« 立川/ La boulangerie Quignon (クロワッサン、ブレンドコーヒー) | トップページ | 澤井(奥多摩)/ 小澤酒造 (焼きおにぎり、うの花まんじゅう、ざるそば) »

2020年12月22日 (火)

奥多摩/ 多摩川、玉堂美術館

1img_0281 

YA氏と立川駅で会い、多摩川に沿って北上する青梅線で向かった先は御岳駅でした。
ここから多摩川に沿って下流側に歩き、東京の銘酒である澤乃井の蔵元である小澤酒造を目指しました。

1img_0281001_2 

その途中には、河合玉堂の美術館がありますので、まずはそこを目指して多摩川の右岸(下流に向かって)を辿ることにしました。

1img_0283 御岳橋の上から見た多摩川(手前が上流)と河鹿園(左の建物)

御岳駅を出て、直ぐ傍にある御岳橋を渡りました。

橋の中央から下流方向を眺めますと、この辺りは大きな岩があって所々流れが急になっていました。

1img_0285 名知らず花

多摩川の右岸は川の流れの近くは岩場となっていましたが、崖の面には初秋の草花が咲いていました。
岩の上に登ったりしながらぼちぼち歩きますと約10分で玉堂美術館に至りました。

1img_0289 玉堂美術館

玉堂美術館では河合玉堂師の若い頃からの絵が多数展示されていましたが、それはそれは実に見事なものでした。
特に若年の時の絵には目を見張るものがあり、やはり芸術の世界で名を馳せるという人は幼いころからその才能を発揮することが多いということを目の当たりにしたのでした。

1img_0290 玉堂美術館の庭園

また、庭園は広い枯山水庭園で、静寂と周囲の緑に囲まれた佇まいは何やら暫しの間ここに留まって静かに呼吸をしていたいという思いに駆られたのでした。

1img_0297 

玉堂美術館を出て、再び多摩川を下流側に進みました。
途中で大きな橋を渡って左岸を歩くことにしました。

1img_0306 

1img_0315

1img_0317

川幅は少し広い場所もありましたが、全体に岩が多いようで流れが激しくなっている場所がいくつもありました。

1img_0303

1img_0311 

そういう激しい流れはラフティングを楽しめるようです。
この日は小型のゴムボートを沢山見掛けました。
今は疫病コロナで自粛自衛の生活が続いていますが、コロナ終息の暁にはラフティングもしてみたいと思うところです。

1img_0329 ホオズキ

1img_0332 ヒガンバナ

   

« 立川/ La boulangerie Quignon (クロワッサン、ブレンドコーヒー) | トップページ | 澤井(奥多摩)/ 小澤酒造 (焼きおにぎり、うの花まんじゅう、ざるそば) »

奥多摩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩/ 多摩川、玉堂美術館:

« 立川/ La boulangerie Quignon (クロワッサン、ブレンドコーヒー) | トップページ | 澤井(奥多摩)/ 小澤酒造 (焼きおにぎり、うの花まんじゅう、ざるそば) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ