« 小金井/ 鴨 | トップページ | 小金井/ 鷺 »

2021年1月 8日 (金)

木星と土星

1dsc_9297 2020年12月21日

今から半月程前の当時の日、すなわち12月21日の日没後のことでした。
西南西の比較的低い空に一際明るく輝く天体が見えました。

事前の報道でこの日に木星と土星が接近して見えるということが報じられていましたので、これがそうかもしれないと思い、D800に装着したズームレンズの焦点距離400mmで撮影しました。
手持ちで撮影しましたので、画像にブレがありイマイチですが、致し方ないところです。
今から思えばちゃんと三脚に固定して撮影すれば良かったというところですが、後の祭りでした。

なお、報道によりますと、木星と土星は20年に一度接近して見えるとのことですが、今回は目視角度が0.1度まで接近していて、これは1623年以来の近接だそうです。

1dsc_9300 2020年12月23日

翌日の天気は曇りでしたが、23日は晴れでしたので日没後に西南西の空を見ますと木星と土星が見えましたので、今度は三脚にレンズを固定して撮影しました。
が、画像は鮮明さが無く、天体望遠鏡でないと星の撮影は難しいということが分かった次第でした。

因みに、次回の最接近は2080年3月になるそうです。

   

« 小金井/ 鴨 | トップページ | 小金井/ 鷺 »

コメント

私も肉眼で見ました。私のカメラ類では撮影は無理だと諦めましたが、ロマンある夜空でしたね。キンと寒くなりました。

Kincyanさん
天体観測は天体望遠鏡がないとアカンようです。
調べてみますと、天体望遠鏡は本体だけでなく自動追尾できる赤道儀など周辺装備にも結構な費用がかかる趣味のようですし、観測は上空の澄んだ冬の夜ということで、小遣いピーピーかつ寒がりのあたしにはシンドイことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 鴨 | トップページ | 小金井/ 鷺 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ