新大阪駅

2017年10月22日 (日)

新大阪/ 本町製麺所 天の上 (お昼の選べるうどん定食(お昼の鶏天うどん、ミニ鶏天丼))

1img_1925 本町製麺所 天の上

先週も大阪に所用で出掛けていたが、その帰りにJR新大阪駅の2階にある「アルデ新大阪」というレストランゾーンを訪ねた。
数あるレストランの中に、紺地に「うどんと揚げたて天ぷら」と白く染め抜かれた暖簾の店が目に入った。
早速店内に歩を進め、12席あるカウンター席の一つに着いたのであった。


1img_1915 お品書

お品書を見ると、うどんだけで19種類、名物天丼というのが4種類、その他ご飯物や酒の肴などかなりの数の料理があるのであった。
店のお姉さんに当店はうどんの店かと問うと、「そうです。おつゆにも工夫を凝らしています。」とのたまうのであった。
では、うどんではお品書の最初に書いてある「鶏天うどん」がお薦めかと問うと、親切なお姉さんは「そうです。」ということを応えてくれたのであった。
そこで、「鶏天うどん」をいただくことにすると、親切なお姉さんは「お昼の選べるうどん定食」というものがあることを教えてくれたので、ごはんものもいただける「お昼の選べるうどん定食」に変更し、「お昼の鶏天うどん」と「ミニ鶏天丼」を組み合わせていただくことにしたのであった。

1img_1921 お昼の選べるうどん定食(お昼の鶏天うどん、ミニ鶏天丼)

待つこと暫し、「お昼の選べるうどん定食(お昼の鶏天うどん、ミニ鶏天丼)」が目の前に置かれた。

1img_1924 お昼の鶏天うどん

「お昼の鶏天うどん」は熱々で湯気の立ち昇るおつゆの中にうどんと鶏天が静かにたゆたっていた。
先ずおつゆを味わってみると、コク味のあるおつゆで、思うに昆布出汁が主体の典型的な大阪風の良質なおつゆであった。
うどんは適度な腰があり、柔らか過ぎず硬過ぎず、というもので、かつ塩分は抑えめのもので、おつゆにマッチした味わいであった。
また、おつゆに浸った鶏天は衣に付けられた醤油系の味とおつゆの旨味が相互に高めあった佳い味わいであった。

1img_1923 ミニ鶏天丼

「ミニ鶏天丼」は、ご飯の上に載せられた「鶏天」に甘辛い(関東では甘塩ぱい)タレが回し掛けられており、鶏天の鶏肉の旨味、衣の熱が通った小麦粉系のまったり味、おつゆの旨味、加えてタレのコク味とご飯の甘味、がそれぞれに佳い味わいで混ざりあい、口腔内は至福の時を迎えるのであった。
そして、時折啜るうどんのおつゆで口腔内をリフレッシュすると、再び味の饗宴が繰り広げられるのであった。

なお、余談ではあるが、当店のお姉さんはキビキビとした動きで、その所作に無駄がない人であった。
そして、私のような注文が直ぐに決まらない者に対しても新設丁寧に説明してくれる人であった。
私が入店して暫らくすると、全盲の人が一人で入店してこられた。
全盲の人であるから、お品書は読むことはできない。
お姉さんは、丁寧に説明をし、注文を受けておられた。
そして、お姉さんはお茶をコップに入れて(当店ではお茶はお客が自分でコップに注ぐというシステムである)、それをカウンターに置くのだけではなく、その人の手を取ってコップに導いておられたのであった。
また、出来上がったうどんを置いて、その人の手を取って丼の位置を伝えたりされていた。
私は飲食店に比較的多く足を運んでいるが、寡聞にして目の不自由な人がこのような対応を受けておられる光景は初めて目にしたのであった。
そして、こういうお姉さんの居られる店に悪い店は無く、また機会があれば訪れようと思った次第であった。

   

続きを読む "新大阪/ 本町製麺所 天の上 (お昼の選べるうどん定食(お昼の鶏天うどん、ミニ鶏天丼))" »

2017年10月21日 (土)

新大阪/ 京漬物 味わい処 西利 (京のお茶漬)

1img_1049 京漬物 味わい処 西利

一昨日、一週間ほど滞在した大阪から戻ってきた。
今回の大阪行きは、前回から僅かに二週間をおいてのことであった。

1img_1048 フロアガイド

さて、前回の大阪行きの後の帰京では、いつものように新大阪駅で昼食を摂ったのであった。
場所はJR新大阪駅の2階にある「arde SHIN-OSAKA」(「アルデ 新大阪」という関西風イタリア語的ネイミングが如何にも大阪らしい)というエリアにある「京漬物味わい処 西利」という店であった。

1img_1050 京漬物 味わい処 西利の漬物販売スペース

「arde SHIN-OSAKA」には23軒のレストランがあり、その内の何軒かには随分とそそられるものがあったが、私の場合は午前11時過ぎという時間に摂る食事であるから、比較的軽い物が良いのである。
ということで、店頭のディスプレイを見て選んだのは「京漬物 味わい処 西利」であった。

1img_1052 ランチメニュー

「京漬物 味わい処 西利」の店内に歩を進めると、無駄な動きはないが丁寧な対応のお姉さんがテーブルに案内してくれた。
店内は全てテーブル席であって、一番奥のテーブルに壁を背にして着くことができた。
着席してメニュを見ると、昼食として4種類の料理がいただけることが分かった。
料理はいずれも興味をそそられるものであったが、多くの種類の漬物をいただける「京のお茶漬」をいただくことにした。

1img_1061 京のお茶漬

注文を終えて料理が供されるまでの間にメニュを見ていると、「西利オリジナル白ワイン」や「純米吟醸酒」などもいただけることが分かったが、次回の機会を待つこととしたのであった。

待つこと約5分、「京のお茶漬」が運ばれて来た。
「京のお茶漬」は、7種類の漬物を主体に、白味噌仕立ての味噌汁、ご飯、焙じ茶という構成であった。

1img_1058 漬物

お漬物は真ん中の列、下の列、そして上の列という順番で、それぞれの列の左側からいただいていった。
なお、お漬物に関する記述は私の印象がベースになっており、実際とは大きく異なっている可能性が大きいので、その点についてはご容赦を請うものである。

        ⑦
       ⑥
    ①  ②  ③
     ④  ⑤

 ①細人参を白菜で巻いたもの、レモンの皮がアクセントとなっていた
 ②青菜を千枚漬で巻いたもの、青菜の苦味が程良かった
 ③厚切り大根とレモン、レモンの皮の苦味と大根に固有の酸味が良いバランス
 ④紫蘇で表面を染めた大根、全体の淡い酸味が佳い
 ⑤千枚漬、典型的な千枚漬、美味
 ⑥表面が淡黄色に色付けられた大根の厚切り、大根が甘く感じられた
 ⑦薄塩で、茄子に固有の香と味が活きていた

お漬物は一通りお漬物だけを味わってから、ご飯と一緒にいただいた。
ご飯は少し硬目に炊かれたもので、私の好きな口当たりを呈していた。
また、ご飯の味が加わったことによってお漬物の味と香が一層引き立てられており、お茶漬にしないでも美味しくいただいたのであった。
というか、私的にはお漬物はお茶漬にしないで良く噛んでご飯と一緒に味わった方がサラサラと流し込むよりもより良い味わいであった。

1img_1060 お椀

お椀は、白味噌の味噌汁で、湯葉と麩が入れられていた。
関東では白味噌の味噌汁をいただく機会は余り無いが、久しぶりに京の都の味わいに出会えたきぶんであった。

最後に、焙じ茶をご飯にかけて残ったお漬物②⑥⑦と共にいただいた。
焙じ茶でお茶漬けというのも京都で過ごした学生生活以来であった。

1img_1051 店内の飾り

   

続きを読む "新大阪/ 京漬物 味わい処 西利 (京のお茶漬)" »

2017年5月25日 (木)

新大阪/ だし茶漬け えん (小海老・小柱・磯天)

1img_6053 だし茶漬け えん

約二週間に亘る大阪での所用を済ませ、昨日の昼前に新大阪駅から新幹線に乗った。
予め指定席を確保しておいたことから、乗車前に若干の時間的余裕があった。
そこで、何か昼食を摂っておこうと考え、今回は在来線のコンコースで良さそうな店を探してみた。
在来線のコンコースを巡ってみて気付いたのであったが、ほんの2~3カ月の間に随分と新しい店が増えたようであった。(ひょっとして過去に気付かなかっただけかもしれないが・・・。)
ぐるりとエリア一帯を巡ってみた結果、チキラーハウスのチキ弁をのぞみの車内で食することにするか、あるいは「だし茶漬け えん」でお茶漬けにするか、はたまたCampでカレーにするか、選択肢を三つに絞ったのであった。

1img_6051 入口付近には日本語、英語、韓国語、中国語による簡単な説明がなされたボードが置かれていた

乗車までにはまだ十分な時間があったことからチキ弁は次回以降とし、Campは新宿の本店で食べたことがあるので今回はパスとし、結果として「だし茶漬け えん」で食するということにした。

1img_6052 ディスプレイ

「だし茶漬け えん」を選んだのにはも一つ理由があって、それは店頭のディスプレイが美的であったからである。
また、ディスプレイには明るい照明の下にだし茶漬けのサンプルが並べられていて、実際にいただくものがイメージとして把握し易くなっていたのであった。

1img_6041 小海老・小柱・磯天

入口にあるタッチパネル式の自動券売機を慣れぬ手つきで操作し、ディスプレイを見て決めた「小海老・小柱・磯天」の食券を得たのであった。
「小海老・小柱・磯天」というのは、小海老と小柱の天ぷらに竹輪の磯辺揚げが載せられたものである。
他に鯛、明太子など油を使わない食材があるのに、結局選んだのは油系の天茶であった。
自分でも油好き人間であることを改めて実感した次第であった。

1img_6042 小海老・小柱・磯天

カウンター席に着いてほんの少し待っただけで、「だし茶漬け 小海老・小柱・磯天」が運ばれてきた。
トレイには「だし茶漬け 小海老・小柱・磯天」の深めの丼が鎮座する横に、ゴマだれのかかった絹豆腐、切干大根と椎茸の煮もの、ピリ辛の胡瓜の漬物、が添えられていた。
お出汁は小ぶりの急須に入れられていて、足りなければ追加でいただけるということであった。

1img_6043 天ぷらの上に刻み三つ葉、下に刻み海苔

まずは、小海老の天ぷら、小柱の天ぷら、そして磯辺揚げ、の個々をそのままで味わってみた。
その結果、磯辺揚げ以外は特に味付けがなされているのではなく、出汁とワサビで味を整えながら食べ進むという定番の食べ方でいただくものであることが分かった。

次いで、急須から出汁を掛け回してから匙で適宜ご飯と具材を合わせながらいただいた。
私個人としては少量のワサビで味にインパクトを付けた方がヨロシかった。
また、ピリ辛に味付けされた胡瓜が秀逸で、お茶漬けの合間に少しいただくとそのリフレッシュメント効果は抜群に良かった。

1img_6047 出汁は清澄であったが、塩分は強めに調整されていた

1img_6049 ワサビ

1img_6045 見た目と異なり、ピリ辛の味付けがされていて、リフレッシュメント効果が抜群であった

1img_6046 絹豆腐にゴマだれ

1img_6044 切干大根と椎茸

なお、個人的な感想で恐縮であるが、豆腐と切干大根は不要であった。
これらの代わりに価格が50円ほど安く設定されている方がCP的な見地からは満足度が高くなるように推察したが、いかがであろうか。

   

2017年4月25日 (火)

新大阪/ ねぎ焼 やまもと (元祖すじねぎ焼)

1img_1847 ねぎ焼 やまもと

先月大阪に行ったが、その帰りは何時のように新大阪駅の「浪花そば」で大阪のうどんを食べようと考えていた。
しかしである。
この前日に「美々卯」で美味なうどんすきをいただいたこともあり、何かうどん以外で大阪らしい食べ物はないかいな、と新大阪駅の在来線コンコースを歩いてみた。
が、この日は敢えてそそられる店がなく、駅弁を買うべく新幹線の構内に歩を進めたのであった。

1img_1857 新大阪駅新幹線構内「のれんめぐり」

新幹線の構内に入ってから、何か好い食べ物はないかいな、と念のためにぐるりと歩いてみたら、「のれんめぐり」という大阪の有名店が軒を連ねるエリアがあることに気付いたのであった。

1img_1856 ねぎ焼 やまもと

先ずは初めて訪れた「のれんめぐり」の中を一巡してみた。
すると、「ねぎ焼 やまもと」というそそられる店があることに気付き、ここのカウンター席に落ち着いたのであった。
私は大阪を離れて久しく、最新のグルメ情報を持ち合わせてはいなかったことから、当店が十三の名店であるということは知らなかった。

1img_1850 カウンターテーブルには小皿、コテ、割箸、の3点セットと水が並べられた

カウンター席に着くと、先に食券を買うように言われ、改めて食券を買って席に着くと、小皿、コテ、割箸、の3点セットと水が並べられていた。

1img_1851 水のコップには当店のマスコットであるネギの図柄

水のコップを見ると、マスコットのネギ(三兄弟なのか、はたまた三姉妹なのか、あるいは親子なのか、ひょっとして友達同士なのか、全く分からなかったが・・・)が仲良く並んでいるのであった。
これは個人個人の好みの問題ではあるが、私にはこの図柄がデザインとしても、また色の配置具合としても、とても素晴らしいように思えたのであった。 

1img_1848 焼担当のお兄さん、配膳担当のおねえさん

カウンター席に座って店内を眺めると、奥の大きな鉄板でお兄さんが「ねぎ焼」あるいはその一族を焼いているのが見える。
また、手前には寡黙であるが芯のありそうなおねえさんが控えていて、出来上がった「ねぎ焼」あるいはその一族をお客に運んでいるのであった。

1img_1853 元祖すじねぎ焼

席に着いて待つこと5分、珍しくこの5分が長く感じられた頃合いに、私の「元祖すじねぎ焼」がおねえさんによって運ばれてきた。
目の前に熱々の鉄皿に載せられた「元祖すじねぎ焼」が置かれ、
「お醤油とレモンで味付けされていますゥ。」
と告げられた。

ということであったので、熱々の「元祖すじねぎ焼」をコテで取って徐に口に運んだ。

1img_1854 元祖すじねぎ焼

「元祖すじねぎ焼」はフワフワとした食感で、お好み焼きにも入れられる摩り下ろした山芋が入っているような印象を受けたが、確信はない。
具材としては、ネギ以外にすじ肉、蒟蒻が入っているようで、神戸長田のぼっかけが合わさっているような味と歯応えがねぎのお好み焼きの中に感じられたのであった。

1img_1855 看板は何故か床に近い場所

   

2016年8月20日 (土)

新大阪駅/ 浪花そば (冷しかきあげうどん)

1img_3136 浪花そば

東京では、何故か関西風のおつゆに浸ったうどんを食することはなかなか難しいことである。
まだ会社員であった頃は、関西方面に出張があるたびにその土地で関西風のうどんをいただいてきた。
中でも想い出深いのは、JR広島駅1番線ホームにある立食うどん店のかき揚げうどんと大阪の道頓堀にあるうどんの老舗「今井」の鍋焼きうどんである。

さて、昨今は広島まで出掛けることもなく、また道頓堀や心斎橋に出掛けても「今井」に立ち寄る機会に恵まれずにいる。
ということで、関西風のうどんを口にできる最も確実な方法は、新大阪駅の在来線コンコースにある「浪花そば」に立ち寄ることである。
この「浪花そば」は店名に「そば」という文字が冠されているが、その実は「うどん」を得意とする店であり、関西風のうどんの品揃えもなかなかのものである。
つい先日も大阪に行った帰りに「浪花そば」に立ち寄り、関西風のうどんを食したのであった。

私が大阪に居た間は、連日35℃を超す猛暑が続き、甚だバテ気味となっていた。
さすがに、熱いおつゆのうどんを食するだけの勇気はなく、冷たいうどんをいただくことにしたのであった。

1img_3131 涼味メニューと称される冷しうどん類

1img_3133 そばもあった

先ず店頭のディスプレイを見ると、上段の目が往きやすい位置に「涼味メニュー」という冷し系列のうどんやざるそばが鎮座ましましており、これらの中から「冷しかきあげうどん」が目に飛び込んできた。
そして、他にも何種類かの冷しうどん類はあったが、迷わずに「冷しかきあげうどん」を選択したのであった。

入口を入って直ぐの処に在る注文カウンタで、おばちゃんに「冷しかきあげうどん」を所望した。
おばちゃんは目の前に在るマイクで私の注文を当店の符丁で伝え、すぐ横の配膳カウンターにいるおばちゃんやおっちゃんが手際よく「冷しかきあげうどん」を仕上げてくれ、それをお盆に載せてくれたのであった。
その間、ほんの30秒ほどのことであった。

1img_3126 冷しかきあげうどん

1img_3129 かきあげの上には糸状に切られた赤唐辛子

1img_3127 丼の形がユニーク

お盆に載せられた「冷しかきあげうどん」を手にして店内を見回すと、アイランド席からちょうど席を立つ人が居られたので、ここに着席した。

まずは、冷たいうどんを持ち上げると、麺の太さが温かいうどんのものに比べて細いことに気付いた。
茹で加減は温かいうどんに比べてアルデンテな仕上がりになっていて、表面のツルツル感と腰のある歯応えのうどんなのであった。

かきあげはおつゆに浸っていなかったことから「ほとびる」状態にはなっておらず、意外に硬かったという印象である。
また、赤唐辛子が糸状に切り揃えられたものがふわりと載せられていたが、温度が低いこともあって余り辛さのインパクトは感じられなかった。
とはいえ、これがあることによって全体の味が引き締まったことは事実であった。

なお、敢えて個人的な感想を述べると、元々関西風出汁ということもあり、加えて冷たいうどんであるから舌に感じるおつゆの旨味は温かい時のおつゆに比べてマイルドであるようで、東京の冷し系蕎麦系の醤油出汁が尖っている出汁に慣れた舌には若干物足りなさがあった。
とはいえ、これが関西風の冷し系うどんの味で、自分の舌にこの味わいを記憶させたのであった。

1img_3130 サラリーマンも多く、テーブルの上をチェックするお姉さんも大忙しである

1img_3135 浪花そばの信条

1img_3134 上の段に涼味メニュー

1img_3132_2 課題となっている新大阪うどんかしわは健在であった





   

2016年8月18日 (木)

新大阪駅/ 案内標示

1img_3147 

昨日の午後、新幹線で大阪から東京に戻ってきた。
お盆休みの間の帰省客も減って、新幹線は社内も駅もほぼ通常時の混雑であったように思う。
ホームにある案内標示には、スマホでゲームをしながら歩く人達に対して日本語と英語で注意が喚起されていた。

1img_3142 

1img_3143 

1img_3144 

1img_3145 

1img_3146 

1img_3148 

英語の表記が若干気になったが、新聞の見出しとかと同様に、その場の状況から判断して内容が分かれば問題ないことであろう・・・。





   

2016年8月15日 (月)

新大阪駅/ ネルサイユ宮殿 by カネテツ

1dsc08685 ネルサイユ宮殿 by カネテツ

関西で「カネテツ」といえば、竹輪と蒲鉾で有名な店である。
私が幼い頃、日本はテレビ放送の黎明期にあったが、その時代にテレビコマーシャルを流していた老舗である。
当時は、人気子供バレーリーナである松島トモ子氏がコマーシャルソングを歌っておられたのであった。

ところで、竹輪も蒲鉾も魚のすり身から作られるという所謂「練り物」である。
この「ネリモノ」に豪華宮殿である「ベルサイユ宮殿」という名称をハイブリッド化したと思われる名前の店が、新大阪駅の在来線コンコースで「カネテツ」が経営する「ネルサイユ宮殿」である。

1dsc07971 

過日、大阪に行った際に立ち寄ってみた。
店頭に立つと、中に居られた数人のお姉さんの内のお一人が対応してくださったのであった。

お姉さんは私のトンチンカンチンな質問にも笑顔で丁寧に応えてくださった。
商品は現代風にアレンジされたものが多く、店名がハイブリッドであるばかりでなく、竹輪や蒲鉾をベースにした商品には和の食材のみならず洋の食材もふんだんに取り入れられたハイブリッド竹輪であり、ハイブリッド蒲鉾であるのであった。

1dsc07969 

1dsc07968 

1dsc07966 

1dsc07965 

1dsc07964 

1dsc07963 

数ある商品の中からお姉さんが薦めてくださった数点のハイブリッド商品を買い求め、生家にいる母親とともに美味しくいただいたのであった。





   

2016年8月14日 (日)

新大阪駅/ 浪花そば (かしわうどん)

1dsc07962 浪花そば

東京駅で「野菜かき揚げ蕎麦」を食べてから約3時間後のことである。
大阪に行く時には必ず「うどん」を食べるために立ち寄る新大阪駅の「浪花そば」に入店したのであった。
関東では「蕎麦」、関西では「うどん」、ってえものである。

1dsc07960 かしわうどんのサンプル

「浪花そば」では訪れる毎に異なる「うどん」を食べるようにしているので、今回も店頭のディスプレイを見た上で、この日は「かしわうどん」を選択した。
この「かしわうどん」というのは新商品だそうである。
「浪花そば」ではリピータを確保するために企業努力を怠ってはいないようであった。

1dsc07961 新大阪そば かしわのサンプル

なお余談ではあるが、食べ終わって店外に出ると、思わず知らずに店頭のディスプレイが目に入った。
そこには「新大阪そば かしわ」というのが、これまた新商品として置かれていた。
名前は「そば」となっているが、「うどん」でも注文できることを私は知っているのである。
次回は「新大阪うどん かしわ」をいただいてみようと考えているが・・・。

1dsc07956 かしわうどん

さて、入口で支払いを済ませ、その隣のカウンターで「かしわうどん」を受け取った。
空いている席に着いてしげしげと眺めると、その様相はディスプレイのものとは若干ことなっていた。
が、まあ良い、である。
かしわ、蒲鉾、刻みネギが白いうどんの上に載っていた。
かしわを軽く咀嚼し、次いでうどんを啜り上げるとおつゆも一緒に口腔を満たし、大阪のうどんのまったりした味を堪能できたのであった。
やっぱり大阪で食べるうどんはその価格や場所に関係なく美味である。

1dsc07953 丼は深い

1dsc07955 サラリーマン氏にも人気あり





   

2015年11月24日 (火)

新大阪駅/ チキラーハウス

1dsc01969 チキラーハウス

9月に大阪に行ったが、新大阪駅構内にあるエキマルシェの中の、以前はグリコ製品が販売されていた一画から黄金色の光が感じられ、その時から気になっている店である。
それは「チキラーハウス」という名前の店で、チキンラーメンおよび関連するグッズの販売が行われる店舗であった。
先日大阪に行った際に、孫たちへのプレゼントを求めて立ち寄り、「新大阪駅限定ぬいぐるみ」を購うことができたのであった。

店内には、「元祖鶏ガラチキンラーメン」をはじめとし「元祖鶏ガラチキンラーメンお好み焼き」、「元祖鶏ガラチキンラーメンスティックポテト」、はたまた「チキ弁」などの食べ物、更にはひよこをキャラクターにした「新大阪駅限定ぬいぐるみ」、「ひよこのキーリング」など数多くのグッズが處狭しと販売されていた。

チキラーハウスの店員のお嬢さんたちは親切で、訳の分かっていない親爺である私にも丁寧に対応してくださった。
お陰を持って数点の買い物を滞りなくできたのであった。

1dsc01973 キャシア

1dsc01750 店内(部分)

1dsc01749 新大阪駅限定のぬいぐるみは4種類

1dsc01970 ハンドタオル、キーリング、などなど

1dsc01972 かぶりもの、Tシャツ、マスコット、などなど

1dsc01971 チキンラーメン、ピラフなど

1dsc01752 キャシア

1dsc01968 新大阪駅構内の案内板



続きを読む "新大阪駅/ チキラーハウス" »

その他のカテゴリー

ANA | AUSTRALIA__ | Ch.Mouton Rothschild | DETRIOT | Egypt | GERMANY | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | MLB | NEW YORK | NIKON | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TAIWAN | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | WINE | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クリスマス | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | ナイロン | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ベーグル) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(ちゃんこ鍋) | 両国(イタリア料理) | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(天ぷら) | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(インド料理) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 京都大学 | 京都(フランス料理) | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 住吉[大阪](和菓子) | 住吉[大阪](洋食) | 住吉[大阪](神社仏閣) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県船橋市 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(韓国料理) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(和菓子) | 国分寺(和食) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(洋食) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(パン) | 堺(ラーメン) | 堺(和菓子) | 堺(回転寿司) | 堺(寿司) | 堺(穴子) | 墨田区(美術館・博物館) | 大久保(コリアンタウン) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪天王寺(カフェ) | 大阪天王寺(居酒屋) | 大阪天王寺(庭園) | 大阪(うどん) | 大阪(お好み焼) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(ジャズバー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(串かつ) | 大阪(博物館・美術館) | 大阪(和菓子) | 大阪(居酒屋) | 大阪(甘味処) | 大阪(神社仏閣) | 大阪(風景) | 大阪(BAGEL) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(洋菓子) | 奈良(西洋料理) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭 (2017) | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例大祭) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(うどん) | 小平(お好み焼き) | 小平(ラーメン) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(エスニック料理) | 小金井(オリンピック・パラリンピック) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(タイ料理) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パスタ) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファスト食堂) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(ワッフル) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(寿司) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(清酒) | 小金井(神社・仏閣) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 小金井(阿波おどり) | 尿管結石 | 居酒屋 | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(そば) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ムサシノキスゲ) | 府中(ラーメン) | 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) | 府中(洋食) | 府中(清酒) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(イタリア料理) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(ビール) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新大阪(駅弁) | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(天ぷら) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(街の風景) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新幹線(車窓の景色) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(清酒) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日比谷(街の風景) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | 書籍 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京特産食材 | 東京都庁 | 東京駅 | 東京駅(かりんとう) | 東京駅(カフェ) | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(ラーメン) | 東京駅(中華) | 東京駅(天ぷら) | 東京駅(新幹線) | 東京駅(蕎麦) | 東京駅(親子丼) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横浜(中華料理) | 横浜(街の風景) | 横浜(CP+) | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵国分寺跡 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(ラーメン) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 汐留(街の風景) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄 | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 清酒 | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(映画) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 確定申告 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 紅茶 | 缶詰 | 群馬県(うどん) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 血圧 | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(からあげ) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(カントリーハウス) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(味の素スタジアム) | 調布(桜) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 趣味 | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋菓子) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 錦糸町(居酒屋) | 長野県 | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 関西国際空港 | 防災 | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | Jリーグ | NIKON D800 | PC

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ