小金井(中国料理)

2018年5月18日 (金)

小金井/ 高園 (ネギ叉焼刀削麺)

1img_8825_2 高園

先日、散歩がてら東小金井方面に向かった。
D800に80-400mmのズームレンズを装着し、合わせてカメラバッグを肩から斜めに掛けて出掛けたのであったがこれが存外に重く、歩くのがしんどかった。
家に帰って重さを計ってみたら、両方で8kgというものであった。
今の私にとってはこの8kgはハッキリ言って遠出には無理があるようである。
ということで、もう少し軽量の望遠ズームレンズの購入を考え始めたところである。

さて、散歩がてら東小金井方面に出掛けたとはいっても、JR武蔵小金井駅南口から乗ったCoCoバスの中町循環で栗山公園で下車し、そこから歩き始めたのであった。

1img_8810 枝には白い花弁の花が密集して咲いていた

1img_8807 

バスを降りてすぐの栗山公園では健康運動センターの横に何やら白い花が密集して咲いていた。
近付いて見ると白い花弁が4枚ある清楚な花であった。
ハンカチの木の花とは異なるようであるが、木の名前に関する表示はなかった。

1img_8823 入口(二階)

栗山公園を出て、先ずは昼食を摂り、その後野川に沿って歩こうと考え、東小金井駅の南側辺りに向かった。
東小金井駅の南側の通りを歩いていると「高園」という小金井市の広報誌で見たことのある中国料理店があった。
店はビルの2階にあり、汐留にいる時に時々訪ねた新橋の「一味玲玲」を思い出したのであった。
そこで、早速階段を昇り「高園」に入ったのであった。

1img_8822 通りに面した窓側はお一人様用の席

店内に入ると、中は大層広く、テーブルが並んでいた。
私が一人であることを告げると、通りに面した窓側の席に案内されたのであったが、そこは明るくかつ通りを行き交う人達が向かいの寿司屋に入ったりするところが見えることから、私的には退屈しない好ましい席であった。

菜譚を見ると、写真で料理が紹介されていて、分かり易くなっていた。
更に麺のページを見ると、当店は『刀削麺』がお薦めの一つであるようで、それらの中から「ネギ叉焼刀削麺」をいただくことにした。

注文を終えて何気なく聞こえてくる店の人達の会話を聞いていると、中国語(と思う)であった。
会話の内容は全く分からないが、皆さん柔和なトーンで話をされていて、家族経営の店である様子であった。

1img_8818 ネギ叉焼刀削麺

窓の外を見たり、店の人達の会話を聞いている内に、「ネギ叉焼刀削麺」が運んでこられた。
まずその見掛けであるが、「ネギ叉焼刀削麺」は夥しい量のチャーシューとネギが溢れんばかりに盛付られていて、その下に僅かに麺が見え隠れしている。

1img_8819 ネギ叉焼刀削麺の横顔

更に横から見ると、まさにチャーシューとネギの山盛り状態であった。

1img_8821 刀削麺

先ずはスープを一啜りしてみたら、スープはサラリとしたスープであった。
この味は、正確には思い出せないが、米国か或いは英国の何処かの街の中華街で味わったものか、はたまた台北か上海の街の店で味わったものであったか、そういう味であった。

スープを味わった後は、チャーシュー、ネギ、刀削麺を食べ進めたのであったが、若干歯応えの強いチャーシューはスープに漬してから咀嚼するとなかなかの味わいであった。
量は私の胃袋には多いというものであったが、最後まで食べ終え、スープも飲み干したのであった。

なお、これは私の箸捌きの技量のせいかもしれないが、チャーシューと刀削麺を同時に持ち上げようとすると微妙な厚みに違いがあるせいか、刀削麺がスルリと抜け落ちるのであった。

   

2017年7月21日 (金)

小金井/ 福源居 (冷やし中華醤油味+半炒飯)

1img_7799 福源居

先日、歯の治療でJR武蔵小金井駅の近所に出掛けた。
連日の猛暑が更に続き、この日も暑かった。
治療を終えると時間は昼食時に差し掛かっていた。
空腹感も次第に増幅し始めた。
とはいえ、猛暑である。
暖かい料理よりも冷たいものの方が佳い。
となると、冷し中華が候補の筆頭に上がってくるというものである。
JR小金井駅の周辺には街の中華料理店の数が少ない。
まだ訪ねていない店の数も限られる。
という状況の中、前を通ったら「冷やし中華」の文字が目に入った未訪店があった。
その店の名は「福源居」であった。

1img_7798 入口はビルの奥

「福源居」は開店してもう数年になるのではないかと思うが、一回も入ったことがなかった。
特に理由は無いが、店の入口がビルの奥深くにあって何となく気後れしていたのではなかろうかと思う。

しかし、いざ入店してみるとカジュアルな店であることが分かった。
店は中国語を話す人達が切り盛りしていて、本場の中国料理が味わえるのではないかと期待が高まるのであった。

1img_7790 お品書(部分)

案内された席に着いてお品書を見ると、夏季限定料理として数種類の冷やし中華メニュが記されていた。
元より冷やし中華を目当てに入店したのであるから、ここから選択することにした。
いりいろ目移りしたが、初めての入店なので「冷やし中華醤油味」をいただくことにしようとした。
ところが、である。
「冷やし中華醤油味+半炒飯」というのが目に入った。
お姉さんに尋ねると、「冷やし中華醤油味」のサイズは単品でも炒飯セットでも同じであって、100円をプラスするだけで「半炒飯」が付くというものであった。
そこで躊躇せずに「冷やし中華醤油味+半炒飯」を注文したのであった。

1img_7791 冷やし中華醤油味+半炒飯

中国の人が造る冷やし中華とはどのようなものであろうか。
中国には冷たい料理は無いということを予ねてより聴いているが、そこは本場の味が反映されているのであろう。
などと、高まる期待を胸の奥に秘め、「冷やし中華醤油味+半炒飯」の到着を待ったのであった。

1img_7792 冷やし中華醤油味

お姉さんによって運ばれてきた「冷やし中華醤油味+半炒飯」の「冷やし中華醤油味」は錦糸玉子、キュウリ、チャーシュー、中華ハム、そして頂上にクラゲ、その上に茹でた海老、大葉の刻んだの、という豪華ラインアップであった。

先ずは、具材と麺を軽く混ぜ合わせ、次いで洋辛をスープに溶いた。
そして、徐に具材の絡まった麺をスープに漬してから口に運んだのであった。

「・・・」

オーソドックスな冷やし中華であった。
すなわち、当店の冷やし中華は冷し中華の原点の味わいの一品なのであった。

そういえば、中国に冷やし中華が無いという事実を肯定すると、中国人シェフは冷し中華という料理を日本人あるいは日本の情報から学んだと考えるのが妥当であろう。
したがって、当店は中国人スタッフによって切り盛りされてはいるものの、冷し中華に限っては日本のレシピと調理法で造られたものであるから、それはオーソドックスな冷やし中華になるというのは自明の理なのであった。

1img_7794 半炒飯

「半炒飯」は玉子とネギが主要な具材で、少しではあるがチャーシューも入っていた。
そして、「半炒飯」とはいうものの普通サイズの三分の二程度の量はあり、良心的な一品であった。

   

2016年4月29日 (金)

小金井/ 香港屋台 (⑪什錦炒面+云呑湯) [新小金井街道]

1dsc05002 

新小金井街道を挟んで東京学芸大学の向かいに「香港屋台」は在る。
私が小金井に引っ越して来た時には当店は既に今の場所にあったように記憶するところであり、当店はこの地に少なくとも18年以上は佇んできたことになるようである。

1dsc04999 

当店には入口が二つあるようで、新小金井街道に面した入口から店内に足を踏み入れた。
時刻はごご1時40分になろうとするオフタイムの時間帯であったが、体育会系の学生達の一団と一人のおっちゃんが食事の最中であった。

1dsc04987 空のコップと水の入ったピッチャー

入口に近い側のテーブルの新小金井街道が見える椅子に座ると、女将さんが空のコップを置いていった。
水の入ったピッチャーがテーブル上に置かれていて、水は自分でコップに注ぐというルールになっているようであった。

1dsc04989 ランチメニュー

水をコップに注いでメニュを見ると、昼の定食は600円~800円というもので、写真を見る限りにおいてはかなり安価な価格設定となっている模様であった。
これは東京学芸大学の向かいというロケーションからして、学生が主たる顧客であるためであろうと推察するところである。 

今回は初めての入店であったが、「五目焼きそば」に目を奪われ、「⑪什錦炒面+云呑湯」を選択したのであった。
注文を女将さんに伝えると、女将さんが中国語(と思う)で厨房に注文を伝えるのが聞こえてきた。
当店は中国系の人が切り盛りする店であった。

1dsc04991 什錦炒面+云呑湯

注文を終えて5分が過ぎた頃、お盆に載せられた「什錦炒面+云呑湯」が付合せと共に運んでこられた。
「什錦炒面」は直径30cmほどの皿に山盛りであった。
味は予想と違って超薄味であった。
そこで、辛子を探したがなかったことからラー油と酢で整えたのであったが若干残念な仕上がりとなってしまったのであった。

1dsc04994 什錦炒面は山盛り

当店では70名までの宴会に対応できるようであり、東京学芸大学の学生さん達が使う店なのであろうかと思う。
きっと卒業生の皆さんにとっては懐かしい想い出の詰まった店となっているのであろう。

1dsc04997 飲み物は納得の価格

続きを読む "小金井/ 香港屋台 (⑪什錦炒面+云呑湯) [新小金井街道]" »

2016年1月21日 (木)

小金井/ 台北 (台湾腸詰、角煮飯、他)

1dsc03897 台北

「黒べこ屋」の女性店主さんに薦めていただいた店である。
当店もケーニッヒ系列の店であるが、営業は18時~翌日の2時30分ということで昼食で訪れることのできない店である。
昨日、銀座に出かけた帰りに立ち寄ってみた。

正直なところ、店の傍まで来て入店しないで帰ろうかと思った。
というのは、銀行の近くにある当店は昼間に前を通ると廃屋のように見え、飲食店が有るようには見えなかったことを思い出したからであった。
しかしながら、「黒べこ屋」の女性店主さんのお薦めでもあり、またケーニッヒの系列店であるということが私の背中を押したのであった。

1dsc03880 生ビール(ハピーアワーだったので330円)

入店するとテーブル席は全て埋まっていて、カウンターに空いてる場所を見付けて座った。
まずは、「生ビール」を注文し、生ビールを飲みながらメニュの中から「大餃子3個」(300円)と「特製焼売」(360円)選んだ。

喉が渇いていたのか、「生ビール」が美味しく、あっという間に喉を通り過ぎて胃の腑に納まって行ったのであった。

1dsc03882 白ワイン(ハピーアワーで310円)

注文した料理ができあがる前に「生ビール」を飲みきってしまったので、「白ワイン」を注文した。
供された「白ワイン」を見て、驚愕した。
色が今までに見たことのある淡黄色でも麦藁色でもなかったのである。
それは濃い褐色の液体であった。
そうはいっても、先ず香りを確かめてみたが、冷された液体であるから香りが立ってはいないのはむべなるかなである。
それではということで、口に含んでみた。
いつものように口腔内に回してみたが、劣化した感じは無かったようであるが一方でワインの特徴も余り感じられなかった。
私のワイン経験が浅くて賞味できないのか、はたまたハピーアワーのワインとはこういうものなのか・・・。
結局、訝しい思いを抱きながらも全部飲んでしまったのであった。

1dsc03887 「大餃子3個」と「特製焼売」

「白ワイン」を飲み始めて直ぐに「大餃子3個」と「特製焼売」が運んでこられた。

1dsc03886 大餃子3個

「大餃子3個」(メニュには5個というのもあった)は豚肉と野菜の餡が良く練られたもので、咀嚼するごとに旨味が感じられ、結構好きなあじであった。

1dsc03888 特製焼売

「特製焼売」は近畿地方に住む人なら知らない人はいないと想像する「551蓬莱」のそれを彷彿とさせる香りと味であった。
一口でいただくのに丁度佳いサイズで、噛みしめる毎に笑みが漏れる一品であった。

1dsc03889_2 赤ワイン

「大餃子3個」と「特製焼売」、それに「白ワイン」を終えようとするタイミングで「台湾腸詰」と赤ワインを注文した。
「赤ワイン」はダントツに若いもので、葡萄の品種はベリーAのようであった。
その昔、戯れに一升瓶で売られていた赤ワインを飲んだことがあったが、似たような味わいであった。

1dsc03891_2 台湾腸詰

「台湾腸詰」は秀逸なものであった。
昔日のことであるが、四川料理の泰斗である陳健民氏の高弟である人が武蔵境で営んでおられる「好好」でいただいた腸詰に負けない逸品であった。
当店の「台湾腸詰」には葱、ニンニク、味噌(種類は知見なし)が添えて供されるが、私は何も合わせないで、滲み出る旨味を味わうのが一番であるように思う。
偶に葱を一緒に咀嚼してもそれはそれで味わいとしては佳いと思う。
しかしながら、この料理の場合、ニンニクは尖り過ぎたものとなり折角の旨味が消えてしまうようである。味噌もまたしかりであった。
なお、あくまでも個人的な嗜好の話であるが、この「台湾腸詰」はプレーン系の蜂蜜と合わせると佳いのではなかろうかと思ったが、いかがであろうか・・・。

1dsc03894_2 角煮飯ハーフ、野菜スープが付いてきた

1dsc03895_2 角煮飯ハーフ

最後に、「角煮飯ハーフ」を注文した。
「角煮飯ハーフ」には、野菜スープが一緒に供されたが、これは可もなく不可もないものであった。
「角煮飯」の角煮は、実に柔らかく仕上げられていて、箸で力を入れずに切ることができるものであった。
また、作法通り茹でたほうれん草が敷かれていた。
当店の「角煮」は「八角」の味と香りがちゃんとしていて、これは台湾でいただいた「東坡肉」と同じ風味であった。
当店の「角煮飯」と台湾でいただいた「東坡肉飯」の違いは、肉の大きさの違い(台湾の方がずっと大きい)と八角の香りの強さの違い(台湾の方が強い)くらいであった。
美味しくいただいて、店を出たのであったが、会計のお兄さんに「黒べこ屋」で薦めれて来た旨話したら、「自分たちは黒べこ屋には行ったこともありません。」と言っていた。


2016年1月19日 (火)

小金井/ 蜀風園 (坦々麺+ライス)

1dsc03795 蜀風園

今日はJR武蔵小金井駅前に所用があって出かけた。
所用を終えてから昼食を求めて駅の南口の東側のエリアを逍遥した。
逍遥とはいっても昨日の雪が融け切っていない小道を歩くのであるから転ばないように気を付けるのがメインの仕事となったのであった。
こうした状況下、目に入ったのが「蜀風園」であった。
当店に入るのはもう5年以上前に夕食で「坦坦麺」を食べて以来である。
今日も「坦坦麺」という文字列に惹かれての入店となった。

入店して、お昼の菜譚を見ると「坦坦麺」、「汁無し坦坦麺」などがあった。
一瞬「汁無し坦坦麺」に気持ちが動いたが、思い直してレギュラーの「坦坦麺」を注文したのであった。
また、昼食には「ご飯」がサービスになるということであり、これも遠慮なくいただくことにした。

1dsc03790 坦々麺とライス

店主殿に「坦々麺」をお願いしたら、「玉子麺」にするか、はたまた「翡翠麺」にするか問われたのであった。
「翡翠麺」について尋ねると「ほうれん草を練り込んだ太目の麺」であるという。
若干迷ったが、ここは普段通りの麺にしようと考え、「玉子麺」をお願いしたのであった。

1dsc03789 坦坦麺

供された「坦坦麺」には青梗菜、刻みネギ、白胡麻、挽肉、が載せられていた。
まず、スープを一啜りした。
それほど濃いクリーミーさは無かったが、白胡麻のスープであった。
店主殿からは黒酢を薦められたのであったが、坦坦麺に黒酢の組合せは初めてのことであった。
試しに「黒酢」を少々垂らし入れてみたが、今日の私にとって酸味は「いまひとつ」のように感じられた。
そこで、目の前に置いてあった「ラ―油」を回しかけてみたら、ググッと味が引き締まったので、ラー油で食べ進めたのであった。

麺や青梗菜を食べきってから、サービスのご飯を蓮華に取り、これを丼鉢の底に潜らせることによって、麺に絡まずにいて食べきれなかった挽肉や刻みネギをご飯とともに掬っていただいた。
これまでならば、ご飯は最後まで取って置いて、残ったスープに入れて「おじや」にしていただくのが常であったが、血圧降下薬を服用していることもあって塩分摂取を今年になって控えるようにしていることからスープの完食を諦めたのであった。
食事を美味しく楽しむには「健康が第一」であるということを実感している今日この頃である。

1dsc03791 壁にも各種料理

なお、当店は坦坦麺を得意としているようで、アレンジされた坦坦麺が何種類も用意されているようである。
坦坦麺の全品制覇が脳裏を横切った。


2015年6月11日 (木)

小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ])

1dsc06412 祥龍房

今年の2月頃から両眼の調子がよろしくない状態である。
具体的には、両眼共に「何かが染みる」様な感じが常に続いており、特に夜には目を開けているのがしんどい(辛いというほどではない)時があるのである。
2月からと余りにも長く続いているので、昨日はJR小金井駅の近所にある眼科医院で診ていただいた。

診察の結果は「特に悪い所はない。」とのことであったが、当方の質問には明々快々な答はいただけずに終わった。
処方箋薬局で点眼薬を調剤していただいたが、話を聞いてみるとドライアイの点眼薬であった。

1dsc06444 点眼薬

まあ、「特に悪い所がないのであれば、良し。」ということで、薬局を出たのであった。
そして、先週切らせてしまったコーヒーを求めて「コーヒーロースト」に向かったが、時間は11時半であった。

時間的には若干早かったが昼食を摂ることにし、「コーヒーロースト」の斜め向かいにある「祥龍房」に入った。
「祥龍房」には以前から店の前を通るたびにソソラレルものを感じていたが、入店の機会はなかった。

今回初めての入店であったが、期待に違わず店の雰囲気に本場の匂いが感じられた。(例えば、女将さん(であろう)に日本的な笑顔を作ったり注文に備えて注意して待つということは無く、極めて事務的な表情で注文を取り、料理を運んでくる、など。決して悪い意味ではないので誤解無きよう願います。)

なお、11時半という時間にも関わらず店内には既に先客でテーブルの5割程度が占められていて、人気店の様相を呈していた。

1dsc06414 店内右側の壁

1dsc06421 店内

店内は全てテーブル席となっている。また、壁には漢詩や中国風の絵が認められているがその上には貼紙も多く、漢詩や絵を愛でる人はいないであろう。

耳をそばだてなくても分かるのは、店の人達の意思伝達は全て中国語であるということであり、厨房からも中国語が聞こえてくるのである。

1dsc06419 ランチの鉄鍋餃子

注文して10分程経ったころであろうか、「鉄鍋餃子」が運ばれてきた。
「鉄鍋餃子」自体は想像していたものとは異なり、餃子の餡が皮で筒状に巻かれたものが熱々の鉄鍋に載せられてジュウジュウと音を立てているのであった。
また、サイドに「麻婆豆腐」、「中華スープ」、「搾菜」、「ご飯」が付いていてヴォリュームのある昼食となった。

1dsc06420001 鉄鍋餃子(熱々の鉄鍋の上でジュウジュウ音を立てていた)

「鉄鍋餃子」については女将さんは何も言ってくれなかったが、推し量るに「何も漬けずにそのまま食べる」タイプの餃子であると勝手に判断し、そのままでいただいたのであった。
これが正解で、途中に醤油、酢、ラー油で造ったタレに漬けていただいたが、何もしない方が遥かに美味であった。
ここで思い出したのが、M社時代に時々伺った新橋にある「玲玲」で、ここの餃子もそのままいただくタイプの餃子であった。

餃子の餡は、野菜はニラ、肉は豚肉よりも濃い色でかつ歯応えのあるもので、羊であろうか?
皮の両端はオープンなので一方の側を噛むともう一方の側から餡から出たお汁が少しではあるが出てくるのであった。
なお、餡の味付けは塩と胡椒でなされた様に推察している。

餃子はご飯の上に載せていただいたが、如何せん熱くて熱くて慎重に食べないとイカンものであった。

なお、「麻婆豆腐」は辛さは非常に抑えてあったので、ラー油をたっぷりかけた後、ご飯の上にかけていただいた。

続きを読む "小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ])" »

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BRASIL Ch.Mouton Rothschild Christmas DETRIOT Egypt GERMANY Houston INDIA JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia MEXICO MLB NEW YORK New York (Classic Concert) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 STAR WARS TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) TURKEY_ United States of America USA (Sports) USA(Nature) VIETNAM WINE うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 メキシコ メキシコ(酒類) ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(居酒屋) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 尿管結石 居酒屋 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800 PC

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ