博物館・美術館

2015年9月23日 (水)

上野/ 東京国立博物館 (埴輪、土偶、の横顔)

1dsc09787 本館大屋根(部分)

一昨日は埴輪と土偶の写真を掲載させていただいた。
その後、撮影した写真を見直していると、埴輪も土偶も正面から撮影された写真はよく目にするものの、横から撮影された写真は余り知られていないように思うので、今回は横からの写真を掲載した。

特に「土偶」は、正面から見た姿と比較して肉厚感が異なっていたり、鼻が上を向いて尖っていたりと、少し驚きの横姿であった。

1dsc_4503 埴輪(右横)

1dsc_4502 土偶(左横)

続きを読む "上野/ 東京国立博物館 (埴輪、土偶、の横顔)" »

2015年3月 9日 (月)

上野/国立科学博物館 (化石チョコレート)

1dsc02214 化石チョコレートのパッケージ

先日YA氏と昼食を共にしたが、その際に「化石チョコレート」をいただいた。
YA氏は国立科学博物館にご子息一行と行かれた際にギフトショップで見付けられたので購入されたとのことであった。
私が化石に興味を持っていることを御存じで、「アンモナイト」の「化石チョコレート」を分けてくださったのである。

1dsc02219 パッケージ横の説明

パッケージの横にはブランドと制作についての説明があったが、そこには実際の標本に基づいて制作されたと記されていた。

1dsc02216 「化石教室」というアンモナイトに関する説明書(表)

1dsc02217 同上(裏)

また、「化石教室」と記された説明書が同梱されていて、アンモナイトに関する豆知識を得ることができるようになっていた。

1dsc02215 アンモナイト(化石チョコレート)

さて、実際にパッケージを開いてみると、立体感のあるアンモナイト形のチョコレートが現れた。
その厚みは2cmほどもあろうか。
取り上げて噛みついてみたが、その立体感に一瞬ではあったが怯んでしまった。
しかし咀嚼を始めるとチョコレートは融け始め、甘い味とカカオの香りが広がったのであった。
ミルクチョコレートであった。

1dsc02535 アンモナイト(インドネシア産ということであった)

因みに、私が所蔵するアンモナイトの化石の内、立体感が似ているものの写真を貼付した。
巻き方は逆であるが、チョコの方がリアルな感じがする。(本物を知らないのにリアルというのはおかしいのであるが・・・。)

なお、化石チョコレートは三葉虫など全部で3種類置いてあったそうである。(ネットでは5種類。)

2014年9月21日 (日)

上野/国立西洋美術館(本館)

1dsc00134 国立西洋美術館(本館)

先日、アメ横の中華料理店「天天楽」で昼食を摂った。
その後、当初の目的通り「東京芸術大学美術館」に向かった。 

アメ横を出てから上野公園沿いに階段を上りJR上野駅の前に出た。
そのまま上野公園内に足を踏み入れたのであったが、「国立西洋美術館」の前まで来てその建物を目にした時に「本館」が世界文化遺産に推薦されるということが先日決まったということを思い出した。
「本館」はHPを見ると1959年に竣工しており、2007年には重要文化財に指定されている建物である。
設計者は「ル・コルビュジエ」で、この点が世界文化遺産に推薦されるキーポイントになっているようである。

1dsc00152 国立西洋美術館(前庭)

この「国立西洋美術館」は私の好きな美術館のひとつであって、前庭にはロダンの彫像などを緑の木々と広い空を背景に鑑賞することができる。
早速前庭に足を踏み入れて、いつものように右側から回って行った。(前庭への入場は無料である。)

1dsc00137 地獄の門

1dsc00138 地獄の門(部分)

真っ先に目に付くのは「地獄の門」(ロダン)である。ちょっとオドロオドロシイので余りまじまじとは見ない。しかしながら、上部に「考える人」が配されていて、ほぼ見るたびにここに目が行ってしまう。

1dsc00139 弓をひくヘラクレス

次に「弓をひ「くヘラクレス」(ブールデル)に目が行く。
この彫像の場合、私は正面からだけでなく周りをぐるりと一周して全体を鑑賞している。

1dsc00142 私にとってのベストアングル

1dsc00144 

この彫像は、どこから見てもみなぎる力強さが感じられる。
学生時代に弓道部に居たということも多少は好みに影響しているかも知れない。

1dsc00147 考える人(左側頭部の髪の毛が気になる)

本館の前を通り過ぎ、前庭の左手に行くと「考える人」(ロダン)が鎮座している。
「考える人」は先ほどの「地獄の門」にもあるが館内にも何点かあり、その数はかなりのもののようである。

1dsc00149 カレーの市民

最後に「カレーの市民」(ロダン)を見上げ、それぞれの像の仕草や表情を見て、美術館を後にした。

いずれの彫像も小中学校の美術の教科書に掲載されており、実物をみると幼い頃に脳裏に焼きつけられたものが生で見ることができることに少し感動というか、心が高揚するのが常のことである。

なお、これと同じような気分になったのは「インド国立博物館」(ニューデリー)でシバ神などの像を見た時であったことも、ここに来るといつも思い出すのである。

前庭の彫像群だけでも、「国立西洋美術館」に来る価値があるというものであった。

2014年7月21日 (月)

京橋/Tea Room Georgette(スコーンセット)

1dsc02426 ブリヂストン美術館メインエントランス

ブリヂストン美術館では「描かれたチャイナドレス-藤島武二から梅原龍三郎まで」という特別展が開催されている(7月21日まで)。
木曜日に訪れたがそんなに混雑が無く、常設展をも合わせても私のペースで1時間ほどで一回りできた。

1dsc02425 Tearoom  Georgette

見終わってから1階にある「Tearoom Georgette」に立ち寄った。
入店しての第1印象は、店自体が白を基調とした落ち着いた設えとなっていることである。
入店するとマダムが席に案内してくれ、厨房に近いテーブルで外の八重洲通が見える方の席に導いてくれた。
この席は厨房に近くて一見落ち着かないようではあったが、その実は店員さんたちの挙措動作は落ち着いていてなんら気になるようなものではなかった。
それ以上にこの席の素晴らしいのは、顔を90度転じると、そこには長谷川路可(はせがわるか)氏が制作されたフレスコ画を正面真ん中から眺めることができる最高のポジションにあるということである。

1dsc02423 長谷川路可氏制作のフレスコ画(部分)

1dsc02424 長谷川路可氏制作のフレスコ画(部分)

これらのフレスコ画は、店内にある説明書きによると、長谷川路可氏がヴァチカン美術館で会得された「ストラッポ」という技法が採用されたものである。
文章では上手く表現できないので興味ある方は実際にご覧になって下さればよいと思います。
ところで、Georgetteという店名は、同館のHPによると、同館所蔵の「ルノワール/すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」が由来であるということである。

1dsc02413 スコーンセット(コーヒー)

1dsc02414 スコーンセット(コーヒー)

Georgetteには1時少し前に入店して、上述の特別席に座ってから「スコーンセット(飲み物はコーヒー)」をお願いした。
供されたスコーンには自家製バターとジャム(ブルーベリーかなァ)が添えられており、これらを交互に塗っていただいたのであった。

1dsc02415 スコーンには自家製バターとジャム

また、コーヒーはお替りができるとのことであったが、パイレックスのポットでカップ3杯もいただけた。
ポットから最後のポーションを注ぎ終わったところ、店員さんからお替りを尋ねられたが、十分にいただいたので丁重にお断りを申し上げた。

なお、当店では小さなお菓子が供され、これもコーヒーにマッチしていた。

1dsc02419


こうして、Georgetteでは満ち足りた気分で午後の一時を過ごさせていただけたのであった。

続きを読む "京橋/Tea Room Georgette(スコーンセット)" »

2014年7月20日 (日)

恵比寿/CafeBIS

1dsc02351 東京写真美術館(エントランス)

水曜日の朝ネットを見ていたら、恵比寿にある「東京写真美術館」で「世界報道写真展」が開催されているというので、急遽訪問を決意した。
JR山手線に乗って恵比寿駅で降りた。
改札口を出て動く歩道を乗り継いで、東京写真美術館には10時30分頃に到着した。

1dsc02362 動く歩道

JR恵比寿駅を出てから動く歩道を歩いていると「恵比寿に来るのはいつ以来であろうか?」という思いが脳裏を過ぎった。
初めてガーデンプレイスに来たのは、米国駐在時の日本出張で「ウェスティンホテル」に宿泊したのが初めてで、多分1994年頃ではなかったかと記憶している。

1dsc02354 タイユバン・ロブションのあった建物

2回目は「タイユバン・ロブション」に会食で来た時のことで、1995年の冬であったように記憶している。
その後、いろいろな機会があってガーデンプレイスには来た。

しかし、恵比寿という街に来たのは1979年の新入社員研修で「サッポロビール」の工場を訪問したのが初めてであったと思う。
その後、均ちゃんの結婚式も恵比寿であった。
最後に恵比寿を訪れたのは事業売却の交渉において、最後の文言の調整で売却先の企業を訪れた2008年の暑い夏であったように記憶している。


さて、「東京写真美術館」には初めての入館である。
美術館の指定先企業のクレディットカードがあれば入館料はが20%割引となると言うので、財布を調べて見たら幸いとあるデパート系列のカードがあり、640円となった。

1dsc02342 CafeBIS(カウンター部分)

CafeBISは、ネットで調べた時にその存在に気付いていたので、入店するつもりであった。
入館の時間が10時半であったので、先に軽くお腹を満たしてから写真展を見ることにして「CafeBIS]に入った。
「CafeBIS」は書籍・ギフトショップの奥にあり、入店するとショップの女性が案内してくれた。
どうも今日の最初の客であったようである。

1dsc02338 アイスコーヒーとブラウニー

カウンターでメニュを見て、アイスコーヒーとブラウニーを注文し、先払いの料金を支払った。
奥から2番目のテーブルで待っていると出来上がった旨告げられたので取に行った。

1dsc02344 

壁を見ると、ここのコーヒーは「オーガニックコーヒー」と書いてあった。
味は、アメリカ系というよりも欧州系の味で、強めの焙煎がされていたように思った。
ブラウニーもほど良いネットリ感があった。

1dsc02348 書籍・ギフトショップ(部分、天井も素敵である)

11時5分前に「CafeBIS」を出て地下1階の展示場に向かった。

1dsc02462_2 ポスター

展示場には予想外に多くの人が来ており、写真とその説明に見入っていた。
写真のカテゴリは「現代社会の問題」、「日常生活」、「一般ニュース」、「スポットニュース」、「観察肖像」、「演出肖像」、「自然」、「スポーツ・アクション」、「スポーツ・フィーチャー」の各部門に分かれており、いずれも大判の写真が架けられていた。

いずれの部門も報道写真であるが「テーマや出来事を表現する写真が審査されたのであって、・・・」という基準で評価された写真であり、その訴求力の強さに心を打たれるものがあった。

それにしても、戦争や災害の写真から受けるものは、心だけでなく皮膚の深い所まで「痛い」ものを感じた。実に、痛かった、のであった。

自分としては、撮影技術という面からも興味を持って見させていただいたが、焦点の当て方、被写界深度の取り方など、勉強になるものが多かった。

帰りに今回の写真展の作品を掲載した写真集を購入したが、やはり大判の写真から受ける迫力は凄いもので、実際に見ないと感動は異なったものになるのが良く分かった。

続きを読む "恵比寿/CafeBIS" »

2014年1月18日 (土)

原宿/太田記念美術館(富士山の浮世絵)

昨年の秋のことであったが、「小金井公園」に行った。
小金井公園の弓道場が国体の会場となっており、競技を見に行ったのであった。

Dsc05215 遠的射場(パノラマヴュウ)

最寄りの駅は「JR武蔵小金井駅」であり、ここから小金井街道を北に歩いて15分ほどで公園の入口に着いた。
春は桜の名所であり、多くの人々が訪れる場所である。

Dsc01210001 春の小金井公園(建物は東京建物園)

一方、昨日は原宿にある「太田記念美術館」に浮世絵を見に行ってきた。
現在のテーマは「富士山の浮世絵」であり、昨年NIKON D800を購入して以来富士山の写真撮影にも興味を持っていることから、浮世絵で富士山がどのような構図で描かれているかを知りたくて行ったのであった。

Dsc07715001 太田記念美術館

Dsc07726001 ポスター

展示されている浮世絵はいずれも富士山が画中に描かれているもので、その中の富士山はデフォルメされたり、極端に大きく描かれていたりと、その構図の奇抜さに大変感動したのであった。
その浮世絵の中に歌川広重の「不二三十六景 武蔵小金井堤」というタイトルの1枚があった。
描かれているのは小金井の玉川上水の堤から富士山を眺めたものであって、親しみを覚えたのであった。

Dsc09937 都庁舎展望室からの富士山(SONY HX30V)

続きを読む "原宿/太田記念美術館(富士山の浮世絵)" »

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | MEXICO | Skype | Tennessee, USA | TKG | Turkey | United States of America | VIETNAM | お茶 | お茶の水 | かき氷 | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | コレクション | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チョコレート | デパート | トルコ | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | メキシコ | メキシコ(酒類) | ワイン | 三鷹(蕎麦) | 上海 | 上野桜木(カフェ) | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 八重洲(餃子) | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 千駄木(蕎麦) | 博物館・美術館 | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(居酒屋) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国立(カフェ) | 報道 | | 堺(和菓子) | 大久保(韓国料理) | 大阪(うどん) | 大阪(カレー) | 大阪(スペイン料理) | 大阪(フラメンコ) | 大阪(ラーメン) | 大阪(和菓子) | 大阪(風景) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 富岡八幡宮(例祭) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井(かき氷) | 小金井(インド料理) | 小金井(カフェ) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(桜) | 小金井(祭礼) | 尿管結石 | 居酒屋 | 府中 | 府中(うどん) | 府中(神社・仏閣) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 散策 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(ジャズ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新幹線(東海道新幹線) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京駅 | 東京駅(ダイニング) | 柴又 | 柴又(草だんご) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎座 | 武蔵野うどん | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 淀川 | 深大寺(カフェ) | 深大寺(蕎麦) | 深川神明宮 | 深川(カフェ) | 深川(祭礼) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 玩具 | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 立川(中華) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(牛丼) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カツ丼) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(カフェ) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(美術展) | 谷中(蕎麦) | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(洋食) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 防災 | 韓国 | CHOCOLATE | NIKON D800 | PC

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ