新宿(カレー)

2018年7月14日 (土)

新宿/ CLOVE SPICE CURRY (玉ネギ丸ごとスパイシーカレー(鶏肉))

1img_1381 CLOVE SPICE CURRY

先日、新宿のクリニックで定期検査を受けた後、昼食を摂りに紀ノ国屋の地下にある飲食店エリアに行った。
紀ノ国屋の地下飲食店エリアの店では殆どの食事がリーズナブルな価格でできるし、また料理の選択肢が多いので、昼食を手軽にいただくということでは新宿における最良の場所の一つである。

なお、この場所を目指したのは、先ず第一は紀ノ国屋で観光ガイドブックを購うためであったが、結局当方の要求スペックを満たすガイドブックは見付けることができなかった。

さて、地下の飲食店エリアでは端から端まで一回往復して店と料理を確かめ、その上で入店を決めたのが「CLOVE SPICE CURRY」という店であった。

1img_1378 カリブ海のバー的趣の椅子

店内は左手にテーブル席があるもののメインはカウンター席で、右から2番目の席に着いた。
なお、カウンター席の椅子は木製のもので、色合いがかつて訪ねたカリブ海の島のバーにある椅子と似ていたのは訳もなく心が躍るというものであった。

1img_1372 メニュ

カウンターテーブル上に置かれたメニュの表紙には『野菜とスパイスのカレー』と書かれていて、4種類あるカレーの品揃えのいずれにも野菜の名前が付けられていた。

この日は初めての入店であったことから、最初のページの左側に載せられていた「玉ネギ丸ごとスパイシーカレー」を鶏肉(海老も選択肢にある)でいただくことにした。

調理は黄色いエプロンのおとなしそうなお姉さん(といっても20歳台前半かな~?)が一人で頑張っていて、また調理台が鍋一個分なので順番にワンオーダーづつ丁寧に対応している姿が健気であった。
ここからは想像であるが、複数の仲間と当店を訪ねた場合、異なるカレーをオーダーすると供されるタイミングに3分程のタイムラグが生じるのではないかと推察するところである。
ほぼ同時に食べ始めて、ほぼ同時に店を出たければ同じカレーを注文することが肝要であろう。

1img_1376 玉ネギ丸ごとスパイシーカレー(鶏肉)

注文を終えてから数人の先客が注文したカレーが供され、暫らくした後に漸く私の「玉ネギ丸ごとスパイシーカレー」がカウンター越しに手渡された。
そして、秤で重さを計ったライスも手渡された。

1img_1375 玉ネギ丸ごとスパイシーカレー(鶏肉)

先ずカレーを見ると『玉ネギ丸ごと』とメニュに書かれているのに玉ネギの姿は見当たらない。
更に良くみるとカレールーの表面が漣のようになっていて、このことから玉ネギは粗めに摩り下ろされたものが入っている様子なのであった。
ルーを一口食べて見ると、推察通りであった。

また、カレーのルーはスパイスが強めであり、そのスパイスの香辛味と摩り下ろし玉ネギの刺激味が相互に高め合う味わいに仕上げられていて、好きな人にはタマラン味となっているようであった。

鶏肉は仕上げ段階でカレーのルーと一緒に煮られていたようで、身にはスパイスがギュッと馴染んだスパイシーなチキンであった。

なお、仕上げにパラリと置かれた赤い刻んだものであるが、確かめようと思って口に含んでみたものの、カレーのスパイスにマスキングされてその味は分からなかった。

1img_1377 福神漬は茶色系

   
   

続きを読む "新宿/ CLOVE SPICE CURRY (玉ネギ丸ごとスパイシーカレー(鶏肉))" »

2017年8月11日 (金)

新宿/ 中村屋 Bonina (純カリー粉)

1img_8406 中村屋 Bonina

過日のことであるが、新宿に買い物に出掛けた。
主たる目的は、大阪に所用があってその際に持ち帰る手土産を購うことにあった。

1img_8401 伊勢丹本店休業のお知らせ

新宿に着いて先ず伊勢丹に向かったのであったが、なんと休業となっていた。
この時期に休業とは、と思いながら新宿駅に向かって歩いていると、新宿中村屋のグロッサリストアである「Bonina」が目に入った。

そこでふと思い出したのが「純カリー粉」のことであった。
この「純カリー粉」はYH氏のお薦めの一品であるが、私はこの時点では味わったことのないものであっった。

1img_7481 純カリー粉

早速店内に歩を進めると、当店名物の「カリーパン」が販売されているエリアに「純カリー粉」が並べられていた。

「純カリー粉」の瓶は小さなものであったがその存在感はなかなかのもので、他のカリー商品群も含めて辺りは黄金色に燦然と輝いているという感じであった。

1img_7482 カリーのスパイス

また、「純カリー粉」の瓶が並べられた背後には「カリーのスパイス」と書かれたスパイスのサンプルが並べられており、その数は17種類にも及ぶのであった。

この日は一瓶を購って、後日大阪の生家に持って行った。
生家では妹に頼んでこの「純カリー粉」を使った料理を造ってもらった。

先ずは瓶の蓋を開けると、カレーの香りが台所に漂った。
その香りはとても清澄なものでカレーにも係わらずフローラルなトーンが印象的であった。
また、その香りが鼻腔の奥に届くと、スゥ~ッと脳が覚醒されるようであった。

味は入れた量によって変化するのであろうけれども、強めの辛味と苦味がバランスしていて、それに淡い甘味が重層的に感じられた。
市販のカレーあるいはカレー調味料からは感じられない独特の旨味が「純カリー粉」にあったのであった。

   

続きを読む "新宿/ 中村屋 Bonina (純カリー粉)" »

2017年1月11日 (水)

新宿/ 新宿 中村屋  RESTAURANT CAFE Manna (中村屋純印度式カリー)

1img_8737 新宿 中村屋  RESTAURANT CAFE Manna

先日は思いもかけずJR武蔵小金井駅前で出初式を見ることができた。
その後、当初の予定通り所用を果たしに新宿に出掛けた。
なお、所要とはいってもこれから何度かは通わなければ処理できそうにない案件に係わることであった。
そこで新宿では時間に余裕があったので、新年の挨拶も兼ねてYH氏に昼食を打診させていただいたら、急な連絡にも係わらず「結構でござる。」(今風に表現すると「イイヨッ。オッケー!」である。)という返事をいただいたので12時15分に待ち合わせをさせていただいたのであった。

私が新宿に着いたのは12時を少し過ぎた時間であったことから、なんとかYH氏を待たせずに済んだと思いきや、YH氏は既に到着されていたのであった。
先ずは年始のご挨拶をすませ、昼食を目指したのであった。
昼食を摂る店としてはいくつかの選択肢があったが、以前入店し損ねた「中村屋」にカレーを食べに行くことで了承を得て、新宿3丁目方向に向かう地下道を歩いて行った。

1img_8741 店内は白とブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気であった

「中村屋」の前に至ると、目指すカレーの店は「Manna」という名称であって更に下の地下2階にあることが分かった。
階段を降りて行くとそこに四角形のスペースがあって、壁に沿って椅子が30席程並べられており、既にほぼ満席という状態であった。
しかしながら、店内は広くお客の回転が良いことから、ほんの10分程度で入店が叶ったのであった。

1img_8740 メニュ(部分)

案内された席に着いてメニュを見ると、私達が求めているカレーは「中村屋純印度式カリー」という名前が付けられていた。
メニュを見て早速に、この「中村屋純印度式カリー」を注文したのであった。

この「中村屋」の「中村屋純印度式カリー」については、インドのボースという英国からの独立運動家が大きく関与していたということである。
すなわち、ボースはいろいろな経緯を経て日本に逃れてきたものであったが、当時日英同盟下にあった日本でも追われる身となったのであった。
が、国外退去の前にからくも逃げだすことができ、かくまわれたのが中村屋を営む相馬家で、その縁で当店の「純印度式カリー」が誕生したということらしい。
当時の国情を考慮すると、相馬家でも命がけのことであったと推察するものであり、カレーにもそれ相応の歴史が刻まれているというものであろう。

1img_8744 中村屋純印度式カリー

さて、注文を終えて暫らくしてから、「中村屋純印度式カリー」が運ばれてきた。
カレーだからといって、侮ってはいけない。
カレー専門店では注文を終えてから長くても30秒で供されるのであるが、当店では5分は待たなければならない。
また、カレールーの入ったソースポットやカトラリー、紋様が印され縁取りのあるプレート、三種類の口直し、三種類の薬味、など「中村屋」としてもそのスぺシャリテの一つとして力の込められた組合せであった。
また、上掲の写真では左上に小皿が置いてあるが、これはチキンの骨を置くためのもので、お客が外した骨に決して煩わされることがないようにとの配慮であった。

1img_8745 チキンカレーオンザライス

まずはカレールーを適量口に含んでみた。
少しのタイムラグの後、スパイシーな濃い香りが広がったのであった。
更に少しの時間をおいてコクのある味わいが舌の上や上顎部に伝わった。
目に見える具材はチキンとジャガイモであって、いずれも好く煮込まれていた。
チキンは身を骨から外してル―と合せ、更にライスと一緒に咀嚼すると、チキンの肉からでた淡い旨味、ル―から来るスパイスの刺激的な味と香り、ライスのそこはかとない甘味がそれぞれのクラスターを保ちながら口腔内を満たして、ついには渾然一体となって喉を通り抜けていくのであった。

1img_8746 ラッキョウ、ピクルス、カプサイシンが強烈なオニオンスライス

カレーを雑念無く食べ進む合間に、口直しである「ラッキョウ」、「ピクルス」、「オニオンスライス」を適宜いただいたが、「オニオンスライス」は挽いた唐辛子が塗されているようで激辛であった。

1img_8747 薬味(粉チーズ、ナントカチャツネ、カントカチャツネ)

また、粉チーズは使わなかったが、チャツネは辛味に加えて清涼感があり、これらを混ぜていただくと、味がグッと引き締まったのであった。

   

2015年12月23日 (水)

新宿/ 野菜を食べるカレーCamp本店 (野菜カレー本店伝統のオリジナルル―+骨付チキン+ラッシー)

1dsc02983 Camp本店

昨日は冬至である。
この日を境に明るい時間が長くなっていくのは何だか嬉しい気持ちである。

さて、昨日は所用があって新宿に朝の早めから出掛けていた。
11時には所用を終えたので、少し足を延ばして代々木駅の先にあるカレー屋さんに伺った。
表題には新宿と記したが実際は千駄ヶ谷(渋谷区)に店舗があるのである。
開店は11時半であり、5分程早く着いたので付近をブラブラ歩いて時間をつぶしてから入店した。
幸いウッド調のブース席に座ることができたのであったが、開店5分で満席になり、その後はエントランス前に長蛇の列ができあがっていったのであった。

1dsc02992 水はスティールのマグで供された

着席して直ぐにスタッフの女性が水を運んで来てくれたが、店名が「Camp」であってキャンプで使われるスティールのマグに入っていたのである。

初めての入店であったので、基本の「野菜カレー」を「本店伝統のオリジナルル―」でお願いした。
また、肉を補うために「骨付チキン(2本)」を付けていただくことにした。
なお、ご飯はそのサイズを選択することになっていて、大きさを尋ねると「お茶碗一杯分が150gです。」ということであったので、150gをお願いしたのであった。
また、別のメニュを見るとソフトドリンクが100円となっていたので、「ラッシー」も追加でお願いしたのであった。

1dsc02993 水筒、ランプ、飯盒

料理が供されるまでの間あちこちに目を遣ると、テーブルの上には水筒、ランプ、飯盒、が置かれていて、その飯盒の中にはスプーンや紙ナプキンが入れられていた。

1dsc03005 店内(部分)

また、壁にはCampと大書された看板などが山岳用品などと共に飾られていたのであった。
このように退屈することなく店内を眺めていると、注文の品々が運んでこられた。

1dsc02997001 野菜カレー本店伝統のオリジナルル―と骨付チキン(2本)

「野菜カレー」には、一日に摂取するとよい量(350gらしい)が入れられていて、その種類は、赤ピーマン、黄ピーマン、レンコン、ナンキン、キャベツ、ナス、トマト、タマネギ、サツマイモ、ジャガイモ、などであった。
冬至の日に名前に「ん」の付く食べ物を食べるのが良いということであるが、ちゃんと名前に「ん」の入った野菜もいただくことができたのであった。
因みに、ニンジンは全く見当たらなかったが、何か事情でもあるのであろうか・・・。
オリジナルル―に和えられた野菜はいずれもそれぞれに固有の歯応えと舌触りに富んでいるし、何をおいてもオリジナルル―がコク深い絶妙な味わいの逸品であった。
久しぶりに味わい深いカレーを食したのであった。

1dsc03003 サルサなんとか

「サルサなんとか」は食間に口中をサッパリさせるとのことであり、トマトベースの酸味のあるものであった。
残念ながら、名前を聞いたのであったが失念してしまった。

1dsc03004 ご飯(150g)

ご飯は皿に盛って供されたが、スプーンは付いてこなかった。
即ち、テーブル上にあった飯盒に入れてあったスプーンを使うということであったが、このスプーンがシャベル状のものであった。
アイデアとして大変面白いものであったが、若干唇に引っ掛かって食べ辛いものであった。

1dsc03000 ラッシー

インドで飲んだラッシーに比べて濃厚なような気がしたが、酸味と甘味とのバランスが好くて大変美味しくいただいた。
余談ではあるが、インドの大衆レストランでラッシーに氷を入れていただくと多くの場合DIARRHEAに襲われるので要注意である。

1dsc03007 エントランスの前には野菜

支払いを終えてエントランスをでると、そこにはこの日の食材と思しき野菜がたくさん並べられていた。
これほど多くの野菜を美味しくいただいたのはいつ以来であろうか・・・。

2015年12月 3日 (木)

新宿/ 鉄板ダイニング Ferrous (和牛すじ煮込カリー)

1dsc02091 鉄板ダイニング Ferrous

過日新宿にあるニコンのサービスセンターにレンズを修理に出した日のことであった。
訪れた時間が昼前であり、手続きを終えたのが12時半に少し前という時間であった。
この日も特に行き先が決まっていなかったので、良い店を探そうと考えながらニコンが入っているビルの地階まで降りて新宿の地下街を目指そうとしたのであった。

ビルの地階には多くのビルがそうであるように飲食店が連なるフロアとなっていた。
それとなく店々の前を通り過ぎようとしたところ、この日はBeaujolais nouveauの解禁日であり、エントランスに立て看板が出ている店があった。
その名は「鉄板ダイニング Ferrous」という店であった。
また、豚君の人形も置かれていたことが意識を後押ししたのかもしれないが、何となく店内に足を踏み入れていた。

1dsc02090 メニュ(部分)

エントランスからは店員さんに案内されて奥のテーブルに着き、メニュを眺めるとPlateランチというのがあり、新宿と冠したものでも店名のFeを冠したものでもない「和牛すじ煮カリー」をいただくことにした。

1dsc02080 牛すじスープ

最初に「牛すじスープ」がカップで供された。
中には牛脂と水菜が入ったコンソメ様のスープであったが、これが好い味わいの一品であった。
これだけの味を出せるカジュアル店はそうざらにはないのではなかろうか・・・。
「牛すじスープ」を飲み終えてしばらくすると、カップが下げられ「和牛すじ煮込カリー」が目の前に置かれた。

1dsc02082 和牛すじ煮込カリーのプレート

1dsc02083 スティームドライス、ポテト、ブロッコリ、トマト、レタスのサラダが添えられている

「和牛すじ煮込カリー」は所謂カレー専門店系のものとは一線を画すもので、スパイスはマイルドにしてあって素材である牛すじと野菜からでるエキスをより濃厚に味わえるものであった。

1dsc02093 ディスプレイの下側に注目!

支払いを終えて店を出たが、店頭のディスプレイには「牛すじスープ おかわり無料!」と書かれていることに気付いた。
「牛すじスープ」は大変美味しいスープであっただけに、おかわりがいただけるならもう一杯味わいたかったものである。
しかしながら、「牛すじスープ」のカップを下げに来た店員氏は無言でカップを持って行ってしまったのであった。
残念至極であった。
が、後の祭り、である。

1dsc02093_2 

ビールも美味しいらしい・・・・・・?

1dsc02093001 

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BRASIL Ch.Mouton Rothschild Christmas DETRIOT Egypt GERMANY Houston INDIA JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia MEXICO MLB NEW YORK New York (Classic Concert) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 STAR WARS TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) TURKEY_ United States of America USA (Sports) USA(Nature) VIETNAM WINE うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 メキシコ メキシコ(酒類) ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(うどん) 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(居酒屋) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(ハンバーグ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(天丼) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 尿管結石 居酒屋 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800 PC

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ