国分寺(ラーメン)

2016年3月10日 (木)

国分寺/ 麺創研 紅 国分寺店 (紅 温玉つき)

1dsc05114 麺創研 紅 国分寺店

過日、府中で映画を観たのであったが、いつも昼食を摂る場所で悩んでいた。
基本的には「小平うどん」という佳店以外に昼食を摂る店を見付けていなかったことが原因であり、先日ネット検索をしていたら「麺創研 紅」という激辛ラーメンの店がヒットしてきた。
当店のHPには「極太乱切り手もみ麺 辛さの中にうまさがある真紅のラーメン」と大書されていた。
そして、デフォルトの「紅ラーメン」で辛さは★★★という表示になっていて、なかなかそそられる店であった。
更に読み進めると、国分寺にも昨年4月に開店したとの情報があったので、先日伺った次第である。

13時過ぎに店の前に着くと、人気店であるが故か数人の行列ができていた。
中にはうら若き乙女たちの姿も混ざっており、その人気の高さが垣間見えた一方で、本当に辛いのか疑問も沸々と湧いてきたのであった。

1dsc05113 券売機(これほど種類が多いと予備知識なしでは選択に迷う)

待つこと十数分、やっと店内に足を踏み入れると、入口の脇に券売機が置かれていた。
券売機の最上段は当店お薦めのものであろうか、4種類のセットメニュとなっていた。

その内訳は、次の通りである。

  ・紅 温玉つき
  ・紅 がっつりセット(ライス+温泉玉子)
  ・鬼紅 温玉つき
  ・紅 まぜそば(温玉+ライス付)
   [表記は券売機通り]

この時は初めての入店であったので、最も左に位置する「紅 温玉つき」を選択したのであった。
店内は右側にテーブル席のエリアがあり、左側には厨房に面したカウンター席が店内奥まで延びている。
私は一人客であるし、厨房の様子も眺めていたいので、カウンター席の中央付近に座ったのであった。

食券を忙しく立ち働くお兄さんに手渡して待つこと5分強、目の前に「紅」と「温玉」が並べられた。

1dsc05108 紅 温玉つき

「紅」には豚バラ肉が敷かれた上に野菜がたっぷり載せられている。
厨房を見ていると分かるが、野菜は麺が茹でられる横の大鍋で時間をタイマーで計りながら茹でられたものである。
予め茹でて作り置きしたヘナヘナなものとは違って茹でたての野菜は口当たりが良く、かつ野菜本来の甘味もしっかりした状態で供されていたのであった。

1dsc05109 野菜が山盛り

まず、温玉を入れる前にスープを一口含んでみた。
最初はコクのある旨味の強さが感じられ、続いてカプサイシン系の辛さが舌の上全域から喉の奥にかけて広がったのである。
ただ、ここからが肝心で、その辛さに尖ったものがないのである。そして、旨い!、なのである。
これはスープを調製する段階において、旨味成分を出す食材からエキスを取り出し、また唐辛子も含有するカプサイシン成分の品質幅が広いものが使われたことが主たる要因ではないかと推察するところである。
さらには、茹でたての野菜から滴る旨味成分や豚バラ肉からの動物系旨味成分が複層的に混ざり合った結果であろうと思料するところである。

1dsc05110 温玉を載せた

温玉は辛味を和らげることが主たる目的で入れられるものであろうと思う。
これはこれで理にかなったことで、銀座にある四川料理の佳店「桃花源」でも辛さに弱い人に対してはその「酸辛湯麺」には玉子を入れることがウェイターによって薦められるのと同様である。
さはさりながら、当店の辛さ★★★レベルでは敢えて温玉を入れる必要性は低いのではないかと考えるが、いかがであろうか・・・。

1dsc05112 カウンターテーブル上にはナプキン、蓮華、箸の金属ボックスのみが置かれている

また、「極太乱切り手もみ麺」であるが、武蔵野うどんの食感に酷似していた。
当店は武蔵野うどんと何らかの繋がりがあるのであろうか?あるいは創業者がこの地の出身か修行を積まれたのか?はたまた、単なる偶然か?

なお、当店ではその味に自信があるのであろう。
テーブル上には一切の調味料は置かれていない。
また、私の実感としても完成された味のものが供されているのであり、客が勝手に味を変えることは無用であるというポリシーに納得である。



余談ではあるが、スマホの広告に出ている「うらちゃん」と良く似た店員さんは、店内を行き来する足取りが軽快であった。


2015年6月14日 (日)

国分寺/ にんにくだいち (ねぎラーメン)

1dsc06472 にんにくだいち(ラーメン店(右)、インド料理店(左)、和食店(上)に囲まれている)

「にんにくだいち」、名前からしてソソラレルものがある店である。
一昨日、撮影したTI氏の写真を送るべく国分寺の郵便局に行ったが、以前から気になっていた「にんにくだいち」に立ち寄った。
そもそも国分寺の郵便局に行くことにしたのは、「にんにくだいち」に行きたいがためである。

国分寺では、まずNTTドコモに例の件に関連する不具合の相談で訪問した。
想定通り小一時間を要したのであった。
NTTドコモを出ると昼食時には若干早かったが、買い物と郵便局に行く前に「にんにくだいち」に行くことに決めた。

店の前に至ると、若い女性店員さんが呼び込みを行っていた。
まだ11時半を過ぎたばかりであり、私は本日の最初の客となったようである。
若い女性店員さんに導かれて、入口を入ったところにある券売機に向かった。

1dsc06469 券売機

券売機を見ると、当店は「ラーメン」と「だいち丼」というチャーシュー丼の二種類を基本メニュとし、それぞれにトッピングを加えることなどでヴァリエーションを与えるという品揃えとなっていた。

当店はラーメン店であると思って入店しており、言い換えるとラーメンをいただく心づもりであったのでラーメンのボタンに目を遣ると、「チャーシュー麺」は価格がラーメンとしては高額であったのでやめて、若干悩んだ結果「ねぎラーメン」のボタンを押したのであった。

期待に震える手で食券を握りしめ、案内されたカウンター席で入口から4番目のストゥールに座った。

1dsc06448 御品書・食べ方

食券を渡してからカウンター上を見渡すと、らーめん店にしては立派な「御品書・食べ方」というブックレットが置いてあった。

1dsc06450 

「御品書・食べ方」の最初のパートには、「ラーメンへのこだわり」というページがあり、スープ、麺、チャーシューについて説明が記述されていた。

1dsc06451 インストラクション

次のパートは「めんのかたさ」と「おいしい食べ方」という当店のラーメンをいただくための基本的なインストラクションが記されており、麺の硬さについては「ばりかた」でお願いした。

その後は、当店で供されるラーメンのヴァリエーションが写真付きで紹介されており、2回目以降の来店には役に立つ情報となるように推察したのであった。

1dsc06456 創作秘話

最後のパートには、「創作秘話」という当店を始める際の経緯や志が記されていた。
結構な長文であり写真では読み辛いので、ご興味ある方には当店のHPをご覧いただくこととさせていただきたい。

なお、厨房に立つ男性は店長であろうか、一見したところ眼光鋭くかつ体格も良い御仁であり、怖そうな親爺であった。
が、しかし、である。
ブックレットの撮影について許しを請うと、にこやかに快諾してくれたばかりか、「ねぎラーメン」が供された後の食べ方やニンニクのクラッシングの方法についてまで懇切丁寧に教えてくださったのであった。

1dsc06457 ねぎラーメン(身後の小皿はサービスで供されたキャベツの千切りドレッシングかけ)

供された「ねぎラーメン」には大判のチャーシュー、シャラネギ(というねぎらしい)の白髪葱、海苔、刻みねぎ、が載せられていた。
また、スープは想像していた豚骨スープとは全く異なる透明系のスープであった。

まず、スープを一啜りした。
色は透明清浄であるが、その味には良いコク味があり、系列としては鶏系かと推察した。
ブックレットを確認すると、豚、鶏、野菜のスープであると記してあったが、なるほどと唸らされる味であった。

チャーシューは柔らかめであり、その味は肉の旨味が活かされていて、スープとバランスのとれたものであった。

1dsc06460 こがしにんにく(左)、にんにく(右)の容器

1dsc06464 にんにく

1dsc06462 こがしにんにく

1dsc06468 胡椒や胡麻など

スープを啜った後は、インストラクションに従って順次食べ進めた。
店主殿からは「にんにく」をクラッシャーでつぶして入れることを薦められたので、1個のかけらをつぶしていれた。
そのとたんにスープの旨味ににんにくのインパクトが加わり、力強いものとなったのであった。

1dsc06466 かえだま(はりがね)

美味しく食べ進み、具材を少し残して「かえだま」をお願いした。
茹で加減は「はりがね」である。
これは以前博多ラーメンの記事でコメントをくださる皆さんが興味を持たれた茹で方の一つであり、今回は「こなおとし」にも興味があったが、まずは「はりがね」をいただくことにしたのであった。
その結果は、それほど硬くはない、というもので、口当たり的には「ばりかた」よりもむしろ「はりがね」の方が好ましいように感じられた。

なお、期待に違わぬ美味しいラーメンであったことから、血圧を気にしながらもスープも飲み干したのであった。

1dsc06467 器の内側には店のロゴ

続きを読む "国分寺/ にんにくだいち (ねぎラーメン)" »

2015年4月13日 (月)

国分寺/まぜまぜムタヒロ(まぜまぜ普通盛)

1dsc04062

土曜日の午後、ドコモに行った後入店した。
ムタヒロの店はどの店もいつもは凄い行列ができていて当店も例外ではないのに、この日は幸運なことに入店した時にはカウンター席が一つ空いていた。
「まぜまぜムタヒロ」には初入店であったので、最も基本形と思われる「まぜまぜ」を選択し、入口の脇にある券売機のボタンを押した。

店は若い男性と女性の二人で切盛りされていたが、客への目が行き届いていて店の雰囲気は大変良かった。
入店して数分するとお客が立て続けに入ってきた。
私が居た時のお客は近所の早稲田実業の学生さんや女子高校生、あるいは家族連れと多様であったが、分け隔てなく丁寧な接客であった。
接客が丁寧であると客の方も丁寧な姿勢になり、高校生も大人も皆がごちそうさまと明るく挨拶をして店を出て行くのであった。店と客の間の気分に好循環が生まれていたのであった。

着席してカウンター越しに見ていると、若い男性(店長?)が麺の塊を平たく圧したり揉んだり、はたまた麺や野菜を茹でたりと、一生懸命に立ち働いていたが、その姿は仕事に精励する若者の美しさが滲み出ていた。
こういう光景に出くわすのはそんなに頻繁にあることではない。

1dsc04052 インストラクション「まぜまぜのまぜ方」

当店では、麺の大盛は無料であり、またスープとご飯がサービスでいただくことができる。
サービスのスープとご飯はいただくのが正解であって、食べ方のインストラクションを見ると必食アイテムであることが分かる。

麺の調理は二人分づつ行われるので若干時間は掛かるがその分調理が丁寧であって、待つだけの値打は十分あった。

1dsc04054 まぜまぜ

1dsc04056 「まぜまぜ」には、炙りチャーシュー、茹でモヤシ、刻み玉葱、刻み海苔、三つ葉(?)、丼の底には濃厚スープ

1dsc04057 「まぜまぜ」にはスープとご飯がサービスとなる

1dsc04059 スープ

「まぜまぜ」が供されるまでの間、目の前にあるインストラクション「まぜまぜのまぜ方」を読んでいた。
まぜ方は三千種類あると書いてあるが、カウンター上にある胡麻、七味、酢、マヨネーズ、などを加えたり、スープを入れたり、ご飯を入れたり、と好きなように味付けすれば良いらしい。
しかしながら、この「まぜまぜ」は初めてであるので、まずはそのままいただくことにした。
インストラクションにあるように「基本はよくまぜること」であるので、よくまぜてからいただいた。
一口目で魚介系の味と香りが口腔内と鼻腔奥に広がった。
個性的な風味であるが、なかなかイケル味である。
また、軽く茹でられたモヤシの歯触りが佳くて、咀嚼することが心地良い。

1dsc04061 煮干しのエキスが抽出された酢???

半分程度食べたところで、気になっていた「酢」を回しかけてみた。
この酢には煮干しの風味付けがされているのであろうけれども、ベースの濃厚スープが強かったようで、淡い酸味が感じられただけであった。次回はもっと多量にかけてみるべきかと思案している。

酢の後はサービスで供されたスープを一気にお椀から麺の上にかけた。
これでスープラーメンになったが、これはこれでイケル味であった。
ただ、私はそのままの濃厚な味の方が好みである。
麺を全部食べてから、残ったスープにご飯を全部入れた。
これについては、七味などで味付けした方がより好ましい味になるように思う。
いずれにしても、食べ方の提案が興味深いし味も良かったので、今度は「まぜまぜつけ麺」(まぜつけ)をいただきたいと考えている次第である。

1dsc04053 まぜまぜつけ麺の食べ方

2015年4月 6日 (月)

国分寺/麺屋 利休 (塩ラーメン)

1dsc03796 麺屋 利休

スマホの調子が良くないのでドコモ国分寺店に伺った。
担当してくれたK嬢には大変丁寧に対応していただいたが、いかんせん待ち時間も含めて2時間10分程を要した。
こちらも疲れるがご担当も疲労されることであろう、特に私のようなデジタルディヴァイデッドな親爺が相手ではなおさらであろうと思う。

不具合を直していただいたのが13時を廻っていて、この後昼食に行った。
行った先は国分寺でその名を轟かせている「麺屋 利休」である。

前回の初入店の際に「特製利休醤油ラーメン」をいただいたのであったが、当店の特長である「お茶の風味」をしかと感じることができなかったので、今日の機会を活かして改めて伺った次第である。

前回お茶の風味を感知しそこなったのは、「特製利休醤油ラーメン」というオールスターキャストの一品でその具材に圧倒されたためと推察しており、今回はシンプルでかつ素材の風味を引き立て易いと思う「塩ラーメン」を選択した。

券売機で「塩ラーメン」のボタンを押し、食券を手渡した。
その時、麺のサイズを問われ、中盛をお願いした。
普通、中、大、という言葉で表わされるサイズであるが、前回は大盛をお願いしたところ我が胃に派少々重かったので今回は中盛にしたのであった。
食べ終わって感じたが、私には当店の場合は中盛が適正サイズであった。

1dsc03790 塩ラーメン(麺は中盛)

1dsc03792 チャーシュー(上には蕎麦茶)、メンマ、海苔、刻みネギ

まず、スープを口に含んでみた。
すると、お茶の風味が感じられたのである。
お茶の風味、とはいっても違和感は全くなく、入店前に事実を知らなかったらお茶とは気付かないままであったように推察する。
では何の風味かと問われれば、上質のスープに使われた複数の素材から重層的に来る旨味でありコクであると応えているように思うところである。
チャーシューは相変わらず美味である。
また、途中からスープに胡椒や辛子の薬味を適宜混ぜるとスープの個性がより引き出されて、更に食が進むのであった。
美味しくいただいて、スープもほぼ飲み干したのであった。

1dsc03793

続きを読む "国分寺/麺屋 利休 (塩ラーメン)" »

2015年2月10日 (火)

国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン)

1dsc01706 利休

先週の月曜日は所用があって国分寺の駅周辺に出かけた。
この機会を活かして「麺屋 利休」というラーメン店に行った。
当店に関しては、3年ほど前から気になっていたの、いつか入店できるチャンスを窺っていたのである。
気になっていたのは「麺屋 利休」では『お茶』を使った味付けになっているとのことで、そのことに興味がそそられていたのである。
HPを見ると静岡県産の煎茶をオランダ産の最高品質ラード「カメリアラード」で煮たてた特製香味油「茶油」を使用しており、コクがあるのにさわやかな風味、だそうである。
なお、店名はお茶の巨匠に因んだものとなっているようである。

この日は、気温は低かったが風もない良い天気で、JR国分寺駅北口から歩くのは楽であった。
11時半の開店であるので、ほぼ開店と同時に入店したのであったが既に先客が3人も居たのであった。

1dsc01695 券売機(次回訪問時に注文するための参考になる)

入口の引戸を開けて店内に入ると、右手に食券の販売機が置いてあった。
眼鏡を出すのが煩わしかったので目を細めて見ると、最上段に一番大きいボタンが3個並んでいて、その最も左側が「特製利休醤油ラーメン」であった。
自分では、券売機の場合「最上段の最も左のボタン」が店の自信作であると勝手にではあるが思っているので、「特製利休醤油ラーメン」のボタンを押した。

食券を持ってカウンター中ほどのスツールの座り食券を手渡すと、麺の量を尋ねられた。
初めての入店であることを伝えると麺の量は大盛が280g、中盛が210gとのことであった。
後になって気付いたが、麺の量は券売機に書いてあったのである。
ステーキでも400g程度は食べれるような気がしたので、大盛でお願いした。

1dsc01696 厨房(部分)

1dsc01692 カウンター(部分)

注文を終えてから店内を眺めると、厨房は鍋の全てや壁面の隅々に至るまで磨きこまれていた。
また、カウンターや床も清潔に整えられていて、優良ラーメン店に共通する清潔感に溢れた店内となっていた。
この状況から期待が多いに膨らんだのであった。

1dsc01701 特製利休醤油ラーメン(味付け玉子、ワンタン、チャーシュー、メンマ、白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの、海苔)

1dsc01700 特製利休醤油ラーメン(横)

「特製利休醤油ラーメン」には、味付け玉子、ワンタン、チャーシュー、白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの、メンマ、海苔、が載せられていた。
また、チャーシューの上の褐色の粒々は「蕎麦茶」だそうで、その香ばしい風味と食感がアクセントなるとHPには書いてある。

まずスープをいただいた。
マッタリとした柔らかい醤油味のスープであった。
ただ、鼻も舌も鈍いのか、お茶の風味は余り感じることができなかった。
本件に関しては、近いうちに塩ラーメンで確認しようかと考えている。

具材の中で特に秀逸であったのは「白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの」であって、これがスープ、更には他の具材の味をより引き立たせる効果を発揮していた。

最後までスープも飲みきって丼の内側にある文字を見ることができたが、麺の量が私には若干多すぎて胃袋にはきつかった。

1dsc01704 丼の内側(部分)

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(和菓子) | 大久保(韓国料理) | 大阪(うどん) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 天文台 | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(桜) | 小金井(祭礼) | 小金井(野菜料理) | 尿管結石 | 居酒屋 | 府中 | 府中(うどん) | 府中(カフェ) | 府中(神社・仏閣) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新幹線(東海道新幹線) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日食 | 早稲田大学 | 早稲田(カツ丼) | 映画 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 柴又 | 柴又(草だんご) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(カフェ) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 韓国 | 駅弁 | B747 | CHOCOLATE | NIKON D800 | PC

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ