小金井市(ラーメン)

2018年8月10日 (金)

小金井/ 春秋庵 (特製らーめん)

1dsc_1338 

8月7日は立秋であった。
前夜深更から台風の影響で雨模様が続いており、朝方からは20度を超える程度の気温となってそれまでの猛暑を忘れるくらい大層涼しい日であった。

この日は小金井市の健康診断の結果を聴きにいったが、中性脂肪が若干高い程度で健康状態には特段の問題は無かったのであった。

そこで、気分を良くして訪ねたのは「春秋庵」であり、いつもはなかなか注文しない「特製らーめん」のボタンをウキウキ気分で押していたのであった。

1dsc_1336 特製らーめん

「特製らーめん」には、チャーシュー3枚、味玉、のり3枚、わんたん3個、メンマたくさん、というラインアップであった。
私の様な年齢の者には、まさに健康であればこそ心おきなく味わえるというものである。

「春秋庵」ではここ1年程はいつも担々麺をいただくことが続いていたので、改めてスープを味わうべく蓮華で一掬いいただいてみた。
清澄なスープはその清楚な見掛けによらず佳い出汁が丁寧に仕上げられていて、舌の上のみならず上顎にもほのぼのと染み渡ったのであった。
そこで、ラーメン店では殆どの場合に入れるラー油は入れずに、そのままでいただくことにしたのであったが、これが大正解で、置かれたチャーシュー、味玉、のり、わんたん、メンマのいずれとも良く調和のとれた味わいが続き、最初から最後まで落涙、垂涎、落頬、の連続であった。

1dsc_1334 サンプル

   

2018年7月17日 (火)

小金井/ 春秋庵 (冷やし担々麺)

1img_1612 春秋庵

連日猛暑が続いている。
自室に居てエアコンを入れずに窓を開けていると、窓から入って来るぬる風を感じるが、その温度は体温よりも高いのではないかと思えるものである。
私は凡人でその中でも根性の無い方であるから心頭滅却すれば火もまた涼しなどということはあり得ない。
が、しばしこの暑さを感じていようかと思う。(7月17日15時45分現在)

そういえば東日本大震災のあった年の夏は節電モードの中、一回もエアコンを点けないで過ごしたが、このことにより体調を損ねたようで、その冬は大風邪をひくという顛末であった。
できることなら決して無理をしてはいけないということを身に滲みて体感した次第であった。

さて、昨日も猛暑であったが、昼に散歩に出掛けた。
目的は、右足の脹脛に痛みがあってなかなか治らないので二日ほどなるべく動かさないようにしたら痛みが無くなったので、では回復の程度を調べてみむ、と出掛けたのであった。(歩いた結果、痛みが復活し、ず~っと治らないでいる。)
また、併せて冷やし中華が無性に食べたくなったことも出掛ける動機であった。

1img_1602 

暑さのせいで人気の絶えた新小金井街道を歩いていると、都合の好いことに「春秋庵」の店先に「冷やし担々麺」の貼紙を見付けた。
「冷やし担々麺」は冷し中華とは全く異なるものであるが、春秋庵のラーメンは遥かに上質のもので入店を拒む理由は皆無である。

1img_1604 冷やし担々麺

早速、暖簾を潜り、引戸を明けて店内に歩をすすめ、券売機から「冷やし担々麺」の食券を購ったのであった。
お兄さんに食券を手渡してから席に着いて待つこと暫し、いつもいただく熱い方の担々麺と変わらぬ姿の「冷やし担々麺」が供された。
敢えて相違点を上げると湯気の有無であろうか・・・。

1img_1607 

お姉さんから「良くかき混ぜてお召し上がりください」とのインストラクションを受けて、良くかき混ぜていただいた。
味は暖かい担々麺と同じで胡麻ベースのスープが好い感じである。
また、水菜には熱が加わわっていないことから、そのシャキっとした歯応えが良く、涼しさの演出に一役かっていたのが印象的であった。
ただ全体に温度が低い一品であるから熱いのに比べると味がマイルドに感じられた。
私的にはラー油をもっと多くしてもらえていると嬉しいところであった。
とかなんとか思いつつも、スープを最後まで飲み干していた。

1img_1608 緑茶

なお、お姉さんからお口直しのお茶ということで、一杯の緑茶が供された。
一口含むと緑茶で口腔内がリフレッシュされたと同時に、緑茶の清涼感というものが実感されたのであった。
ラーメン専門店で温かいお茶の清涼感を感じたのは稀有なことであった。
「春秋庵」の美味を希求する飽くなき姿勢には脱帽である。

   

続きを読む "小金井/ 春秋庵 (冷やし担々麺)" »

2018年4月 2日 (月)

小金井/ 春秋庵 (担担麺)

1img_7045 春秋庵

小金井は江戸時代から桜の名所で、浮世絵にも描かれている。
現在は小金井公園の桜が有名であるが、街中にも桜が咲き誇っている場所が随所にある。

1img_7038 新小金井街道の桜並木

その一つが新小金井街道であり、桜並木が数キロに亘って続いている。
そしてこの新小金井街道には桜並木に沿って飲食店が点在している。
それらの飲食店の内、「春秋庵」には偶に入ることがある。
先日は野川の桜を愛でた際に「春秋庵」に立ち寄ったのであった。

1img_7042 担担麺

「春秋庵」のラーメンはおつゆが秀逸である上に全体が丁寧に仕上げられていることからたいそう美味しいラーメンとなっている。
私は特に「担担麺」が好きで、この日も「担担麺」をいただいた。

1img_7044 担担麺

当店の「担担麺」はおつゆがクリーミーでありながら抑制に抑制が重ねられたさらりとしたもので、これと自家製ラー油の尖ったところは無いが旨味のある辛さが協奏しあうことによって他店にはない旨味・コク味のある「担担麺」に昇華されているのであった。

   

2018年1月25日 (木)

小金井/ 春秋庵 (担々麺+麻辣醤)

1img_5194 春秋庵

一昨日は久しぶりに担々麺を食べに春秋庵を訪ねた。
春秋庵に出向くのは今年初めてであり、いざ食べむ、と意気込んで出掛けたのであった。

1img_5193 

店の前に至ると、担々麺の貼紙が目に飛び込んできた。
当店の担々麺は他店の担担麺には無いたいそう佳い味わいがあり、私は好きである。

1img_4753 

さて、この担々麺であるが、私個人的にはも少しラー油が強めに効かされていると好いのであるがといつも思っていたのであったが、前回訪ねた際に「麻辣醤」(自家製ラー油)を追加できることを知ったのであった。

1img_4749 

そこで、今回はこの「麻辣醤」を追加した担々麺をいただくことにし、券売機で「担々麺」と「麻辣醤」のボタンを押したのであった。

1img_5187 担々麺+麻辣醤

食券を女将さん(いっても20代か?)に手渡し、店主殿(30代か?)が「担々麺+麻辣醤」を仕上げてくださるのを待った。
待つこと暫し、「担々麺+麻辣醤」が目の前に置かれた。
そして徐にスープと麻辣醤を掻き混ぜ合わせた後、一啜りした。
実に佳い味である。
当店の担々スープは元々からして美味であるが、それが私好みの一層深い味わいへと進化したのであった。
次いで、肉味噌、水菜、麻辣醤、スープを適宜混ぜ合わせ、麺にそれらをたっぷり絡めて啜り上げた。
落頬落顎落涎落涙落鼻水という悦落(エツラク)の五重奏となったのであった。

1img_5190 

なお、女将さんからは更に辛くするのに「八味」という七味の上を行くハバネロ入り唐辛子を手渡された。

1img_5192 

後学のためと思って「八味」を少し振っていただいたが、若干尖った辛さであった。
私個人としては「麻辣醤」の角の無い辛さの方が好みであったので、「担々麺+麻辣醤」をそのまま啜り続けたのであった。
なお、残ったスープは全ていただいたが、できることならばライスを入れておじやにしていただきたかった。
いつか勇気を出しておじやもいただくことにしたいと思っている。

   

2017年10月 7日 (土)

小金井/ 春秋庵 (担々麺)

1img_1231 春秋庵(入口の横に担々麺のポスター)

先日、新小金井街道沿いにある「春秋庵」を訪ねた。
その主たる目的は、春までメニュにあったが暖かくなって姿を消したため未だ味わっていない「担々麺」を食するためである。
10月になって気温も下がり始めたことから店の前に行ってみると、「担々麺」のポスターが貼ってあった。

1img_1214 券売機には担々麺のボタン

「担々麺」が供されていることを店先のポスターで確認し、店内に歩を進めた。
そして、入口の横にある券売機を見ると、「担々麺」のボタンが密やかに復活していたのであった。
ここは躊躇なく「担々麺」のボタンを押し、手に入れた食券を若い女将さんに手渡したのであった。

1img_1219 担々麺

着席して数分、念願の「担々麺」が目の前に置かれたのであった。
当店の「担々麺」は淡い黄色を帯びたスープが張られた中にストレートな麺が鎮座していて、その上にラー油、ピーナッツの素揚げ、茹でたモヤシ、生の水菜、ほぐした肉の塊が配置されていた。

1img_1220 担々麺

先ずは、ほぐした肉の塊の少しを箸の先で取り、味わってみた。
これは鶏のスープで煮た豚肉と鶏肉をほぐして混ぜたものなのであろうか・・・。
肉の種類は良くは分からなかったが、柔和な食感と肉の旨味が感じられたのであった。

淡い黄色を帯びたスープは滑らかな口当たりで、胡麻が丁寧に擂り潰されたことが良く分かるもので、その味にはナッツ系の旨味も感じられたように思うが、これは私の知覚過敏が原因であろうか・・・。
いずれにしても、美味、なのであった。

また、ラー油は尖った辛味が全く無く、スープと好い相性を呈していた。
さらに、ピーナッツの素揚げがスープとラー油の混ざった味にマッチしていると共に、その超クリスピーな食感は軽快で、この素揚げを取り入れた店主殿のアイデアの斬新さには高い敬意を払うものである。

ほぐした肉はそれ単独では地味な感じの存在ではあったが、これが有ることによって蛋白質系の旨味が広がったのであった。

なお、水菜とモヤシはラー油の辛さを緩和する役割とシャキシャキした食感を付与するためのものかと推察するところであるが、私的にはもっと少量で良かったように思っている。

1img_1223 チョコレート

「担々麺」を食べ終わったタイミングであったが、店内のお客さんに女将さんからチョコレートが配られた。
それは「春秋庵」の開店二周年を寿ぐ品であった。
「春秋庵」がこれからも発展し続けることを小金井の一住民として切に願うところである。

   

続きを読む "小金井/ 春秋庵 (担々麺)" »

2017年9月13日 (水)

小金井/ 鶴亀屋 (台湾ラーメン)

1img_9823 鶴亀屋

JR武蔵小金井駅の周辺だけでも十数軒のラーメン店がある(ような気がする)。
そして長く続いている店は数えるほどであるが、その中のひとつが十数年営業を続けている「鶴亀屋」である。
「鶴亀屋」とは随分お目出度い名前であり、かつ純和風の名前である。
しかしながら、当店の看板ラーメンは「台湾ラーメン」であって、その辛さのインパクトは和風からは経度でみても日本から数十度離れた辛さに関してはかなりハイレベルな土地に起源があるようなポジショニングである。

先日、息子とJリーグの試合を観たのであったが、試合の行われた味の素スタジアムで「生ビール」一杯を飲みながら「唐揚げ」と「フライドポテト」をシェアしただけであったので、試合が終わった午後9時過ぎには若干の空腹を感じていた。

スタジアム周辺は飲食店の数が限られていることから、京王線府中駅経由でJR武蔵小金井に出て、軽く食事をすることにしたのであった。

府中駅から乗った京王バスの中で、息子にどの店に入るかを協議した結果、「鶴亀屋」に決まったのであった。
息子は大阪に転勤する前は、小金井市に居を構えていて、「鶴亀屋」の「台湾ラーメン」には好感を持っているようであった。

さて、「鶴亀屋」の扉を開けると、午後10時前であったが店内はほぼ満席状態であった。
かろうじて空いていたカウンター席に着き、バスの中で決めた通り「台湾ラーメン」をいただくことにしたのであった。

また、ラーメンができる前に「生ビール」を飲むことにしたのであったが、こういう店で生ビールとなると「餃子」も欲しくなるというものである。
そこで「大豚餃子」も二皿注文したのであった。

1img_9813 生(中)

先ず「生ビール」(当店では「生(中)」と称する)が運ばれてきた。
スタジアムで飲む「生ビール」も好いが、こうしてラーメン店で餃子を待ちながら飲む「生ビール」も乙なものである。

1img_9815 大豚餃子

「生ビール」を飲み始めて5分、待ちに待った「大豚餃子」が目の前に置かれた。
醤油、酢、ラー油でタレを調合し、徐に右端の餃子を口に運んだ。
一口噛んで皮が破れると中から程良い熱さの旨味汁が出てきた。
数回咀嚼を繰り返した後、グッと飲み込み、更に生ビールを流し込んだのであった。
餃子と生ビールは、至福のコンビネーションであった。

1img_9818 台湾ラーメン、その向こうにパリシャキキャベツ

「大豚餃子」を食べ始めて暫らくすると、「台湾ラーメン」ができあがった。
この「台湾ラーメン」には、肉味噌、味付け玉子、ニラが載せられている。
そして、この「肉味噌」がなかなかの逸品であって、中に刻んだ赤唐辛子が散りばめられているのである。
麺を啜った後、肉味噌をスープとともに掬いあげ、やおら口に入れると数秒でカプサイシン系の辛さが舌を痺れさせてくれるのであった。
この痺れは、生ビールで緩和することが最良の方法であるが、後述のパリシャキキャベツでも緩和効果は十分にあるのであった。

なおパリシャキキャベツについてであるが、「台湾ラーメン」にはキャベツが別皿で供されるのであった。
これがパリパリ・シャキシャキの実に歯応えの良いものであった。
しかしながら、このパリシャキキャベツの存在意義は分からず仕舞であった。
多分、御口直し、のような役割を担っているものと推察したが、一言訊けば簡単なことではあったが、結局パリシャキキャベツについて確かめずに店を出たのであった。

   

2017年7月 7日 (金)

小金井/ らーめん処 かんむりや! (冷やし中華)

1img_7478 らーめん処 かんむり

昨日は所用があってJR武蔵小金井駅の北側に出掛けた。
所用は想定以上に時間を要したこともあって、終えたのが12時を少し回った時間であった。
ということで、昼食を駅の周辺で摂ろうと考えて漫ろ歩いたのであった。
この日、風は爽やかであったものの陽射しは強めでやはり暑い昼時であったことから、ふと目に飛び込んできた「冷やし中華」という文字に誘われて「らーめん処 かんむり!」に歩を進めている自分がいた。

私は今から20年ほど前に小金井に住み始めたが、その時には「らーめん処 かんむり!」は既にあったように記憶している。
あの頃は線路が高架になる前のことで、未だ駅舎が古い時代のことであった。
そして、当店の近くには開かずの踏切がその存在を誇っていたのであった。

「らーめん処 かんむり!」には数回入ったことがあったが、もう15年以上前のことで、暖かいラーメンをいただいたことは記憶しているがそれが何であったかは忘却の彼方に消え去ってしまっている。
ただ、店内に入って気付いたが、設えは変わらず以前のままであった(ように思う)。

さて、入口を入って直ぐの場所にある券売機で「冷し中華」(券売機では『や』は標示されていない)の食券を得て、カウンター席の一席に着いた。

1img_7477 

当店は、体格の良い親爺さん(といっても40歳代か)と女将さん(親爺さんの母上かも)の二人が立ち働かられておられるようであった。
お二人とも笑顔が絶えず、交わされる会話は明るいものであった。

その女将さんに食券を渡すと、にこやかに
「大盛にしますか?」
という問いかけがあった。
店内ではランチタイムに「大盛り」のサービスが謳われいて、それによるとお客から大盛を宣告しなければならない。
が、当店では「先ずは大盛ありき。」のポリシーが貫かれているようで、お客よりも先に女将さんからアプローチがあるのであった。
食べざかりの若者には有難いことである。

私の場合、もう大盛は卒業すると心に決めて随分の時間になるが、未だに大盛受容癖が残っていて、女将さんの笑顔の問いかけに思わず知らずの内に頭を縦に振ってしまっていた。
内心ではイカンと思ったのであったが修正するという思考が動き出す前に、女将さんは間髪を入れずに親爺さんに
「冷やし中華、大盛!」
と告げておられたのであった。

1img_7475 冷やし中華

反省と期待の入り混じった気持ちで待つこと暫し、供された「冷やし中華」(大盛)は見るも艶やかな装いで現れた。
また、そのサイズたるや直径30cmほどの白い皿にどかんと盛り付けられていた。

1img_7476 冷やし中華(横から見ると中央アルプスの山並みのようである)

麺の上に配された具材は、錦糸卵、ブツ切りのチャーシュー、解したカニカマ、茹でたモヤシ、キュウリ、甘いシイタケ、紅ショウガ、という豪華キャストであった。
(街の中華料理店でよく見かける刻み海苔は使われていない。)

「冷やし中華」は定法に従って皿の横に添えられたウルトラにツンとくる洋辛子をタレに適宜合わせていただいた。
具材の旨味、タレの酸味、洋辛子のツンツン味、好く冷された麺、がそれぞれ口腔内で混ざり合って、久しぶりに美味な冷やし中華をいただいたという満足感で気持ちも胃も満たされたのであった。

なお、大盛はやはり多かったが完食できた。
美味なる料理は完食できるものである。
が、やはり多かった。
今後食事は普通サイズでいただくことを新たに誓った次第であった。

   

続きを読む "小金井/ らーめん処 かんむりや! (冷やし中華)" »

2017年6月 6日 (火)

小金井/ 赤青MURASAKI (鶏醤油らぁ麺)

1img_6144 赤青MURASAKI

以前にも書かせていただいたが、「赤青」と書いて「紫」と発するこのラーメン店はその名の通り「紫」すなわち「醤油」をスープの味を主導する素材として活用し、またそれが当店の個性を如実に表す味わいとなっている。

そして、この醤油を活かしたスープに「鶏の旨味」を活かしたスープを合わせたラーメンや「ホンビノス貝」のエキスを用いたいたスープを合わせたラーメンを供している。
前者の「鶏の旨味」を味わいの根幹とするラーメンは「鶏醤油らぁ麺」と名付けられ、後者の「ホンビノス貝」を味わいの根幹とするラーメンは「赤青醤油らぁ麺」と名付けられ、共に人気を博す当店の看板ラーメンとなっている。

1img_6146 店頭に並べられたホンビノス貝の殻

また、店頭には「ホンビノス貝」の殻が並べられ、その大きさや色形が分かるように工夫されている。
この工夫は結構大切なことで、まだ船橋の三番瀬近郊以外ではその知名度が低い「ホンビノス貝」というものを認識してもらう上で重要な役割を演じているのである。
以前にも書いたが、「ホンビノス貝」は米国の中級以上のシーフードレストランでは前菜として浅蜊や牡蠣などと共に食される他、クラムチャウダーの具材としても使われていて、非常にポピュラな食材なのである。

1img_6136 ホンビノス貝の紹介

一方、日本では未だその知名度は低く、かつ「本美之主」などという和名を付けたものであるからなおさら胡散臭い感じになっている。
改めてネイミングの良し悪しも食材の普及に重要な役割を演じるということを実感するところであるが、「ホンビノス貝」自体は以前小岩の居酒屋で食した経験から美味であることは分かっていて、今後の市場関係者の方々の活動が実を結ぶことを切に祈っているところである。

1img_6137 鶏醤油らぁ麺

さて、先日「山王稲穂神社」の例大祭が催行されたが、神社の境内に向かう途中で正午を迎え、「赤青MURASAKI」に立ち寄ったのであった。
「赤青MURASAKI」に入店するのは半年以上ぶりのことであり、「ホンビノス貝」のエキスが用いられた「赤青醤油らぁ麺」をいただこうと決めて引戸を開けて店内に歩を進めたのであった。
そして、自動券売機の前にスックと立ち、新券の千円札を入れたのであった。
次いで、「ホンビノス貝」のエキスが使われた「赤青醤油らぁ麺」のボタンを押すべく右手の人差指を延ばし、ボタンを押したのであった。

が、しかし、である。
ボタンを押す瞬間に一抹の逡巡が脳を過ぎったようで、気付くと「鶏醤油らぁ麺」の食券が出てきたのであった。
ということで、この日は「鶏醤油らぁ麺」を食したのであった。

1img_6138 鶏醤油らぁ麺

なお、久しぶりにいただいた「鶏醤油らぁ麺」は、以前の印象よりもスープの口当たりがマイルドになったように感じた。
もう少し述べると、当店のスープの根幹である「醤油」の味わいであるが、これが角の丸くなった味わいに変わっているように思えたのである。
所謂、円熟の味わい、というものが感じられたのであった。
当店の店主殿は研究熱心な人であって、日々アイデアの創出とそのアイデアを活かすための試行錯誤を重ねておられるようであって、その成果が同じ名称の「鶏醤油らぁ麺」であっても味わいに円熟さがみられるという結果に繋がっているように思料した次第であった。

1img_6135 店内の御触書

そういう店主殿の努力の結果が、コショウを入れずに先ずは工夫の味を味わってみて欲しいということに繋がるのであろう。

続きを読む "小金井/ 赤青MURASAKI (鶏醤油らぁ麺)" »

2017年5月 1日 (月)

小金井/ 春秋庵 (塩らーめん)

1img_4672 春秋庵

昨日は醤油ベースのスープのラーメンにワンタンが入れられた「ワンタンめん」に関して記した。
今日は「塩らーめん」である。

1img_4666 水にはレモンスライス

いつものように入口横の券売機で「塩らーめん」の食券を手に入れ、カウンター席に着いてから女将さんに手渡した。
グラスにピッチャーから水を注いで一口含むと、レモンの香りが淡く口腔内に広がった。

1img_4667 柚子胡椒

食券を手渡して暫らくすると、味の調整のための柚子胡椒が入った小皿が供された。
女将さんからは、柚子胡椒でスープの味を調整してください、ということであった。

1img_4668 調味料

調味料は、酢、胡椒、卸し大蒜、唐辛が用意されているが、「塩らーめん」は柚子胡椒でスープの味を調整するので、必要ではない。

1img_4671 塩らーめん

供された「塩らーめん」にはチャーシュー、カイワレ、メンマ、ナルト、刻みネギが載せられてており、丼の淵に海苔が一枚添えられていた。

まずスープを含んだ。
清澄な見かけではあるが、味は出汁の効いたもので、塩分は抑制されたものであった。
というか、塩分の抑制によって出汁の旨味が鋭敏に感じられるように計算されたものとなっているように感じた次第であった。
私としては珍しくスープを全部飲み干してしまいたい衝動にかられたが、3割ほど残すことで落ち着いたのであった。

なお、載せられた具材はいずれもスープと好い相性の味わいであったが、この「塩らーめん」について極論すれば具材無しでも美味しくいただけるらーめんなのであった。

   

2017年4月30日 (日)

小金井/ 春秋庵 (ワンタンめん)

1img_2111 春秋庵

他の市町村と同じように小金井市内にも数えきれないほどのラーメン店があるが、これも他の市町村と同じように味と接客の共に優れた店は存外に少ない。
その数少ない佳店の一つが「春秋庵」である。
以前にも触れたが、当店の場所には私が小金井に住み始めてからでも3軒のラーメン店が移り変わっていた。
私にとって初めての店は「まんぼう亭」という老夫婦が経営されたいた店で、その大きなチャーシューが印象的であった。
その次は「はね馬」という店で、店主殿がフェラーリの愛好家らしく、その紋章から店名を付けられたと風の便りに聞いていた。
そして現在は「春秋庵」である。

1img_2114 カウンター上のマスコットラーメン

「春秋庵」は若いご夫婦(と思う)が経営されている店で、醤油系のスープと塩系のスープの二本立てで商売をされている。

当店に限らずここで営業されていた店では入口を入って右側にある券売機で食券を購うのであるが、この券売機はず~っと引き継がれて使われているもので、当店の歴史を知るものの一つである。

食券を購った後、空いている席に着いて食券を女将さんに手渡した。
ラーメンは供されるまでの時間が短いとはいうものの、やはり待っている間は手持無沙汰である。
そういう時は、カウンターの上にあるマスコットのラーメンでも眺めていると、程なく注文のラーメンが供されるというものである。

1img_2113 調味料

また、カウンターテーブル上の調味料に目を遣ると、唐辛子、卸し大蒜、酢、胡椒、の4品のみが置いてあることから、基本的にスープに自信のある店であることが見てとれるのであった。
実際にスープを味わってみると、味覚鈍感な人は別にして、調味料の添加は不要である。

1img_2116 ワンタンめん

この日は「ワンタンめん」を注文していた。
供された「ワンタンめん」は醤油ベースのスープに歯応えの強めな麺が入れられ、その上にワンタン、チャーシュー、メンマ、ナルト、良く絞って棒状になったホウレンソウ、海苔、が載せられている。
まず、スープを啜ると、雑味が排除された上に全く尖ったところは無いがそれでいて出汁をとった素材の味が明瞭に感じられるという柔和でありかつ個性のあるスープが口腔内に広がるのである。
チャーシューは豚肉の脂が甘く感じられるもので、食べている間にもう3枚ほどは欲しいと思えてくる逸品であった。
ワンタンは、生姜が入れられているのであろうか、風味に良いアクセントとなっていた。

基本的には、当店のラーメンは、スープの旨味・コク味と麺の小麦粉系の甘味がそれぞれが合わさった味わい深いものがベースになっており、ここに載せられた具材がアクセントとして存在するラーメンであった。

   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANA AUSTRALIA__ BRASIL Ch.Mouton Rothschild Christmas DETRIOT Egypt GERMANY Houston INDIA JAL JR Kandinsky KOREA LINE Malaysia MEXICO MLB NEW YORK New York (Classic Concert) New York (Musical) New York (Opera) New York (Restaurants) New York (Sports) NIKON SEGWAY Skype SONY CAMERA SONY HX-60 STAR WARS TAIWAN TANZANIA Tennessee, USA TKG Tour (Turkey) TURKEY_ United States of America USA (Sports) USA(Nature) VIETNAM WINE うなぎ お茶 お茶の水 かき氷 たこ焼 ちゃんぽん アイドル アメリカンフットボール(社会人) イギリス イラン(食べ物) インスタントラーメン ウィスキー エビス(東京写真美術館) キャンディ クスリ クリスマス コミュニケーション コレクション コンビニエントストア コーラ サッカー ジャズ スポーツ用品 チキンラーメン チョコレート デパート ナイロン パナソニック パンダ ビール ブルーインパルス ブログ ホンビノス貝 メキシコ メキシコ(酒類) ワイン 万歩計 三社祭 三鷹(ちゃんぽん) 三鷹(エスニック料理) 三鷹(カフェ) 三鷹(カレー) 三鷹(ベーグル) 三鷹(ラーメン) 三鷹(ワインバー) 三鷹(居酒屋) 三鷹(文化施設) 三鷹(文房具) 三鷹(町中華) 三鷹(蕎麦) 上海 上野桜木(カフェ) 上野桜木(風景) 上野芝、堺市、大阪府 上野芝(野鳥) 上野(てんぷら) 上野(とんかつ) 上野(カフェ) 上野(コーヒー) 上野(ハンバーグ) 上野(中華) 上野(動物園) 上野(博物館・美術館) 上野(和菓子) 上野(街の風景) 世界遺産 両国(ちゃんこ鍋) 両国(イタリア料理) 両国(猪鍋) 中国 中華料理 中野(天ぷら) 中野(担担麺) 丸の内(イタリア料理) 丸の内(カフェ) 丸の内(カレー) 丸の内(バー) 乃木坂46 亀戸 亀戸(和菓子) 亀戸(神社・仏閣) 京橋(かき氷) 京橋(てんぷら) 京橋(とんかつ) 京橋(インド料理) 京橋(カフェ) 京橋(チョコレート) 京橋(ホテル) 京橋(ラーメン) 京橋(中華) 京橋(博物館) 京橋(和食) 京橋(洋食) 京橋(美術館) 京都 京都大学 京都(カフェ) 京都(フランス料理) 京都(和菓子) 京都(居酒屋) 京阪電車 人形町(和食) 代官山 代官山(カフェ) 佃(祭礼) 佃(飲み物) 住吉[大阪](和菓子) 住吉[大阪](洋食) 住吉[大阪](神社仏閣) 体温計 入間基地 入院 八王子(うどん) 八重洲 八重洲(カレー) 八重洲(居酒屋) 八重洲(韓国料理) 八重洲(餃子) 六本木(カフェ) 六本木(フランス料理) 六本木(美術館) 写真 動物園 化石 北京(酒) 千葉 千葉県船橋市 千葉県鴨川市 千葉県(居酒屋) 千駄木(蕎麦) 南極 博物館・美術館 原宿(カフェ) 原宿(トルコ料理) 原宿(丼) 原宿(和菓子) 原宿(和食) 原宿(美術館) 古墳 吉祥寺 (そば) 吉祥寺(イタリア料理) 吉祥寺(カフェ) 吉祥寺(カレー) 吉祥寺(ステーキ) 吉祥寺(ソーセージ) 吉祥寺(ドイツ料理) 吉祥寺(ハモニカ横丁) 吉祥寺(バー) 吉祥寺(パスタ) 吉祥寺(パン) 吉祥寺(フローズンヨーグルト) 吉祥寺(ラーメン) 吉祥寺(中華料理) 吉祥寺(串カツ) 吉祥寺(井の頭公園) 吉祥寺(公園) 吉祥寺(台湾料理) 吉祥寺(和菓子) 吉祥寺(天丼) 吉祥寺(居酒屋) 吉祥寺(洋菓子) 吉祥寺(趣味用品) 吉祥寺(韓国料理) 吉祥寺(食べ物) 向島 和菓子 品川(天丼) 国分寺(うどん) 国分寺(うなぎ) 国分寺(カフェ) 国分寺(カレー) 国分寺(コロッケ) 国分寺(ハンバーガー) 国分寺(パン) 国分寺(ラーメン) 国分寺(丼) 国分寺(和菓子) 国分寺(和食) 国分寺(団子) 国分寺(大学) 国分寺(洋食) 国分寺(焼肉) 国分寺(韓国料理) 国立(カフェ) 地震 埼玉県 小平(うどん) 埼玉県(カフェ) 埼玉県(蕎麦) 報道 堺(うどん) 堺(お好み焼き) 堺(たこ焼) 堺(とんかつ) 堺(アイスクリーム) 堺(イタリア料理) 堺(カツ丼) 堺(カフェ) 堺(カレー) 堺(ジビエ) 堺(パン) 堺(ラーメン) 堺(中国料理) 堺(串カツ) 堺(串揚げ) 堺(和菓子) 堺(和食) 堺(回転寿司) 堺(寿司) 堺(居酒屋) 堺(穴子) 堺(餃子) 墨田区(美術館・博物館) 多摩川(鮎) 大久保(コリアンタウン) 大久保(担担麺) 大久保(韓国料理) 大学 大学病院 大学(京都大学) 大学(大阪大学) 大学(学生食堂) 大学(慶応義塾大学) 大学(早稲田大学) 大学(明治大学) 大学(東京大学) 大学(東京学芸大学) 大学(東京農工大学) 大阪城 大阪天満橋 大阪天王寺(カフェ) 大阪天王寺(天丼) 大阪天王寺(居酒屋) 大阪天王寺(庭園) 大阪天神橋 大阪天神橋筋商店街 大阪(うどん) 大阪(お好み焼) 大阪(たこ焼き) 大阪(カフェ) 大阪(カレー) 大阪(ジャズバー) 大阪(スペイン料理) 大阪(フラメンコ) 大阪(ラーメン) 大阪(串かつ) 大阪(博物館・美術館) 大阪(和菓子) 大阪(天丼) 大阪(居酒屋) 大阪(新世界) 大阪(新今宮) 大阪(甘味処) 大阪(神社仏閣) 大阪(風景) 大阪(BAGEL) 天文台 奈良(カフェ) 奈良(洋菓子) 奈良(西洋料理) 奥多摩 学生食堂 宝塚歌劇 寄席 富士山 富岡八幡宮 富岡八幡宮例大祭 (2017) 富岡八幡宮例大祭(2014) 富岡八幡宮(例大祭) 富岡八幡宮(例祭) 小平(うどん) 小平(お好み焼き) 小平(カフェ) 小平(ラーメン) 小金井市 小金井市(ラーメン) 小金井市(公園・庭園) 小金井市(自然) 小金井市(行事) 小金井(うどん) 小金井(かき氷) 小金井(ちゃんぽん) 小金井(アイスクリーム) 小金井(イタリア料理) 小金井(インド料理) 小金井(エスニック料理) 小金井(オリンピック・パラリンピック) 小金井(オリンピック) 小金井(カフェ) 小金井(カレー) 小金井(クラフトビール) 小金井(コーヒー豆) 小金井(タイ料理) 小金井(トルコ料理) 小金井(トンカツ) 小金井(ドイツ料理) 小金井(パスタ) 小金井(パラリンピック) 小金井(パン) 小金井(ファスト食堂) 小金井(ファミリーレストラン) 小金井(フランス料理) 小金井(ホットドッグ) 小金井(ワッフル) 小金井(中国料理) 小金井(和菓子) 小金井(和食) 小金井(寿司) 小金井(居酒屋) 小金井(惣菜) 小金井(新小金井街道) 小金井(有名企業) 小金井(果物・野菜) 小金井(桜) 小金井(洋食) 小金井(清酒) 小金井(神社・仏閣) 小金井(祭礼) 小金井(花火) 小金井(蕎麦) 小金井(街の風景) 小金井(野菜料理) 小金井(阿波おどり) 尿管結石 居酒屋 川崎(居酒屋) 市ヶ谷(フランス料理) 府中 府中(うどん) 府中(そば) 府中(とんかつ) 府中(エスニック料理) 府中(カフェ) 府中(カレー) 府中(ムサシノキスゲ) 府中(ラーメン) 府中(大國魂神社例大祭・くらやみ祭) 府中(洋食) 府中(清酒) 府中(神社・仏閣) 府中(街の風景) 庭園 庭園(浜離宮) 恵比寿(イタリア料理) 恵比寿(カフェ) 恵比寿(ビール) 恵比寿(美術館) 成田空港 戦闘機 散策 文京区(風景) 新大阪駅 新大阪駅(KIOSK) 新大阪(駅弁) 新宿 新宿(うどん) 新宿(お茶) 新宿(かき氷) 新宿(とんかつ) 新宿(イタリアレストラン) 新宿(カフェ) 新宿(カレー) 新宿(ケーキ) 新宿(ジャズ) 新宿(チョコレート) 新宿(トルコ料理) 新宿(ハンバーガー) 新宿(バー) 新宿(パン) 新宿(フルーツパーラー) 新宿(プライヴェートクラブ) 新宿(ラーメン) 新宿(中国茶) 新宿(中華料理) 新宿(和菓子) 新宿(和食) 新宿(天ぷら) 新宿(居酒屋) 新宿(思い出横丁) 新宿(洋菓子) 新宿(蕎麦) 新宿(街の風景) 新宿(都庁) 新宿(韓国料理) 新宿(風景) 新宿(餃子) 新宿(鮮魚居酒屋) 新幹線(東海道新幹線) 新幹線(車内販売) 新幹線(車窓の景色) 新橋(うどん) 新橋(お好み焼き) 新橋(てんぷら) 新橋(とんかつ) 新橋(まんが喫茶・インターネットカフェ) 新橋(イタリア料理) 新橋(カフェ) 新橋(カラオケ、クラブ) 新橋(バル) 新橋(中華料理) 新橋(和食) 新橋(居酒屋) 新橋(沖縄料理) 新橋(洋食) 新橋(焼肉) 新橋(玉子かけご飯) 新橋(蕎麦) 新橋(鯛焼) 新潟(ラーメン) 新潟(日本酒) 新潟(焼そば) 日暮里 日暮里(和菓子) 日暮里(街の風景) 日本橋(寿司) 日本橋(カフェ) 日本橋(ラーメン) 日本橋(中国料理) 日本橋(和食) 日本橋(居酒屋) 日本橋(清酒) 日本橋(穴子) 日本橋(蕎麦) 日本橋(街の風景) 日本橋(風景) 日本酒 日本酒(東京) 日比谷(コーヒー) 日比谷(映画) 日比谷(洋食) 日比谷(街の風景) 日食 早稲田(カツ丼) 早稲田(カフェ) 星座 映画 映画(アイヒマンを追え) 映画(風立ちぬ) 映画(BLADE RUNNER 2049) 映画(Lunchbox) 映画(STAR WARS) 書籍 月島(もんじゃ) 月島(中国料理) 有楽町(カフェ) 有楽町(ビストロ) 有楽町(ワイン) 有楽町(中華料理) 有楽町(居酒屋) 有楽町(日本料理) 有楽町(西洋料理) 有楽町(風景) 有楽町(食堂) 本郷 本郷(フランス料理) 東京六大学野球 東京大学(フランス料理) 東京特産食材 東京都庁 東京駅 東京駅 (カレー) 東京駅(かりんとう) 東京駅(カフェ) 東京駅(スウィーツ) 東京駅(ダイニング) 東京駅(ラーメン) 東京駅(中華) 東京駅(天ぷら) 東京駅(居酒屋) 東京駅(新幹線) 東京駅(蕎麦) 東京駅(親子丼) 柏(とんかつ) 柏(カフェ) 柴又 柴又(草だんご) 根津(和菓子) 植物園 横浜(カフェ) 横浜(中華料理) 横浜(中華街) 横浜(街の風景) 横浜(CP+) 横田基地 横須賀 歌舞伎 歌舞伎座 武蔵国分寺跡 武蔵境(うどん) 武蔵境(コーヒー) 武蔵境(ラーメン) 武蔵境(餃子) 武蔵野うどん 武蔵野市 水族館 永田町 汐留(イヴェント) 汐留(カフェ) 汐留(パナソニック電工) 汐留(フランス料理) 汐留(ラーメン) 汐留(中華料理) 汐留(沖縄料理) 汐留(洋食) 汐留(街の風景) 江東区(ラーメン) 池袋(居酒屋) 沖縄 沖縄(菓子) 洋菓子 浅草(三社祭) 浅草(河豚) 浅草(洋食) 浅草(祭礼) 淀川 深大寺(カフェ) 深大寺(蕎麦) 深川神明宮 深川(カフェ) 深川(祭礼) 清酒 渋谷(ハンバーグ) 渋谷(中国料理) 渋谷(蕎麦) 湯島 湯島(カフェ) 湯島(カレー) 湯島(ラーメン) 湯島(和菓子) 溝口(うどん) 溝口(焼肉) 激辛 激辛(カップ麺) 玩具 甘納豆 皆既月食 確定申告 神楽坂 神楽坂(和食) 神楽坂(カフェ) 神楽坂(フランス料理) 神楽坂(中華料理) 神楽坂(日本酒) 神楽坂(焼鳥) 神楽坂(祭礼) 神楽坂(餃子) 神楽坂(Bar) 神田 神田神保町(餃子) 神田(お好み焼き) 神田(中国料理) 神田(和菓子) 神田(居酒屋) 神田(甘味処) 神社・仏閣 神社仏閣 神社(石清水八幡宮) 祭り 祭礼 福生市(日本酒) 福生(ピザ) 立川(カフェ) 立川(バー) 立川(ラーメン) 立川(中華料理) 立川(中華) 立川(居酒屋) 立川(日本酒) 立川(焼そば) 立川(蕎麦) 立川((風景) 立石(蕎麦) 競馬 節句 築地 築地(てんぷら) 築地(イヴェント) 築地(カフェ) 築地(フランス料理) 築地(ベーカリー) 築地(ラーメン) 築地(場内) 築地(本願寺) 築地(波除神社) 築地(洋食) 築地(牛丼) 築地(街の風景) 築地(餃子) 築地(魚がし横町) 紅茶 缶詰 美術館(三井記念美術館) 群馬県(うどん) 群馬(こんにゃく) 自然現象 自衛隊 自衛隊(海上自衛隊) 航空母艦 航空祭 船橋 茨城県古河市 茨城県(ドイツ料理) 葛飾(居酒屋) 薬味 血圧 表参道(映像) 表参道(豚カツ) 西船橋 西荻窪(カツ丼) 西荻窪(カフェ) 西荻窪(ハンバーガー) 西荻窪(ビストロ) 西荻窪(ビール) 西荻窪(フランス料理) 西荻窪(ラーメン) 西荻窪(ワインバー) 西荻窪(居酒屋) 西荻窪(洋菓子) 西荻窪(蕎麦) 調布市(カレー) 調布(うどん) 調布(かき氷) 調布(からあげ) 調布(とんかつ) 調布(カフェ) 調布(カントリーハウス) 調布(ドーナッツ) 調布(中華料理) 調布(味の素スタジアム) 調布(桜) 調布(植物園) 調布(洋菓子) 調布(深大寺) 調布(神社・仏閣) 調布(自然) 調布(蕎麦) 調布(街の風景) 調布(調布飛行場) 調布(野菜料理) 調布(餃子) 谷中 谷中(カフェ) 谷中(美術展) 谷中(蕎麦) 谷中(街の風景) 赤坂(てんぷら) 赤坂(カフェ) 赤坂(和菓子) 赤坂(担担麺) 趣味 趣味(切手) 遠征 郵便 酒器 野球 野生動物 銀座 銀座の風景 銀座(うどん) 銀座(うなぎ) 銀座(お好み焼き) 銀座(かき氷) 銀座(すき焼) 銀座(その他) 銀座(てんぷら) 銀座(とんかつ) 銀座(アメリカ料理) 銀座(イタリア料理) 銀座(インド料理) 銀座(イヴェント) 銀座(オリンピック・パラリンピック) 銀座(カフェ) 銀座(カリビアン料理) 銀座(カレー) 銀座(ギャラリー) 銀座(コーヒー) 銀座(サンドウィッチ) 銀座(スウィーツ) 銀座(ステイショナリ) 銀座(ステーキ) 銀座(スペイン料理) 銀座(タイ料理) 銀座(チョコレート) 銀座(トルコ料理) 銀座(ドイツ料理) 銀座(ハヤシライス) 銀座(ハンバーグ) 銀座(バー) 銀座(パレード) 銀座(ビール) 銀座(フランス料理) 銀座(ラーメン) 銀座(ヴェトナム料理) 銀座(中華料理) 銀座(串揚げ) 銀座(健康食品) 銀座(和菓子) 銀座(和風料理) 銀座(坦々麺、担々麺) 銀座(天丼) 銀座(寿司) 銀座(居酒屋) 銀座(日本料理) 銀座(日本酒) 銀座(松坂屋跡地) 銀座(歌舞伎座) 銀座(洋菓子) 銀座(洋食) 銀座(焼肉) 銀座(焼鳥) 銀座(牛丼) 銀座(画材) 銀座(神社・仏閣) 銀座(紅茶) 銀座(蕎麦) 銀座(薬局) 銀座(街の風景) 銀座(親子丼) 銀座(軽食) 銀座(釜めし) 銀座(韓国料理) 銀座(餃子) 銀座(NYスタイルレストラン) 錦糸町(居酒屋) 長野県 門前仲町 門前仲町(もんじゃ) 門前仲町(和食) 門前仲町(居酒屋) 門前仲町(洋食) 門前仲町(焼鳥) 門前仲町(甘味処) 関西国際空港 防災 防災(河川管理) 阿佐が谷(ワインバー) 阿佐が谷(居酒屋) 霞が関ビル 韓国 音楽(クラシック) 飛行場(調布飛行場) 食品サンプル 飯田橋(桜) 駅弁 駒場(カフェ) 鶴橋 鶴橋(韓国料理) B747 Canon CHOCOLATE HAWAII Jリーグ NIKON D800 PC

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ