CHINA

2020年11月24日 (火)

上海/ 人民公園   [2019.10.24.09:20]

1img_7640 人民公園入口

2019年10月24日は木曜日、すなわち平日でした。
そして、人民公園も平日の佇まいを呈しているようで、静かで落ち着いた空気が満ちていました。
なお、「ようで」と記しましたのは、この日以外に平日の様子を知らないから推察したためです。ただ、公園内に居られる人々を見ますと働き盛りの人達や子供達の姿よりも老齢に達した人達や人生の中で時間に余裕のある人達の姿が多かったように見えたことから平日の佇まいと記した次第です。

1img_7643

人民公園には手入れの行き届いた多くの木々や草花が植えられていて、程良い日向があれば程良い木陰もあり、ここを訪れた人達はそれぞれに和やかに過されているようでした。

1img_7644

暫く歩いていますと、何やらおっちゃんたちが集まってはりました。

1img_7645

傍に寄って見ますと、それは熱心にカード(と思う)を楽しんでいるおっちゃんたちと、それを取り巻いてこれまた熱心に眺めているおっちゃんたちでした。
そして、おっちゃんたちは私達が近寄っても皆さん我関せずという状態で、カードプレイが余程面白いものなのか、はたまた白熱したものなのであろうと思えたのでした。

1img_7648

また、人民公園内には「茶苑」という所謂喫茶店があり、そのガラス壁には「御茶」、「茶新味」とかの文字が見えたのでした。
また、店内にはCocaColaのあの赤いボディの冷却ボックスがあり、アメリカの飲み物も受け入れられているのが見えました。

1img_7649

公園内では太極拳をされているグループもあり、中国関連の情報で良く目にする光景がここでも見られました。

1img_7650 歩数標示

公園内には周遊ルートが設定されているようで、要所間の歩数や通産歩数が表示されたボードがありました。
なお、このボードの土台には「全民健康生活方式行動」と書かれていて、中国でも健康のために歩くことが推奨されているように推察した次第でした。

なお、このボード付近であったと思いますが、5~6人のおばちゃんのグループから写真を撮って欲しいと求められ、おばちゃんたちのスマホで数枚の写真を撮って差し上げました。賑やかで明るいおばちゃんたちでした。おばちゃんは日本も中国も同じようです。

1img_7651 こちらは、旗を使った演技の練習?

1img_7652 多くの人が立ち寄っていた蓮の池


1img_7655 池の景色を愛でる茶室

1img_7657 池の向こうにおっちゃんたち

1img_7658 こちらもおっちゃんたちがカードに夢中

1img_7659 ここでもおっちゃん達が白熱

1img_7661 鍵盤の付いた弦楽器を弾く御老体とそれを聴く若い親子

人民公園では30分ほど逍遥し、次の目的地である上海博物館に向かいました。

   

2020年11月23日 (月)

上海/ 人民大舞台 People Grand Theater   [2019.10.24.09:10]

1img_7635 人民大舞台

朝食後、チェックアウトを済ませ、人民公園から上海博物館を訪ねるべくホテル「王宝和大酒店」を出ました。
なお、チェックインの際にクレジットカードで支払っていた1,000元のデポジットの返却手続きを終え、大きな荷物はベルデスクにお願いして昼頃まであずかってもらうことにしました。

1img_7631 日本の演劇も上映されていた

ホテルを出て、HO氏のナヴィゲーション宜しく九江路を西に向かいますと、ほんの数分の処で日本語のポスターが目に入りました。
良く見ますと、東野圭吾氏の「虚無の十字架」が2020年2月7-9日に上演されるという内容でした。
政治と離れた分野では、例えばこちらのように日本の演劇も取り入れられているということを知り、日本での報道だけを情報源にしていると中国に関する知見は狭くなっているということを改めて認識しました。また、同時にその逆もあり得ることと思料した次第でした。
やはり、外国の街は自分の足で歩き、自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の肌で感じないと、イカンということを改めて実感したのでした。

なお、東野圭吾氏の「虚無の十字架」が2020年2月7-9日に上演されるということでしたが、疫病コロナによってどのようになったかは寡聞にして知るところではありません。とはいえ、顛末は想像は容易にできることでしょう。

1img_7633 人民大舞台 People Grand Theaterの由緒来歴

1img_7633001 英語の部分を拡大

1img_7632

   

2020年11月22日 (日)

上海/ 王宝和大酒店 二楼 咖啡庁 (朝食)   [2019.10.24.08:30]

1img_7295 王宝和大酒店(二階) 咖啡庁

昨年の10月下旬にHO氏と上海を訪ねた記録は書き続けるべきか些か迷ったのですが、ここで書いておかないと当分の間書くことはなくなってしまうようなので、最終日である2019年11月24日の出来事について思いだすままに書いておくことにしました。

さて、この日の朝食も宿泊したホテル「王宝和大酒店」の二階にある「咖啡庁」と名付けられたダイニングルームでいただきました。

1img_7616 包子が4種類

この朝も何か美味なるものをいただこうと広いダイニングルームの中を巡りますと、先ず目に飛び込んできたのが「包子」のコーナーでした。
ここには4つの大きな蒸籠が並べられていて、表示を見ますと「菜包」(Vegetable Bun)、「肉包」(Meat Bun)、「紫薯」(Purple Sweet Potato)、「抹茶松糕」(Macha cake)となっていました。
そこで、朝食ですから甘くない包子をと思い「菜包」と「肉包」を皿に取りました。

1img_7617 ワンタンスープ

また、包子のコーナーの横にはワンタンスープのコーナーがありましたので、ここから一椀のワンタンスープをいただきました。

1img_7623

一旦テーブルに戻って包子とワンタンスープを置いてから、再び温かい料理がならぶコーナーを巡って「吋令鮮蔬」(Seasonnal Fresh Vegetable)を2種類、「炒河粉」(Fried River Powder 直訳ですな)、「法式吐司」(French toast)を皿に取りました。

1img_7619

順番としては、最初にワンタンスープをいただきました。
鶏ガラベースのスープとワンタンは塩味を基本としたあっさりとした味付けで、これは朝の一品として実に良い味わいを呈していて食用増進効果が抜群に良く、更に小ぶりのボウルにて供されていることからサイズ的にも次の料理に進む上で丁度好い加減でした。

1img_7622

次いで2種類の「吋令鮮蔬」、「炒河粉」、「法式吐司」をいただきました。
これらの内で「炒河粉」は私の好む味付けのものでした。その味は、シンガポール、バンコク、ジャカルタなど東南アジアの主要都市のホテルでいただけるものと同じ味付けで、これは中華圏に共通の味ということを改めて認識したのでした。

なお、「法式吐司」についてはフレンチトーストということを認識しないで食べたのでしたが、その時の感想として『三角卵焼?』、『卵豆腐の揚げ物?』とメモしていました。
フレンチトーストと認識していたならば「甘い!」とか「これはデザートとして食べた」とかメモしたところでしょうけれども、朝食の一料理という先入観があったことから『三角卵焼?』とか『卵豆腐の揚げ物?』と変なことをメモしつつ余り抵抗なく他の料理と共に食べていたのでした。が、後になってみますと、滑稽なる思いだけが脳裏を過ぎるのでした。

1img_7624 肉包

そして、最後に包子をいただいたのでしたが、「肉包」はかなりペースト状に近い肉餡で満たされていて、調味料が濃い目の中に肉の旨味が感じられ、これが蒸された皮の小麦粉系旨味と合わさって良い味の一品に仕上げられていました。

1img_7625 菜包

また、「菜包」は胡麻油で炒められた青菜が得もいえぬ苦みと甘味を出していて、こういう包子なら日本でも流行るものと推察したのでしたが、日本には「お焼き」という似た味のものがあるので競合するかもしれないと思料するところでもあります。

1img_7610 茶叶蛋

なお、並べられた温かい料理の中に「茶叶蛋」という鶉の卵をお茶で煮たものがありました。
これを見て、前日に豫園にある湖心亭で供されたお茶のお供が「茶叶蛋」であったということが分かった次第でした。

   

2020年11月11日 (水)

上海/ 木岩 MOYEN Lounge & Bar (Canadian Club on the rocks)   [2019.10.23.21:55]

1dscn5489 木岩 MOYEN Lounge & Bar (九江路619号)

中福大酒店のバーでスコッチを飲んだ後、宿泊している「王宝和大酒店」の戻ることにしました。

1dscn5487

しかしながら、私個人としては些か飲み足りない気分であったことと、この宵が今回の中国旅行では最後の夜になるという思いがあったこともあり、中福大酒店を出たところ目と鼻の先にあった「木岩 MOYEN Lounge & Bar」という店が目に入りました。

そこで、あまり乗り気ではなさそうに見えたHO氏を半ば強引に誘って、「木岩 MOYEN Lounge & Bar」のドアを開けたのでした。

1dscn5469 店内はカウンターバー&テーブル席

「木岩 MOYEN Lounge & Bar」の店内にはカウンターバーとテーブル席があり、私達は道に面した窓のあるテーブルに着きました。

そして、飲み物のリストの中からHO氏は「Talisker」(ストレート)を、私は「Canadian Club」(ストレート)をいただくことにしたのでした。

また、併せてミネラルウォーターもオーダーしたのでした。
ミネラルウォーターは注文して直ぐに伝票とともに供されたのでしたが、その価格がウルトラに高額でしたので、ウェイターさんに返却したい旨を告げると、ニッコリとほほ笑んでアッサリと認めてくれたのでした。
このミネラルウォーターはヨーロッパからの輸入物で、その価格設定はだれがみても高すぎるようでしたし、ウェイターさんもそのことは重々に認識していたようでした。
因みに、このミネラルウォーターはノルウェイのもので35元でした。

なお、この後に無料の水を所望し、これもニッコリほほ笑んで持ってきてくれたのでした。

1dscn5474 Talisker(奥)、Canadian Club(手前)

ミネラルウォーターごときでしたが一瞬の緊張が走った後、暫くして注文した「Talisker」と「Canadian Club」が厚手のロックグラスに入れて供されたのでした。
そして、ストレートでと注文したのでしたが、どちらのグラスにも氷が入れられていたのでした。
ま、気にしなくても良いことでしょうな。

1dscn5470 若者と欧米系の客が多い

1dscn5450 王宝和大酒店

そして、23時頃ホテルに戻り、眠りに就いたのでした。
沢山歩いた一日でした。

   

2020年11月10日 (火)

上海/ 中福大酒店 BAR (Glenfiddich 12 years)   [2019.10.23.21:10]

1dscn5464 中福大酒店 BAR のエントランス@1階ロビー奥

地下鉄の南京東路駅を出て南京路を経て宿泊している王宝和大酒店の付近に戻ったのが丁度21時という頃合いでした。
寝るには未だ早い!と思い、HO氏にもう一軒寄って行こうと誘って向かったのが、王宝和大酒店に近接するホテル「中福大酒店」のバーでした。

1dscn5463 バーカウンター(カウンターではあるけれどもストゥーはありません)

ロビーを通り抜けてバーに入って行きますと、お好きなテーブルへどうぞ、というような意味の言葉をかけられたので大きな窓からそとが見える奥のテーブルに着かせていただきました。

英語の流暢なウェイターさんから手渡された飲み物のリストから、HO氏は「Jack Daniel’s」をストレートで、私は「Glenfiddich 12 years」をストレートでいただくことにしました。

1dscn5459 Glenfiddich 12 years(手前)、Jack Daniel’s(奥)

暫くして注文した「Jack Daniel’s」(ストレート)と「Glenfiddich 12 years」(ストレート)が供されました。
が、私のはロングタンブラーに注がれていました。
ま、中身の量は変わらないようですから気にすることはないというものではありますが、珍しいスタイルやねぇ~とHO氏と語っただけでした。

1dscn5460 salted nuts

また、同時に塩をまぶしたナッツ類が供されましたが、これが存外にイケル!一品でした。

1dscn5453 ロビー(バーからの眺め)

   

2020年11月 9日 (月)

上海/ 席家花園酒家 (古越龍山 庫蔵八年除、蟹粉豆腐、漁香茄子◇(◇は保の下に火)、蟹粉小笼)   [2019.10.23.18:15]

1dscn5431 席家花園酒家(静安区鹿路889号)

歩きに歩いて漸くHO氏のガイドブックで紹介されていた「洋館レストラン」のエリアに到着しました。
このエリアでは、昔この地に居た西欧の人たちが住んでいた建物をレストランにしていて、かなり高級なレストランが数軒並んでいるそうです。
私達はそれらの中から「席家花園酒家」という名前の中国料理のレストランを訪ねました。

これまでの私の浅い経験の中でもこういう高級レストランは予約が原則であり、更には高級レストランならではの使い方というものがあって多くのお客にとってはハレの日に利用する場所であることからそれなりの服装というものが求められるものです。
そして、私達は予約すらしていませんし、その服装はカジュアル以外の何物でもなかったのでした。

そうはいっても、この店を目指してここまで来たのですから、先ずは入店が可能かチャレンジしてみることにしました。
建物のエントランスに繋がる階段を上がり、エントランスの奥にあるレセプションでマネージャーさんと思しき正装の男性に来意と予約はしていない旨を英語で告げました。

1dscn5429 

すると、マネージャー氏は暫し考えてから店内奥のスタッフに確認して、漸く階段に近い場所であればテーブルを用意できると応えてくれたのでした。
私達の状況を考えますと、店内2階奥のライトアップされた庭園が見渡せる窓際のテーブルを用意して欲しいなどということはできません。
それで結構ですと応じたのでした。

そして案内されたのは、1階フロアの奥のメインダイニングルームの入口の傍のテーブルでした。
が、そこは給仕さんたちが階段を時折行き来するもののまあ落ち着いたテーブルでしたし、近くには上品なカップルが居られるテーブルもあり、突然訪ねたにしては結構なテーブルでした。

1img_7609 テーブルセッティング

そして、席に着いて、供された「お湯」(日本ではお茶に相当する位置付けか?)を啜りながら紹興酒のリストと菜譚を眺めました。

1dscn5416 古越龍山 庫蔵八年除(紹興酒リストには古越龍山青瓷8年Gu Yue Longshan Celadon 8 yearsと記されている)、奥はお湯が入れられたポット

紹興酒については価格の手ごろさから「古越龍山 庫蔵八年除」を選択しました。
また、料理に関してはHO氏に選択を委ねた次第でした。
なお、私達のテーブルはフロアマネージャと思しき女性が対応してくださいましたが、気遣いといい挙措動作といい丁寧なものでした。

1dscn5420 ボトルの背面

1dscn5414

「古越龍山 庫蔵八年除」は8年物ではありましたが紹興酒固有の馥郁たる香りも、口腔内に広がった少しトロリ感を帯びた口当たりも、どちらも宜しく、好い紹興酒でした。

1dscn5421 蟹粉豆腐 Braised bean curd

紹興酒を楽しんでいますと最初に「蟹粉豆腐」が供されました。
これは絹ごし豆腐が蟹の身や蟹みその海で泳いでいるというもので、淡い塩味が付けられていました。
口当たりは非常に滑らかで、蟹みその濃厚な味わいと豆腐の淡い味わいがバランスした一品でした。

1dscn5422 厚手の紙の容器に入れて加熱され、アツアツの状態で食する

1dscn5425 漁香茄子◇(◇は保の下に火)Fishing incense eggplant

「漁香茄子◇(◇は保の下に火)」はピリ辛系の茄子料理で、メニュには茄子350g、ミンチ肉50gという記述がありました。
マーボー茄子ではありませんが、白いご飯があればお代り間違いないところでしょう。
紹興酒にも好く合う料理でした。

1dscn5428 蟹粉小笼 Crab meat dumpling

そして最後に小龍包が供されました。
小龍包は前菜的にいただく心づもりをしていましたが、3番目に供されました。
前回の上海出張の際も、はたまたNY時代の経験でも、小龍包が最初に供されないことは何度か経験したことであり、これは蒸時間のせいなのか、あるいは料理の順番としてこういうものなのか、確かめたいところです。

1dscn5430 西瓜

最後にデザートの西瓜が供されて食事を終えました。

支払いを終え、フロアマネージャの女性に帰りのタクシーを手配して欲しい旨を告げますと、タクシーは来ないのでバスか地下鉄を薦められました。
そして、彼女はわざわざバス停にまで付き添ってくれたのでした。
が、バスはなかなか来ませんしタクシーも通りません。
そこで、地下鉄にすることにして駅の方向を教えてもらっらたのでした。
それにしても、わざわざ私達のために店から結構離れた場所にあるバス停にまで付き添ってくださった親切はとても有り難かったと同時にここまでの親切な対応は日本でもアメリカでも経験したことがなかっただけに、HO氏共々改めて感謝の気持ちでいっぱいになったのでした。

1dscn5433 静安公園では路上ライヴに人だかり

ということで、ホテルへの帰途は予想よりも少し多く歩くことになりましたが、静安公園を通り抜け、地下鉄を静安寺駅から南京東路駅まで乗って無事帰ることができたのでした。

1dscn5439 静安寺駅付近の景色

1dscn5441 静安寺駅

1dscn5443 地下鉄の乗車カード

1dscn5445 南京東路駅

1dscn5449 南京路

   

2020年11月 8日 (日)

上海/ 逍遥 (新天地 ー 淮豊茶荘)   [2019.10.23.16:58-17:21]

1img_7594 16:58

新天地エリアを16:45頃に出て、夕食を摂るべく静安寺エリアにある洋館レストランに向かいました。
そのルートに関しましては、HO氏のナヴィゲーションに委ねきっておりましたし、周囲の景色も夕闇に包まれ始めましたことから正確に記憶するところではありません。

さて、歩き始めて15分程経ったころでしたが、夥しい数の料理が並べられた店の横を通りました。
店自体は食材を販売するようでしたが、扱う食材を使った料理も販売しているように推察しました。

1img_7595

道に面した大きなガラス窓の向こう側には東坡肉のようなそそられる料理も並べられていましたが、それよりも何よりも目を惹いたのは上海蟹でした。
それも10杯以上の数が積み重ねられていました。

1img_7597 17:01 中国社会主義青年団 中央机◇旧址記念館」(◇は送という文字からしんにゅうを除いた部分と同じ)

1img_7596 

更に少し歩きましたらレンガ造りのエントランスとその奥深くに続く路地が現れました。
ここは「中国社会主義青年団 中央机◇旧址記念館」(◇は送という文字からしんにゅうを除いた部分と同じ)だったようです。

1img_7598 17:02 光明邨大酒家

また、「中国社会主義青年団 中央机◇旧址記念館」(◇は送という文字からしんにゅうを除いた部分と同じ)」から1分程歩いた処には、2010年5月28日に私が一人で街を歩いている際に夕食を摂った「光明邨大酒家」がありました。
店の2階で摂った食事を懐かしく思い出しましたが、また店の前には行列ができていることを見て当店が繁盛しているのを嬉しく思った次第でした。

1img_7599 17:17 @交差点(淮海中路&陜西南路、向こうのビルは Okura Garden Hotel Shanghai )

「光明邨大酒家」を通りすぎて淮海中路を西に進みますと陜西南路との交差点に至り、宿泊していたOkura Garden Hotel Shanghaiが右手に見えました。

1img_7601 17:21 淮豊茶荘

そこで、HO氏に付き合ってもらって、2010年に訪ねた中国茶の専門店で陜西南路を少し南へ入ったところにある中国茶専門店「淮豊茶荘」を訪ねました。

1img_7602

店の中に歩を進めますとあの時に対応してくださった日本語を話されるご婦人が居られ、これまた懐かしい思い出に耽ったのでした。
なお、この店よりも少し南側にある回教料理の店「蘭州正宗牛肉麵」も探しましたが直ぐには見つからず、HO氏に迷惑をかけてはいけないので探すのを諦めた次第でした。

なお、この後は日が暮れた上海の街をひたすら歩いて洋館レストランに向かったのでしたが、残念ながらルートに関しては記憶も記録もありません。
   
   

2020年11月 7日 (土)

上海・新天地/ M The Market Lane (WATERMELON STRAWBERRY CAKE、 JASMINE TEA)   [2019.10.23.15:40]

1img_7554 「上海新天地」の標示on自忠路bet黄陂南路&馬当路

私は帰国してから認識したのですが、「上海新天地」というのは上海で有名なオシャレエリアだそうです。

1img_7555 馬当路(左側=東側が「上海新天地」)

そう言われれば「上海新天地」を囲む道路の一つである馬当路沿いの建物もそういうオシャレな雰囲気を存分に纏っていたようです。
HO氏と私は特にあても無く「上海新天地」エリアを通り抜けようとしてはいましたが、どこか休憩できそうな店があればそこに入ろうという気分でした。

1img_7572 M The Market Lane

馬当路を暫し歩いていますと、沿道にパラソルを並べその下にテーブルを設えた世界レベルでもオシャレという部類に入るカフェがありました。
なお、そのカフェの名前についてはメニュの表紙から「M The Market Lane」(上海市黄浦区馬当路159号新天地北里105B)であることが分かりました。

私達は店先に立つお嬢さんに二人であることを告げますと、店内にするか沿道のテーブルにするかを問われました。
この日は穏やかな天気で暑くも寒くもなかったので沿道のテーブルを選ばせて頂き、空いているテーブルに着きました。

1img_7571 水のグラスも洗練されている

席に着いて直ぐに白いブラウスに黒いパンツの女性が水とメニュを持ってきてくれました。

1img_7560 Menu

メニュには20種類程のケーキが写真と共に載せられていました。
どのケーキもソソラレルものがあり、選択するのに些か迷うところでしたが、HO氏も私も最初のページにあった「WATERMELON STRAWBERRY CAKE(西瓜蛋糕)」をいただくことにしました。

なお、メニュを眺めている時のことでしたが、HO氏の座る椅子の斜め後ろに老齢のおっちゃんとおばちゃんが音も無く近づき、ジッと立ち続け始めたのでした。
おっちゃんもおばちゃんも身なりは高級なものではありませんがちゃんとした姿格好でした。が、私の経験では明らかに物乞いの人たちでした。
1分くらい経ったところで店頭に立つお嬢さんを呼んでそれとなく注意を向けると、お嬢さんの一言二言によっておっちゃんとおばちゃんにはその場を移動してもらうことができたのでした。

1img_7574 WATERMELON STRAWBERRY CAKE(西瓜蛋糕)

さて、注文を終えて10+α分した頃合いで、「WATERMELON STRAWBERRY CAKE(西瓜蛋糕)」が供されました。
その姿はたいそう華やかなもので、金色のケーキ皿によってより華やかさが増していました。

1img_7576 横

改めて横から眺めますと、西瓜の果肉の層を中心にクリームそしてスポンジが上下に重ねられています。

1img_7578 真上

また、真上から眺めますとカットされたイチゴ、カットされたブドウ、が載せられていて、その上に淡い紫色の花がランダムに載せられており、加えてピスタチオの実の砕かれたものが一振り撒かれていました。

フォークを入れて一口サイズにカットし、それを口に運びますと最初に上に散らされた花の香が爽やかに広がりました。
その香が鼻腔を通り抜けて新天地のドライな空気のせいか清涼に感じられたのでした。実に印象的なアレンジメントです。

更に、先述の通り西瓜の層がクリームに挟まれていることでその瑞々しさが保たれており、西瓜のシャルリシャルリとした歯応えが何かクリスピーなものがあるように感じられるという実に斬新な食感を呈していたのでした。

なお、ケーキの上に添えられていたブドウのスライスが程良い酸味を呈していて、好ましいアクセントとして機能していたのも印象的でした。

1img_7582

なお、「WATERMELON STRAWBERRY CAKE(西瓜蛋糕)」を眺めている間に「JASMINE TEA(茉莉花茶 )」が供されました。

1img_7586 JASMINE TEA(茉莉花茶 )

「JASMINE TEA(茉莉花茶 )」は予め淹れられたものがガラスの小ぶりなポットで供されました。これも程良い淹れ具合で、ジャスミンの香りが強すぎず弱すぎず、「WATERMELON STRAWBERRY CAKE(西瓜蛋糕)」と絶妙のバランスで存在感を醸しだしていました。

1img_7589 店内2階 階段を上がりきったところ

1img_7590 店内2階

なお、こちらには約1時間いて、まったりとした時間を過ごすことで足の疲れも癒えたのでした。
再び歩き始める前に手を洗おうと思いエントランスに立つお嬢さんに尋ねますと、建物の2階に案内されました。
その際に店内を見ますと、こちらも良い感じの設えとなっていました。

   

2020年11月 6日 (金)

上海/ 老友螺螄粉 (原味螺螄粉)   [2019.10.23.14:40]

1img_7543 老友螺螄粉(西蔵南路388)

紹興酒の専門店の前を通りすぎ数分歩きますと大きな通りにでました。
そして、この大通りを渡りますと食べ物屋が2軒並んでいましたので、その内の左側に位置する料理は店の名前からは想像できないものの小麦粉を使った料理が供されるであろうということと、先客が何やら麺をすすっていることから、「老友螺螄粉」という店に入りました。
なお、店の建物にある住居表示(西蔵南路388)の写真からこの大通りは「西蔵南路」ということが分かりました。

1img_7542 店内

「老友螺螄粉」は奥に長い店内となっていて、注文は一番奥にあるオーダーカウンターでするようになっていました。
HO氏と私は様子を窺いながらジワリジワリと店内奥に歩を進めますと、おばちゃんも顔をこちらに向けずに横目で訝しそうに私達の方を見ている雰囲気でした。

1img_7531 菜譚

おばちゃんから差し出された菜譚を見て、HO氏は「招牌螺螄粉」を微辣で、私は「原味螺螄粉」を微中辣で注文しました。
なお、私が「原味螺螄粉」を選択したのは、始めての店では最もスタンダードな一品をいただくことにしており、加えて原味というのは所謂オリジナルテイストという意味であろうと推察したからでした。

そして、店の入口に近くて明るいテーブルに着き、注文の品が運ばれてくるのを待ったのでした。

1img_7534 招牌螺螄粉

まず、最初にHO氏の「招牌螺螄粉(微辣)」が供されました。
早速HO氏は麺をスルスルスルと啜りあげて美味そうに食べ始めました。

1img_7535 原味螺螄粉

そして、時をおかずして私の「原味螺螄粉(微中辣)」が供されました。
先ずはスープを少し口に含んでみました。
すると、いきなり辛味が舌の半分ほどに広がりました。
その辛味は日本で経験する鋭利な辛味ではなくて、何やら重量級のズシンとくる辛味でした。

1img_7539

スープはかなり辛いのでしたが載せられている具材は筍、シナチク、春菊のような青菜、揚げわんたん、ひき肉、木耳、などは辛味の中で旨味を醸し出していて、良い味わいでした。
また、麺は白っぽいストレート麺で、柔軟かつ滑らかな口当たりではありますが結構な腰のある良い食感のもので、咀嚼によってデンプン系の甘味・旨味が出る麺でした。

1img_7537

店内には約30分居て、歩いた疲れを癒してから、新天地というエリアに向かって歩き始めたのでした。

1img_7540 麺に加える薬味はなく、自慢のスープと具材で勝負する店でした

1img_7541 何やら由緒が書かれているのでしょうか?

1img_7533 常連客の写真でしょうか?

   

続きを読む "上海/ 老友螺螄粉 (原味螺螄粉)   [2019.10.23.14:40]" »

2020年11月 5日 (木)

上海/ 紹興酒の店   [2019.10.23.14:30]

1img_7528 紹興酒の店(右側の提灯が下げられた処)

「慈修庵」を出て、方浜中路を西に4分ほど歩いた処(方浜中路680号という建物の住居表示がありました)に紹興酒を販売している店がありました。

こう言うては失礼になりますが、パッと見たところは興味を惹かれる佇まいではなく、注意を払わなければスッと通りすぎるという場所です。
が、しかし!でした。

1img_7529

開け放たれた店の引き戸の向こう側には、ソソラレル甕が並べられていました。
それは、良く見るまでもなく紹興酒の甕でした。

1img_7527

店の中に並べられている紹興酒の甕はその数たるや25を超えるもので、店の見掛けとは大違いの紹興酒の専門店でした。

1img_7527002

ここで販売されている紹興酒は量り売りが基本のようで、甕のそれぞれには吊るされている札には500ml当たりの価格が記されていました。
価格は奥の甕のものほど高価になるようで、手前にある甕の「花雕」の4.8元から右奥の甕の「精品太雕」の36元までありました。
上海における紹興酒の価格レベルについては知見がありませんが、我が勘では絶対に安いと感じたのでした。
とはいいましても旅の途中であります故、一瓶の紹興酒を贖って持ち歩く体力はなく、後ろ髪を引かれる思いでこの店を後にしたのでした。

   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BAGEL Beberage BRASIL CARIBBEAN Ch.Mouton Rothschild CHINA CHINA(Shanghai) Christmas Collection CONCORD DETRIOT Egypt Fossil GERMANY Houston INDIA INDONESIA Information JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia Medical Medication MEXICO MLB MOSCOW NASA NEW YORK New York New York (Classic Concert) New York (Deli) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON Novels PC SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 Space Stalactite STAR WARS stationery SWEDEN TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) Tour(China) TURKEY_ United States of America USA USA (Sports) USA( Airshow) USA(AIRLINES) USA(HOTELS) USA(Nature) VIETNAM WINE WINE(NY) WINE(VA) WINERY(VT) うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) カツ丼 カメラ カレーパン キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン バレーボール パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 ミックスジュース メキシコ メキシコ(酒類) モーニングサービス ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カツ丼) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーカリー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中国茶 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ビール) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(ラーメン) 京都(ワイン) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京都(清酒) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(うどん) 八重洲(カフェ) 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(カフェ) 千葉県(中国料理) 千葉県(居酒屋) 千葉県(豊四季) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(もんじゃ焼) 国分寺(カツ丼) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺東(ワイン) 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(チャーハン) 堺(ハンバーグ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(古墳) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(茶の湯) 堺(韓国料理) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カツ丼) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(洋食) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(おむすび) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カツ丼) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(天丼) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(焼肉) 小金井(焼鳥) 小金井(牛丼) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(遺跡) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 小金井(餃子) 尿管結石 居酒屋 岩手県 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カツ丼) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社 祭礼) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 惣菜パン 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿ゴールデン街 新宿歌舞伎町(中国料理) 新宿歌舞伎町(居酒屋) 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カツ丼) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(スイス料理) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(ビストロ) 新宿(ビール) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(ワイン) 新宿(ヴェトナム料理) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(串かつ) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋ランチ) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早慶戦 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中国料理) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 東京駅(駅弁) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(薬膳料理) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 流鏑馬 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(ワインバー) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 睡眠 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(カフェ) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川(餃子) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茅場町(蕎麦) 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 観劇 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(和食) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 選挙 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B-17 B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ