« 小金井/ 野川 (水生調査)、 栗 | トップページ | 小金井/ 燕 (飛行訓練) »

2020年7月20日 (月)

USA/ Stamps COMMEMORATIVE EDITION (25th Anniversary of the First Moon Landing)

1img_0001_20200711143101 25th Anniversary of the First Moon Landing

NYのGrand Central駅の東側、Lexington Ave.の44thSt.と45thSt.の間に大きな郵便局がありました。
この郵便局がオフィスから歩いて5分程度の近さでしたことから、昼食の後などに立ち寄っていました。
その主たる目的は記念切手を贖うことでした。
流石にコストがかかりますことから発行される全ての記念切手は贖いませんでしたが、興味をソソラレタものは購入していました。
その興味をソソラレタ切手の一つがこの「25th Anniversary of the First Moon Landing」でした。

1img_0001001_20200711143201

人類が初めて月面に降り立ったのが1969年7月20日(米国時間)のことで、日本でも大々的に報道されました。
特にNHKで放送された映像と西山千氏の同時通訳は印象深いものがありました。
多分、多くの日本人が同時通訳に触れた最初の出来事だったように記憶しています。

なお、私はこの人類初の快挙に甚く感動して、このことが一面で報じられた数紙の新聞を駅の売店に買いに行きました。
そして新聞が劣化しないようにビニールの袋に入れて保管していました。が、大学入学以降生家をはなれたこともあり、今ではどうなっているかは不明なままです。
あの時から今年で51年が経ちましたが、地球に最も近い星である月ですらまだまだ未知のものなのですなぁ。

   

« 小金井/ 野川 (水生調査)、 栗 | トップページ | 小金井/ 燕 (飛行訓練) »

USA」カテゴリの記事

コメント

月に行ったのは51年前ですか。それだけ無理をして米国は月計画をたてたのですね。経済的価値を認められなかったのか、戦争で忙しかったのか、月以降は続かなかった。お金かかりますものね、宇宙開発は。

Kincyanさん
NASAのアポロ計画にせよスペースシャトル計画にせよ、その末期に国民から選出された議会の承認を得られなかったのは国家としての優先順位が低くなったからなのでしょうかねぇ。
話は変わりますが、民主主義国を標榜する某国の行政によるコロナ対応向けの金の使い方に関して、その議会の及ぼす力が全く機能していないですが、おぞましいことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 野川 (水生調査)、 栗 | トップページ | 小金井/ 燕 (飛行訓練) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ