« 大阪/ 日本万国博覧会 EXPO70 (2) | トップページ | ネガフィルム »

2020年8月10日 (月)

カルビー/ 47都道府県の味 (東京、千葉、横浜、埼玉)

1dscn8605 

7月下旬のことでしたが、スーパーマーケットに清酒を買いに行きますと、スナック菓子の売り場の一角でひと際光彩を放つコーナーが目に留まりました。
ムムッと思って近寄って行きますと、そこには金色に輝くカルビーの袋がうず高く積まれていました。
さらに良く見ますと、袋には東京、千葉、神奈川、埼玉という文字が大書されています。

1img_0005001_20200810105901

袋の一つを手に取って見ますと、袋の背面に「47都道府県の味」と書かれており、どうやら各都道府県の代表的な味を付けたもののようでした。
そして、我が住居エリアが東京であることからでしょうか、販売されていたのは東京、千葉、神奈川、埼玉のもので、東京がかっぱえびせん、千葉が堅あげポテト、神奈川と埼玉がポテトチップスとなっていました。

現在のコロナ禍の状況で日々の退屈を紛らせてくれる心憎いプロジェクトと理解し、東京、千葉、神奈川、埼玉の4種類を躊躇なくかごに入れたのでした。

なお、購入した品々は別途孫たちに送りましたが、どのような感想を持ったことでしょうか、興味あるところです。


[東京の味:かっぱえびせん てんぷら味]

1img_20200810105801

東京の「かっぱえびせん てんぷら味」は浅草の名店「雷門 三定」の天つゆの味が付与されているとの記述がなされています。
早速いただきますと、海老の天ぷらを彷彿とさせられる味となっていました。
かっぱえびせん単独でもビールや熱燗の美味しいおつまみとなるものですが、三定の天つゆというイメージにより一味深い味わいに感じられるのでした。

1img_0001_20200810105801

1dscn8700

[千葉:堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味]

1img_0002_20200810105801

千葉の「堅あげポテト 丸大豆しょうゆ味」は袋を開けた瞬間に香高い醤油の芳香が鼻腔の奥にまで届きました。
タイトルは丸大豆しょうゆ味となっていますが、味のみならずその佳い香の強さが印象的でした。

なお、私の個人的な印象では、海に囲まれている千葉県の名産である浅蜊を使った佃煮風味のポテチもヨロシイかと思うのですが・・・。
あるいは、もう少し高級路線で伊勢海老味とかも良いように思うところです。

1img_0003_20200810105901

1dscn8641 醤油を纏って濃い目の褐色を呈している

[神奈川の味:ポテトチップス 横浜家系ラーメン味]

1img_0004_20200810105901

神奈川の「ポテトチップス 横浜家系ラーメン味」は食べる前の予想に反してアッサリとした味わいでした。
先入観を持たずに目を閉じていただいたならば、コンソメ味に感じていたかも、と思うところです。

1img_0005_20200810105901

1dscn8760 ラーメンスープを纏って薄目の色に仕上げられている

[埼玉の味:ポテトチップス うなぎの蒲焼味]

1img_0006_20200810105901

埼玉の「ポテトチップス うなぎの蒲焼味」は淡目の風味ではありますが、まさにうなぎの蒲焼の風味が感じられました。

1img_0007_20200810105901

1dscn8780 鰻のタレで濃い目の褐色

なお全国47都道府県の味であるので、大阪や京都の味もあるようです。
味わってみたいと思いますが、現今の状況ではまたの機会ということになりそうです。

   

« 大阪/ 日本万国博覧会 EXPO70 (2) | トップページ | ネガフィルム »

コメント

ビールのつまみに最適ですね。
私も家ではビールをたしなみませんが、無性にポテチップスが欲しくなる時があり、食べてしまいます。カロリーたっぷりでうまいのなんの。げに食欲のおそろしさよと、食べた後反省いたします。

Kincyanさん
ポテチやかっぱえびせんはお酒のちょっとしたつまみにもヨロシイですねぇ。
私は、夏場にはジンジャーエール、冬場には熱い緑茶と一緒に食べるのが好きですなぁ。
私も一旦袋を開けてしまうと食べきるまで止まりません。げにおそろしきこと、ですなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪/ 日本万国博覧会 EXPO70 (2) | トップページ | ネガフィルム »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ