銀座(インド料理)

2015年2月26日 (木)

銀座/インド料理 グルガオン (三色カレー)

1dsc03528 グルガオン(B1F)へ通じるビルのエントランス

「GURGAON」というのは、インド共和国の首都ニューデリーの近郊の町である。
位置としては、ニューデリーと国際空港の間にあって、近年は主要企業のオフィスが集中していたりする場所で、M社の現地法人のオフィスはGURUGAONに隣接する街にある。

さて、このGURGAONを店名にした「インド料理 グルガオン」は銀座の1丁目にあるビルの地下にあり、階段を降りて行くと小ざっぱりした店の中にテーブルが結構タイトな状態で並べられていた。

日替わりの「本日のカレー」というのも佳いが、「三色カレー」が手頃な価格で供されていたので、これを注文した。

1dsc03523 三色カレー

カレーにはナンまたはイエローライスを選択できるというので、ナンをお願いしたら、予想外に大きなナンが1個プレートに載せられて供された。
ナンもこれぐらいの大きさになると、思わずニンマリしてしまうのであった。

店員さんによると、最も辛いというのがマトンカレー(中央)、その反対に甘いのがとヒヨコマメのカレー(右)、中間がチキンカレーコリアンダーソース(左)であるという。
初めての店であったので、マイルドな方から一口づついただいた。

1dsc03526 ヒヨコマメのカレー

「ヒヨコマメのカレー」は、豆や野菜の甘味というかトロミ的な味わいで、スパイスはそれほど強くは感じられなかった。
個人的には、もう少しターメリック系のスパイスが効いている方が好きではあるが、・・・。

1dsc03524 チキンカレーコリアンダーソース

「チキンカレーコリアンダーソース」は、パクチの香りと苦みを特長とするカレーであり、美味しくいただいた。
ただ、もっとパクチが効いていると嬉しい。

1dsc03525 マトンカレー

「マトンカレー」はどちらかというとカプサイシン系の辛さが舌を刺激してきて、これはこれで美味であった。

なお、銀座の「Kyber」と京橋の「DHABA INDIA」が姉妹店である。

2015年1月24日 (土)

銀座/マハラジャ(マハラジャランチ チキンカレー&マトンカレー)

1dsc04759 マハラジャ

銀座にはインドから日本に来た人が営むインド料理店の老舗がかなりの数ある。
AT氏とはそのような銀座のインド料理店に良く行ったものであるが、ただ予め「今日はインド料理にしよう。」と決めて昼食に出る訳ではなくて、殆どの場合が行き当たりばったりである。
「マハラジャ」もその一つである。
中央通を5丁目方面に当てもなく歩いていて、たまにはレストランが上層階に集まっている「ニューメルサ」にでも「行ってみよう。」ということで、たまたま入店を決めたのが「マハラジャ」であった。

メニュを見ると、昼夜関係なく品数は豊富であった。
さはさりながら、昼限定の「マハラジャランチ」という「チキンカレー」ともう一種類のカレーが選べるものが価格も手ごろであったので、AT氏は「チキンカレー&野菜カレー」そして「ライス」を、私は「チキンカレー&マトンカレー」に「ライスとナン」を選択した。
「マハラジャランチ」には共通して「マライカバブ」と「チキンティッサ」という鶏料理(タンドリーチキンのような感じ)、および「サラダ」がセットになっていた。

1dsc04754 チキンカレー&野菜カレー

1dsc04755 チキンカレー&マトンカレー

「チキンカレー」は定番のチキンカレーでココナッツミルクとバターによってマイルドな仕上がりとなっていた。
また、「マトンカレー」は辛口で若干香りが動物系のものであった。
そして、お米はなんとインディカ米で、かつ香辛料で味付けがされていないので、インディカ米の香りと味が直載的に伝わってきた。

1dsc04757 マライカバブとチキンティッサ

また、二種類のチキンが小さいながらもワンピースづつ添えられており、味のバラエティが楽しめた。
当店でもナンとご飯を選べるが、両方の選択も可能であり、私は両方をいただいたのであった。

銀座のど真ん中で、クオリティの高いインド料理をリーズナブルな価格で楽しめた。
こういう日は、佳いことがある。

2014年12月22日 (月)

銀座/インド料理ムンバイ銀座店(3種類のカレーセット)

1dsc04410 ムンバイ銀座店

以前にも書いたが、銀座には長く続くインド料理店が多くあるし、インド人の方が経営者であったり、あるいはシェフであったりと本格的なインド料理を供する店が沢山ある。

その中で、「インド料理ムンバイ銀座店」は長く続いてきたインド料理店の一つである。
過日のことであるが、AT氏と訪れた。
オフィスから行くと晴海通を渡るので多少の時間ロスはあるが、行ってみる価値は十分にあった。

店はビルの地下にあるので、若干急な階段を降りて行ったら、像の姿をしたヒンドゥ教の神様である「ガネーシャ」様が、日替りカレーのプレートを持って出迎えてくださった。

メニュを見ると6種類のカレーから選択するようになっており、私は「3種類のカレーセット」にし、「チキンカレー」、「野菜カレー」、そして本日の日替りカレーである「チキンとポテトのカレー」と「ナン」の組合せを選んだ。
また、AT氏は当店が人気ナンバーワンと称する「バターチキンカレー」と「ライス」の組合せを選択された。
それぞれのカレーには、「サラダ」が付いてくるが、店のお薦めもあって「ラッシー」を追加した。

1dsc04398_2 サラダ

最初に「サラダ」が供されたが、レタスとコーンにドレッシングがかけられた超オーソドックスなものであった。

1dsc04399 ラッシー

サラダをいただいていると、「ラッシー」が持ってこられた。
「ラッシー」は香辛料でホットになった口腔内をニュートライズするということであるが、私には食後の方が嬉しい一品である。

1dsc04400 バターチキンカレーとライス

1dsc04401 バターチキンカレー

AT氏の注文された「バターチキンカレー」は、AT氏によると見た目にはシンプルであるが、バターで醸されたそのコクとスパイスのバランスは絶妙であるらしい。
「バターチキンカレー」は私もインド料理店で時々いただくが、その味を思い出した次第であった。

1dsc04403 3種類のカレーセット

私が選択した「3種類のカレーセット」は、、「チキンカレー」、「野菜カレー」、そして本日の日替りカレーである「チキンとポテトのカレー」を選んでいて、異なる味わいを楽しんだ。
食べて見て感じたのは、当店の香辛料は8丁目の「ラージマハール」よりも強く、1丁目の「カイバル」よりもマイルドである、ということであった。

1dsc04406 チキンカレー

1dsc04407 野菜カレー

1dsc04405 チキンとポテトのカレー

続きを読む "銀座/インド料理ムンバイ銀座店(3種類のカレーセット)" »

2014年12月17日 (水)

銀座/ナイルレストラン (チキンカレー)

1dsc04089 ナイルレストラン

銀座には多くのインド料理店が存在している。
近年IT産業の隆勢によってインドから来られた人達の数が増えてるに従って、東京郊外の市町村ではインド料理店の数も増えているようであるが、銀座の場合はそのトレンドとは関係が無く、言い換えると銀座にあるインド料理店は老舗が多く、その数は大きくは変動していない。

銀座にあるインド料理店の中でも「ナイルレストラン」は大御所の一つである。
過日のことであるが、AT氏と「ナイルレストラン」に訪れた。

店は2階建までがレストランスペースとなっている。
エントランスには多くの場合オーナーのナイル氏が居て、お客をにこやかな表情で迎え入れている。
この日もナイル氏の迎えを受けた後、2階に案内された。

2階ではインド人ウェイターのお兄さんが注文を取りにくるのであるが、いつもこのお兄さんは何かに憑かれたかのように「ムルギーランチ」を執拗に薦めてくる。
「ムルギーランチ」は当店のスぺシャリテであるから薦めるのは良いが、兎に角シツコイのである。
あの温厚なAT氏ですら内心穏やかならざるものがあったようで、「ジャッカル君、あれはいかがなものか、ね。」と宣っておられた。
なお、ほぼ全員のお客はお薦めに従って(というか、押され負けて)「ムルギーランチ」を注文し、ウェイターの指導ヨロシク骨を外したチキンをご飯に掻き混ぜ、嬉々として食べていたが、何となく悲しい光景であった。

我々は、入店前に決めていた「チキンカレー」を注文したが、注文が完了するまでに「ムルギーランチ」という言葉を何回聞かされたか数えきれないほどであった。
まあ、ウェイターのお兄さんが異国である日本で頑張っている、という光景は微笑ましいものであるが、まあほどほどにしてくれると好感度は上がるのに・・・。

1dsc04088 チキンカレーとライス

1dsc04087 チキンカレー

供された「チキンカレー」は、色はそんなに濃くはないが、その味は日本では余り経験できないスパイスが効いた味わいであった。

食べ終わって2階から下へ降りる時に、件のウェイターのお兄さんがにこやかに「アリガトゴザイマシタァ。」と言って見送ってくれた。

1dsc04086

2014年6月12日 (木)

銀座/TARA Indian Nepali Asian Food and Bar (チキンカレー)

Dsc01684 TARAへの階段

今日は、昨日から降り続く雨が止まず、鬱陶しい一日であった。
昼食には何を食べようかと考えることも億劫になる、というそんな雰囲気である。
取り敢えずオフィスを出たが、行先を決めた訳でもなかった。
ビルを出たところで「最近カレーを食べてはおらぬではないか。」との天のお告げがあり、今日はカレーを食べることにした。
一番近いのは半年程度前であろうか7丁目にできたインドレストランであり、ここに伺った。

Dsc01683 入口

ビルの壁にぽっかり口を空けた階段を降りていくと、右手に小さなドアがある。
ここから店内に入った。
店内は、銀座のレストランというよりも、パキスタンかバングラデシュにあるバザールの中の店のようである。

Dsc01678 店内(部分)

店を切り盛りしているのは、コックが二人、フロアが二人の四人であった。
服装から判断すると、ヒンズー系の人ではなくて、イスラム系の人の出で立ちであった。
料理の味も動物の油系がベースになっているようで、ギー(ヤギのラード)を彷彿とさせるものであった。

Dsc01668 メニュウ

フロア担当の一人が、今日のスペシャルは「マイダンカレー」と言っていたが意味が分からんので「What is that?]と訊いたら、もう一人が「マイタケカレー」と言っていた。
初めての店では「チキンカレー」をいただくことにしているので、これを注文した。
サラダ以外に飲み物がセットになっており、ラッシーをお願いした。

Dsc01669 辛さは5段階

カレーの辛さを聞いてきたのでメニュの表示で「唐辛子2本」を指し示したら、「中辛」と言っていた。
更に、ナンかライスかと訊くのでナンをお願いした。

Dsc01670 サラダ

最初にサラダが供されたが、これはどこの店でもお目にかかるもので、多分日本で知ったものであろう。

Dsc01672 チキンカレー

供された「チキンカレー」はカレー専用のボウルに入れられており、ここにナンを漬けて食べるスタイルで、取り皿などは出されなかった。
味は、大変エスニックでターメリックも効いており、ナンもふっくら仕上げられていて、美味であった。

Dsc01674


供されたラッシーはマンゴー味に仕上げられていて、チキンカレーというか、当店のルーとの相性が良かった。
ただ、ルーの動物系の匂いがず~っと体内に滲みついていたのが・・・。

続きを読む "銀座/TARA Indian Nepali Asian Food and Bar (チキンカレー)" »

2013年10月31日 (木)

銀座/ラージマハール(スパイシーチキンカリー)

Dsc06077 ラージマハール(4F)の入るビルの入口

久しぶりに同期入社のHH氏と昼食に出た。たまにはカレーでも食べようということで、「ラージマハール」を目指した。
「ライジマハール」は人気店であるが、12時少し前にに到着したので店内はまだガラガラであった。

Dsc06066 メニュ

HH氏は初めての入店とのことと、前回のダルマサーガラの辛さが懲りており、ランチサービスの中から無難な「チキンカリー」を、私は「スパイシーチキンカリー(ホット)」を選択した。
インド人の店員が「飲ミ物ハイカガデスカ?」と訊いてきたので、「飲み物は無料ですか?」と尋ねたら「ソウデハアリマシェーン。」というので、「水」で済ませることにした。
更に、「ナン」か「ライス」かと訊いてきたので、「両方」でお願いした。

Dsc06067 スパイシーチキンカリー

Dsc06068 スパイシーチキンカリー(骨付き)

「スパイシーチキンカリー」は、赤味のかかったルーに3個の骨付きチキンが入っている。骨付きチキンは柔らかく煮上げられており、肉はフォークで簡単に骨から外せた。
ナンは1枚まるまる供され、ライスも結構な量である。

Dsc06069 チキンカリー(骨無し)

「チキンカリー」は、色もマイルドであり、HH氏は美味しいと言って全部平らげていた。
最後に「ワインゼリー」がデザートとして供された。インド料理にワインとは珍しい。まるでフィンガーボウルのような大きな器でアンバーカラーのゼリーが作られていた。

Dsc06074 ワインゼリー

今から15年ほど前のことであるが、商談で日本に来たインド人の中にヴェジタリアンの人が居て、夜の会食のためにヴェジタリアンフードができるインド料理屋を探したら唯一「ラージマハール」のみが対応できた。この時以来、味が気に入り時々訪れるようになっている。

エレベータを出て右側にナンやチキンを焼くタンドールがあり、帰り際に写真を撮ったらインド人のおじさん料理人が笑顔で応えてくれた。

Dsc06075 インド人のおじさん料理人

その他のカテゴリー

Ch.Mouton Rothschild | INDIA | JR | KOREA | LINE | Malaysia | Skype | TKG | Turkey | お茶 | お茶の水 | かき氷 | アイドル | アメリカンフットボール(社会人) | イギリス | ウィスキー | エビス(東京写真美術館) | キャンディ | コンビニエントストア | サッカー | ジャズ | スウィーツ(海外) | チョコレート | デパート | トルコ | パナソニック | パンダ | ブラジル | ブルーインパルス | ブログ | ワイン | 上海 | 上野芝、堺市、大阪府 | 上野芝(野鳥) | 上野(てんぷら) | 上野(とんかつ) | 上野(カフェ) | 上野(コーヒー) | 上野(中華) | 上野(動物園) | 上野(博物館・美術館) | 上野(和菓子) | 上野(街の風景) | 世界遺産 | 中国 | 中華料理 | 中野(担担麺) | 丸の内(イタリア料理) | 丸の内(カフェ) | 丸の内(カレー) | 丸の内(バー) | 乃木坂46 | 亀戸 | 亀戸(和菓子) | 亀戸(神社・仏閣) | 京橋(かき氷) | 京橋(とんかつ) | 京橋(カフェ) | 京橋(チョコレート) | 京橋(ホテル) | 京橋(ラーメン) | 京橋(中華) | 京橋(博物館) | 京橋(和食) | 京橋(洋食) | 京橋(美術館) | 京都 | 人形町(和食) | 代官山 | 佃(祭礼) | 体温計 | 入間基地 | 八重洲(餃子) | 化石 | 北京(酒) | 千葉 | 千葉県鴨川市 | 博物館・美術館 | 吉祥寺(カフェ) | 吉祥寺(ステーキ) | 吉祥寺(バー) | 吉祥寺(ラーメン) | 吉祥寺(公園) | 吉祥寺(和菓子) | 吉祥寺(食べ物) | 品川(天丼) | 国分寺(うどん) | 国分寺(カフェ) | 国分寺(ハンバーガー) | 国分寺(パン) | 国分寺(ラーメン) | 国分寺(丼) | 国分寺(団子) | 国立(カフェ) | 報道 | | 堺(和菓子) | 大久保(韓国料理) | 大阪(うどん) | 大阪(カレー) | 大阪(和菓子) | 宝塚歌劇 | 富士山 | 富岡八幡宮 | 富岡八幡宮例大祭(2014) | 小金井市 | 小金井市(ラーメン) | 小金井市(公園・庭園) | 小金井市(自然) | 小金井(かき氷) | 小金井(インド料理) | 小金井(カフェ) | 小金井(コーヒー豆) | 小金井(中国料理) | 小金井(和菓子) | 小金井(和食) | 小金井(桜) | 小金井(祭礼) | 居酒屋 | 府中 | 府中(神社・仏閣) | 庭園 | 庭園(浜離宮) | 恵比寿(カフェ) | 恵比寿(美術館) | 成田空港 | 戦闘機 | 新宿 | 新宿(かき氷) | 新宿(とんかつ) | 新宿(カフェ) | 新宿(ジャズ) | 新宿(ラーメン) | 新宿(中華料理) | 新宿(和菓子) | 新宿(居酒屋) | 新宿(思い出横丁) | 新宿(洋菓子) | 新宿(蕎麦) | 新宿(都庁) | 新宿(風景) | 新宿(餃子) | 新幹線(東海道新幹線) | 新橋(うどん) | 新橋(お好み焼き) | 新橋(てんぷら) | 新橋(とんかつ) | 新橋(イタリア料理) | 新橋(カフェ) | 新橋(カラオケ、クラブ) | 新橋(バル) | 新橋(中華料理) | 新橋(和食) | 新橋(居酒屋) | 新橋(沖縄料理) | 新橋(洋食) | 新橋(焼肉) | 新橋(玉子かけご飯) | 新橋(蕎麦) | 新橋(鯛焼) | 新潟(ラーメン) | 新潟(日本酒) | 新潟(焼そば) | 日暮里 | 日暮里(街の風景) | 日本橋(寿司) | 日本橋(ラーメン) | 日本橋(和食) | 日本橋(風景) | 日本酒 | 日本酒(東京) | 日比谷(コーヒー) | 日比谷(洋食) | 月島(もんじゃ) | 有楽町(ビストロ) | 有楽町(ワイン) | 有楽町(居酒屋) | 有楽町(日本料理) | 有楽町(風景) | 有楽町(食堂) | | 本郷 | 東京六大学野球 | 東京駅 | 柴又 | 柴又(草だんご) | | 植物園 | 横田基地 | 横須賀 | 歌舞伎座 | 汐留(イヴェント) | 汐留(カフェ) | 汐留(パナソニック電工) | 汐留(フランス料理) | 汐留(ラーメン) | 汐留(中華料理) | 汐留(沖縄料理) | 汐留(洋食) | 江東区(ラーメン) | 池袋(居酒屋) | 沖縄(菓子) | 浅草(三社祭) | 浅草(河豚) | 淀川 | 深大寺(蕎麦) | 渋谷(蕎麦) | 湯島 | 湯島(カフェ) | 湯島(カレー) | 溝口(うどん) | 溝口(焼肉) | 皆既月食 | 神楽坂 | 神楽坂(和食) | 神楽坂(カフェ) | 神楽坂(中華料理) | 神楽坂(日本酒) | 神楽坂(焼鳥) | 神楽坂(祭礼) | 神楽坂(Bar) | 神田 | 神田(お好み焼き) | 神田(居酒屋) | 神田(甘味処) | 神社・仏閣 | 神社仏閣 | 祭り | 祭礼 | 福生市(日本酒) | 立川(中華) | 立川(日本酒) | 立川(焼そば) | 立石(蕎麦) | 競馬 | 節句 | 築地 | 築地(てんぷら) | 築地(イヴェント) | 築地(カフェ) | 築地(フランス料理) | 築地(ラーメン) | 築地(場内) | 築地(本願寺) | 築地(牛丼) | 築地(餃子) | 築地(魚がし横町) | 自然現象 | 自衛隊 | 航空母艦 | 航空祭 | 船橋 | 茨城県古河市 | 葛飾(居酒屋) | 表参道(映像) | 表参道(豚カツ) | 西荻窪(カフェ) | 西荻窪(フランス料理) | 西荻窪(ラーメン) | 西荻窪(ワインバー) | 西荻窪(居酒屋) | 調布市(カレー) | 調布(うどん) | 調布(かき氷) | 調布(カフェ) | 調布(植物園) | 調布(洋菓子) | 調布(神社・仏閣) | 調布(自然) | 調布(蕎麦) | 調布(餃子) | 谷中 | 谷中(街の風景) | 赤坂(てんぷら) | 赤坂(和菓子) | 遠征 | 酒器 | 野球 | 野生動物 | 銀座 | 銀座の風景 | 銀座(うどん) | 銀座(うなぎ) | 銀座(お好み焼き) | 銀座(かき氷) | 銀座(その他) | 銀座(てんぷら) | 銀座(とんかつ) | 銀座(アメリカ料理) | 銀座(イタリア料理) | 銀座(インド料理) | 銀座(イヴェント) | 銀座(カフェ) | 銀座(カリビアン料理) | 銀座(カレー) | 銀座(ギャラリー) | 銀座(コーヒー) | 銀座(サンドウィッチ) | 銀座(スウィーツ) | 銀座(ステイショナリ) | 銀座(ステーキ) | 銀座(スペイン料理) | 銀座(タイ料理) | 銀座(チョコレート) | 銀座(トルコ料理) | 銀座(ドイツ料理) | 銀座(ハヤシライス) | 銀座(ハンバーグ) | 銀座(バー) | 銀座(ビール) | 銀座(フランス料理) | 銀座(ラーメン) | 銀座(ヴェトナム料理) | 銀座(中華料理) | 銀座(串揚げ) | 銀座(健康食品) | 銀座(和菓子) | 銀座(坦々麺、担々麺) | 銀座(天丼) | 銀座(寿司) | 銀座(居酒屋) | 銀座(日本料理) | 銀座(日本酒) | 銀座(歌舞伎座) | 銀座(洋食) | 銀座(焼肉) | 銀座(焼鳥) | 銀座(牛丼) | 銀座(画材) | 銀座(神社・仏閣) | 銀座(紅茶) | 銀座(蕎麦) | 銀座(薬局) | 銀座(街の風景) | 銀座(親子丼) | 銀座(軽食) | 銀座(釜めし) | 銀座(韓国料理) | 銀座(餃子) | 門前仲町 | 門前仲町(もんじゃ) | 門前仲町(和食) | 門前仲町(居酒屋) | 門前仲町(焼鳥) | 門前仲町(甘味処) | 韓国 | CHOCOLATE | NIKON D800 | PC

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ