« 上海/ 紹興酒の店   [2019.10.23.14:30] | トップページ | 上海・新天地/ M The Market Lane (WATERMELON STRAWBERRY CAKE、 JASMINE TEA)   [2019.10.23.15:40] »

2020年11月 6日 (金)

上海/ 老友螺螄粉 (原味螺螄粉)   [2019.10.23.14:40]

1img_7543 老友螺螄粉(西蔵南路388)

紹興酒の専門店の前を通りすぎ数分歩きますと大きな通りにでました。
そして、この大通りを渡りますと食べ物屋が2軒並んでいましたので、その内の左側に位置する料理は店の名前からは想像できないものの小麦粉を使った料理が供されるであろうということと、先客が何やら麺をすすっていることから、「老友螺螄粉」という店に入りました。
なお、店の建物にある住居表示(西蔵南路388)の写真からこの大通りは「西蔵南路」ということが分かりました。

1img_7542 店内

「老友螺螄粉」は奥に長い店内となっていて、注文は一番奥にあるオーダーカウンターでするようになっていました。
HO氏と私は様子を窺いながらジワリジワリと店内奥に歩を進めますと、おばちゃんも顔をこちらに向けずに横目で訝しそうに私達の方を見ている雰囲気でした。

1img_7531 菜譚

おばちゃんから差し出された菜譚を見て、HO氏は「招牌螺螄粉」を微辣で、私は「原味螺螄粉」を微中辣で注文しました。
なお、私が「原味螺螄粉」を選択したのは、始めての店では最もスタンダードな一品をいただくことにしており、加えて原味というのは所謂オリジナルテイストという意味であろうと推察したからでした。

そして、店の入口に近くて明るいテーブルに着き、注文の品が運ばれてくるのを待ったのでした。

1img_7534 招牌螺螄粉

まず、最初にHO氏の「招牌螺螄粉(微辣)」が供されました。
早速HO氏は麺をスルスルスルと啜りあげて美味そうに食べ始めました。

1img_7535 原味螺螄粉

そして、時をおかずして私の「原味螺螄粉(微中辣)」が供されました。
先ずはスープを少し口に含んでみました。
すると、いきなり辛味が舌の半分ほどに広がりました。
その辛味は日本で経験する鋭利な辛味ではなくて、何やら重量級のズシンとくる辛味でした。

1img_7539

スープはかなり辛いのでしたが載せられている具材は筍、シナチク、春菊のような青菜、揚げわんたん、ひき肉、木耳、などは辛味の中で旨味を醸し出していて、良い味わいでした。
また、麺は白っぽいストレート麺で、柔軟かつ滑らかな口当たりではありますが結構な腰のある良い食感のもので、咀嚼によってデンプン系の甘味・旨味が出る麺でした。

1img_7537

店内には約30分居て、歩いた疲れを癒してから、新天地というエリアに向かって歩き始めたのでした。

1img_7540 麺に加える薬味はなく、自慢のスープと具材で勝負する店でした

1img_7541 何やら由緒が書かれているのでしょうか?

1img_7533 常連客の写真でしょうか?

   

1img_7545 青果店on自忠路

15:18に「老友螺螄粉」を出て、直ぐのところにある自忠路に入り、新天地のある西へ向かいました。
すると、自忠路に入った処には青果店があり、紅富士という名前のリンゴが売られていました。
名前から推察しますと、これは日本から来た品種のようでした。

1img_7547

1img_7553 自忠路

なお、自忠路は新天地というエリアに近づくにしたがって静かな佇まいとなりました。

   

« 上海/ 紹興酒の店   [2019.10.23.14:30] | トップページ | 上海・新天地/ M The Market Lane (WATERMELON STRAWBERRY CAKE、 JASMINE TEA)   [2019.10.23.15:40] »

CHINA」カテゴリの記事

CHINA(Shanghai)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海/ 紹興酒の店   [2019.10.23.14:30] | トップページ | 上海・新天地/ M The Market Lane (WATERMELON STRAWBERRY CAKE、 JASMINE TEA)   [2019.10.23.15:40] »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ