小金井(洋食)

2017年3月 7日 (火)

小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー (ランチ:スズキのチーズ焼き)

1img_1195 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー

先日、銀行に所用があって出掛けたのであったが、その際に久しぶりに「新西洋料理 ヴァン・ド・リュー」に立ち寄る機会を得た。

1img_1186 店頭のメニュ 

店頭に置かれたボードには各種の料理が書かれていて、この日もランチメニュの中からどれか一品を選ぼうとボードを見ると、三品の料理が記されていた。
今までに「牛肉のハンバーグ」と「鶏胸肉のソテー」はいただいていたので、「イワシのチーズ焼き」をいただくことにして、ドアを開けたのであった。

店内中央の椅子に腰かけつつ、ご主人の問いに応えて「イワシのチーズ焼き」をお願いした。
すると、イワシは無くなったので、スズキで良いかと尋ねられたので、否やはなくむしろウェルカム状態でスズキでお願いしたのであった。

また、何となくワインが飲みたくなり、白ワインをグラスでお願いした。

1img_1188 白ワイン

カウンターの向こう側では、ご主人が緑色のスタンダードサイズのボトルから白ワインをグラスに注がれる様子が目に入った。
が、銘柄は分からなかった。
供された白ワインはライトボディのさっぱりした口当たりのもので、白身の魚には相性のよいものであった。

1img_1191 ランチ:スズキのチーズ焼き

グラスの白ワインを少しづつ飲んでいると、当店の得意とする野菜の付け合せとともにスズキのチーズ焼きが供された。
ズズキのチーズ焼きは、小麦粉を打たれたスズキのソテーにボーフォールのようなチーズが載せられていた。
軽くフォークを添えておいてナイフを入れると、肉厚のスズキの身がホクリとした様相で現れたのであった。
一切れを口に運ぶと、最初にスズキの身から漂う香りが感じられ、咀嚼を始めると熱を通されたスズキに固有の旨味が広がったのであった。
そして直ぐに、チーズのミルキーなアクセントをもった塩味が現れ、さらに馴染みのあるソースの味が感じられたのであった。
このソース、何処かでというか日常頻繁に味わっているソースと同じような味わいであった。
そのソースとは、ウースターシャーソース、である。
しかし、街の大衆食堂ならいざ知らず、当店でウースターシャーソースが使われるはずなどない!と思ったが、スズキの下に敷かれたレタスに絡むソースはやはりウースターシャーソースと同様の味に思えたのであった。
とはいえ、このウースターシャーソースに類似したソースがあることによってスズキのチーズ焼きは佳い味わいの一品となっていたことは確かであった。

付け合せの野菜は、レタス以外には、小松菜のポアレ、細切りニンジンのターメリック和え、ふろふき大根と見紛うかのような当店お馴染みの大根、それに茹で卵、であった。
これらの中では、細切りニンジンのターメリック和えのシャキシャキとした食感が印象的であった。

1img_1192 デザートとコーヒー

最後に、フルーツタルトがデザートとして供されたが、残念ながらフルーツの種類を特定することができなかた。
あくまでも想像であるが、使われていたフルーツが熟する前のバナナのような印象を持ったが、確信は全く無かった。

   

続きを読む "小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー (ランチ:スズキのチーズ焼き)" »

2016年12月 2日 (金)

小金井/ キッチンブラウン (チキンカツビーフシチュー)

1img_7066 キッチンブラウン

暫らくご無沙汰していると、「キッチンブラウン」のビーフシチュウーが無性に恋しくなる。
当店にはまだ通い始めたばかりであるが、この味を一度憶えてしまうと離れ難くなってしまうのであった。

1img_7056 メニュ

先日の土曜日のことであるが、所用で外出した帰りの中央線では自宅に最寄りの武蔵小金井駅ではなくて一駅手前の東小金井駅で電車を降りたのであった。
12時の開店時刻を過ぎること15分ほどで入店した。
運良く先客は3人のみ(その内1人は食べ終わって店を出た)であって、カウンター席右側ブロックの一番左側に着くことができた。
着席して、ご主人が出してくれた水を口に含みつつ全品制覇を考えてメニュを吟味した結果、「チキンカツビーフシチュー」をいただくことにした。
注文を終えてご主人の動きを見ていると、チキンカツを大鍋で揚げ始められた。
余談ではあるが、このチキンカツが揚げ上がるまでの数分の間に店内は満席となったのであった。

1img_7061 チキンカツビーフシチューにはサラダ、味噌汁、ご飯が付いてくる

1img_7063 チキンカツビーフシチュー

出来上がった「チキンカツビーフシチュー」はご主人自らがカウンターをぐるりと回って目の前にまで運んできてくださった。
湯気を立てている鉄板には、タルタルソースを添えられたチキンカツ、コーン、トマトソースが掛けられたスパゲティ、そしてビーフシチューが盛り付けられていた。

先ずはビーフシチューの肉を口に運んだ。
強いコク味と鼻腔の奥にまで届く芳香のデミグラスソースを纏った牛肉は噛まずともホロホロと解れていき、そこから滲み出る旨味が口腔内に広がるのであった。
ここにご飯を送り込むと、それはもうご飯を主食とする日本人にしか味わえない上質の料理に変貌するのであった。

一方、チキンカツにはタルタルソースが添えられていて、これも好い味わいであるが、私個人としてはビーフシチューを絡めて食べる方が数倍好きであった。

なお、付け合せのコーンはデミグラスソースがコーティング状態となっていて、実に佳い味であった。

1img_7057 店内奥にあるテーブル席は家族やグループ客向け

   

2016年12月 1日 (木)

小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ (牛タンの煮込み)

1img_6567 新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ

先日のことであるがJR武蔵小金井駅の北側に所用で出掛けた際に、「新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ」に久しぶりに立ち寄ることができた。
店の前に立ててあるメニュボードを見ると「牛タンの煮込み」がランチメニュの一つとして書かれていた。
牛タンを焼肉以外で食するのは随分ご無沙汰であったので、これをいただくことにしてドアを開けたのであった。

1img_6560 牛タンの煮込み

店の中央辺りに位置する席について、ご主人との呼吸があったタイミングで「牛タンの煮込み」をお願いしたのであった。
ご主人からは、いつものようにパンかライスを問われたので、パンをお願いした。
なお、この瞬間であったが、ワインを注文したいという強い衝動が現れたのであったが、ちょっとした間が開いたことで注文のタイミングを失してしまった。

1img_6561 牛タンの煮込み

若干手持無沙汰なことから水を啜りながら待っていると、「牛タンの煮込み」が供された。
煮込まれた牛タンは3個あり、ブイヨンで軽く火を通されたキャベツの上に盛りつけてあった。
キャベツをソースと和えて、これを牛タンと一緒に咀嚼すると、牛タンからの旨味とキャベツからの甘味がソースの収斂性のあるコク味を介して相互に高めあうのであった。

また、添えられた野菜は「ホワイトクリームで和えられた蕪」、「ブイヨンで軽く加熱されたニンジン」、そして「ブイヨンで煮つけられたダイコン」であった。
蕪も人参も生あるいはほぼ生に近い状態であって、そのものが持つ固有の食感と味や香りを堪能できる仕上げになっていて、野菜の旨味を楽しめるものとなっていた。

一方ダイコンであるが、私が浅学であるために「おでんのダイコン」のような印象を最初に持ってしまったのであった。
私に取っては見た目はまさに「おでんのダイコン」そのものであり、硬さも断面の色のグラデーションもおでん鍋で煮込まれたダイコンと相違ないものであった。
まずはナイフとフォークで一口大にカットして口に運ぶと、ダイコンの少し辛味を帯びた味と香りが口腔内に広がったのであった。
ダイコンはブイヨンで煮込まれているようであるが、ダイコン自体の味わいを活かすように仕上げるためにその味付けは抑制されたものとなっていて、それがためにダイコンの風味が全体の70%を越えることからおでんのダイコンと錯誤してしまったのであった。
良く味わって見ると肉系の蛋白質の旨味が感じられたのであり、おでんのダイコンとは似て非なるものであったのである。
しかしながら、やはり「おでんのダイコン」と見間違うほどの仕上がりとなっていて、ご主人はお客がどのような反応をするのかを楽しみにされていたのではなかろうか、などと思った次第である。

1img_6562 自家製タルトとコーヒー

1img_6563 自家製タルト

メインを食べ終わったタイミングを見計らって「自家製タルト」とコーヒーが供された。
当店の「自家製タルト」は淡いクリームと甘味の強いリンゴのスライスが絶妙の味わいを構成していて、実に美味である。(リンゴと書いたがラフランスかもしれないとも思っている。)
これだけでもお金を払って食べる価値はあるが、これがデザートとして供されるところに当店の実力の高さが表れていると思料するところである。

1img_6565 ワインの一升瓶は「北野呂醸造」の「ウインワイン」

1img_6568 店頭のメニュボード

1img_6569 ボジョレヌーボーも楽しめる

  

2016年10月12日 (水)

小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー (牛肉のハンバーグ)

1img_5300 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー

先日体育の日のことであった。
封書を出状する要があり、休日でも郵便の取り扱いが行われている小金井郵便局本局に行った。
往路の12時50分頃に「ヴァン・ド・リュー」の前を通ったら偶々ドアが開いてお客さんが出てくるところであった。
垣間見えた店内には二人のお客さんが残っていた。
この時間から考えてこの後はそんなに混まないであろうと思い、郵便局での所用を終えたら戻ってくることにしたのであった。

1img_5297 

さて、郵便局を出て「ヴァン・ド・リュー」のドアを開けたのは13時10分頃であったが、店内には4人の先客が居られ、お互いに微妙な間隔を空けて座っておられるのであった。
すなわち、先客の間の席に座ると、お互いに気を使う空間が生まれるという状況となっていたのであった。
そこで左右に余裕のある席をということで、ゆとりのあった入口に近い側に座ったのであった。
そこには大根の絵が置いてあり、これは店主殿が愛される地場の練馬大根が描かれたものではないかと推察したのであったが・・・。
ということで、端の席とはいえなかなか好い場所なのであった。

1img_5291 牛肉のハンバーグには数種類の野菜が添えられていた

席に着いて注文を問われたので「牛肉のハンバーグ」をお願いした。
本当は前回黒板に書いてあった「琵琶湖食堂のオムライス」が欲しかったのであるが、この日はメニュに載っていなかったことから「牛肉のハンバーグ」になった次第であった。
また、ライスにするかパンにするかを問われたので「パン」をお願いした。
前回の経験を踏まえると、当店の料理の味はパンとの組み合わせが僅かの差でライスよりも抜きんでているようであったことからパンにしたのである。

1img_5290 牛肉のハンバーグ

供された「牛肉のハンバーグ」の下にはヴァプールされたキャベツが敷き詰められていて、ハンバーグの上からかけられたデミグラスソースがキャベツにも合わさっていたのであった。
さらの上には、千切りニンジンを軽く茹でたもの、ほぼ生に近いオクラ、ナスとピーマンを味噌だれ(?)で和えたもの、マッシュトポテト、が添えられていた。

「牛肉のハンバーグ」は牛肉らしく歯応えのあるもので、牛肉の旨味が凝縮された一品であった。
マッシュトポテト以外の野菜には、素材自体に固有の歯応えが感じられるよう軽く茹でられたものが供されていた。
また、茹で加減が野菜固有の味が消されないようにされたもので、キャベツにはキャベツの、ニンジンにはニンジンの、というように全ての野菜の味が明快に感じられたのであった。
また、バゲットは供される前に軽く炙られていて、口当たりが軽快であるとともに料理との相性も良く、美味しくいただいたのであった。

1img_5296 デザートはタルト二種とコーヒー

1img_5294 リンゴのタルトとプレーンのタルト(?)

デザートはリンゴのタルトとプレーンのタルト(?)が供された。
リンゴのタルトは、熱の通ったリンゴの食感が佳く、甘さがくどくない秀逸なタルトであった。
プレーンのものもカスタードクリームはマッタリとした味わいで、当店のタルトのベースがいかに佳いものであるかがストレートに理解できるものであった。


  

続きを読む "小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュー (牛肉のハンバーグ)" »

2016年10月 7日 (金)

小金井/ キッチン ブラウン (ビーフシチュウセット)

1img_5129 キッチン ブラウン

今週の火曜日であったが、小金井市の健康運動センターでマシントレーニングを行った後、あのデミグラスソースの味に惹かれて再び「キッチン ブラウン」を訪れた。

「キッチン ブラウン」に13時20分頃でランチタイムはほぼ終わった頃合いであったが、相変わらずの人気店のため、店内では先客が二人待ち席に座っておられたのであった。
が、直ぐに数人の人達が支払いを済ませて店を出たことからカウンター席に着くまでにほんの数分であった。

着席して女将さんに「ビーフシチュウセット」をお願いした。
「ビーフシチュウセット」は前回訪れた際に必食を誓った料理である。

1img_5119 ビーフシチュウセット

注文してから約15分経過したところで「ビーフシチュウセット」が女将さんによって運ばれてきた。
まず「ビーフシチュウ」が供され、次いでライス、サラダ、味噌汁が目の前に並べられたのであった。

1img_5120 ビーフシチュウ

「ビーフシチュウ」を見ると、中心に生卵の黄身が置かれていた。
そこで、黄身を混ぜる前に「ビーフシチュウ」だけを口に含んでみた。
得も言えぬ味である。
肉はその形を留めているものの、口腔内では下で押すだけでホロホロ・フタフタと解れてしまうほど煮込まれたものであった。
また、デミグラスソースを纏った肉からは肉の旨味が滲みだし、これがデミグラスソースのコク味と合わさると落顎・迸唾・瀑涙の味わいが口腔内を満たすのであった。

鉄鍋で供された「ビーフシチュウ」には、夥しい数の牛肉の塊が入っていて、肉部分とソース部分とどちらが多いかと問われれば「あんた、そりゃあ肉だぜィ。」と応える程のものであった。
因みに、ニンジンも入ってはいたが、写真で見える大きさのものが3個だけであったのである。
これぞまさにビーフシチュウなのであった。

1img_5118 

なお、「キッチン ブラウン」は都内産の農林水産物を使用している「東京特産食材 使用店」であり、小金井市では「ヴァンドリュ」、「黄金や」、「くりやぶね」など9店の内の一つである。

1img_5125 店頭

店頭には、テレビの取材や雑誌での掲載について紹介されているが、「キッチン ブラウン」は地元では多くの人が知っている名店なのである。


   

2016年10月 4日 (火)

小金井/ キッチン ブラウン (ブラウンハンバーグ)

1img_4792 キッチン ブラウン

先々週の水曜日のことであったが、小金井市の健康運動センターでマシントレーニングを行った後、「キッチン ブラウン」を訪れたのであったが、月に1回だけの定休日であるという不運に見舞われたのであった。
そこで、先週のマシントレーニングの後、改めて「キッチン ブラウン」を訪ねたのであった。

12時半頃に到着したのであったが、店内は満席で更に二人が待っているという状況であった。
そこで、一旦店を離れて10分程して戻ったら、待ち席に人はいなくなっていたのでここに座って着席ができるようになるのを待ったのであった。

「キッチン ブラウン」は私が小金井市に移ってきて暫らくした後に知ったお店で、ビーフシチュウでその名を馳せていた。
一度早い内に訪ねたいと思っている内に年月が流れ、この日初めて入店となった次第であった。
待ち席に座って15分以上待つことになったが、それは店主殿の料理が丁寧に行われていることによるもので、こういう佳い料理が造られるということによる待ち時間は厭なものではない。
また、気付いたことの一番は女将さんが笑顔で接客されているがその笑顔が素晴らしいのであった。
佳い店というものは女将さんの笑顔と丁寧な接客、それと丁寧で美味な料理、がベースにあることはいうまでもないことであるが、当店はその代表的な存在であると確信するところである。
料理のジャンルや店舗の大きさは異なるが、西荻窪の「ビストロさて」に通じる佳店であった。

1img_4788 ブラウンハンバーグ(ライス、サラダ、味噌汁がセットになっている)

1img_4790 ブラウンハンバーグ

さて、入口に近い側のカウンター席に着席できたのは入店して15分ほど経った頃であった。
メニュを見ると、上段左は「ブラウンハンバーグ」となっていたので、これをいただくことにしたのであったが、注文後にメニュを見ていたら「ビーフシチュウセット」というのがあり、まずはこれをいただくべきであることに気付いたが、時既に遅し!、であった。
次回は「ビーフシチュウセット」をいただこうと心に決めた次第である。

入店して約30分が経過した頃に「ブラウンハンバーグ」が供された。
店名にもなっているブラウンはデミグラスソースのことで、まずこのデミグラスソースをフォークの先に取って味わってみた。
深いコク味のソースであり、これだけでもご飯あるいはパンを食べ進めることができるというものであった。
このデミグラスソースがスパゲティ、ニンジンにもかけられていて、かつハンバーグの上から溢れたソースがコーンにも絡まり、デミグラスソース味のオンパレードとなったのであった。
まさに、落頬、落顎、落涙、垂涎、のデミグラスソースであった。
ハンバーグ自体も程良く引き締まった口当たりのもので、肉の旨味がデミグラスソースと合わさることによって、至高の味わいとなるのであった。

1img_4782 

1img_4786 

1img_4791 FC TOKYOの選手や著名人の色紙


   

続きを読む "小金井/ キッチン ブラウン (ブラウンハンバーグ)" »

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | DETRIOT | Egypt | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | NEW YORK | NIKON | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TAIWAN | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | WINE | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クリスマス | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | ナイロン | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ベーグル) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(パン) | 堺(和菓子) | 堺(寿司) | 大久保(コリアンタウン) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪(うどん) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(西洋料理) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(お好み焼き) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファスト食堂) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 尿管結石 | 居酒屋 | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ラーメン) | 府中(洋食) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(イタリア料理) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(ビール) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(街の風景) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日比谷(街の風景) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | 書籍 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京特産食材 | 東京都庁 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(蕎麦) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横浜(中華料理) | 横浜(街の風景) | 横浜(CP+) | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵国分寺跡 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 汐留(街の風景) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(映画) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 確定申告 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 紅茶 | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | NIKON D800 | PC

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ