« Canon snappys | トップページ | 西川 治 氏 »

2020年8月18日 (火)

SONY α-100

1dscn8900 SONY α-100、MAXXUM AF ZOOM 100-300mm 1:4.5(32)-5.6を装着

現在、SONYはその優れた設計・加工技術と高度なCMOSセンサー技術で世界のミラーレス一眼カメラ分野におけるリーディングカンパニーとして認知されていると推察しています。
そのSONYはカメラに関する技術をミノルタから継承した技術を礎として現在に至っているように思います。

1dscn8908

そして、SONYが最初にリリースしたのがミラーレス一眼カメラではなく一眼レフ型カメラで、その名称は「SONY α-100」でした。

1dscn8903

私は2007年1月19日にこの「SONY α-100」を手に入れたのでした。
場所は成田空港のカメラショップ「カメラの木村 成田空港店」で、ジャカルタ出張の途中のことでした。
何故に成田空港で購入したかと言いますと、2006年2月から貯めたJALのマイレージが使えたからでした。
なお、「SONY α-100」の価格が99、800円+税5%でしたが、全てマイレージでカバーでき、加えてフィルター(9029円+税5%)もカバーできたのでした。

1dscn8902

そして、この日以降Nikon製D800を購入する2013年7月19日まで約6年半の間メインのカメラとして使い続けたのでした。

1dscn8911

なお、現在も「SONY α-100」にはミノルタの望遠ズームレンズ「MAXXUM AF ZOOM 100-300mm 1:4.5(32)」を装着し、150-450mmレンズとして遠くの被写体を狙う際には使っています。

1img_20200817150701 取扱説明書は輸出仕様

   

« Canon snappys | トップページ | 西川 治 氏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Canon snappys | トップページ | 西川 治 氏 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ