新宿(和菓子)

2017年9月26日 (火)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (和菓子セット、わらび餅)

1img_0681 追分だん古゛本舗

一昨日は朋友のHO氏と映画「ダンケルク」を観た後、「鷹丸鮮魚店」で穏やかな昼餉を摂った。
その後、歩行者天国となっている新宿通をのんびりと歩いて「追分だん古゛本舗」に向かった。

1img_0683 店頭にはススキ

「追分だん古゛本舗」に至ると、店頭にはススキが飾られていて、秋の装いとなっていた。

1img_0671 かき氷からところてん、しるこ(中段)

また、喫茶室の手前のディスプレイには前回訪問時にはあったかき氷は姿を消し、ところてんやしるこが並べられていた。
そういえばこの日は秋分の日で、季節は秋に移っていたのであった。

1img_0674 だんご二本盛り(抹茶あん、のり七味)

私達が喫茶室の前に至った時は数組の人達が待っておられたが、程なく全員が一気に喫茶室内に招き入れられたのであった。

室内中央にある配膳台から手前のテーブルに着き、手渡されたお品書の中から、HO氏は「だんご二本盛り(抹茶あん、のり七味)」を、私は「和菓子セット(わらび餅)」をいただくことにした。

HO氏の選択した「抹茶あん」も「のり七味」もともに見目麗しく、美味しそうであった。
昨日HO氏のFBを見ると、これらのだんごに関する記述があったが、コメントした人の中に「抹茶あん」を「わさび」と指摘した人が居られた。
このだんごが「わさびあん」あるいは「わさびだんご」であればきっとシュールなだんごとなることであろう。
実現されれば興味ある一品となることであろう。

1img_0676 和菓子セット(わらび餅)

私が選択した「和菓子セット」は「黒豆茶」と和菓子のセットである。
和菓子としては、豆大福、わらび餅、豆餅、あんず大福の中から一品えらべるのであるが、私は「わらび餅」をいただくことにした。

1img_0677 わらび餅

「わらび餅」には、きな粉が振り掛けられているが、そのきな粉はたいへんきめ細かいもので、反射する光によって金粉を敷きつめたようにに見えるのであった。
黒蜜を掛けていただいたが、その口当たりも滑らかで、わらび餅のそこはかとなくプリリンとした弾力とともに大変佳い食感であった。

   

続きを読む "新宿/ 追分だん古゛本舗 (和菓子セット、わらび餅)" »

2017年9月15日 (金)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご 二本盛り:白あん、しょうが)

1img_9926 追分だん古゛本舗

今日は2カ月に1回受けるクリニックに行く日であった。
この日に先立つこと数日程前にYH氏から連絡があり、
「近頃病に伏しておられたようでござるが、具合はいかがでござる?」
と問われていたことから、クリニックと数件の所用を済ませた後、YH氏と共に「追分だん古゛本舗」を訪れたのであった。

1img_9927 

店の前には氷柱が置かれており、手で触れてみると本物の氷柱であった。
そういえばここのところ蒸し暑い日が続き、かき氷もそそられるという状況であった。

1img_9925 店内喫茶スペース入口のディスプレイにもかき氷

また、店内奥にある喫茶スペースの入口にもかき氷が並べられており、心はかき氷に惹かれたのであった。 
しかし、である。
秋の気配が感じられる今日この頃はやはりだんごであろう、と思いなおし、だんごをいただくことにしたのであった。

1img_9913 だんごのお品書

だんごのお品書を見ると、ほぼ全種類をいただいたように思ったが、よくよく考えてみると「白あん」は未だ味わっていないようであったことからこれをいただくことにした。
また、「しょうが」は初登場のように思えたので、これもいただくことにしたのであった。

一方、YH氏はいつものように聡明な頭脳のせいか躊躇なく「抹茶あん」と「よもぎ(つぶ)」を選択されていた。

1img_9916 抹茶あん、よもぎ(つぶ)

YH氏の選ばれた「抹茶あん」と「よもぎ(つぶ)」はだんごの上にたっぷりの餡が載せられていて、実に餡を濃厚に味わえそうなだんごであった。
YH氏に感想を尋ねると、
上品で程良い甘さの餡とこれまた良い上新粉でできた団子の口当たりが秀逸で、
「甘露、甘露!」
とのことであった。

1img_9915 白あん、しょうが

一方、私の選んだ「白あん」と「しょうが」は期せずして白と黒のツートーンカラーの組合せとなっていた。

1img_9921 しょうが

先ず「しょうが」からいただいた。
「しょうが」は通常のだんごに比べて餡の代わりにしょうがが載せられていることから、そのサイズは随分小さく見えたのであった。
だんごには醤油が絡められていて、その上に醤油漬けの生姜の切り身が載せられ、更にそれが海苔で巻かれているという手のかかる一品であった。
先端のだんごを1個口に含むと、最初に醤油と海苔の香りが口腔内に広がった。
次いで、咀嚼をするとジワリと生姜のエキスが滲み出て、生姜のあの辛味を帯びた味が広がったのであった。
このだんごは、清酒の肴としていただいても佳いと思えるだんごであり、子供よりも大人によって愛でられるべき逸品であった。

1img_9923 白あん

また、「白あん」は典型的な白餡のだんごであるが、巷で見かける白餡の団子とは一線を画すだんごであった。
その訳は、上質な白餡が上質なだんごに載せられていて、そこはかとなくかつ控えめであるがその実は存在感の強い味わいと口当たりを呈しているからである。
これこそ王道のそれも中心を往く白餡の団子なのであった。

1img_9924 店内(部分)

   

2017年7月23日 (日)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ)))

1img_7893 追分だん古゛本舗

一昨日は、大久保のコリアンタウンでHO氏と昼食を摂った後、当初の予定通り新宿の「末広亭」の寄席に向かった。
暑い中を徒歩で向かったが、「末広亭」に至るまでに約25分という時間を要していた。

1img_7877 末広亭

「末広亭」に到着したのは13時50分頃のことであった。
この時点で私は寄席への興味は若干薄れてしまっており、幸いなるかなHO氏も乗り気では無くなっている風情であった。
まあまあの金額を支払って入亭してもこういう状態では寄席を楽しめるものではない。
HO氏も私も阿吽の呼吸で捲土重来を期したのであった。

そこで、小休止を取ることとし、幸い直ぐ近くにある「追分だん古゛本舗」に向かうこととしたのであった。

1img_7878 お品書

「末広亭」から緩々と歩いて5分とかかることもなく「追分だん古゛本舗」に到着し、店内奥の喫茶室に歩を進めたのであった。
すると、天祐なるかな、店内には空き席がいくばくかあり、一番奥のテーブルに着くことができたのであった。

着席して、この日初めての入店であったHO氏に当店のスぺシャリテである「だんご」を薦めた。
氏はいろいろある団子の中から、「みたらし」と「つぶあん」の「二本盛り」を注文された。
非常に渋い選択である。
私も「二本盛り」で「ごまだれ」と「よもぎ(つぶ餡)」をいただくことにした。
私は、なるべく過去にいただかなかっただんごを選択するようにしていて、この日の「ごまだれ」と「よもぎ(つぶ餡)」は共に初めていただくものであった。

1img_7880 二本盛り(みたらし、つぶあん)

談笑して暫らくすると、注文の品々が運ばれてきた。
HO氏の選択された「みたらし」も「つぶあん」も共に当店の看板だんごである。
HO氏からは佳いだんごであるとの感想が幾度かに亘って述べられたのであった。

1img_7879 二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ))

一方、私がこの日選択した「ごまだれ」は「みたらし」に比較して最近リリースされたように思っている。
一方、「よもぎ」は葛飾柴又では草団子として有名であるが、思うにこれも当店での販売は長きに亘っているものと推察するに難くない一品である。

1img_7881 ごまだれ、よもぎ(つぶ)

先ずは、甘味が抑えられていると考えた「ごまだれ」からいただいた。
上新粉でできただんごは濃緑色を呈したペーストの中に擂り潰された黒胡麻の姿が見える餡で包まれていた。
この濃緑色のペーストは、定かではないが「みたらし」だんごに使われる砂糖醤油の葛餡に抹茶を混ぜたものと推し量ったがいかがであろうか。
ここに擂り潰した黒胡麻を和えたものが「ごまだれ」として使われているように思った。
味わいは、みたらしだんごに黒胡麻の風味が加わったかのようで、実に佳い味わいであった。
余談ではあるが、この「ごまだれ」はお皿に敷かれた笹の葉に少なからず残っており、箸の先で取っていただいた。
いつもなら気取って皿に残ったものを浚えるということはしないのであるが、この「ごまだれ」はそういう気取りを忘れさせるほどの逸品であった。
なお、この「ごまだれ」は他の和菓子にも使える逸品と思料するところである。

1img_7884 よもぎ(つぶ)

「よもぎ」のだんごにつぶ餡が載せられたのが「よもぎ(つぶ)」で、咀嚼を数回行うとよもぎの淡い香りが口腔内に広がった。
当店のつぶ餡はハイクオリティのつぶ餡で、このつぶ餡がよもぎが混ぜられた当店の上質のだんごとコンビネーションを組んだことで、他店では類をみない「よもぎだんご」へと昇華していたのであった。

1img_7883 

1img_7885 季節の飾り

   

続きを読む "新宿/ 追分だん古゛本舗 (二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ)))" »

2017年1月14日 (土)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご 二本盛り:抹茶あん、苺あん)

1img_8780 店内の飾り付け(季節によって替えられる)

「ところで、YH様。
この後のご予定は如何におわしまするか?」
「拙者は見ての通り、暇を持て余しておるでござる。
そのような問いかけをされるとは、ジャッカル殿には何やらお考えがござるとお見受けいたしたが、是非そのお考えを聞きとうござりますのう。」
「いかにも。
流石はYH様でござります。
実は、・・・。」
という会話を「新宿中村屋」で交わしたあと、「追分だん古゛」に向かったのであった。

「追分だん古゛」に足を踏み入れると、店内はいつものように殆どのテーブルは先客で占められていた。
さはさりながら、天祐なるか奥のテーブルが空いていたのであった。
若い女性店員さんの
「お好きな席にドオゾ~。」
という声を聞きながら、奥に歩を進めた。

1img_8766 お品書

着席して手渡されたお品書を見ると、新しい甘味がいろいろ掲載されていた。
その中から、YH氏は「期間限定・旬の甘味」と銘打たれた「栗ぜんざい」を選択された。
その実、私も「栗ぜんざい」に興味をそそられていたがYH氏が先に選択されたことから「栗ぜんざい」はYH氏にお任せし、私はいつものように「だんご」の「二本盛り」から目新しいところで「抹茶あん」と「苺あん」をいただくことにしたのであった。

1img_8773 栗ぜんざい

1img_8775 栗ぜんざい

まず「栗ぜんざい」が恭しく供された。
そして、お椀の蓋を取られたYH氏の顔に嬉々とした光が一瞬過ぎったのであった。
淡褐色のトロリとした様相の液体部分を匙で口に運ばれたYH氏からは
「美味なり!
上品な味でござる~!
栗のペーストの中に細かく刻まれた栗の実が散りばめられていて、味は言ふまでもなく、舌触りも言ふことな~し!!」
という言葉が漏れ出たのであった。
後は黙々と食べ進められるYH氏の姿がそこにあったのである。
なお、この「栗ぜんざい」は実際に味わっていなくてもの姿を見ただけでその佳き味わいは想像できるという一品であった。

1img_8770 だんご二本盛り:抹茶あん、苺あん

1img_8771 抹茶あん、苺あん

1img_8776 抹茶あん

一方、「だんご 二本盛り」も秀逸なものであった。
「抹茶あん」は関東地方でも一二を競うという最高のだんごの上に、抹茶を白餡に均一に混ぜた抹茶あんが分厚く載せられていた。
一口口に含み、ほんの数回咀嚼を繰り返すと、口腔内は抹茶あんから放たれた抹茶の研ぎ澄まされた苦味と白餡のたおやかなる甘味で満たされたのであった。
この抹茶あんは全体が自然の柔らかさで覆われていて、くどさは全く無く、かといって味わいの加減が弱いなどということのない逸品であった。
この抹茶あんが当店のだんごと一緒になっているのであるから、この上なく美味なのであった。

1img_8777 苺あん

「苺あん」のだんごは、だんごに漉し餡が載せられ、更にその上にカットされた苺がそのまま載せられたというシンプルな構成のものであった。
まず、そのヴィジュアルが実に好い。
また、イチゴ、漉し餡、だんごを一時に口に入れると、イチゴからの酸味と漉し餡からの甘味が波状攻撃的に広がり、思わず頬の筋肉が笑顔モードに緊張と弛緩を繰り返すのであった。

1img_8781 苺大福・豆大福詰合

支払いを終えて店の前に出ると、そこのショウケースには「苺大福」と「豆大福」の詰合が所狭しと並べられていた。

 年明けの苺大福春近し

  

2016年7月 2日 (土)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご二本盛り:きなこあん、あんずあん)

1img_0965 追分だん古゛本店

先日、YA氏と「鷹丸鮮魚店」でエビフライを堪能した後、存外に元気であったことから慾を出して「追分だん古゛本店」に赴いた。
ただ、伊勢丹の前にまで至った頃には若干ではあるが疲れを感じるようになっていたが、交差点を越えると「追分だん古゛本店」である。
元気が出ない訳がなく、意気揚々と店内に歩を進めたのであった。

1img_0950 紫陽花の活花

店内に入ってみると、未だ1時に10分ほどもあるのに先客は二組だけであった。
奥のテーブル席が空いていたので、そこに着いたのであった。
横には紫陽花の活花が飾ってり、静けさはあるが甘い物の雰囲気に満ちた店内は梅雨の晴れ間が感じられる装いとなっていた。

1img_0948 店内(奥の席よりの眺め)

1img_0949 同上

「追分だん古゛本店」でこういう静かな状態は珍しいことであると思っていると、ほんの僅かな間に店内は多くの人で賑わうようになっていたのであった。

1img_0955 お品書

1img_0954 お品書

着席すると、若い女性店員さんがお茶とお品書を持ってきてくれた。
いつものように私は迷いに迷ったが、気風の良いYA氏は即座に「和菓子セット」の「わらび餅」を選択されたのであった。
私は呻吟を重ね、漸く辿り着いたのが「だんご 二本盛り」で、選択しただんごは「きなこあん」と「あんずあん」であった。

1img_0960 和菓子セット(わらび餅)、黒豆茶

1img_0959 わらび餅

待つこと暫し、注文の品々が運ばれてきた。
そして、複雑な気分になったのであった。
というのは、YA氏の「わらび餅」が近年見た「わらび餅」の中では群を抜いて美麗かつ美味に見えたからであった。
「わらび餅」を注文すれば良かった~!、と思ったが、時既に遅しである。
心の動揺を隠したままYA氏に問うと、
「これは最高に美味しいダジョ~。」
とハタ坊のように応えられたのであった。

1img_0956 だんご 二本盛り(きなこあん、あんずあん)

1img_0958 同上:横から

一方、私の注文した「きなこあん」と「あんずあん」であるが、これも大そうな美味であった。
詳しくは分からないが、白餡にきな粉やアンズペーストが練り込まれ、これらがお団子の上に満遍なく載せられているのであった。
「きなこあん」も「あんずあん」も素材の個性が存分に活かされた味わいと香りであり、
流石は追分だん古゛、と唸らせられる逸品であった。





   

2015年8月10日 (月)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (はちみつレモン、 のり七味)

1dsc08086 追分だん古゛本舗

先日「追分だん古゛本舗」で「和栗のかき氷」をいただいたことは既に述べた通りであるが、この時併せて当店のスぺシャリテである「だん古゛」をもいただいていた。

「だん古゛」はかき氷の後、熱いお茶とともにいただいたのであったが、これがまた何とも言えない佳い味で、至福の時間をすごすことができたのであった。

1dsc08064 お品書(部分)

かき氷を注文した際に、だんごもいただくのは若干多いかな、などと思いはしたが、尽きぬ興味に負けて二本いただくことにしたのであった。

まず、選んだのは「はちみつレモン」である。
前回の訪問時(報告は5月16日)には、お品書には載っていないだんごで、所謂新たにラインアップに組み入れられただんごである。

もう一本はお品書の主要メンバーである「のり七味」で、予てから興味をそそられていただんごである。

1dsc08078 はちみつレモン(左)、のり七味(右)

だんごは同時に注文した「かき氷 和栗」とともに供されたので、かき氷を食べきってからいただいた。

当店では、だんごは串の持ち手部分がお客の前になるように置かれている。
(因みに、日暮里の羽二重団子は横向きに並べられていた。)

1dsc08079 はちみつレモン(手前)、のり七味(奥)

だんごの姿形を横から眺めてみると、上の写真のようになるのであった。

1dsc08081 はちみつレモン

まず、爽やかな女性店員さんにお願いして注ぎ足していただいた熱いお茶を、ズズっと井と啜りしてから、「はちみつレモン」を口に運んだ。
「はちみつレモン」は、白餡に蜂蜜とレモン果汁が練り込んであり、味わいの印象は飲み物でいただく「はちみつレモン」のあの味であった。
また、薄く切って載せられたレモンの切片からは、軽い苦味がアクセントとして一瞬の光彩を放つのであった。
これらの複層的な味が上新粉でできただんごの上品で淡白な甘味と合わさって、くどさが全くないバランスのとれた味わいとなるのであった。
この「はちみつレモン」は和のテイストを維持しながらも、団子として新しく独立した一つのカテゴリーを作り上げているように思うところである。
なお、この味は初めて日本に来た超コンサバな西洋系観光客にも喜ばれる一品と確信するのである。

1dsc08082 のり七味

再び熱いお茶で口腔内を洗い、今度は「のり七味」をいただいた。
だんごの1個目と2個目の間に前歯を入れた瞬間、海苔の風味がフワッと広がった。
そして、間髪を入れずに「七味」から来るカプサイシン系の刺激と醤油の大豆発酵系の香りが満ちてくるのであった。
更に、舌の上に乗っただんごの1個目からは、舌の上を覆う唾液の動きによって「七味」のピリカラ味が舌の先端部から徐々に広がっていくのであった。
この間、僅かに0.5秒程度のことであった。
これまた、佳品である。

 

続きを読む "新宿/ 追分だん古゛本舗 (はちみつレモン、 のり七味)" »

2015年8月 8日 (土)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (かき氷 和栗)

1dsc08088 追分だん古゛本舗

昨日は、大阪に送るお盆のお供えものを新宿に買いに行った。

1dsc08089 伊勢丹 本店

行った先は、新宿三丁目の「伊勢丹 本店」である。
買い物は意外に簡単に終わったので、伊勢丹の直ぐそばにある「追分だん古゛本舗」に伺った。
最近は新宿3丁目界隈に来ると必ずと言ってよいほど「追分だん古゛本舗」を訪れるということが続いている。

1dsc08060 ウェイティングエリアの木彫りの扁額

「追分だん古゛本舗」の中に入っていくと、金曜日の午後ということもあって店内は満席状態で、エントランスの脇にあるウェイティングエリアで暫し待つことになった。
そのお陰で、壁にかけてある木彫りの扁額を良く見ることができたのはラッキーであった。

1dsc08066 熱いお茶

そうは言っても、待つこと5分でウェイティングエリアの正面にある二人掛けのテーブル席に案内されたのであった。
渡されたお品書を見ていると、笑顔が爽やかな女性店員さんが「熱いお茶です。」と言いながらテーブルにお茶を置いてくれた。

お品書を見ていくと、かき氷の新商品と銘打って「和栗」というのが1ページ前部を使って紹介されていた。
「和栗」のページをちらりと一瞥して他のページを見ていったが、何となく気になり再度「和栗」のページに戻ると、「国産の栗をふんだんに使用した贅沢なかき氷です。」と書いてあった。
暫時迷ったのであったが「和栗のかき氷」をいただくことに決めたのであった。
また、併せて当店のスぺシャリテである「だんご」もいただくことにしたが、これに関しては後日の報告とさせていただきたい。

1dsc08070 かき氷 和栗

10分程待ったであろうか、「和栗」のかき氷と「だんご」二本がお盆に載せられて運ばれてきた。

1dsc08069 かき氷 和栗(横)

1dsc08074 かき氷 和栗(上)

「和栗」のかき氷は、横から見ても、はたまた上から見ても、立派な代物であった。
まず一口、和栗のかかった部分を口に含んでみた。

なんと、かけられているのは栗の白餡である。
マッタリとした栗餡の中に栗の刻んだのが散りばめられていて、良い食感を醸し出していた。
味わいは、まさに栗餡の味であり、かかれた氷が融けるのにあわせて和栗と白餡の味が口の中に広がって行くのであった。
かき氷でこの味は全く初めての経験であった。
実に佳いかき氷であった。

続きを読む "新宿/ 追分だん古゛本舗 (かき氷 和栗)" »

2015年6月16日 (火)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (三色だんご、みたらしだんご、梅みょうが、つぶあん)

1dsc06133 追分だん古゛ 本舗

過日のことであるが、所用があって新宿に出掛けた。
この日は朝から雨が降り続いており、暑さに加えて湿度が高くなったことから愛用のカメラD800的にはいやらしい一日であった。

幸い所用は短時間で終わったので「追分だん古゛本舗」でちょっとだけ休憩をとった。
入店すると時間が早いのと朝からの雨のせいであろうか、先客は少なかった。

1dsc06130 店内の飾りは梅雨の装い

店内奥のテーブルに着いて店内の飾りを見ると、カラフルなでんでんむしやユーモラスな蛙が紫陽花の生花の横に並べてあって、雨の日を明るい気分にしてくれるのであった。

1dsc06112 お品書(だんごのページ)

1dsc06114 拡大

お品書をみると、さすがに「だん古゛」を店名に冠する老舗である。
だんごだけでも17種類ものラインアップを誇っていた。
そして、嬉しいことに関東地方ではなかなかお目にかかれない「三色だんご」がある!、のであった。

ここでは躊躇することなく「三色だんご」をいただくことに決めた。
加えて定点観測の「みたらしだんご」をみると「山椒、生七味入り」という一工夫入ったのが目に留まった。
一瞬逡巡したが、定番の「みたらしだんご」は以前にいただいたことがあったので、この日は「みたらしだんご(山椒、生七味入り)」をいただくことにして、「二本盛り」で注文したのであった。

1dsc06116 三色だんご、みたらしだんご(山椒、生七味入り)

1dsc06123 同上

「追分だん古゛」のだんごは全て注文を受けてからの手造りのようである。
10分ほど待ったであろうか、注文しただんごが運ばれてきた。

まず「三色だんご」からいただいたが、これは昔大阪に居る頃に食べたあの味を思い出すものであった。
すなわち、上新粉の柔和な味と口当たりが昔に経験した感覚を蘇らせてくれたのであった。

「みたらしだんご(山椒、生七味入り)」は、みたらし醤油の口腔を収斂させる甘塩っぱさに山椒の痺れ感と生七味の辛さ感が相乗的に感じられ、これは良い、と唸る味であった。
また、私見ではあるが冷酒のお供にも佳いのではないかと感じた次第であった。

1dsc06126 梅みょうが、つぶあん

「三色だんご」と「みたらしだんご(山椒、生七味入り)」を食べ終えたところでもう二本ほどいただけそうな気分であった。
再度お品書を見せていただいて「梅みょうが」と「つぶあん」をいただくことにした。

「梅みょうが」というだんごは人生初めてである。
これはだんごの上にみょうがの千切りが梅肉と一緒に載せられたもので、噛んでもみょうがが切れないのでそのまま引っ張って食べてしまうことになるというものであった。
個人的趣味で評価すると、味は悪くはないが想像した以上のサプライズ感はないように思った。

一方、「つぶあん」は定番中の定番であり、餡子もたっぷり載せられていてだんごとして本質的に優れる一品であった。

続きを読む "新宿/ 追分だん古゛本舗 (三色だんご、みたらしだんご、梅みょうが、つぶあん)" »

2014年5月27日 (火)

新宿/追分だんご(だんご二本盛)

Dsc01353 追分だんご

今日は朝から新宿にある関係会社で会議があった。
昼食は先方から豪華弁当が供されたのであったが、写真を撮ることは憚られる状況であったので、本日は昼食に関して掲載できる写真がない。

そこで会議の後、オフィスに戻れないことは無かったが直帰することにして同行のYH君と別れ、新宿3丁目にある「追分だんご」に伺った。
「追分だんご」は東京内でも老舗で、そのだんごには定評がある。
店の表では、だんごをはじめとして数々の和菓子が販売されており、奥には喫茶室がある。
喫茶室の入口を入ると、若くて溌剌としたお嬢さんが奥のテーブルに案内してくれた。

Dsc01346 店内(奥)

着席してすぐにお茶とお品書を持ってきてくれた。
お品書にはだんご類を始めとしていろいろな和菓子が記載されており、お茶といただけるようになっている。

Dsc01343 お品書

今日は定番の「だんご二本盛」で、だんごは「みたらし」と「こしあん」をお願いした。
すぐに供されると思っていたら、さにあらず、5分以上待ったように思う。
推し量るに、注文が入ってから作られたのであろう。
その根拠として、「だんご」本体もかかっている「みたらし」も、そして「こしあん」も全てができたての口当たりであったのである。

Dsc01350 だんご二本盛「みたらしとこしあん)

まず、「みたらし」からいただいた。
「みたらし」のそこはかとした醤油味とこれからくる舌の後方部への収斂性、淡い甘味がえもいえぬ味わいである。
次いで、「こしあん」をいただいた。
「こしあん」は硬過ぎず柔らか過ぎず、にじみ出る唾液によって舌の上で絶妙にほぐれ、口中に広がっていく。
甘味も純日本美人のように抑制を効かせながらもその存在感はゆるぎないものであった。
いずれの団子も美味しくいただいたのであった。
これで価格が545円とは、場所が伊勢丹の斜め向かいという一等地ということを考えなくても、「安い!」と思料するところである。

続きを読む "新宿/追分だんご(だんご二本盛)" »

その他のカテゴリー

ANA | Ch.Mouton Rothschild | DETRIOT | Egypt | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | MLB | NEW YORK | NIKON | SEGWAY | Skype | SONY CAMERA | SONY HX-60 | STAR WARS | TAIWAN | TANZANIA | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | WINE | お茶 | お茶の水 | かき氷 | ちゃんぽん | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | イラン(食べ物) | インスタントラーメン | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | クリスマス | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チキンラーメン | チョコレート | デパート | トルコ | ナイロン | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ホンビノス貝 | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 万歩計 | 三社祭 | 三鷹(カフェ) | 三鷹(カレー) | 三鷹(ベーグル) | 三鷹(ワインバー) | 三鷹(居酒屋) | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野桜木(風景) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(ハンバーグ) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 両国(ちゃんこ鍋) | 両国(イタリア料理) | 両国(猪鍋) | 中国 | 中華料理 | 中野(天ぷら) | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 京都大学 | 京都(フランス料理) | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 住吉[大阪](和菓子) | 住吉[大阪](洋食) | 住吉[大阪](神社仏閣) | 体温計 | 入間基地 | 入院 | 八王子(うどん) | 八重洲(韓国料理) | 八重洲(餃子) | 写真 | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県船橋市 | 千葉県鴨川市 | 千葉県(居酒屋) | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(イタリア料理) | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(ソーセージ) | 吉祥寺(ドイツ料理) | 吉祥寺(ハモニカ横丁) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(パン) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(中華料理) | 吉祥寺(井の頭公園) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(台湾料理) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(天丼) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(洋菓子) | 吉祥寺(趣味用品) | 吉祥寺(韓国料理) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(カレー) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(和菓子) | 国分寺(和食) | 国分寺(団子) | 国分寺(大学) | 国分寺(洋食) | 国分寺(焼肉) | 国分寺(韓国料理) | 国立(カフェ) | 地震 | 埼玉県 小平(うどん) | 報道 | | 堺(お好み焼き) | 堺(パン) | 堺(ラーメン) | 堺(和菓子) | 堺(回転寿司) | 堺(寿司) | 堺(穴子) | 墨田区(美術館・博物館) | 大久保(コリアンタウン) | 大久保(韓国料理) | 大学 | 大学病院 | 大学(早稲田大学) | 大学(東京大学) | 大学(東京農工大学) | 大阪天王寺(カフェ) | 大阪天王寺(居酒屋) | 大阪天王寺(庭園) | 大阪(うどん) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(串かつ) | 大阪(博物館・美術館) | 大阪(和菓子) | 大阪(居酒屋) | 大阪(甘味処) | 大阪(神社仏閣) | 大阪(風景) | 大阪(BAGEL) | 天文台 | 奈良(カフェ) | 奈良(洋菓子) | 奈良(西洋料理) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭 (2017) | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例大祭) | 富岡八幡宮(例祭) | 小平(うどん) | 小平(お好み焼き) | 小平(ラーメン) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井市(行事) | 小金井(うどん) | 小金井(かき氷) | 小金井(ちゃんぽん) | 小金井(イタリア料理) | 小金井(インド料理) | 小金井(エスニック料理) | 小金井(オリンピック・パラリンピック) | 小金井(オリンピック) | 小金井(カフェ) | 小金井(カレー) | 小金井(クラフトビール) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(タイ料理) | 小金井(トルコ料理) | 小金井(トンカツ) | 小金井(ドイツ料理) | 小金井(パスタ) | 小金井(パラリンピック) | 小金井(パン) | 小金井(ファスト食堂) | 小金井(ファミリーレストラン) | 小金井(フランス料理) | 小金井(ホットドッグ) | 小金井(ワッフル) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(寿司) | 小金井(居酒屋) | 小金井(惣菜) | 小金井(新小金井街道) | 小金井(有名企業) | 小金井(果物・野菜) | 小金井(桜) | 小金井(洋食) | 小金井(清酒) | 小金井(神社・仏閣) | 小金井(祭礼) | 小金井(花火) | 小金井(蕎麦) | 小金井(街の風景) | 小金井(野菜料理) | 小金井(阿波おどり) | 尿管結石 | 居酒屋 | 市ヶ谷(フランス料理) | 府中 | 府中(うどん) | 府中(そば) | 府中(エスニック料理) | 府中(カフェ) | 府中(カレー) | 府中(ムサシノキスゲ) | 府中(ラーメン) | 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) | 府中(洋食) | 府中(清酒) | 府中(神社・仏閣) | 府中(街の風景) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(イタリア料理) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(ビール) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 文京区(風景) | 新大阪駅 | 新大阪(駅弁) | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(カレー) | 新宿(ジャズ) | 新宿(チョコレート) | 新宿(ハンバーガー) | 新宿(パン) | 新宿(プライヴェートクラブ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(天ぷら) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(街の風景) | 新宿(都庁) | 新宿(韓国料理) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新宿(鮮魚居酒屋) | 新幹線(東海道新幹線) | 新幹線(車内販売) | 新幹線(車窓の景色) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(居酒屋) | 日本橋(清酒) | 日本橋(街の風景) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 日比谷(街の風景) | 日食 | 早稲田(カツ丼) | 星座 | 映画 | 書籍 | | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(中華料理) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(西洋料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京特産食材 | 東京都庁 | 東京駅 | 東京駅(カフェ) | 東京駅(ダイニング) | 東京駅(中華) | 東京駅(天ぷら) | 東京駅(蕎麦) | 東京駅(親子丼) | 柴又 | 柴又(草だんご) | 根津(和菓子) | | 植物園 | 横浜(中華料理) | 横浜(街の風景) | 横浜(CP+) | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎 | 歌舞伎座 | 武蔵国分寺跡 | 武蔵境(うどん) | 武蔵境(コーヒー) | 武蔵境(ラーメン) | 武蔵境(餃子) | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 汐留(街の風景) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄 | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 浅草(洋食) | 浅草(祭礼) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(ハンバーグ) | 渋谷(中国料理) | 渋谷(映画) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 湯島(ラーメン) | 湯島(和菓子) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 激辛 | 激辛(カップ麺) | 玩具 | 皆既月食 | 確定申告 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(フランス料理) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(餃子) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 福生(ピザ) | 立川(バー) | 立川(ラーメン) | 立川(中華) | 立川(居酒屋) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立川(蕎麦) | 立川((風景) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ベーカリー) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(波除神社) | 築地(洋食) | 築地(牛丼) | 築地(街の風景) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 紅茶 | 缶詰 | 群馬県(うどん) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 血圧 | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(ハンバーガー) | 西荻窪(ビストロ) | 西荻窪(ビール) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(からあげ) | 調布(とんかつ) | 調布(カフェ) | 調布(カントリーハウス) | 調布(ドーナッツ) | 調布(中華料理) | 調布(味の素スタジアム) | 調布(桜) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(深大寺) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(街の風景) | 調布(調布飛行場) | 調布(野菜料理) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(カフェ) | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 趣味 | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(すき焼) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(オリンピック・パラリンピック) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(パレード) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(和風料理) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋菓子) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 銀座(NYスタイルレストラン) | 錦糸町(居酒屋) | 長野県 | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 関西国際空港 | 防災 | 阿佐が谷(ワインバー) | 阿佐が谷(居酒屋) | 霞が関ビル | 韓国 | 音楽(クラシック) | 飛行場(調布飛行場) | 飯田橋(桜) | 駅弁 | 鶴橋 | 鶴橋(韓国料理) | B747 | CHOCOLATE | Canon | Jリーグ | NIKON D800 | PC

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ