三鷹(カフェ)

2018年9月29日 (土)

三鷹/ Bakery Café Crown 武蔵野店 (エビサンド、アイスティ)

1dsc_1360 Bakery Café Crown

三鷹は、玉川上水や山本有三記念館などがあるほか自然の景色もよろしく、散策には佳い場所である。
過日のことであるが三鷹の界隈を散策した際にちょっと休憩を取るために立ち寄ったのが「Bakery Café Crown」であった。
当店はJR武蔵小金井駅の北側にある店を核に三鷹から立川にかけて展開されているベーカリー系列の一つで、店内でもパンと飲み物などの飲食ができるお店である。

1dsc_1354 

先日は「エビサンド」と「アイスティ」をいただいた。
店内には、窓に面したカウンター席と多くのテーブル席が用意されていて、私はカウンター席に座り、窓の外を眺めながら「エビサンド」をモグモグし、かつ「アイスティ」をジュヴァと啜ったのであった。
「エビサンド」は初めていただいたのであったが、フライの衣がサクリサクリと心地よく、咀嚼によって広がる加熱された海老の風味と歯に触れる海老のプリリとした食感が秀逸であった。

1dsc_1358 エビサンド

なお、窓の外はメインロードに交差する一方通行の道で、直ぐ傍に信号機があるので時々停車した自動車の中が見えたのであったが、人の仕草というものはそれぞれ異なるものであるということが観察できるのであった。

   

2018年8月31日 (金)

三鷹/ ROSE & M (ROSE & M Blend No.3)

1img_0805 ROSE & M

一先日、山本有三記念館を訪ねた後、隣接地にある「ROSE & M」に立ち寄った。
昨年の12月に立ち寄った時は「Rose Room」という名前であったように記憶しているところであったが、店頭にもレシートにも「ROSE & M」とか「ローズアンドエム」と書かれていた。

さて、建物の右側にある重厚な木の扉を開けると、取り付けられた鈴が小さく鳴って奥に来客を告げたのであった。
エントランスからティルームまで米国東北部のニューイングランド地方或いは英国の郊外にあるマンションの様な雰囲気の中を歩いて行くと、マダムがにこやかに迎えてくださった。

店内右奥のテーブルに着かせていただき、手渡されたメニュを見た。
この日は昼食を終えてから間もなかったことから飲み物だけをいただくことにしたのであったが、紅茶にするべきかコーヒーにするべきか、はたまた清涼飲料なのか、思いが定まらなかった。
が、コーヒーの欄の上の方を見ると、「ROSE & M Blend」という当店のスぺシャリテコーヒーがあることに気付いた。
この「ROSE & M Blend」にはNo.1が中深煎り、No.3が中煎り、と書かれていた。(No.2は記載されていなかった)

私は深煎りのコーヒーよりも苦味が強くないコーヒーを好むことからNo.3をいただくことにした。

1img_0808 ROSE & M Blend No.3

注文を受けてカウンターの向こうに回られたマダムはコーヒー豆を挽いてから淹れてくださった。
供された「ROSE & M Blend No.3」は苦味と淡い酸味がバランスした美味しいコーヒーであった。

1img_0812 

   

続きを読む "三鷹/ ROSE & M (ROSE & M Blend No.3)" »

2018年4月25日 (水)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート)

1img_8401 KINOKUNIYA vino kitchen

先日、ヒューストン時代に知己を得た方に誘われて、その方が歌われたジャズライヴに行ってきた。
開場は14時からということであったので、少し遅めの昼食をJR三鷹駅の北側にある「KINOKUNIYA vino kitchen」で摂った。

1img_8399 カウンターテーブル席より

店内に入ると先客でテーブル席はほぼ満席という状態であったことからカウンターテーブルに着かせていただいた。
メニュを一通り眺め、決めたのは「ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート」であった。
また、料理に合わせて「ハウスワイン」の赤もいただくことにした。

1img_8394 ハウスワイン

注文を終えて程なく「ハウスワイン」が供された。
まずは軽くスワールしてから鼻腔に香を満たし、次いでチュぺっと一啜りした。
銘柄も産地も知らないが、流石は紀ノ国屋という良い味わいの赤ワインであった。
このクオリティと量で価格が僅かに200円、良いCPである。

1img_8393 サラダ

ワインをズビッ・ジュベ・チュパっと啜っていると、サラダが供された。
当店のサラダにはドレッシングが掛けられているが、酸味は強い物ではなく、ワインの風味を損なうことがないので、シャクシャクといただいたのであった。
なお、赤い葉脈の葉っぱは何という名前であろうか、などど考えている内に「ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート」が供された。

1img_8395 ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート

「ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート」は正方形の白い皿に盛り付けられていたが、それは三角構図となっていた。
最初に「チキントマト煮」をワインと共にいただいた。
そのソースはトマトベースの酸味が効いたもので、口腔内が心地よく収斂したのであった。
また、トマトソースにチキンと野菜の旨味が絡んでいて、良い味わいであった。
「チキントマト煮」を半分ほど食べたところで「ハッシュドビーフ」に切り替えた。
「ハッシュドビーフ」はコク味の濃厚なデミグラスソースが秀逸で、これまたワインにぴったりというものであった。
ワインをほぼ飲み終えたタイミングで「ハッシュドビーフ」と「チキントマト煮」をそれぞれライスと合わせていただいた。

1img_8398 ライス

ライスは五穀米的なもので、そこに白胡麻が振り掛けられていた。
硬目に炊かれたライスがそれだけで程良い食感があったが、ここに穀類や胡麻が合わさっているものであるから、咀嚼ごとに感じる歯応えはリズミカルなものとなっていた。
また「ハッシュドビーフ」と「チキントマト煮」のどちらにも好相性の味わいで、あっという間に食べ終えていた。
最後に、一啜り分残しておいたワインで口腔内を整えてから席を離れたのであった。

   

続きを読む "三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (ハッシュドビーフ&チキントマト煮プレート)" »

2018年3月13日 (火)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (vino kitchen 特製ビーフシチュー)

1img_6851 KINOKUNIYA vino kitchen 

今日は確定申告書を提出するために税務署に行った。
本来であれば2月中には提出を終えているのであったが、不慮のインフルエンザやそれに続く気管支炎のために書類の作成が遅れに遅れており、やっと今日の提出となった次第であった。

税務署に行ってみると、前回とは打って変わって人の列は非常に短いものとなっており、待つこと15分程度の時間で提出を終えたのであった。

1img_6838 粉音

税務署を出て三鷹駅方面に向かい、途中ベイグル専門店の「粉音」で数種類のベーグルを購った。
なお、「粉音」はもうすぐ創業2周年を迎えられるとのことである。

「粉音」を出て三鷹駅に至ったのが12時に15分ほど前のことであり、「KINOKUNIYA vino kitchen」で昼食を摂ることした。
エントランスで来意を告げると幸いなことに窓側のテーブルが空いており、ここからバス停の前を行き交う人を眺めながら「vino kitchen 特製ビーフシチュ」をいただくことにした。
また、「ハウスワイン」の赤も併せていただくことにした。
アルコール飲料をいただくのは2週間ぶりのことであり、また薬を続けている身であることから薬の効き目に若干の不安があったものの、先ずは祝杯ということで「ハウスワイン」を一杯だけいただくことにしたのであった。

1img_6843 ハウスワイン(赤)

注文を終えて1分も経たない内にワインが供された。
まずは一啜りしてみたのであったが、存外にワインが冷たかったことと我が舌が薬で麻痺していたためであろうか、結構渋い味わいであった。

1img_6844 紀ノ国屋のパンの盛り合せ

ワインを啜っていると「紀ノ国屋のパンの盛り合せ」が供された。
パンを千切ってオリーブオイルを付けていただき、次いで赤ワインをいただくということを繰り返したが、なかなか好い味わいであった。

1img_6848 特製ビーフシチュ

暫らくすると「特製ビーフシチュ」が供された。
先ずは濃厚なブラウンルーを一匙口に含んだ。
肉の旨味と野菜の旨味が濃厚に活かされたもので、バランスの良い濃い旨味が口腔内に広がったのであった。
次いで牛肉をいただいたが、肉全体に旨味が染み渡っており、パンとの相性も、はたまたワインとの相性もとても良かったのであった。
また肉は繊維が解ける手前まで良く煮込まれていて、口当たりも心地よい一品であった。

1img_6849 


   

2018年2月 9日 (金)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (店内仕込ベーコン&スクランブルエッグプレートwオリジナルブレンドコーヒー)

1img_5808 KINOKUNIYA vino kitchen

先日、三鷹にある「山田文具店」に出掛けた。
孫に送るキーホルダーを購うことが目的で、朝の内にサッと済ませようと三鷹駅には10時を少し過ぎた頃合いで到着したのであった。
存外に速く三鷹に着いたので、一寸コーヒーでも一杯飲んでから「山田文具店」に行くことにして、雰囲気の気に入っている「KINOKUNIYA vino kitchen」に向かった。

1img_5798 店内(部分)

「KINOKUNIYA vino kitchen」は早朝7時から営業されているが、10時を過ぎた頃合いの店内は空いていた。
どこでも好きな席にどうぞ、という意味のことを告げられ、窓際のテーブルに着いたのであった。

1img_5799 

そしてメニュを見ると、朝食は11時までいただけるようでメニュにはいずれも捨て難い料理が掲載されていて、どれにしようか迷ったあげく「店内仕込ベーコン&スクランブルエッグプレート」と「オリジナルブレンドコーヒー」をいただくことにした。
コーヒー一杯の心づもりで入店したが、魅力的な料理についつい食指が動いてしまったのであった。

1img_5800 店内仕込ベーコン&スクランブルエッグプレートとオリジナルブレンドコーヒー

注文を終えて暫し、「店内仕込ベーコン&スクランブルエッグプレート」と「オリジナルブレンドコーヒー」が運ばれてきた。

1img_5801 店内仕込ベーコン、スクランブルドエッグ、ブロッコリの茹でたの

「店内仕込ベーコン」、「スクランブルドエッグ」、そして「茹でられたブロッコリ」が直径30cm程の大皿の中心に置かれ、軽くトーストされたホワイトブレッド2枚が脇に添えられていた。

先ずは「店内仕込ベーコン」をいただいた。
最初にこんがりと焼かれた表面の薫蒸香と若干の苦味が感じられた。
次いで、本体の柔らかい口当たりと豚肉の脂分の甘味が広がった。
店内で仕込まれたベーコンということであるが、これはどう表現しても高品質の『チャーシュー』である。
シンガポールであったか、はたまたロンドンであったか、中華街の庶民的な中国料理店で味わったチャーシューを彷彿とさせられる一品であった。

スクランブルドエッグが柔らか過ぎずかつ硬過ぎず、フォークの先で綺麗に持ち上げることができる仕上がりで、久しぶりに良いスクランブルドエッグに出会えたというものであった。

1img_5802 オリジナルブレンドコーヒー

なお、当初の目的としていたコーヒーは大きなカップで供されていて、お替りは不要であった。
味も苦味が強めのヨーロピアン系であり、美味しくいただいたがこの朝は薄目のコーヒーが欲しかった私には一杯で十分であった。

   

2017年12月26日 (火)

三鷹/ PRONTO アトレヴィ三鷹店 (ブリュレinバウム、アメリカンコーヒー)

1img_4468 PRONTO アトレヴィ三鷹店

日頃チェーン展開している店には進んで入ることはない。
あくまでも私個人の思いこみであるが、食べ物や飲み物にその店固有の特製(個性)が無いと思っているからである。

先日ふとした興味からJR三鷹駅のアトレヴィという建物内を探検してみる機会があった。
アトレヴィには多くの食料品店や惣菜店などがあるが、最上階には数件の飲食店があった。
それらの中には「PRONTO」の「アトレヴィ三鷹店」もあり、何時もなら店の並びなどを見て踵をかえすのであるが、この日は何故か入店してみようという気分になったのであった。

1img_4465 ブリュレinバウムとアメリカンコーヒー

入店して目についた「ブリュレinバウム」というケーキと「アメリカンコーヒー」を受け取って、入口の近くにあるコンセントが使えるという細長いテーブルに着いた。
周りでは若い人達が何やらPCのキーボードをパチパチ敲いていたが、あれは何をやっているのか興味が湧いたものの敢えてディスプレイを覗くということはしないで、先ずは静かに「アメリカンコーヒー」を一啜りしたのであった。
そして、ほっと一息ついてから、こういうアメリカンコーヒーも良いねェ、と一人ごちたのであった。

1img_4463 ブリュレinバウム

アメリカンコーヒーに次いで「ブリュレinバウム」を一切れ大きめにカットし、徐に口に運んだ。
咀嚼を繰り返すと、ブリュレとバウムクーヘンが混じり合い、なかなかえ~ではないかいなァ、と密かにほほ笑む自分が居たのであった。
この「ブリュレinバウム」、存外に美味なケーキであった。
この「ブリュレinバウム」に巡り合ったことが、当店が大手チェーン店の一つであるにも係わらず一筆認めようと思った理由である。

   

2017年12月25日 (月)

三鷹/ morisuke (横森オリジナルブレンドコーヒー、よくばりケーキプレート)

1img_4495 morisuke+横森珈琲

先日、山田文具店で孫達が年末に来た際のプレゼントにする食パン型の消しゴムや三色団子のマグネットなどを購った。
その後、JR三鷹駅から南に向かって一直線に延びる道を漫ろ歩いていた時のことであった。
三鷹の街は詳しくないので、道に沿って並ぶお店を順番に眺めながら歩いていると、なんとなく落着いた雰囲気のカフェがあった。
一旦は通り過ぎて連雀通の手前まで行ったが三鷹駅に向かって戻る際にそのお店に立ち寄った。

店は入口は一つであるが、店内は左手側がコーヒー豆が販売されているエリア、右手側がカフェのエリアとなっていた。
店の名前は定かではないのであるが、コーヒー豆の販売が「横森珈琲」で、カフェの方は「morisuke」というらしいのであった。

1img_4413 ケーキのメニュ

入口を入ると、私が珈琲豆を買いに来た客ではないと直ぐに分かっていただいたようであったというか、むしろ珈琲を飲みたそうな顔をしていたのであろう、カフェエリアに案内されたのであった。

空いていたテーブルに壁を背にして着くと、コーヒーとケーキのそれぞれのメニュとグラスに入れられた水がテーブルの上に置かれた。

先ずコーヒーのメニュを見ると随分沢山の種類のコーヒーが記されていた。
そこで、初めての入店であったことから悩まずに店名を冠した「横森オリジナルブレンドコーヒー」をいただくことにした。
一方、ケーキのメニュにはシフォンケーキを主体に10種類以上のケーキが記されていたが、特に目を惹いたのは「よくばりケーキプレート」という3種類のケーキがいただけるというもので、価格も740円と手ごろなものであった。
そこで、小さなケーキであれば3個は軽く食べることができるであろうと思い、この「よくばりケーキプレート」をいただくことにし、自分で選べる1種類のケーキに「紅玉りんご」のシフォンケーキをお願いした。

1img_4414 水のグラスは横幅の大きいもので、安定感が秀逸であった

1img_4416 横森オリジナルブレンドコーヒー

待つこと暫し、「横森オリジナルブレンドコーヒー」が供された。
「横森オリジナルブレンドコーヒー」は、苦味が若干強めで酸味は淡いという私の好きなタイプの味わいで、更に舌触りがワインでいうヴェルベットの様なタッチで、たいそう良い感じであった。
また、ナッツ類が添えられていて、これらと「横森オリジナルブレンドコーヒー」が好相性であった。

1img_4417 横森オリジナルブレンドコーヒー

1img_4418 よくばりケーキプレートと横森オリジナルブレンドコーヒー

「横森オリジナルブレンドコーヒー」を飲み、ナッツを齧っていると「よくばりケーキプレート」が供された。
先ず驚いたことに、3種類のケーキの全てがフルサイズであった。

1img_4420 よくばりケーキプレート

説明していただいた「よくばりケーキプレート」の内容は、①紅玉りんごのシフォンケーキ(私が選択)、②チョコマーブルシフォンケーキ、③レアチーズケーキ、というものであった。
いただいたケーキの順番は番号をふった順番である。
①紅玉りんごのシフォンケーキは、散りばめられたリンゴの実がトロリとしているが同時にリンゴのシャリシャリ感が残った状態で、噛むと滲み出るリンゴの甘さが良かった。思うに、リンゴは一度コンポートにしたものが散りばめられているようであった。
掛けられた手間暇が味わいに出た逸品であった。
②チョコマーブルシフォンケーキは、チョコの風味が鼻腔をくすぐり、ほろ苦いトーンの味わいには添えられたホイップクリームの淡い甘味が調和していた。
③レアチーズケーキは、ほんの一切れでも舌の上がズシリとした食感で覆われ、また広がる収斂味がニートなチーズケーキであった。
①は私が選択したが②と③はお店の選択である。
私の選択した「紅玉りんごのシフォンケーキ」との相性を考慮された②と③の組合せは味を良く知っておられるパティシエの方のセンスの良さが反映されたものと思料したのであった。

1img_4427 店内(手前右:カフェエリア、左手:コーヒー豆販売エリア)

なお後で気付いたのであったが、当店は山田文具店と同じグループのお店のようである。

   

2017年12月15日 (金)

三鷹/ Rose Room (レモンケーキ、ダージリンティ)

1img_4250 Rose Room

先日、JR三鷹駅の南口から吉祥寺に向かって玉川上水沿いの道を歩いた。
以前にこの道を歩いた際に道沿いに山本有三記念館があることを知ったので、この機会に立ち寄ってみようと思ったのであった。
しかし、山本有三記念館は築90年を越えることから改修工事が行われていて、入館することは叶わなかった。
いたしかたないので、そのまま井の頭公園のある方向に歩を続けると、山本有三記念館に隣接するかのように瀟洒な建物があり、その中に「Rose Room」名付けられたカフェがあった。

重いカメラを持っていたせいであろうか、多少歩いただけであったのに足に疲れを感じたことから少し休憩しようと考え、建物のエントランスと思しきドアを開けた。
すると、そこはギャラリとなっていて、芸術家の方と推察したが、その方が背筋をピンと伸ばした姿勢で迎え入れてくださった。
私のことをギャラリを訪れた人と勘違いされた様子であった。
さはさりながら、私が芸術に縁の無い人間であることは直ぐに見てとれるようで、奥に居られた女性がカフェの方に案内してくださったのであった。

事なきを得て、カフェスペースに歩を進めることができ、現れたマダムによって奥のテーブルに案内していただけたのであった。

1img_4248 

案内されたテーブルに着き、カメラをテーブルの上に置くと、そこには小さな花瓶に活けられたオレンジ色の花が清楚な趣で私の方を見つめていた。
花が私を見つめているなどという風に感じることはめったにないことであるが、更に私はその花に「こんにちは」と心の中で声を掛け、一枚撮影させていただいたのであった。

1img_4234 メニュの表紙

暫らくして、グラスに入れられた水を持ってこられたマダムから手渡されたメニュを見ると、ケーキがコーヒーや紅茶とともにいただけることが分かり、どの組合せにしようかと思いを巡らせ始めたのであった。

1img_4235 

ふと目を黒板に向けると「レモンケーキ」がお薦めのようで、これと紅茶をいただこうと決めた。
マダムに先ず「レモンケーキ」をいただきたい旨伝えると、マダムからは即座にダージリンティを組み合わせることが薦められた。
私としては異論はなく、マダムのお薦め通り「レモンケーキ」を「ダージリンティ」でいただくことにしたのであった。

1img_4241 レモンケーキとダージリンティ

「レモンケーキ」と「ダージリンティ」が供されるまでの間、店内には先客の男性がお一人、そして後から来られた乳児連れの若い女性がお一人、そして私、という三人がいた。
店内は落ち着いた静かさに満たされていて、物が触れ合う音すらしなかった。
というか、私以外に人がいるという気配が感じられなかったのであった。
それほどに静寂に包まれていたのであったが、決して息苦しいものではなく、むしろ心地よいリラックスできる静寂なのであった。

暫らくすると、マダムと若い女性の会話が聞こえてきた。
決して耳をそばだてるというような失礼なことをしたわけではないが、明瞭に聞こえてきたのであった。
それは、乳児が乳母車の中で大人しくしていることに関するもので、
若い女性が、
「赤ちゃんがいつになくおとなしくしています。」
と話されたことに対して、
マダムが、
「こちらの場所では殆どの赤ちゃんは大人しくしています。ここには妖精がいるからなのですよ。」
という内容の話なのであった。
今になって思い出してみると、何とも不思議な会話であったが、その時はごく当たり前のことが当たり前に語られたような、とても自然な会話に聞こえたのであった。

1img_4245 レモンケーキ

短い会話が聞こえた後、再び静寂が戻り、暫らくして「レモンケーキ」と「ダージリンティ」が供された。
先ずは「ダージリンティ」を一啜りし、その香りと味で口腔内を満たした。
次いで「レモンケーキ」を一切れいただいた。
淡い甘味と爽やかなレモンの香りと酸味が感じられた。
佳いレモンケーキであった。

   

続きを読む "三鷹/ Rose Room (レモンケーキ、ダージリンティ)" »

2017年2月26日 (日)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー)

1img_0969 KINOKUNIYA vino kitchen

先日、散歩に出た際に三鷹にまで足を延ばしたが、一寸休憩を取ろうと思ってKINOKUNIYA vino kitchenに立ち寄った。
いつもは混んでいるKINOKUNIYA vino kitchenは、幸いなことにいくつかのテーブルが空いていて、店内奥では一つだけ空いていたテーブルに着くことができたのであった。

テーブルの上にあるメニュを開くと、どれも手頃な価格で数種類のケーキなどが掲載されていた。まさにちょっとした休憩にはもってこいのものであった。
そうした品揃えの中からアップルパイが目に入ったので、これを単品でコーヒーとともにいただこうかと思ったが、僅かの価格差でコーヒーゼリーもいただけるので、「紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー」を注文することにしたのであった。

1img_0964 紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー

1img_0966 同上

供された「紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー」は白いプレートに小ぶりのアップルパイがアイスクリームとともに置かれていた。
その昔、初めてアメリカに赴任したころであったが、Applepie Peach Cobblerというデザートがあって、これを注文すると日本人から見て巨大な温かいアップルパイとアイスクリームが供されたのであった。
その後、日本からの出張者との会食でApple Pie Cobblerを薦めると、皆さん出てきた瞬間に驚きの表情をされたがほぼ全員の方々が完食されたのであった。

さて、当店のアップルパイであるが、そのサイズは小ぶりではあるが中のリンゴは肉厚で、それがたっぷりと入ったものであった。
また、シナモンは少量であるようで、私の好む一品であった。

また、コーヒーゼリーはカップで成形されたものがそのまま供されるというものではなくて、造られたものがグラスに移されたと思しきものであった。
したがって、グラスの中にはホロホロとした状態のコーヒーゼリーが入っていて、口当たりがたいそう滑らかなのであった。
ただ、贅沢を書かせていただけるならば、上に載せられたホイップトクリームが硬過ぎたようで、混ざりが良くなかった点を良くしていただけたらと思う次第である。

1img_0968 KINOKUNIYA vino kitchen

   

2017年2月 9日 (木)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (特選紀ノ国屋ランチプレート、ハウスワイン)

1img_0281 KINOKUNIYA vino kitchen (店内奥のミラー)

先日、吉祥寺でNIKON社製のリモートコードを購ったのは11時を15分ほど過ぎたころで、若干早いが昼食を摂ってもおかしくない時間であった。
リモートコードを購ったことからウキウキな気分に包まれていて、一寸佳い昼食を摂りたい気分となっていた。
そこでフト思い出したのが吉祥寺の隣町である三鷹にある「KINOKUNIYA vino kitchen」であった。
当店は紀ノ国屋が経営しているカジュアルダイニングの店で、ワインもいただけるといウキウキ気分にはもってこいの店なのであった。

1img_0272 メニュ(部分)

JR三鷹駅を北側に出て数歩歩くと「KINOKUNIYA vino kitchen」の前であった。
時間は未だ11時半を回ったばかりであったが、人気店なる故か店内の7割ほどは先客で占められていたのであった。
幸い店内奥のテーブルに空きがあり、ここに着くことができた。

着席してメニュを見ると、そこには手書きのイラストが掲載されていて料理の姿が良く分かるものであった。
この日は前述のようにウキウキ気分であったことから、数種類の料理の中から最も興味を惹かれた「特選紀ノ国屋ランチプレート」を選択したのであった。
また、ハウスワインが僅かに200円プラスでいただけるということであったので、赤ワインも併せていただくことにした。(というか、最初からワインを目当てにしていたのであったが。)

1img_0275 ハウスワイン

注文を終えてからほんの暫らくで「ハウスワイン」が供された。
大きめのワイングラスに相当量注がれたワインは、グラス自体の姿といい、注がれたワインの量といい、申し分のないものであった。
ワインの産地は分からなかったが、以前に当店でいただいたワインを想い出して見るとチリ産のものと推察した。
酸味が若干強く、また収斂性も強めであったが、時間とともに滑らかになっていったのは流石紀ノ国屋が選んだワインというものであった。
結局、ワインはもう一杯お替りをさせていただいたのであった。

1img_0277 「紀ノ国屋のパン」という名のパン

ワインをジュピリンコと啜っていると、三種類のパンがオリーブオイルとともに白いプレートで供された。
メニュを見ると「紀ノ国屋のパン」と書かれており、紀ノ国屋で焼かれたパンのようであった。
それぞれのパンは異なる種類の小麦粉が使われており、オリーブオイルをつけなくても個々の味わいが楽しめ、ワインも進んだのであった。

1img_0278 特選紀ノ国屋ランチプレート

ワインの一杯目が半分以上減った頃、「特選紀ノ国屋ランチプレート」が運ばれてきた。
供された料理は、「紀ノ国屋セレクトの黒毛和牛メンチ」、「紀ノ国屋ソーセージのシュ―クルート煮込み」、「スモークチキン」、「ツナ入りアボカドサラダ」、「自家製キッシュ」で、サラダにはレモン果汁が濃厚なドレッシングが添えられていた。
サラダ以外の料理は温かいものであって、特にメンチカツは熱々で口当たりが良く、味もワインと好相性であった。
トータルの量も程良く、満足の昼食であった。

   

その他のカテゴリー

ANA | AUSTRALIA__ | Ch.Mouton Rothschild | Christmas | DETRIOT | Egypt | GERMANY | Houston | INDIA | JR | Kandinsky | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | MLB | NEW YORK | New York (Classic Concert) | New York (Musical) | New York (Opera) | New York (Restaurants) | New York (Sports) | NIKON | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TAIWAN | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | TURKEY_ | United States of America | USA (Sports) | USA(Nature) | VIETNAM | WINE | お茶 | お茶の水 | かき氷 | たこ焼 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クスリ | クリスマス | コミュニケーション | コレクション | コンビニエントストア | コーラ | サッカー | ジャズ | スポーツ用品 | チキンラーメン | チョコレート | デパート | ナイロン | パナソニック | パンダ | ビール | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(エスニック料理) | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ベーグル) | 三鷹(ラーメン) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(文化施設) | 三鷹(文房具) | 三鷹(町中華) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(ちゃんこ鍋) | 両国(イタリア料理) | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(天ぷら) | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(てんぷら) | 京橋(とんかつ) | 京橋(インド料理) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 京都大学 | 京都(カフェ) | 京都(フランス料理) | 京都(和菓子) | 京都(居酒屋) | 京阪電車 | 人形町(和食) | 代官山 | 代官山(カフェ) | 佃(祭礼) | 佃(飲み物) | 住吉[大阪](和菓子) | 住吉[大阪](洋食) | 住吉[大阪](神社仏閣) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(居酒屋) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 六本木(カフェ) | 六本木(フランス料理) | 六本木(美術館) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県船橋市 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 南極 | 博物館・美術館 | 原宿(カフェ) | 原宿(丼) | 原宿(和菓子) | 原宿(和食) | 原宿(美術館) | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(カレー) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パスタ) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(フローズンヨーグルト) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(韓国料理) | 吉祥寺(食べ物) | 向島 | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(うなぎ) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(コロッケ) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(和菓子) | 国分寺(和食) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(洋食) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 埼玉県(カフェ) | 埼玉県(蕎麦) | 報道 | | 堺(うどん) | 堺(お好み焼き) | 堺(たこ焼) | 堺(とんかつ) | 堺(カツ丼) | 堺(カフェ) | 堺(カレー) | 堺(ジビエ) | 堺(パン) | 堺(ラーメン) | 堺(中国料理) | 堺(串揚げ) | 堺(和菓子) | 堺(回転寿司) | 堺(寿司) | 堺(居酒屋) | 堺(穴子) | 堺(餃子) | 墨田区(美術館・博物館) | 多摩川(鮎) | 大久保(コリアンタウン) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(慶応義塾大学) | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪天満橋 | 大阪天王寺(カフェ) | 大阪天王寺(天丼) | 大阪天王寺(居酒屋) | 大阪天王寺(庭園) | 大阪天神橋 | 大阪天神橋筋商店街 | 大阪(うどん) | 大阪(お好み焼) | 大阪(たこ焼き) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(ジャズバー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(串かつ) | 大阪(博物館・美術館) | 大阪(和菓子) | 大阪(天丼) | 大阪(居酒屋) | 大阪(甘味処) | 大阪(神社仏閣) | 大阪(風景) | 大阪(BAGEL) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(洋菓子) | 奈良(西洋料理) | 学生食堂 | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭 (2017) | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例大祭) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(うどん) | 小平(お好み焼き) | 小平(カフェ) | 小平(ラーメン) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(アイスクリーム) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(エスニック料理) | 小金井(オリンピック・パラリンピック) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(タイ料理) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パスタ) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファスト食堂) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(ワッフル) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(寿司) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(清酒) | 小金井(神社・仏閣) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 小金井(阿波おどり) | 尿管結石 | 居酒屋 | | 川崎(居酒屋) | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(そば) | 府中(とんかつ) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ムサシノキスゲ) | 府中(ラーメン) | 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) | 府中(洋食) | 府中(清酒) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(イタリア料理) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(ビール) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新大阪駅(KIOSK) | 新大阪(駅弁) | 新宿 | 新宿(うどん) | 新宿(お茶) | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(イタリアレストラン) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(トルコ料理) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(フルーツパーラー) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(和食) | 新宿(天ぷら) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(街の風景) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新幹線(車窓の景色) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(和菓子) | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(カフェ) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(中国料理) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(清酒) | 日本橋(穴子) | 日本橋(蕎麦) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日比谷(街の風景) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | 映画(アイヒマンを追え) | 映画(風立ちぬ) | 映画(BLADE RUNNER 2049) | 映画(Lunchbox) | 映画(STAR WARS) | 書籍 | | 月島(もんじゃ) | 月島(中国料理) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 本郷(フランス料理) | 東京六大学野球 | 東京大学(フランス料理) | 東京特産食材 | 東京都庁 | 東京駅 | 東京駅(かりんとう) | 東京駅(カフェ) | 東京駅(スウィーツ) | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(ラーメン) | 東京駅(中華) | 東京駅(天ぷら) | 東京駅(居酒屋) | 東京駅(新幹線) | 東京駅(蕎麦) | 東京駅(親子丼) | 柏(とんかつ) | 柏(カフェ) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横浜(カフェ) | 横浜(中華料理) | 横浜(中華街) | 横浜(街の風景) | 横浜(CP+) | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵国分寺跡 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(ラーメン) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 武蔵野市 | 永田町 | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 汐留(街の風景) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄 | 沖縄(菓子) | 洋菓子 | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 清酒 | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 甘納豆 | 皆既月食 | 確定申告 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田神保町(餃子) | 神田(お好み焼き) | 神田(中国料理) | 神田(和菓子) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 神社(石清水八幡宮) | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華料理) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 紅茶 | 缶詰 | 美術館(三井記念美術館) | 群馬県(うどん) | 群馬(こんにゃく) | 自然現象 | 自衛隊 | 自衛隊(海上自衛隊) | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 茨城県(ドイツ料理) | 葛飾(居酒屋) | 薬味 | 血圧 | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西船橋 | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 西荻窪(洋菓子) | 西荻窪(蕎麦) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(からあげ) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(カントリーハウス) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(味の素スタジアム) | 調布(桜) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(カフェ) | 赤坂(和菓子) | 赤坂(担担麺) | 趣味 | 趣味(切手) | 遠征 | 郵便 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋菓子) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 錦糸町(居酒屋) | 長野県 | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 関西国際空港 | 防災 | 防災(河川管理) | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 食品サンプル | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 駒場(カフェ) | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | Jリーグ | NIKON D800 | PC

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

無料ブログはココログ