銀座(フランス料理)

2016年4月16日 (土)

銀座/ Cave des Vignes (海老と蟹のクリームコロッケ)

今朝のテレビは殆ど全ての放送局において熊本県で起きた地震に関する報道番組が組まれており、その中で現在も激しい余震が続いていたり、新たに震源が大分県にも及んでいることが報じられていた。
被災地の方々には心からお見舞い申し上げます。




1dsc07286_2 Cave des Vignes

昨日は中一日置いて銀座を訪れたのであったが、その時の話題は後日に譲ることとして、先日YA氏と会ったことに触れておきたい。

YA氏はM社を辞された後、某大手企業で非常勤ではあるが要職を務められていた。
そのYA氏は、この4月からは完全リタイアとなられたのであった。
これからは銀座を始めとして都内各地でYA氏と会う機会が増えそうである。

1dsc07287 Cave des Vignesのエントランス

さて、13日は退職されて初めての昼食を銀座で摂ることになったのであった。
訪れたレストランは「Cave des Vignes」で、最近の昼食では人気を博している一軒である。
12時には少し余裕のある時間に地下一階の店内に入ると、テーブル席は全て先客で占められていたのであった。
幸いカウンター席が空いていたのでそこに案内されたのであったが、着席して間もなく8席ほどあるカウンター席は全て埋まってしまったのであった。

1dsc07288 メニュ

着席してメニュを見ると、まだ12時まえであったが「大山地鶏のロースト」は完売となっていた。
YA氏も私も若干悩んだ末に「海老と蟹のクリームコロッケ」を選択したのであったが、同じ料理を注文するのは稀なことであった。

1dsc07289 バターとバゲット

最初にバゲットとバターが供された。
温度が下がって若干硬くはなっていたバゲットにバターを載せていただいていると、お替りがサッと供されたのは嬉しいことであった。
最近頻繁に見かけることであるが、パンのお替りは求めないと供されない店が多い中で、当店のような気配りは、当たり前のことと言えばそれまでのことであるが、嬉しく感じるものであった。

1dsc07290 海老と蟹のクリームコロッケ

1dsc07293 海老と蟹のクリームコロッケ

「海老と蟹のクリームコロッケ」は海老も蟹もゴロリとした身が入れられていて、味わいも口当たりも佳い一品であった。
なお、ポテトサラダの量が大変多かったのが印象的であるが、YA氏曰く「ポテトサラダは半分以下でよいので、クリームコロッケを1個多くして欲しいものじゃのう。」ということであった。
全く同感である。

2015年3月14日 (土)

銀座/俺のフレンチ

1dsc02746 俺のフレンチGINZA

昨日は銀座SONYビルで均ちゃんと16時半に待ち合わせて、「俺のフレンチ」、「SLUGS’」、「TORIBA COFFEE」と回った。
場所は奇しくも中央通りより一つ西側にある通りで、「金春通」(8丁目)と「すずらん通」(7丁目~5丁目)と称される1本の通りに沿っていた。

1dsc02764 すずらん通より和光(中央)と三越(右)を臨む

この日は丁度5丁目を歩いていた20時20分頃であったが、白いベンツのコンヴァーティブルが止まっていて、そこから歌舞伎役者の片岡愛之助氏が美麗な女性を連れてビルの中に入って行くところを見かけた。
また、通りの上を見上げると「SUZURAN ST」と掲げられたすずらん通のゲートのイルミネーションとその向こうにライトアップされた和光のビルが明るく見えた。
ここでは均ちゃんがゲートのイルミネーションを見て、ブログ仲間のすずらんさんを思い出していたようであった。

さて、冒頭でも述べたようにこの日は最初に「俺のフレンチGINZA」に行った。
私がM社で勤務していた昨年の夏頃は大勢の人が列をなしていたのであったが、最近はそれほどでもないのを何度か前を通る度に見ていたので、均ちゃんとまずは店の前まで行ってみることにした。

16時40分位であったが、店の前には1組(2人)の人が待っているだけであった。
幸いなことに椅子が4脚あったので、我々もここに座って待つことにした。
因みに開店は16時なので既に店内は満員状態であったが客の回転は良いようで、16時50分過ぎには入店できたのであった。

1dsc02736 フロアには人が・・・(左は均ちゃんの足)

入店が叶って案内されたのが入口に近い壁寄りのテーブルで、周囲にはびっしりと先客が立っていた。

1dsc02725 Champagne Jose Michel (999円)

1dsc02727 Amuse gueule

最初に店お薦めのシャンパーニュである Jose Michel を注文した。
シャンパーニュが大勢のお客の間をぬって運ばれてきたが、併せてゴーダチーズのようなセミハードタイプのチーズが供された。
(入店前の説明によると、飲み物1杯とそれに伴うお通し(と言っていた)は必須とのことであった。)
Champagne Jose Michel は乾いた喉を軽快に通り抜けていったが、如何せん私には量が少ない。
あっという間に無くなってしまった。

なお、シャンパーニュを注文した際に「フォアグラと白レバーのムース ポートワインソース」(580円)、「ウニとトマトムース コンソメジュレ寄せ たっぷりのキャビアとともに」(1,500円)、それに「牛フィレ肉とフォアグラの”ロッシーニ” トリュフのソース」(2,980円)も併せて注文した。

1dsc02728 フォアグラと白レバーのムース ポートワインソース

最初に運ばれてきたのが「フォアグラと白レバーのムース ポートワインソース」であった。
レバーのムースがねっとりとした舌触りでレバーの味を堪能できる一品であったが、ポートワインソースがムースの味わいを打ち消していたようであり、ムースだけを食してみたらどのようなものか確かめてみたい印象を持った。

1dsc02731 ウニとトマトムース コンソメジュレ寄せ たっぷりのキャビアとともに

「ウニとトマトムース コンソメジュレ寄せ たっぷりのキャビアとともに」は真っ先に持ってきて欲しいメニュであった。
キャビア、ウニ、という高級食材をトマトのムースに載せた一品であるが、ウニとコンソメのジュレが繊細な味となっているので、シャンパーニュの残っている間に供しても欲しかった。
なお、さすがにこの価格ではベルーガは載ってこない。

1dsc02733 ミルクパンとプチバゲット(300円)

1dsc02738 俺の赤(フランス、2010年、800円)

シャンパーニュの後は赤ワインにした。
メニュを見ると、「俺の赤」というのがあり、フランス産と2010年ということしか分からなかったが、これを注文した。
正直なところ、立って飲んだり食べたりしていると、どういうワインかは良く分からなかった。

1dsc02740 牛フィレ肉とフォアグラの”ロッシーニ” トリュフのソース(付合せは、トリュフ状のクロケット、なんとか茸のソテー、人参のグラッセ、スナップエンドウのなんとか)

「牛フィレ肉とフォアグラの”ロッシーニ” トリュフのソース」は、布川シェフのスぺシャリテと銘打たれたメニュからの選択である。
これは、上からトリュフ、フォアグラ、フィレムニィヨンと重ねられていて、ペリグーソースが合わされていた。
このメニュはフィレ肉とソースペリグーの組合せが佳い味わいであった。私にはこれがこの日のイチバンであった。

1dsc02742 牛フィレ肉はミディアムレアのミディアム寄り

1dsc02743 エコバランス ピノノワール (チリ、2013年)

当店ではワインの量が少ないようで、お替りにはチリのピノノワールを注文した。
また、均ちゃんがもう一品温かいものをということで「海老のビスクスープ 玉ねぎのフラン添え」(680円)を注文した。

1dsc02745 海老のビスクスープ 玉ねぎのフラン添え

「海老のビスクスープ 玉ねぎのフラン添え」は注文してから随分時間が経ってから運んで来られた。
味は海老の味が濃厚に出ており、美味であった。

「俺のフレンチ」には初めて入ったのであったが、料理は美味であり価格に対するクオリティはかなり高いように思った。
ただ酒類のCPは必ずしも良いとは思えず、加えて立食かつ狭小スペースであるということを考えると、まあこんな感じかなと思った次第であった。
なお、トータルの在店時間は約1時間10分であった。

2015年2月 9日 (月)

銀座/Bistrot Cashe Cashe (ランチコース)

1dsc08039 Bistrot Cashe Cashe along an alley

銀座には数多くの路地がある。
しかしながら銀座を訪れる人の多くは路地に入ってくることは殆ど無いようである。
銀座といえども路地というものは幅が狭くてかつ薄暗いものであり、人は気後れするのであろうか。
私の場合は、路地を通ると近道になるケースが多々あったのと、人通りの少ない路地の魅力に惹かれたことから、銀座の路地はよく通ったものである。

これらの路地の多くは、ビルの配管が壁を伝っていたり、あるいは空調機の排気口があったりと、銀座の表の顔とは好対照な裏の姿を見せているのである。

銀座8丁目の並木通と見番通の間に比較的明るい1本の路地があり、ここに「Bistrot Cashe Cashe」がある。
パリ駐在員であったKSによると店名の Cashe Cashe というのは路地を意味するフランス語であるとのことであった。

この「Bistrot Cashe Cashe」は昼食時に営業していたり、はたまたしていなかったり、とその営業の実態が定かではない(と、経験上思っている)。
HPなどで確認すればよいのであるが、そこまで拘泥はしていなかったのでなかなか入店はかなわなかった。

過日のことであるが、昼食時に均ちゃんが銀座に現れた際に並木通を歩いていると、件の路地に「Bistrot Cashe Cashe」の看板に明かりが灯っていた。
これは千載一遇の機会であったので、即入店となったのであった。

1dsc08030 店内(部分)

入店したら本日最初の来店者であったので、店内奥のテーブルに着くことができた。
エントランスの傍の壁にあるボードを見て、ランチコースをいただくことにした。

1dsc08031 サラダ

 

1dsc08026 メインディッシュ

1dsc08032 向こうは均ちゃん

サラダとメインはほぼ同時に供された。
サラダはオイル&ヴィネガー系のドレッシングがかけられたもので、野菜自体がみずみずしいままで味わうことができた。

メインは、ポークのソテーのソース(名前は失念)がかけられたもので、ラタトゥイユ系のスープで煮込まれた御飯(と推定)が添えられていた。
量的には一見少ないようにみえるが、我々にとっては十分なものであった。

1dsc08036 コーヒーとデザート

メインの後は、コーヒーとともにデザートが供された。
コーヒーは欧風の濃いもので、食後の一杯として美味しくいただいた。
またデザートはヴァニラアイスクリーム、柑橘系のシャーベット、それにチョコレートソースを彷彿とさせるソースがかけられたプディングの3点セットであった。
私的には、シャーベットが爽やかな食感で、好きな一品であった。

なお、路地の中にある店ということのためであろうか、この日我々が居た間には、誰も来なかった。

2014年8月 7日 (木)

銀座/quartier general (自家製ソーセージプレート)

1dsc03030 /quartier general エントランス

今宵は門前仲町で至福の時を過ごし、ほんの少し前に帰ってきたので遅くなりましたが、これからアップ致します。

昨日均ちゃんと「開店時刻の12時までにあと10分」という時間に行ったので入店できなかった「quartier general」に再度チャレンジした。
今日は12時を15分程回っていたので、入店が叶った。
今回は私一人であったのと、カウンター席(8席?)に空席があったので入口側から数えて4番目の席に案内された。

1dsc03024 店内(部分)

店は厨房担当の男性と、フロア担当の女性の二人で切り盛りされる店であった。
フロア担当の女性は未だ20歳代半ばの年齢と推察したが、この人がしっかりした人で、初めての入店であることを伝えるとメニュについてとても丁寧に説明をしてくれた。
当店では基本的に「ステーキ」、「自家製ソーセージ」、あるいは「本日のなんとか」の3種類でメニュが構成されており、今日の「本日のなんとか」は「かじきのソテー」である。全ての料理はワンプレートで供され、野菜のサラダ、バゲット、ポテト、で構成され、加えてコーヒーか紅茶が付いてくるとのことであった。

私は予てからの狙い通り「自家製ソーセージプレート」を注文した。
飲み物としてコーヒーか紅茶が付いてくるので、暖かいコーヒーを最後に出してもらうこととしたのであったが、待っている間に気が変わって「アイスティー」を最初からいただくことにしたのであった。

1dsc03016 アイスティ

出していただいた「アイスティ」は他店のものに比べると大きいグラスになみなみと入れられていた。所謂、アメリカのBBQ屋、ハンバーガー屋、あるいはレストランで供されるのとほぼ同じサイズであった。

1dsc03019 自家製ソーセージプレート

供された「自家製ソーセージプレート」は想像以上に巨大で、詰められている肉や香辛料はバランスよく配合されたものであった。
また、表皮はかなり弾力の強いものであった。
初めに、ソーセージのバゲットからはみ出した部分をナイフで切り取って食べたが、歯ごたえのある一品であった。
このソーセージを野菜と一緒にバゲットに挟んでたべようとしたが、弾力があり過ぎてバゲットが裂けてしまって結局綺麗に食べることができず、残りの部分はソーセージと野菜とバゲットを別々に食べたのであった。
最後までしっかりいただいたが、ソーセージがヴォリューミーなので、お腹がいっぱいになったのであった。

1dsc03027 店内(エントランス付近)

2014年8月 6日 (水)

銀座/Bistro Vosges (豚冷しゃぶ)

1dsc03005 Bistro Vosges エントランス(7F)

久しぶりに均ちゃんが銀座に現れた。
今日も暑い日であったので、暑気払いにカレーを食べに並木通沿いにあるビルの地下2階にある「Roudies」にまで行ったが、営業していなかった。
そこで西五ビルの5階にある「quartier general」に行ったら、ここは営業は12時からとのことで、急遽7階の「Bistro Vosges」へ行き先を変更した。
入店は11時50分ころで先客が一人奥の窓際のテーブルにいたので、エントランスに近い方のテーブルに着いた。

1dsc03004001 Ch.Mouton Rhothschildのエチケット(1982)

このテーブルのある壁にはCh.Mouton Rhothschildの1982年のエチケット(マグナム)が飾ってあり、佳い席である。

1dsc02995 メニュ

いつものようにボードに書かれたメニュ(3種類)から、均ちゃんも私も「豚冷しゃぶ」を選択した。

1dsc02996 サラダ

最初にサラダが供され、これを食べ終わったタイミングで「豚冷しゃぶ」が出された。
当店は、いつも料理の量が多いのであるが、「豚冷しゃぶ」も野菜が使われているとはいえ結構な量である。

1dsc03001 豚冷しゃぶ

その具材は、底部にポテトサラダ、その上にレタス、茹でた人参などが敷かれ、最上部に豚冷しゃぶと水菜がドッサリ乗せられていた。
ゴマダレ風味のドレッシングがかけられていて、ビストロに入ったというよりは和食屋で冷シャブ定食を、それも多量に食べているという感じであった。

1dsc02998 豚冷しゃぶ、ライス、スープ

「豚冷しゃぶ」以外に、スープとご飯が付いてくるので、食べ終わった時には満腹であった。
最後にコーヒーが供された。銀座でこの料理で、価格が1,000円であるから、CPは良い方である。

1dsc03003 コーヒー

2014年6月13日 (金)

銀座/Restaurant KAIRADA (Dejeuner B)

Dsc01707001_2 Restaurant KAIRADA

今日は久しぶりにOBのYH氏と銀座へ昼食に出た。
行き先は、以前から気になっていた「Restaurant KAIRADA」である。
オーナーシェフのお名前が「皆良田」さんで、読み方は「かいらだ」さんである。
店名に名字がそのまま付けられているのであるが、初めて店の前を通った時には知る由もなかった。

12時少し前に入店したら今日の最初の客となった。マダムと思しき妙齢の女性に案内されて、入口から見て右側奥のテーブルに案内された。

Dsc01686 店内(部分)

Dejeuner Aはスープ(ヴィシソワーズではなく敢えてガスパチョ、ともう一品カリフラワー)で、メインが魚(ホウボウとヤツメ)のポアレ、肉は鶏のもも肉であった。
Dejeuner Bは、スープの代わりに前菜として、赤ピーマンと黄ピーマンのムース、生ハム、レタス、フルーツトマトで、メインはAと同じであった。
今回はBをいただくことに決め、YH氏は魚を、私は肉をいただくことにした。

Dsc01688_2 前菜

前菜は、夏をイメージされた一品で、水色の縁取りがされた皿に盛られて供された。
赤・黄ピーマンのムースはそれぞれが二層構造になっていて、それぞれの香りと味が感じられるもので、繊細な一品であった。
また、添えられているトマトは甘味が佳く、口の中がほんのりと豊かな感じになった。

Dsc01692_2 Dejeuner Bの魚(ホウボウとヤツメ)

YH氏の注文された魚は、大葉を用いたソースの上にホウボウと八角のポアレが置かれていて、YH氏によると「大葉の香りとバターの風味が良い」とのことであった。

Dsc01691_2 Dejeuner Bの肉(鶏もも肉)

鶏のもも肉はヴァプールした後に軽くソテーしてあるのであろうか、柔らかくジューシーに仕上げられていて、これにキノコのソースが合されていた。

Dsc01699_2 Dejeuner Bのデザート

デザートは、バジルのソルベ、オレンジおよびキイウィのコンポート、バナナのタルトであった。
バジルのソルベは葉緑素の苦味が程よいアクセントとなっており、大変好きな味であった。
バナナのタルトと合わせても良い感じであった。

Dsc01701_2 コーヒー

Dsc01703_2

2014年3月28日 (金)

銀座/BISTRO VOSGES(メンチカツ)

Dsc09553 エントランス

TK氏は「今日も弁当がない」というので、11時50分にオフィスを出た。
昨日にも書いたように、TK氏は佳く食べるのでそれ相応に量を出す店でないと満足度が低くなる。
思いつく店は「天ぷら阿部」の天丼(ご飯の量が多い)、歌舞伎座の横にある「イマカツ」(ご飯のお替りができるし、おかずの量もご飯のお替りが可能な程度にある)、あるいは築地市場内の「禄明軒」(量と味の満足度が高い)、「とんかつ西邑」(キャベツもご飯も豚汁も全てが巨大である)くらいしか思いつかないので、無難なところで「VOSGES]を選択した。
12時丁度くらいに入店したが、先客は3人といつもより出だしは遅めであったかもしれない。

Dsc09545 今日のメニュ

いつものように3種類のチョイスの中から「メンチカツ」を選んだ。
客が少ない割には、入って右奥のテーブルに案内された。

Dsc09546 サラダ

最初にサラダが供された。
サラダを食べ終わって暫くすると、メンチカツ、ライス、スープが順番に供された。
メンチカツのソースはデミグラスソース風であったが、生姜の味が効いたものであった。
因みに以前から思っていたことであるが、関東地方では「メンチカツ」と称するが、私の生まれ育った関西地方では「ミンチカツ」と称する。

Dsc09548001 メンチカツ

Dsc09552 コーヒー

続きを読む "銀座/BISTRO VOSGES(メンチカツ)" »

2013年10月 3日 (木)

銀座/Bistro Vosges(若鶏のクリーム煮)

このブログのパスワード(PW)が分からなくなってしまい、一昨日にniftyに電話をして、PWを送付してもらうことになっていた。そのPWが本日到着した。送られてきた登録情報を見て愕然としたのであるが、何のことはなくもう少し注意深く手元の記録を見ていれば簡単に解決できた問題であった。自分のデジタルディバイド加減に呆れた次第です。

Dsc05371 真中の細い部分がビルへの入口

Dsc05370 エレベータ側から見た入口

さて、今日はブログに書くことはないであろうと勝手に思いこんでいたので、特に意識をしないで、まずSONYビルでコンパクトデジカメHX50V(今主に使っているのはHX30Vde50Vの1世代前の機種)を見て、更にソニーのスマホについて説明を聞いた後で、11時35分頃に一番乗りで入店した。カウンターに行こうとしたらテーブルを勧められたので壁際入口側のテーブルに付いた。

Dsc05358 店内(入口に近いテーブルより見た店内)

料理が出てくるのを待つ間に、前の店にあったムートンロートシルトのエチケットのポスター(これはボルドーにあるシャトーに行かないと買えない)について尋ねたら、入り口の脇の壁に貼ってあるとのこと。(帰りに見るのを忘れた。)ここから、ムートンロートシルトの話になり、暫く盛り上がった。このワインは、私が大好きなワインで今も飲まずに十数本を保管している。これらは「いつ飲むのか?」とよく聞かれるが、答えは「決めていません。」であって、「今でしょ!」ではありません。

料理は最初にサラダが供される。次いでメインであるが、今日は「若鶏のクリーム煮」ということで、チーズ(ブルーチーズ?)をアクセントに加えたホワイトソースにはキノコ(名前を知らないが良く使われるもの)、タマネギ、パスタ(蝶ネクタイ型)、オクラ(1切れ)、ニンジンが入れてあり、ソースの味にそれぞれの個性(言い換えるとそれぞれの甘み)が合わさって、美味しかった。いつも感心するが、ここのホワイトソースはたいへん美味くできている。

Dsc05359 サラダ

Dsc05363 若鶏のクリーム煮

コンソメスープは、具材がベーコン、セロリ、・・・で、あさつきの刻んだのが散らしてある。味は典型的なコンソメスープの味であった。
なお、具材がカップの底に沈むのでスプーンがあれば嬉しいところである。

Dsc05367 スープ

最後にコーヒーが供されてごちそうさまとなったのであった。

2013年9月12日 (木)

銀座/BISTRO Vosges(ローストチキンアンチョビソース)

2ヶ月ほど前のことであるが、店が移転していることを知らずに以前の花椿ビルに行ったら営業していなかった。その後、ネットで調べたら西五ビルに移っていたので今日改めて伺った。このビルにはカレーの「ハレ」やマグロの「三崎」が入っており、昼にも夜にも何回か
来たことがある。ビルの入り口からずっと奥にあるエレベーターで7階まで行くと、正面に入り口がある。12時40分頃の入店であったことからテーブルはお客さんで殆どいっぱいであり、1つ空いていた隅のテーブルを断ってカウンターの奥に座った。(後でこれが大汗をかく原因となった。)

Dsc04879 ビルの入り口から奥のエレベーターまでの廊下(1F)


Dsc04865 エレベーター横の店名プレート(1F)

Dsc04875 エントランス(7F)

小さな黒板のメニュー[個々の名称は正確ではありません]に書かれた(1)ハンバーグカレー、(2)ローストチキンアンチョビソース、(3)ナスのスパゲティから選択するのであるが、(2)を選んだ。先客の女性3人もこれを選択しており、後から来たサラリーマン3人はハンバーグとなった。
サラダ、コンソメ仕立てのスープ、メインのローストチキン、コーヒーが付いて1,000円という価格である。私の基準においては価格に対する質と量のバランスが良くて、満足度が非常に高い。

メインは、熱を通したチキン胸肉の塊がマッシュトポテトの上に置かれ、これにホワイトソースがタップリかけられている。横には、水菜とタマネギのスライスの上にダンプリングの皮がしいてあり、上からバルサミコが掛け回してある。美味しくいただいた。ここのシェフはマッシュトポテトとソースを組み合わせるのが上手なようで、過去にも美味しい組み合わせをいただいた記憶がある。

Dsc04866 サラダ

Dsc04873 スープ

Dsc04869 ローストチキンアンチョビソース

Dsc04874 コーヒー

さて、カウンター席は、オープンキッチンに面しておりキッチンからの熱気が流れ
てくるので、「この時期は結構暑い。」とのことで、コーヒーになったところでエ
アコンの効いた入り口右手のテーブル席に移るか尋ねられた。まあ大丈夫と思って
そのままでいたら、コーヒーの熱で結局大汗をかいてしまった。今日はグレーのズ
ボンであったので、ひざの裏側が汗で色が変わってしまっており、若干恥ずかしい
ものがあった。

この店は、以前6丁目の花椿ビルの2階にあって、OBのYH氏と初めて行った時
には随分迷ったものであった。しかしながら、これはこれで味があり、階段を上り
きった所に左右に2つのスペースがあった。因みに、花椿ビルには地下1階に「銀
蕎麦 国定」が入っている。

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BAGEL BRASIL Ch.Mouton Rothschild Christmas DETRIOT Egypt GERMANY Houston INDIA JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia MEXICO MLB NEW YORK New York (Classic Concert) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 STAR WARS TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) TURKEY_ United States of America USA (Sports) USA(Nature) VIETNAM WINE うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) カツ丼 カレーパン キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 ミックスジュース メキシコ メキシコ(酒類) モスクワ モーニングサービス ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カツ丼) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(ラーメン) 京都(ワイン) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京都(清酒) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(うどん) 八重洲(カフェ) 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(居酒屋) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(もんじゃ焼) 国分寺(カツ丼) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(チャーハン) 堺(ハンバーグ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(韓国料理) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カツ丼) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カツ丼) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(天丼) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(焼鳥) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 尿管結石 居酒屋 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カツ丼) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カツ丼) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早慶戦 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 東京駅(駅弁) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(ワインバー) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(カフェ) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川(餃子) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 観劇 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(和食) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800 PC

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ