神楽坂(和食)

2015年11月 8日 (日)

神楽坂/ 馳走 紺屋 (清酒・料理をアラカルトで)

1dsc01561 馳走 紺屋の玄関

11月3日はM社の先輩であるMI氏と神楽坂の「馳走 紺屋」で会食の約束をしていた。
「馳走 紺屋」は落ち着いた雰囲気のお店で、2年半ほど前にMI氏と初めて伺って以降折に触れ訪れる場所となっている。

1dsc01559 JR飯田橋駅西口

後で万歩計を見るとこの日は神楽坂に着くまでに1万歩を超えて歩いていたようで、体が求めていたのであろうか「CANAL CAFE」で少し休憩をしてからMI氏と待ち合わせたJR飯田橋駅に向かった。
MI氏はおおらかな性格の人であるが約束は違えない人で、待ち合わせの17時半に少し早いタイミングで姿を現された。
お互いに元気な様子を慶びあい、「馳走 紺屋」に向かって神楽坂を登って行ったのであった。

1dsc01588 大木戸

神楽坂のメインストリートから横道に入り、「Bar Stone Pavement」の前を通り抜けると「馳走 紺屋」のある敷地に入る大木戸が見えてきた。

1dsc01562 前庭

大木戸を潜り、前庭の石畳を行くと「馳走 紺屋」の玄関である。

1dsc01564 玄関脇

玄関には「馳走 紺屋」と染め抜かれた紺の暖簾が掛けられており、その脇には巨大な魚の干物が軒から下げられていた。
玄関の引戸を開けると歳の頃は20歳台前半と思しき3人の美麗な女性が迎え入れてくれた。
靴を脱いで通されたのは何時ものカウンター席のある部屋であった。

1dsc01577 焼酎のラインアップ(カウンター席の向かい側)

1dsc01585 清酒のラインアップ(カウンター席の向かい側)

カウンターの中央に席が設けてあり、ここからは当店で供される焼酎や清酒の一部を眺めることができる。
この日のカウンター席担当の女性も清酒に関する知識は豊富であり、同じく酒類に造詣の深いMI氏の質問に応えておられた。
因みに、MI氏と酒席を同じくする際には私は飲み物の選択は全てMI氏に委ねており、この日も良い清酒をいただくことができたのであった。

1dsc01566 初亀(吟醸)

1dsc01568 

この日は始めから清酒をいただくことにして、MI氏が選ばれたのは「初亀」の「吟醸」であった。
一口含むと早春の花の様な清純な香りが鼻腔に達し、喉を過ぎた後も余韻が続くという佳酒であった。
まさにこの日の1本目に相応しい清酒であった。
なお、当店ではお銚子1本には1合半となっている。

1dsc01567 甘鯛と海老芋のお澄まし

最初に「甘鯛と海老芋のお澄まし」が供された。
甘鯛は身がホクリとして佳い口当たりであり、身から微かに出た甘味と香りがこれから始まる食事への期待を高めてくれるのであった。

清酒の肴として「刺身の盛り合わせ(内容はおまかせ)」、「合鴨とほうれん草のサラダ」、「鯖のへしこ」、「地玉子焼」を注文した。
私の個人的なこだわりであるが、料理は上記の順序で供されることを密かに期待していた。
以下に、供された料理を供された順に従って掲載させていただいた。

1dsc01570 合鴨とほうれん草のサラダ

まず最初に出てきたのは「合鴨とほうれん草のサラダ」であった。
ドレッシングはしゃぶしゃぶの胡麻たれに良く似た風味のもので、合鴨の肉やほうれん草の葉緑素系苦味と程良くマッチしていた。
合鴨は軽く燻製にされているようで、薫香を感じながら脂の乗った肉の甘味を味わい、次いで「初亀」の「吟醸」を口に含むのは至上の悦楽というものであった。

1dsc01571 鯖のへしこ

「鯖のへしこ」は「紺屋」に来ればほぼ必ず注文するもので、噛みしめる毎に滲みだす魚系たんぱく質の旨味と強めの塩のバランスが「たまらぬ」ものである。
ただ、「鯖のへしこ」は「刺し身盛り合わせ」を食べ終わるまで手を付けないでいたのは、私の頑固さかあるいは老醜というものであろうか・・・。

1dsc01573 刺し身盛り合わせ

「刺し身盛り合わせ」は総体的に質の良いもので、どれも美味しくいただいた。
写真は撮り忘れたが、福岡の甘めの醤油と荏胡麻の醤油の二種類が供されたのは料理人さんの矜持というものであろうか。
なお、魚は、「はた」、「縞鯵」、「まぐろ」、「金目」ということであった。

1dsc01575 地玉子焼

「地玉子焼」はお品書を見ずに出汁巻きと言って注文した一品である。
供されるのタイミングが早かったので少し冷めてしまったが、変わらぬ美味しさであった。

食事を進める間に、「結人(純米吟醸無濾過生)」、「佐久乃花(純米吟醸無濾過生原酒)」、「王禄(純米吟醸無濾過生)」と進めていった。
酔いが回るにつれて私の感覚は鈍くなっていったが、清酒は良い味わいのまま体に沁み渡っていったのであった。
なお、清酒は前回までは片口で供されていたが・・・。

1dsc01576 結人(純米吟醸無濾過生)

1dsc01579001 佐久乃花(純米吟醸無濾過生原酒)

1dsc01582 王禄(純米吟醸無濾過生)

1dsc01580 三味線の御師匠様

続きを読む "神楽坂/ 馳走 紺屋 (清酒・料理をアラカルトで)" »

2015年9月 2日 (水)

神楽坂/馳走 紺屋  (和食アラカルト)

1dsc03587

8月のとある日のことであったが、17時50分にM社のオフィスがあるビルの1階でTM氏と待ち合わせた。
今回はTM氏からの誘いであったので行先は氏が予約しているかと思っていたが、決めていないという。
銀座のチーズ鑑定士の居るワインバーで過ごすのも一興かと思ったが、TM氏は神楽坂に行きたそうなそぶりであったので「紺屋」に電話すると、カウンター席が空いているというので即確保した。
JR秋葉原経由で飯田橋に行き、「紺屋」に向かった。
この日も相変わらず蒸し暑かったのと空腹であったことから、坂を登るのに随分くたびれ、途中から汗がぼとぼとに滴り落ち、入店した際には服はズクズクで、ハンドタオルはビシャビシャであった。

1dsc03586_2

入口を入ると、前回カウンターで対応してくれた超美人のお嬢さんが現れた。
が、結果としてこのお嬢さんはこの日はフロア全般を看ていてカウンターの担当ではなかった。

1dsc03581

三味線のお師匠さんが三味を奏でる前を通ってカウンター右の席に案内された。
座って躊躇せずビールをお願いし、グーと3分の1ほど飲んで落ち着きを取りもどした。
注文は、なにはともあれ「玉子焼き」をお願いした。

1dsc03569 

最初に「蛤のお吸い物」が供された。
「蛤のお吸い物」というと、高麗橋「吉兆」の逸品を思い出す。
高麗橋「吉兆」では、出汁を摂るための蛤は出汁摂りだけに使い、出汁を摂った後は捨てる、と聴いた。
その訳は、身から旨味が出汁に出てしまうから、である。
一方、お椀に入れられる蛤はこれはこれで別途下拵えしたものが使われる。
即ち、「蛤のお吸い物」には蛤がツーシフト用意されるということであった。
本当に良いものを良く味わうために贅を尽くす、とはこういうことをいうのであろう。

余談はさておき、TM氏は海外駐在から戻ってきたばかりで、神楽坂に限らず日本料理屋での注文になれていない。
「稚鮎」、「枝豆」、「ポテトサラダ」、「竜田揚げ」と一気に四品を注文したので、結果として我々の前は手狭になってしまった。

1dsc03572 稚鮎

1dsc03573 七輪で稚鮎を焼く

先ず「稚鮎」であるが、小ぶりの七輪が持ってこられ、この上で稚鮎を焼いたのである。が、何がいけないのか稚鮎が網に引っ付いてしまい、身が網に残るという惨状を呈したのであった。頭から丸ごと食べるものであるだけに、実に残念なことであった。

1dsc03574 ポテトサラダ

1dsc03575 玉子焼き

1dsc03576 枝豆

「玉子焼き」と「ポテトサラダ」は、ヴォリュームも十分であった。

1dsc03578 竜田揚げ

また、「竜田揚げ」は日本酒に佳く合う一品であった。

1dsc03584 

この日は、最初に生ビールを胃の腑に流し込み、次いで微発泡の濁り酒をいただいた。
さらに、お嬢さんお薦めの清酒を3種類いただいただけであったが、暑さのせいで体内の水分が飛散していたこともあり酔いが速く回ったのであった。

1dsc03579

1dsc03582

1dsc03585 












続きを読む "神楽坂/馳走 紺屋  (和食アラカルト)" »

2014年12月10日 (水)

神楽坂/宮した (季節のおまかせコース)

1dsc00815 松茸の土瓶蒸

神楽坂には近年フランス料理、イタリア料理などの佳店が増えてきているが、一方で和食の名店も数多くある。
過日MI氏の見立てにより「宮した」に伺った。

店内は、入口を入ると左にカウンター席、右にテーブル席という設えになっている。
カウンターには店主が居られ、女将が迎え入れて下さった。また、奥では御曹司が修行をしていた。
入店した時間が早かったので、カウンター席でもテーブル席でもどちらでも好きな方に座って良いとのことであったので、この日は広く使える4人掛けのテーブル席を選ばせてもらった。

最初にビールをいただき、その後は熱燗で通した。
当店も神楽坂の習いに従って、日本酒は「白鷹」である。
「白鷹」は、江戸時代には公方様への献上酒であり、また近くに鎮座まします「毘沙門天」様への奉納酒であり、神楽坂界隈の店では「白鷹」が定番の日本酒となっている。

この日は「季節のおまかせコース」をいただいた。

1dsc00814 先付け

先付けでは煮蛤が秀逸であったが、他の品々も調理に手間暇をかけていることが感じられる美味しいものであった。

1dsc00816 松茸の土瓶蒸

「松茸の土瓶蒸し」はまさに香りが愉快であり、思わず頬が緩むのであった。
松茸の歯触りも佳く、久しぶりに良い松茸に出会ったのであった。

1dsc00819 御造り

魚は全て新鮮であり、程好い口当たりであったが、咀嚼するとそこはかとなく感じられる甘味は適度な熟成を施していることによるのかもしれない、などと推察した。

1dsc00821 鮎

下拵えされた鮎はテーブル上に運ばれた七輪の上で仕上げられる。
見ていても楽しい演出であった。

1dsc00824 鮎の塩焼き

焼き上がった鮎は頭と背骨を外していただいた。
身の締まり具合が佳く、天然ものの口当たりと香りとを楽しんだ。

1dsc00827 野菜

野菜の煮たのは味付けに武骨さがなく、素材自体が持つ味と、熱が加わったことによって出てくる固有の甘味が優れていた。

ここまでで熱燗を一人当たり四合いただいており、気持ちよい時間を過ごした。

1dsc00831 ちりめんじゃこのご飯

最後は、ちりめんじゃこが散りばめられたご飯をいただいた。
美味しくて、お替りまでさせていただいたのであった。

1dsc00833 デザート

デザートは「黒胡麻のアイスクリーム」であったように記憶するが、・・・。

2014年9月27日 (土)

神楽坂/馳走 紺屋

1dsc04056 馳走 紺屋(木戸門)

昨夜は、OBでかつ嘱託であるMI氏と神楽坂へ行った。
MI氏は65歳となられ、今月末で職を退かれるご予定である。
今回はお互いの今後について語ることが目的であることから、落着いて話のできる「馳走 紺屋」を予約しておいた。

1dsc04055 馳走 紺屋(エントランス)

6時半頃に入店し、案内の女性にカウンター席に導かれると、前々回に日本酒の選定で対応してくれた超美人の「愛さん」が居て、この日も対応してくれることとなっていた。

1dsc04036 三味線のお師匠様(カウンター席より。基本的に撮影は禁止である)

また、背後右方向には三味線のお師匠様が清楚な秋の装いで現れ、三味線を艶やかに奏でてくれたのであった。

1dsc04035 生ビール(撮影前に少し飲んでしまいました)

早速「生ビール」をお願いし、直ぐに供された生ビールを飲みつつ、お品書を眺めたのであった。

まず注文したのは、「刺身盛合」、「玉子焼」、「鯖のへしこ」であり、若干遅れて「ポテトサラダ」も追加で注文した。

1dsc04037 つみれのお吸い物

最初に「つみれのお吸い物」が供された。
具のつみれはほど良い大きさであり、出汁加減も佳い塩梅で、本格的に飲む前に胃袋を整えるには最適な一品であった。

生ビールを飲み終え、日本酒に移った。
また、注文した料理も順次頃合いを見計らいながら、運ばれてきた。

1dsc04044 刺身盛合

1dsc04042 鯖のへしこ

1dsc04043 玉子焼

1dsc04049 ポテトサラダ

愛さんに日本酒を5種類ほどいただく旨を伝え、料理に合いかついただく順序を考慮して「銘柄」を選んでいただいた。
因みに、「紺屋」のカウンターでいただく日本酒は「一合五杓」であり、MI氏とシェアするには調度良い量である。

1dsc04041 鍋島

最初に薦めていただいたのは「鍋島」で、すっきりした口当たりで、刺身にも玉子焼きにも合うものであった。基本的には「鍋島」を口に含むとその個性が豊かに感じられ、含香も心地良いが、刺身と合わせると魚の身から出るたんぱく質と旨味がより引き立てられる、というものであった。

1dsc04045 渓

1dsc04046 ラベルの裏

次は「渓」である。
この銘柄はその名を受けて、ラベルの裏に渓流の魚の絵が描かれている。
この「渓」は「鍋島」よりも少しボディがあるが、基本はすっきりしたものであった。

3番目は「結人」(むすびと)、4番目は「風」、5番目は「凱神」、6番目は「屋守」(おくのかみ)、最後は「たけすずめ」で〆たのであった。
もう、ヘロヘロに酔っぱらってしまったのであった。

1dsc04048 結人

1dsc04051 風

1dsc04053 凱陣

1dsc04054 屋守

1dsc04047 たけすずめ

続きを読む "神楽坂/馳走 紺屋" »

2014年6月21日 (土)

神楽坂/馳走紺屋(日本酒、料理はアラカルトで)

Dsc01948001 敷地への入口(かくれんぼ横町に面している)

先日、OBのMI氏からメールが送られてきて「梅雨ではあるが、雨を愛でつつ一献飲ろうではないか。」とのお誘いがあった。
これを受けて、昨日に神楽坂で酒宴を張った次第である。

MI氏は神楽坂エリアで誕生され、W大学を卒業されるまでこの地に居られ、当社の中では神楽坂の第一人者である。
このMI氏が今回選択されたお店が「馳走紺屋」である。

Dsc01947 馳走紺屋エントランス

「かくれんぼ横町」という通りを北に進むと、左手に敷地に通じる木戸門がある。
木戸門をくぐって池が設えられた中庭を通ると、「馳走紺屋」のエントランスに至った。
暖簾をくぐり、引き戸を開けると仲居さんと下足番の男性が笑顔で迎え入れてくれた。

靴を脱いで上がり、左手に案内されたが、そこにはカウンター席があり、我々は最も左の席に着いた。

Dsc01912001

Dsc01911

Dsc01913

このカウンター奥の席は、個室を隔ててではあるが中庭を眺めることができ、またカウンター向こうの焼酎や日本酒の飾りつけを楽しむことができる佳い席であった。

Dsc01925001 お師匠さん(清楚な中に艶やかさのある夏の装いで端座されていた)

なお、カウンター席のあるエリアの入口を入った処に三味線を弾く妙齢の女性が端座されており、我々が食事を始めるころから乙な音色を奏でて下さった。
流派等に関しては詳しくは伺わなかったが、「お師匠さん」とのことである。
音楽と言うのは往々にして押し付けがましかったり、趣味が合わないと騒がしかったりと感じるものであるが、このお師匠さんの奏でられる三味の音は心地良く、お酒が胃の腑に染み渡るように、当方の気持ちを和ませてくれたのであった。

また、カウンター内を切盛りする女性(後で教えていただいたが、愛さん、という名前である)が凄い美人で、加えて会話の受け答えも清々しい話しぶりであり、佳い酒席の幕開けとなった。

Dsc01910 生ビール

この日は夕方から空気が若干乾いたようになってはいたが相変わらず蒸し暑く、まずは生ビールでMI氏との久しぶりの会食に乾杯したのであった。
また、お通しとして「つみれのお吸い物」が供された。

Dsc01915 お通し(つみれのお吸い物)

酒肴については、お品書を眺めつ眇めつし(この辺りはMI氏も私もお酒を楽しみたいとの気持ちが強く、酒肴を選ぶのに時間がかかるのである。愛さんには随分と待たせてしまった。)、まずは「きびなごの唐揚げ」、「鯖のへしこ」、「地玉子焼」をお願いした。

Dsc01916 きびなごの唐揚げ

Dsc01917 鯖のへしこ

Dsc01918 地玉子焼

「きびなごの唐揚げ」辺りでビールを飲み終え、日本酒に切り替えた。
当店は、日本あちこちの比較的小さいが美味しいかつ個性をたたえたお酒を造る蔵元から調達されており、ここでもあれこれ迷いつつ、結局は愛さんに勧められた3種類の中から「天青」をいただいた。

Dsc01920 清酒は片口で供される

「天青」は非常に切れの佳い酒で、「きびなごの唐揚げ」の苦味や「さばのへしこ」の塩っぱさと佳い相性であった。

Dsc01926 清酒のお品書

次いで「鳳凰美田」に移ったのであったが、これは非常にフルーティな吟醸酒であった。

Dsc01921 鳳凰美田

更に、「はまぐり酒蒸し」(撮影を失念)、「豚の角煮」、「ふろふき大根」をお願いした。
併せて、日本酒は「王禄」をいただいた。

Dsc01933 豚の角煮

Dsc01931 ふろふき大根

この「王禄」は「口切り」のものが供され、口に含むと軽い発砲感が感じられた。
このような軽快なクリスピイ感のある日本酒をいただくのはお店では数年ぶり、家では数カ月ぶり、である。
「王禄」に続いて「凱陣」、更には「歌人」をいただいた。

最後に「玉子かけご飯」で〆ることになったが、御飯を炊くのに30分ほど要するとのことであったので、「王禄」を飲み終えるころに「玉子かけご飯」を注文したのであった。

Dsc01941 玉子かけご飯

日本酒の選択に際しては、愛さんの知識を随分参考にさせていただいたが、お陰で佳い酒を良い順番で堪能することができた。
愛さんには感謝である。

続きを読む "神楽坂/馳走紺屋(日本酒、料理はアラカルトで)" »

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | Skype | SONY HX-60 | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チョコレート | デパート | トルコ | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 八王子(うどん) | 八重洲(餃子) | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 報道 | | 堺(和菓子) | 大久保(韓国料理) | 大阪(うどん) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 天文台 | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(インド料理) | 小金井(カフェ) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(惣菜) | 小金井(桜) | 小金井(祭礼) | 尿管結石 | 居酒屋 | 府中 | 府中(うどん) | 府中(神社・仏閣) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(ジャズ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新幹線(東海道新幹線) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 柴又 | 柴又(草だんご) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎座 | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 玩具 | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 立川(中華) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(牛丼) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(カフェ) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 韓国 | CHOCOLATE | NIKON D800 | PC

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ