両国(猪鍋)

2017年1月24日 (火)

両国/ もゝんじや (猪鍋、鹿鍋、熊ソース焼き、鹿竜田揚げ、ビール、熱燗)

1img_0100 もゝんじや

巷で喧伝されている「もゝんじや」とは当店の登録商号である。
実際には、店の名は「豊田屋」であり、猪料理を出す店である。
創業は享保三年(1719年)ということで、約300年の歴史を誇るのである。

先日、朋友のHO氏とともに「もゝんじや」を訪ねた。
予約は18時でお願いしていたが、HO氏はダイエットのためか昼食は軽食であった様子であったことから、早めに行くことにした。
霞が関から汐留まで歩き、大江戸線で両国に行き、そこから10分程歩くと「もゝんじや」の前に至ったのが17時を少し過ぎたという頃合いであった。
開店は17時となっていたので、入口の自動ドアを潜って店内に歩を進めたのであった。

1img_0099 入口には「白鶴の菰樽」

店内に入ると、直ぐ左手に「白鶴」の菰樽が積んであった。
HO氏は外で店の写真を撮っていたらしく、少し遅れて入って来た。

1img_0098 入口奥には鹿や熊の毛皮が吊るされている

HO氏を伴って二階に通じる階段を登ったが、階段の登り口には毛皮が吊り下げられていた。
この場所に何時も毛皮が吊り下げられているのであるが、入れ替えが行われているのかどうかは知る所でない。

1img_0058 床の間にはウリボウのはく製

二階に上がって、18時に予約していることを告げ、左手の部屋に案内された。
八畳ほどの部屋で、この日は両国で相撲が行われていてお客が多いようで、もう一組との相部屋となっていた。
あてがわれたのは部屋の奥で、床の間にはウリボウのはく製が置いてあった。

1img_0063 秘伝の味噌と割り下がはられた鉄鍋

先ずはビールでHO氏と乾杯した。
HO氏は初めての入店であり、氏の好みを尋ねながら選んだのは「猪鍋」、「鹿鍋」、「熊ソース焼き」、「鹿竜田揚げ」であった。
これで、一応ではあるが三種類の肉を味わえる組合せとなった。
料理の構成としては、「猪鍋」と「鹿鍋」は当店秘伝の味噌仕立てでいただくメインディッシュであるので、前菜として「熊ソース焼き」と「鹿竜田揚げ」をお願いしたのであった。
が、いずれの料理も時間がかかるので、段取りの都合から「猪鍋」を煮始め、煮えるまでの間に「熊ソース焼き」と「鹿竜田揚げ」が供されることになった。

1img_0065 猪の煮込み(猪肉、大根、蒟蒻、刻み葱)

「猪鍋」に先だって「猪の煮込み」が蕎麦猪口に入れられて供された。
これも味噌仕立てで良く煮込まれたものであったが、猪の肉は若干強い弾力で咀嚼を繰り返す歯を押し返してきたのであった。
基本的には味噌の味が濃いく感じられるが、咀嚼の繰り返しによって若干の苦味とコク味を帯びた猪の肉汁が感じられるようになるのであった。

1img_0070 猪の肉、豆腐、しらたき、葱、芹

1img_0071 猪鍋

仲居さんによると15分程良く煮てから食べるようにとのインストラクションがあった。
なお、別の仲居さんは10分から15分と伝えられたが、HO氏と私は良く煮ていただく方を選んだのであった。
ということで、実際には20分ほど煮込んでからいただいたのであったが、その味わいは総じて味噌の味であった。
猪の肉も、豆腐も、しらたきも、芹も、葱も、である。
さはさりながら、熱燗で口腔内を清浄にしてからそれぞれの具材を味わうと、具材に固有の味がそこはかとなく感じられるのであった。
特に、メインキャストである猪の肉からは、猪に固有と思われるコク味が滲みだしてくるのであった。
この日の猪は脂身と赤身の境にある筋が根性のある奴であって、噛みしめる回数が存外に多かったのであったが、このことが猪固有の味を引き出すのには良い方向に働いたのであった。

1img_0074 熊のソース焼き

また、「猪鍋」が仕上がるまでの間に「熊のソース焼き」が最初に供された。
最初にとは言っても仲居さんが注文を通してくれてから15分ほど経過していた。
やはり自然界から獲られた動物の肉にはしっかり熱が通されるようであると、勝手ながら推察した次第であった。
「熊のソース焼き」は、所謂ウースターソースをベースにし、そこにトマトケチャップを合せ、かつ胡椒で味を調えたような味わいのソースに包まれていた。
肉は左程堅いという訳ではないが、若干脂身と赤身の境にある筋が強力であった。
肉そのものの味としては、牛肉よりも鯨肉に近いように感じたのであった。

1img_0080 鹿の竜田揚げ

また「鹿の竜田揚げ」も「熊のソース焼き」に遅れること数分で供された。
「鹿の竜田揚げ」は表面はサクリとした食感であったが、肉は柔らかくチキンのササミに近い口当たりであった。
味はヘモグロビン成分が多い肉の特徴である軽い苦味が感じられたが、漬けダレの濃い味が勝っていて御飯のお供にも好いような味わいであった。

1img_0084 鹿の肉、豆腐、しらたき、葱、芹

1img_0085 鹿鍋(鹿の肉は直ぐに煮えるので少しづつ煮るのである)

「猪鍋」を食べ終えて、忙しさを増したお姉さん達に「鹿鍋」をお願いした。
お姉さんによると、鹿の肉は直ぐに出来上がるので少しづつ煮るのが良い、とのことであった。
お姉さんのインストラクションに従って、煮え過ぎない内にいただいた鹿の肉は若干のレア感をのこしていて、たいそう柔らかい口当たりであった。
ここでは、HO氏が二枚づつ肉を鍋に入れていってくれたが、すっかり氏の手を煩わせてしまったのであった。

「鹿鍋」食べ終わるまでに、瓶ビール1本、熱燗六合をいただいた。
結構好い気分であった。

1img_0094 〆のうどん

最後に、うどんを一人前注文し、残ったお汁で煮ていただいた。
濃い味であったが、なかなかの美味であった。

1img_0088 薬味は一味唐辛子と山椒

なお、全ての料理に共通してであるが、少しの薬味を好みで付けると味に変化が現れて、これはこれで捨て難い味わいであった。

1img_0103 剥製の猪が店の外に吊るされている(このはく製はずっと変わらないで吊るされている)

1img_0105 JR両国駅

「もゝんじや」を出た後、HO氏とはJR両国駅の前で再会を約して別れた。
この日は、稀勢の里が優勝を決めた日であった。
稀勢の里の優勝にあやかる訳ではないが、HO氏も将来について多々考えがあるとのことであり、氏の明るい未来を念じたのであった。

   

2013年12月 8日 (日)

両国/もゝんじや(猪鍋、鹿鍋、熊鍋)

12月になっていよいよ冬の到来である。
寒くなってくると、やはり温かい食べ物が美味しいし、何といっても「熱燗」が体に沁みわたる。
過日、先輩でOBのMI氏の「鍋物を食べに行こう。ついては、イノシシはいかがかな?」というご提案に乗せていただき、両国にある「もゝんじや」へ行ってきた。
「もゝんじや」の名前は以前から聴いており、一度は行ってみたい店の一つであった。

Dsc01149 もゝんじや

両国駅から京葉道路を経て店の前に行くと、入り口の上には立派な金色のイノシシの像が架かっていた。

入店して、仲居さんの案内で2階にある和室(個室)に案内された。部屋は8畳ほどの部屋で、ここにもイノシシの置物が飾ってある。

Dsc01146 部屋の置物

最初にビールをお願いし、お品書を見ながら何を頂くかをMI氏と協議した結果、コースではなく、「猪」、「鹿」、「熊」を取ってシェアしようということにした。

併せて「出汁巻玉子」と「鹿の竜田揚」も注文して、適宜もってきていただくことにした。

Dsc01127 お品書


まず、最初に「お通し」として、「鹿の煮込み」が供された。「味噌仕立て」であるとともに「刻み葱」も添えてあることから、臭みは無く、また肉は硬いということもなく、お酒に合う味わいと歯触りであった。

Dsc01133 鹿の煮込

「鹿の煮込み」を頂いている間に、鍋の用意が整えられた。鍋は、黒い直径40cmほどの平たいもので、その中に味噌と割り下がはいっている。この味噌と割り下が「もゝんじや」の秘伝のものとのことであった。なお、この味噌と割り下の組合せは、後から出てくる「鹿」および「熊」でも用いられるのである。
また、全ての肉には「葱」、「豆腐」、「しらたき」、「芹」がセットとなっている。

Dsc01130 「もゝんじや」の味噌と割り下

ビールを終えたところで日本酒に切り替えたが、MI氏のご要望に応じて「白鶴/山田錦(特別純米酒)」を常温でいただいた。

料理は、まず「猪」が大皿に盛られて出てきた。
仲居さんからは、良く煮て食べるよう言われたのでそうしたが、刺しは入っていないが思ったよりも柔らかい。味の方は、味噌と割り下の味がが強いが、牛肉とは異なる肉汁の味が感じられた。これがいのししの味であろうと思った次第である。
因みに、私が猪を食べるのは2回目である。1回目は、修士課程の終わりに同級生と京都の山奥にある「鹿ケ谷」という場所で、夕食に食べたことがある。

Dsc01137001 猪の肉

Dsc01138001 猪鍋

「猪」を食べていると、「出汁巻玉子」が出されたが、味噌味で満たされた口中を日本酒とともにサッパリさせてくれた。

Dsc01140 出汁巻玉子

次に「鹿」が出された。
「鹿」の肉は脂っけが全く無く、肉全体が均一な赤色となっている。
これも仲居さんから「シャブシャブ」する程度で食するよう勧められたが、血の匂いが強かった。また、歯触りも「猪」よりは弾力が強かったかもしれない。

Dsc01141 鹿の肉

また、併せて出された「鹿の竜田揚」は、味は竜田揚であったが、若干噛み応えがあったし、ジューシーさという意味では肉に脂分がないのでその分サラッとしていた。

Dsc01142 鹿の竜田揚

最後に、「熊」が供された。
「熊」の肉は、「猪」と似ていて脂身がある。印象としては「猪」よりも弾力に富んでいたが、味はサッパリ系であった。
ただこのあたりになると2本目の日本酒も空きかけていて、酔いが回っていたことから記憶は曖昧になっている。

Dsc01144 熊の肉

ところで、年配の仲居さんは、名前を啓子さんという。
「本所」の生まれで、「もゝんじや」に勤め始めて未だ2年に満たないという。
啓子さんの子供の頃は、本所にも何軒かの獣肉を売る店があって、それを怖い思いで見ていたそうである。

Dsc01150 もゝんじやのディスプレイ(猪は精巧な造り物、見た時はギョっとした。)

もう一人若い仲居さんは最も勤務期間が長いそうで、出身は「甲賀」らしい。
学校は京都産業大学で、旦那が東京で板前をするのに付いて来たそうである。
なかなか心遣いの細やかな女性であった。

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | DETRIOT | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | NEW YORK | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クリスマス | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | ナイロン | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(パン) | 堺(和菓子) | 堺(寿司) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪(うどん) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(西洋料理) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(お好み焼き) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 尿管結石 | 居酒屋 | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ラーメン) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(蕎麦) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(映画) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | NIKON D800 | PC

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ