原器に付けられた縦横数センチの小さなプレート(正規のものであることの秦政府による証明)

1dscn5161 雨が降り続く

建物から次の建物に移動する際にも雨は降り続いていました。

1dscn5171 龍の模様が施された建造物の壁

1dscn5172 西漢兵馬俑館

さて、「咸陽市博物館」での一番の見どころは前漢時代の兵馬俑らしいです。
ここでは6,000体ほどの収蔵を誇るそうで、始皇帝陵の兵馬俑に比較するとサイズは小さいものの全体に彩色が施されているのが特徴のようです。
また、人馬が一体で成形されているものが多いのですが、これは前漢になって兵馬俑のサイズが小ぶりになったことで成形、焼成が容易になったというのが主たる理由だそうでした。

1dscn5180 前漢時代の兵馬俑(人馬一体成型、彩色、高さ約70cm?)

1dscn5185 前漢時代の兵馬俑(高さ:50~70cm)、陳列左側から撮影

1dscn5195 陳列右側から撮影

1dscn5200 浙江省から来られたというお兄さんに頼まれて写真を撮るHO氏

   

2019年11月28日 (木)

西安/ 諾世嘉頓酒店 ROSE GARDEN (朝食)   [始皇帝ツアー DAY 3 07:00]

1dscn5132 レストランからの眺め

二泊目となったホテル「諾世嘉頓酒店 ROSE GARDEN」では、前日の睡眠不足を取り戻すべく熟睡しました。
午前6時に起床してシャワーを浴びた後、HO氏と7時にホテルのレストランに朝食を摂りに行きました。
このホテルでの朝食は2回目でしたので、案内のお嬢さんに言って今度は大きな窓から外の景色が良く見えるテーブルに着かせていただきました。

1dscn5110 卵料理のオーダーカウンター

一旦席に着いてから徐に向かったのは卵料理を注文できるオーダーカウンターでした。

1dscn5107 ポケトークの画面

ここでは、HO氏が持参しておられた「ポケトーク」を借りて「中国風の卵料理をお願いします。」と料理人さんに伝えるべく「ポケトーク」に話しかけました。
すると、「ポケトーク」はその内容を中国語の音声と文字で料理人さんに伝えてくれたようで、料理人さんは少しニヒルな笑みを浮かべながら右手の親指をクッキリシャッキリ立てて了解した旨を示してくれたのでした。
この時、私は思わず「ポケトークよ、おぬし出来るやつよのう!」とつぶやいたのでした。

1dscn5112 具材の炒め

先ず、料理人さんは数個のバットにならぶ切り刻まれたハムのような食材などを指さして、「どれを入れましょうか?」というような仕草をされたので、私は知っている数少ない中国語の単語の中から「全部~。」と告げました。
すると、料理人さんは心得た!という感じでいくつかの食材を取って熱せられた鉄板の上に置かれたのでした。
ここで、余談ですが、近年の幾つか星の付いているホテルでは同様のサービスが行われていて、私は多くの場合はオムレツを注文し具材は全部入れたものを作ってもらうことにしています。
その手順や食材を憶えていますが、この日料理人さんが採られた手順はオムレツを作るものと同じように見えたのでした。

1dscn5113 卵を撹拌

料理人さんは具材を鉄板の上で炒めながら、やおら卵をボールで掻き混ぜ始めました。

1dscn5114 撹拌した卵を焼く

そして、掻き混ぜた卵を鉄板の上に丸く広げたのでした。
因みに、この時点では私は料理人さんが何やら中国風の卵料理に仕上げてくれるものと信じておりました。

1dscn5116 卵に具材を載せて・・・

更に見ていますと、料理人さんは広げた円形の卵の上に炒めた具材を移したのでした。
この時点で、私はオムレツに類似した中国風の卵料理ができるものと僅かな望みを捨てずにいました。

1dscn5117 オムレツ

が、料理人さんが「できあがりィ~。」という仕草で皿に置いてくれたのは紛れもないオムレツでした。

さて、オムレツを一旦テーブルの上に置いてから、再び料理を取りに行きました。
目指した先は中国料理のゾーンで、見て回りますとソソラレル料理が沢山並べられていました。

1dscn5120 ブロッコリーのクリームソース的な料理、菻香小黄魚(Small yellow ?? with garlic sauce)、酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)

1dscn5122 青梗菜の炒物、花肉炒菜花(Fried cauliflower with flower meat)、干煽豆角(Spilt stir fried beans)

1dscn5124 焼餃子、酸辡土豆玆(Hot and sour potato silk) 、清炒荷〇豆(Sauteed snow peas)

1dscn5125 欧式炒飯(Europian fried rice)、炒意大利面(Stir fried pasta)

1dscn5129 左)[左上から時計回りに]酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)、焼餃子、欧式炒飯(Europian fried rice)、炒意大利面(Stir fried pasta)、干煽豆角(Spilt stir fried beans)  右)オムレツ

そして、私が選んだのは「酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)」、「焼餃子」、「欧式炒飯(Europian fried rice)」、「炒意大利面(Stir fried pasta)」、「干煽豆角(Spilt stir fried beans)」で、これらと料理人さんに作ってもらった「オムレツ」を全て美味しくいただいたのでした。
なお、個人的な感想ですが、二種類の焼きそば、炒飯、それに焼餃子は好い味でございました。

   

2019年11月26日 (火)

西安/ 諾世嘉頓酒店 ROSE GARDEN(鶴間先生特別講義、夕食)   [始皇帝ツアー DAY 2 20:00]

1dsc_1775 鶴間先生特別講義

この日のツアーは、兵馬俑坑に始まり秦二世皇帝陵まで盛りだくさんでした。
更に前夜は2時間半ほどの睡眠でしたが、ツアーに参加された皆さんも元気でホテルに戻ることができ、20時から夕食となりました。
夕食は、青島麦酒で乾杯を交わした後、鶴間先生による特別講義を拝聴しながらいただくというものでした。

先生の講義は予め用意された資料を映しながらのもので、内容の濃いものでした。
また、料理も10種類以上も供されて、とても憶えられるものではありませんでした。
味はピリ辛のものや素材を活かしたものが供され、どれも美味しく一通り全部をいただきました。
とはいえ、量が多かったようで、残ってしまった料理も多く、勿体ないことでした。

また、料理に加えて麦酒も飲みきれないくらいどんどん供されて、日中平和観光さんの豪華アレンジには感謝するものでした。

1dsc_1774 青島麦酒 純生

1dsc_1772

1dsc_1776

1dsc_1778 中央の箱はウェットティシュ

1dsc_1779 盛り付けも綺麗

1dsc_1781 スープは各自に一皿づつ

   

2019年11月24日 (日)

西安/ 秦二世皇帝陵   [始皇帝ツアー DAY 2 18:05]

1dsc_1764 天下一統のモニュメント

「秦二世皇帝陵」は「秦二世遺址公園」の中にあり、この公園の入ってすぐの処に「天下一統」と記された大きなモニュメントが建てられていました。

1dsc_1765 18:08 甲冑のモニュメントが並べられていた

「天下一統」のモニュメントを右に見ながら公園の奥に進んで行きますと、石畳の道の左手には秦代の甲冑を模したモニュメントが十数体並べられていました。

1dsc_1766

そして、石畳の道の奥に「秦二世皇帝陵」と書かれた扁額が掛けられた大きな門のような建物がありました。

1dsc_1767

大きな門のような建物は閉じられていて、建物の横を通って裏に周りますと、ここには「後事之師」と書かれた扁額が掛けてありました。

1dsc_1770 秦二世皇帝領

そして、建物の裏は石畳のエリアになっていて、そこに「秦二世皇帝陵」と記された碑があり、その向こうに緑の草で覆われた陵墓がありました。
その大きさは秦の始皇帝の後を継いだ二世皇帝の陵墓としては余りにも小さなものでした。

1dsc_1771 18:22 甲冑のモニュメント

再びバスに戻るべく来た石畳の道を歩きましたが、わずか15分ほどの間に辺りは暗くなってしまっていました。

   

2019年11月22日 (金)

西安/ 陝西省歴史博物館   [始皇帝ツアー DAY 2 16:00]

1dsc_1743 陝西省歴史博物館

「陝西省歴史博物館」は秦から唐時代の陵墓からの出土品などの展示では中国国内(=世界)でも高いクオリティと量をほこる博物館だそうです。
ここも多くの人で溢れていました(兵馬俑坑に比べるとずっと少ないでした)が、Travel Earphoneのお蔭で鶴間先生やここで合流された市来先生(鶴間先生のお弟子さん、西安の大学で教鞭をとっていらっしゃる)の解説をクリアに聴くことができました。

1dsc_1744 ホール

1dsc_1748 水牛の酒器(青銅製):酒を背から入れて鼻から注ぐ

1dsc_1750 酒器

1dsc_1753 古の中国では椅子に座るという様式はなく、少し高く設えられた台に敷物を敷いてそこに座ったのですが、その敷物の四隅を押さえる4個の重しで、虎のデザインに金メッキが施されています。映画「キングダム」では鶴間先生の監修によってこの様式が採用されたとのこと。長澤まさみ様が山の王として着座されていた敷物の四隅にも置かれていたとのことです。(なお、あちらのチリトリのようなものは何かは分からないでした。)

1dsc_1754 青銅製の龍(東京国立博物館でも展示されたとのこと)

1dsc_1755 兵馬俑

1dsc_1757 青銅製馬車

1dsc_1758 青銅製の鳥

1dsc_1760 騎駝胡人小憩俑、国宝

1dsc_1761 まどろんでいるのは胡人の男性とのこと、右腕の袖が垂れています

   

2019年11月20日 (水)

西安/ ザクロ

1dscn5097 始皇帝陵の傍にある露店群

1dscn5096 シーズンであったのかザクロが並べられていた

始皇帝ツアーで最初に訪れた街「西安」ではあちらこちらでザクロが売られているのを目にしました。
中国でお世話になった現地ツアーコンダクターさんからは、色の白いザクロが美味しいとのことをうかがいましたので、よく見ると売られているザクロは色白のものが多かったでした。

そういえば、昨年の10月、ちょうどこのツアーと同じ10月にトルコにHO氏と行きましたが、その時もザクロがあちらこちらで売られていました。
そこでザクロの起源をネットで調べてみますと、諸説いろいろあるようですが、遺伝子解析によるとシリアあたりに起源があるようです。

すると、ザクロはシルクロードを伝って西はトルコへ、東は中国へ伝わったということのようで、シルクロードの東の起点である西安(長安)で西の起点であるトルコのイスタンブールで頻繁に目にしたのと同じザクロを見たということに感慨深いものがありました。

1dscn5094 ザクロは外観の白いものが美味ということで、白いザクロが並べられていました

なお、トルコで見たザクロは日本と同じように外側が赤いものが多かったように記憶しています。
赤いのと白いのとザクロの品種に何かの違いがあるようですが、美味しければ気になるほどのことではありませぬ。

   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BAGEL BRASIL Ch.Mouton Rothschild CHINA Christmas DETRIOT Egypt GERMANY Houston INDIA JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia MEXICO MLB NEW YORK New York (Classic Concert) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 STAR WARS TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) Tour(China) TURKEY_ United States of America USA (Sports) USA(Nature) VIETNAM WINE うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) カツ丼 カレーパン キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン バレーボール パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 ミックスジュース メキシコ メキシコ(酒類) モスクワ モーニングサービス ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カツ丼) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ビール) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(ラーメン) 京都(ワイン) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京都(清酒) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(うどん) 八重洲(カフェ) 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(カフェ) 千葉県(中国料理) 千葉県(居酒屋) 千葉県(豊四季) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(もんじゃ焼) 国分寺(カツ丼) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺東(ワイン) 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(チャーハン) 堺(ハンバーグ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(韓国料理) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カツ丼) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(洋食) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カツ丼) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(天丼) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(焼鳥) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 尿管結石 居酒屋 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カツ丼) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社 祭礼) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カツ丼) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(ヴェトナム料理) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋ランチ) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早慶戦 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中国料理) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 東京駅(駅弁) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(ワインバー) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(カフェ) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川(餃子) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 観劇 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(和食) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800 PC

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ