銀座(居酒屋)

2016年11月15日 (火)

銀座/ 泰明庵 (もりゴマだれ)  [3/4]

1img_6223 泰明庵

先日朋友のHO氏と銀座に居た。
時間は13時頃から21時頃であったが、夕餉と晩酌は久しぶりの「泰明庵」を提案したら「イイネェ。」ということで、17時半頃の入店とあいなったのであった。

17時半頃の「泰明庵」はまだそれほどの混み具合ではなく、1階には出勤前のママさんや早終わりのおっちゃん達がテーブルの半分ほどを埋めていたが、2階はがらがらであった。
しかしながら、4人掛けのテーブルは二組の先客と予約で全て占有されていて、12人掛けの大テーブルの中央に座ることとなったのであった。
以前から親しくしていただいているFさんやAさんが居られれば奥のテーブルをあてがってもらえたかもしれぬが、まあ人生こういうものよ、と諦めていたら大テーブルの端の先客が席を立たれたのでそこに移動することはできたのであった。
まあ酔い客で一杯になる泰明庵に於いては片側に人が居ないだけでも御の字というものである。

なお、この日2階に居られた女性店員さんに尋ねたら、Fさんはさっき帰宅されたばかり、Aさんはお休み、ということであった。

1img_6209 瓶ビール中瓶

席に着いて先ずはビールをいただくことにした。
「泰明庵」でビールというと、瓶ビールである。
お姉さんにビールを注文すると、サッポロ、キリン、アサヒ、のどれにするかを問われたので、一瞬の間をおいてサッポロをお願いした。

ビールを飲みつつ肴についてHO氏の希望を聞きながら、「〆鯖」、「厚焼き玉子」、「板わさ」を注文したのであった。

1img_6211 〆鯖

先ず最初に「〆鯖」が供された。
「泰明庵」は元々は鮮魚商であったことから、現在でも築地に太いネットワークがあり、当店で供される魚は鮮度も味も好いものである。
この日の「〆鯖」もその例外ではなく、小ぶりではあったものの身の締まったもので、日本酒との相性は大変良い塩梅であった。

1img_6213 厚焼き玉子

「厚焼き玉子」はフワリとした仕上がりで、玉子の旨味も秀逸な一品であった。
なお、「厚焼き玉子」を食していた時に、吉田のおっちゃん(基本的に厨房にいるおっちゃん)の顔が見えたが、今も元気で仕事に勤しんでおられる様子であった。

1img_6214 板わさ

「板わさ」はプリリンとした歯応えのもので、以前と変わらず旨味の豊かな味わいであった。

1img_6215 出羽桜の熱燗

なお、ビールを飲み干す前に熱燗を注文し、二種類置かれている清酒の中から「出羽桜」をいただくことにした。
やはり「泰明庵」で佳い肴をいただくにはやはり清酒が一番で、「出羽桜」の熱燗を所望したのであった。

1img_6216 芹のおひたし

追加の肴は「芹のおひたし」、「お新香盛合」、そして「野菜天ぷら盛合」とした。
「芹のおひたし」は当店のスぺシャリテの一つである「芹そば」に使われる芹をベースとしたもので、芹固有の香りと味を楽しめる一品であった。

1img_6217 お新香盛合

「お新香盛合」は自家製の浅漬けであって、その歯応えが実に爽やかなお新香がラインアップされていた。
付け具合も丁度良くて、素材の新鮮さと糠の風味がバランスしたものであった。
浸け時間のタイミングが巧くとれた自家製ならではの味わいであった。

1img_6218 野菜天ぷら盛合

盛り合せで供された野菜の天ぷらも熱の通り加減が良くて、野菜固有の甘味と歯応えが楽しめたし、熱燗との相性も好い味わいであった。

1img_6219 もりゴマだれ

〆には蕎麦をいただくことにした。
選んだのは「もりそば」を「ゴマだれ」でいただく「もりゴマだれ」であった。
M社勤務時代は、夏場によくいただいたものであったが、熱燗を5本ほど空けて火照った体にはこの冷たい「もりゴマだれ」が存外に心地良いのであった。

「もりゴマだれ」を食べ終わって蕎麦湯を残ったゴマだれに入れて啜っていると、HO氏と目が合ったのであった。
その心は
「次にあそこへ行こう!」
というものであり、以心伝心で行き先は決まったのであった。

1img_6225 撮影中のHO氏

店を出たHO氏と私は再び銀座8丁目を目指して歩き始めたのであった。

  

2016年4月19日 (火)

銀座/ 秩父錦 (清酒、肴)

1dsc07542 秩父錦

先週の金曜日は、1979年にM社に入社して以来付き合いのあるRK氏と飲んだ。
私が大学院の修士課程を修了してM社に入社して最初に配属された部署でRK氏は私よりも先の入社であったが同年齢ではあったこともあって、RK氏とは今でも親交を続けさせていただいている。
今もM社の研究所で腕を振るっているRK氏が出張で東京に出てこられたので、17時過ぎに銀座三越で待ち合わせて「秩父錦」に向かった。
RK氏と飲むのは2014年9月以来で1年半ぶりのことである。

1dsc07526 お通しと生ビール

まだ17時半ころという銀座の通りも明るい中「秩父錦」の引戸を開けると、店内には先客は居られず我々がこの日の最初の客となったのであった。
カウンター席に着いて、先ずは生ビールで乾杯をしたが、久しぶりのビールはホップの苦みも喉越しの爽快感も、たまらぬ!、というものであった。

1dsc07527 お通し

生ビールをグビグビ飲り、お通しを摘まみながら肴を選んだのであったが、「ポテトサラダ」、「さつま揚げ」、「肉豆腐」の三品を取り急ぎお願いしたのであった。

1dsc07528 小上がり

酒の肴が供されるまでの一寸した間に数組のお客が現れ、5人程の人達が小上がりに導かれていた。
小上がりは、障子で囲まれていて神棚もあり、渋い大人の雰囲気を醸し出しているのであった。大人数であれば予約できるので、近いうちにNM氏やKM氏との飲み会に使って見ようかと思った次第である。

1dsc07530 ポテトサラダ

最初に供されたのは「ポテトサラダ」であった。
居酒屋定番の料理であるが、当店のは胡瓜もタマネギも、また敷かれているレタスも新鮮で瑞々しく、他店のものとは一線を画するものであった。

1dsc07531 肉豆腐

「肉豆腐」はRK氏の選択である。
氏は最初肉じゃがを欲していたのであったが当店の肴ラインアップには無く、お姉さんのお薦めで「肉豆腐」を注文したのであった。
豆腐に新タマネギと肉の旨味が纏わりついた佳い味の一品であった。

1dsc07533 さつま揚げ

当店の「さつま揚げ」は売り切れ必至の一品である。
「さつま揚げ」は厚みのあるものであるがその実はフワフワな口当たりであり、熱いうちに食べると立ち昇る湯気の中に魚のすり身からでる芳香が感じられるのであった。

1dsc07534 清酒秩父錦の熱燗二合

比較的早いタイミングで一杯目の「生ビール」は無くなっていった。
酒のおかわりは、RK氏は「生ビール」をもう一杯、私は「熱燗」をいただくことにした。

1dsc07535 刺身蒟蒻

まだ最初に注文した酒の肴は半分以上残っていたが、追加で秩父地方特産(と思う)の「刺身蒟蒻」を追加で注文した。
当店の「刺身蒟蒻」は二種類の蒟蒻で構成されていたが、いずれもツルリンとした舌触りと弾力ある噛み応えが秀逸で、柚子味噌を付けていただくと熱燗が進むのであった。

1dsc07536 紙かつ

「刺身蒟蒻」を終える頃合いで、「紙かつ」を注文した。
前回TI氏と訪問した際には「紙かつ」は時間がかかると事前警告を受けたのであったが、この日はすんなりと供されたのであった。
「紙かつ」は豚肉を紙の如く究極にまで薄く叩き延ばしたものに衣を付けて揚げたものである。
したがって、豚肉の肉質も重要であるが、衣の重要度もかなり大きいというものである。
当店の「紙かつ」は良心的というか肉厚はそこそこあって肉の旨味も十分味わえるが、衣もサクリとクリスピーに揚げられていてとんかつソースで適度に柔らかくなった頃合いの口当たりは絶妙であった。

この時点で熱燗の二合徳利を二本空けていたが、今度は「秩父錦純米吟醸」に切り替えた。

1dsc07539 秩父錦純米吟醸

「秩父錦純米吟醸」は清純でありながら味わい深い清酒である。
そのことは酩酊した脳味噌にもダイレクトに響いてくるものであった。

1dsc07540 おむすび(おかかと梅干)

最後に「おむすび」を注文したところでラストオーダーがお姉さんから告げられた。
ハグハグと「おむすび」を食べて、店を出たのが21時半頃のことであった。
積もる話があったというものの、店内が満席にならなかったのを良いことに4時間程も長居をしてしまったのであった。

2015年7月20日 (月)

銀座/ 秩父錦 (居酒屋)

1dsc07289 秩父錦

先日TI氏が出張で東京に来たので、銀座で一献飲った。
地下鉄銀座線銀座駅の改札で待ち合わせて「秩父錦」に向かった。
大型台風が関西地方を襲った日の夕刻とはいえ、午後6時半を回った銀座は人通りも多い。

1dsc_0445 気風の良いお姐さん

何時もは早い時間から満員になる「秩父錦」であったが、この日は運良くカウンター席が4席空いていた。
カウンターの中のお姐さんの差配で正面右側の席に着くことができたのであったが、ここは店内の様子が良く見える最高の席であった。

1dsc07255 生ビール(我慢しきれず撮影前に一口飲んでしまいました。)

蒸し暑い外気の中を歩いてきたので、何はともあれ「生ビール」をお願いした。
「ウングッ、ウングッ、ウングッ。」とTI氏も私も結構な勢いで「生ビール」を流し込んだ。
こういう飲み方は、体調にもよるが「堪らなく旨い。」のであった。

1dsc07256 お通し

「生ビール」を半分くらいまで飲んで一息つき、ワカメと豆腐のほぐしたの(?)の「お通し」をいただきながら、肴を選んだ。
最初に注文したのは、TI氏が選んだ「秩父名産刺し身こんにゃく」、「梅酢掛豆腐」、私の選んだ「自家製さつま揚げ」、「香の物」であった。

1dsc07260 秩父名産刺し 身こんにゃく

「刺し身こんにゃく」は娘の実家から贈っていただいたり、あるいは関東地方の北西部に出張した際に味わっていたが、TI氏には珍しかったようである。
二種類のこんにゃくが薄造りになって供されたが、白味噌が佳い味を出していて、美味しかった。

1dsc07263 梅酢掛豆腐

「梅酢掛豆腐」は読んで字のごとく、賽に切られた豆腐にワカメと刻みネギが載せられ、そこに梅酢が掛けられた料理で、冷たい豆腐の口当たりに梅の酸味が効いた一品であった。

1dsc07264 秩父錦辛口の熱燗(二合)

「秩父名産刺し身こんにゃく」、「梅酢掛豆腐」を食べている間に「生ビール」をほぼ飲み干した。
次は、清酒をいただくことにした。
ここ三年ほどのことであるが、冷たい飲み物を短時間でいただくと約3時間後に激しい腹痛を催すことがある。
そのことが気になったので、冷えた腹部を暖めるために「熱燗」をいただくことにした。

「秩父錦」は居酒屋であり、ビール、焼酎、清酒などなど好みの酒をいたただけるのであるが、清酒の銘柄は「秩父錦」のみである。
すなわち、当店は「秩父錦」の蔵元が経営する居酒屋なのである。(と聴いたような気がする。)
また、ここの肴はどれも清酒にマッチする物ばかりで、飲むペースは加速されるというものである。

1dsc07265 自家製さつま揚げ

熱燗を「グビリ。グビリ。」と飲っていると、「自家製さつま揚げ」が運ばれてきた。
写真では小ぶりに見えるが、実物は結構大きいのであった。
そして、熱々である。
箸で三分の一に切って口に運んだが、フワフワの食感であり、口腔内は魚の摺り身の甘い香りと味で満たされたのであった。
気を付けなければならないのは、熱々であり上顎に当たると火傷をしかねないということである。
なお、我々に「自家製さつま揚げ」が供された時、その姿形の麗しさにカウンターを囲む人達が注目し、次いで注文が相次いだのであった。

1dsc07268 香の物

「香の物」は当店で漬けられたものであることが分かる逸品で、蕪や胡瓜の歯応えが秀逸であった。

暫らくして、「ポテトサラダ」、「肉豆腐」を注文した。

1dsc07269 ポテトサラダ

「ポテトサラダ」は標準的なポテトサラダであったが、中に入っている胡瓜の歯応えが心地よかった。

1dsc07270 肉豆腐

「肉豆腐」の味付けは、どちらかというと甘めの関西風で、私には大変美味しかった。
また、肉も柔らかく、居酒屋の肉を想っては失礼なような上質の肉であった。

1dsc07271 特別純米酒

肴が美味なので、お酒も進む。
「熱燗」の次は、「特別純米酒」を常温でいただいた。
きりっとした味わいの清酒であった。

1dsc07272 にごり酒

「特別純米酒」が終わらない内に、若干変則的であると反省しながらも「にごり酒」をいただいた。
私的には、「にごり酒」は食事の始めにいただくもので、ある意味シャンパン的な位置づけにおいていたことから、変則的、という表現を敢えて使った次第である。
しかしながあ、今回のように「にごり酒」を食事の途中でいただいても肴の種類によっては十分ボディが感じられ、美味しいものであった。

1dsc07273 秩父錦純米生原酒 霞

最後に「秩父錦純米生原酒 霞」をいただいたが、爽やかかつ切れの佳い味わいであった。
酔っぱらっていなければ、もっと真面目に味わえたであろう。

1dsc07275 芋焼酎オンザロック

TI氏は更に芋焼酎をオンザロックで飲っていたが、なかなかの飲兵衛である。

1dsc07276 紙カツ

なお、注文してから1時間はかかるとお姐さんから言われていた「紙カツ」が忘れたころに供された。
豚肉を叩いて薄くしたもののカツである。
トンカツソースをかけていただいたが、「旨いねェ。」としか言いようのない逸品であった。
しかし、何故1時間もかかるのであろう・・・?


[以下、店内の風景です]

1dsc07280

1dsc07267

1dsc07259

続きを読む "銀座/ 秩父錦 (居酒屋)" »

2015年7月18日 (土)

銀座/ ちりちりラーメン風鈴屋 (ジャンボ餃子、他)

1dsc07310 

昨夜は大型台風をものともしないで出張してきたTI氏と銀座で飲んだ。
三軒の店で飲んで食べてと楽しい思いをしたのであったが、今日は脳味噌がどんよりと重いのであった。

さて、二軒目の店を出て、TI氏はホテルへ、私は家へと戻るべく新橋駅に向かって歩いていたが、途中で首都高速道路のある銀座8丁目の限りなく新橋に近い細道に出た。
何を隠そう、ここは「ちりちりラーメン風鈴屋」のある細道である。
「ちりちりラーメン風鈴屋」もまたその周りの店も、夜毎表にテーブルを出して料理を供しておられるのである。

昨日の夜はかなりの量のアルコールが体内を駆け巡っていたので「ちりちりラーメン風鈴屋」の様子だけを見て通り過ぎようとしたのであった。
しかし、である。
店内の様子を窺いながら歩いていると女将さんと目が会ったような気がしたので手を振ったら、女将さんも手を振ってくれたのであった。
それまでは立ち寄らずにそのまま通り過ぎる気持ちであったが、急遽方向転換をして強力磁石に吸い寄せられた金属片のように「ちりちりラーメン風鈴屋」のテーブルに着いたのであった。

当店を訪ねるのはM社を辞めて以来であり、9か月以上はご無沙汰をしていたことになる。

1dsc07304 店内のメニュ

実は夜の「ちりちりラーメン風鈴屋」を訪ねるのは2回目である。
1回目は未だM社が霞が関ビルにあった頃のことで、当店に昼食で通うようになるずっと以前のことであった。

当店は「牛肉ラーメン」、「海産ラーメン」、「カレーラーメン」が抜群に美味であるが、女将さんから「美味しいですよォ。」と聴かされていた「ジャンボ餃子」は夜のみに供される一品であり、今まで口にしたことがなかった。

そこで、昨夜はその「ジャンボ餃子」をいただくことにした。
また、TI氏が「塩ラーメン」を所望されたのでこれと、「ビール」もお願いした。

1dsc07302 チャーシューと缶ビール

女将さんが持ってきてくださった「缶ビール」を飲んでいると、チャーシューが届けられた。
女将さん曰く、「サービスです。」とのことで、有難く頂戴した。
100回以上とはいえ、昼にしか訪れなかった客である私を憶えていていただいただけでもありがたいことであったが、このようにチャーシューまでご馳走していただけるのはとても嬉しいことであった。

1dsc07301 チャーシュー

チャーシューはラーメンに載せられるものであるが、いただいたのはその厚切りヴァージョンで、タレと刻みネギが載せられていた。
トロリと柔らかいチャーシューはラーメンに添えられても美味であったが、このように酒の肴としても秀逸な存在であった。

1dsc07305 パクチィ

チャーシューを摘まみながら缶ビールをいただいていると、何時もいただいていた「パクチィ」が何時ものように金属のヴァットに入れられて供された。
この「パクチィ」は、「ジャンボ餃子」に添えていただいたりしたが、TI氏はほぼ全部を「塩ラーメン」に入れて食べてしまわれたのであった。

1dsc07306 ジャンボ餃子

暫らくすると熱々の「ジャンボ餃子」が供された。
昼食時にはいただけなかった念願の「ジャンボ餃子」である。

1dsc_0447 ジャンボ餃子

醤油、酢、ラー油で作ったタレを付けていただいた。
これまた美味である。
王道を往く餃子の味であった。
当店のご主人は工夫とアイデアの人であり、この「ジャンボ餃子」もご主人の作られた逸品であると確信するところである。

1dsc07309 塩ラーメン

TI氏は健啖家せある。
私は満腹で遠慮したので、TI氏が一人で「塩ラーメン」を完食されたのであった。
なお、写真撮影を失念していて、TI氏が食べ始めたところを撮った次第であった。

女将さんとは久しぶりに話をさせていただいたが、ご主人は次々と入る注文に対応されていてご多忙であったことから話をできなかった。
また、近いうちに伺いたいものである。

2015年2月12日 (木)

銀座/三州屋 銀座店 (居酒屋)

1dsc01928 三州屋銀座店

一昨日の夜は、同期入社のHH氏と「三州屋銀座店」で飲んだ。
先々週の金曜日に「三州屋」で飲むことにしていたが、珍しく雪が多かったことから一昨日まで延期にしていたのであった。
「三州屋」は神田の店にも行ったことがあるが、勤務地に近いことから銀座店に伺う頻度が圧倒的に高くなる。

この日は18時に三越の入口を入った所で待ち合わせた。
HH氏はまるで計ったかのように18時丁度に姿を現した。
中央通、松屋通、並木通、を通って「三州屋」に繋がる路地に入った。
時に18時10分を僅かに過ぎた頃合いである。

1dsc01930 三州屋銀座店の入口(入口は裏にもある)

暖簾を分けて引戸を開けると、店内はほぼ満員であった。
15秒ほど先に入店した客は2階に案内されていたが、我々は2人であることから店内左奥の階段の下にある6人掛けのテーブルにかろうじて座ることができた。
既にテーブルの最奥では妙齢のご婦人お二人が向かい合って食事をされており、一方通路に近い側は先客がいるらしいのであるが姿は見えないという状況下(後からおっちゃんが二人来た)、我々は両グループの間のスペースに割り込むように着席したのであった。
椅子の背中側には酒類の箱が山のように積まれていたので、ここにコートや鞄を置いたら、おばちゃんが酒を取り出す邪魔になると言う。
仕方が無いので階段下の天井が斜めになった下の空間に鞄とコートを纏めて置いた次第であった。

1dsc01921 お通しと恵比寿ビール(向こうはHH氏)

着席しておばちゃんに、「お姉さん、ビール。」とちゃんとお姉さんと呼んで注文をした。
ビールがお通しとともに運んで来られた。
お通しは「生節」であろうか、昔に食べたことのある味であった。

ビールで一息ついて、酒の肴とする魚を注文した。

1dsc01922 

当店の料理でで外せないのは「金目鯛の煮つけ」である。
当店に来た際には必ず注文する逸品である。
一般的な煮つけに比較してお汁の色は淡く、身の色が映える仕上がりとなっている。
おまけに食材の回転が良いので新鮮であり、身はほくほくしていて美味である。
因みに、我々の奥の席は若いカップルに占められてのであったが、最初に居たおちゃんたちもこのカップルも我々の「金目鯛の煮つけ」を指さしながらおばちゃんに「同じのを!」と注文していた。

1dsc01923 鰹の刺身

1dsc01924 鯵の刺身

ビールから熱燗に替えた。
熱燗を二合のお銚子でいただいたが、内容量は実質上は一合七勺程度であろうか。
結構早く飲んでしまう。
「金目鯛の煮つけ」を食していると、「鰹の刺身」と「鯵の刺身」が続いて運んで来られた。
生姜と醤油でいただいたが、どちらも新鮮な状態で美味であった。
特に鰹は肉身にあるヘモグロビンが劣化しておらず、鰹本来の味であった。

1dsc01925 ホッキ貝

また、HH氏の好みであるホッキ貝も注文したが、これも新鮮でホッキ貝自体から滲みだす甘味が感じられる一品であった。

1dsc01927 鰈の唐揚げ

暫らく前述の肴4品で熱燗を飲み続けたのであったが、最後に「鰈の唐揚げ」をいただいた。
身はほっくり、ヒレはサクサク、に仕上げられていて、久しぶりに鰈を堪能したのであった。

なお、日本酒は多分6本ほど空けたようで、ほろ酔い気分で店を後にしたのであった。

2014年10月23日 (木)

銀座/船形(居酒屋)

1dsc09688 酒の品揃え(全て千葉県産)

先日、昔統括していた事業で一緒に仕事をした仲間が退職祝いをしてくれた。
中には千葉にある研究所時代に共に仕事をした人や、米国駐在時代に出張で来てくれた人も一緒であった。

1dsc09686 なみなみと注がれた冷酒

場所は銀座1丁目にある千葉の酒と千葉で獲れた魚を供する店であった。
最初はビールで乾杯したが、その後は富津の「東塊」から始まり、冷酒を銘柄別に飲み続けたのであった。

お互いに気心の知れた仲であり、飲み進めるに従い陽気に大騒ぎしたのであった。
料理は、全て千葉産の魚と野菜で構成されており、新鮮かつ味わい深いものばかりであった。
銀座には居酒屋が数多くあるが、当店の食材の良さは秀逸であった。
料理は7品供され、全て完食であった。
なお、酒も飲みに飲んで、皆ヘロヘロ状態でおひらきとなったのであった。

1dsc09693_3 金目鯛の煮つけ(3人分)

続きを読む "銀座/船形(居酒屋)" »

2014年10月 4日 (土)

銀座/三州屋(居酒屋)

1dsc04110 三州屋

先日、入社以来親交のあるRK氏と「アサヒスーパードライエクストラコールドBAR」で一杯飲った後、「三州屋」に向かった。
「三州屋」は「アサヒスーパードライエクストラコールドBAR」からは、ホンの数ブロック歩いた場所の路地の奥にある居酒屋であるが、昼は魚を刺身やフライにして食べさせてくれるサラリーマン御用達の佳店である。

入店したのは7時頃で、この時間帯は何時も超満員である。
しかしながら、この日はラッキーなことにカウンター席の一番奥が3席空いていて、ここに座ることができた。

1dsc04109 配膳カウンターの上には料理の短冊がびっしり並んでいる

ただし、一番奥の席は配膳カウンターの直ぐ近くにあって、ここに座ると店のお姉さんたちが通る際にはぶつかることが多いので、奥から2番目と3番目に座るように言われた。
ここには、一本の木の柱があり、これを背もたれにしながら魚料理とお酒を楽しんだのであった。

1dsc04103 熱燗は白鶴、お通しはインゲン豆の胡麻和え

まず、RK氏は生ビールを、私は熱燗を注文した。
また、注文したお酒を「ぐびりんこ」と飲りながら、数多くある料理から数品を注文をした。
結局、この日は「たこ酢」、「金目鯛の煮つけ」、「鰈の唐揚げ」、「お新香」を選択したのであった。

1dsc04101 たこ酢

1dsc04104 金目鯛の煮つけ

1dsc04107 鰈の唐揚げ

1dsc04105 お新香(東京の居酒屋では辛子が添えられることが偶にある)

当店は来客が多くて食材の回転が良いことから、いずれも新鮮な魚が使われており、美味であった。

なお、生ビールと熱燗の次は、芋焼酎のお湯割り/梅干しに切り替えたのであったが、これが存外にアルコールが強く、かなり酔いが回ったのであった。

1dsc04108 小鶴くろ(芋焼酎)

価格は総計で5,000円ほどでCPの良い店である。

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | DETRIOT | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | NEW YORK | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | WINE | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クリスマス | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | ナイロン | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(パン) | 堺(和菓子) | 堺(寿司) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪(うどん) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(西洋料理) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(お好み焼き) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 尿管結石 | 居酒屋 | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ラーメン) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京特産食材 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(蕎麦) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 汐留(街の風景) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(映画) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | NIKON D800 | PC

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ