« 堺/ 世界遺産 百舌鳥古市古墳群 (記念切手) | トップページ | 堺/ 古墳 (出土品) »

2020年7月10日 (金)

チャレンジ/ カレーラーメン

1dscn8439 生協の「こくと旨みの中華そば しょうゆ味」と「牛肉の旨味が溶け込んだ ビーフカレー」

ここのところ、といいましてももう既に6ヶ月となるでしょうか、散歩も含めて出歩くことが著しく減りました。

従いまして、頭の劣化を少しでも遅延させるベく行っているブログにつきましてもネタが枯渇する事態となっています。

昔の出来事で興味のあったことについて記述するのも一興かと思っていますが、いかんせん整理整頓が悪く適当な写真がでてこないでいることからなかなか掲載させていただくまでには些か時間を要することになりそうです。

そこで、今日は一計を案じまして、予てよりチャレンジしてみたいと考えていました「カレーラーメン」を作ってみることにしました。
ここで使いましたのは、生協の「こくと旨みの中華そば しょうゆ味」と「牛肉の旨味が溶け込んだ ビーフカレー」です。

1dscn8440

先ずは鍋でお湯を沸かし、そこでレトルトの生協の「牛肉の旨味が溶け込んだ ビーフカレー」を温めました。
次いで、生協の「牛肉の旨味が溶け込んだ ビーフカレー」のレトルトパックを引き上げた後のお湯に「生協の「こくと旨みの中華そば しょうゆ味」の麺を投入し、程良く煮えたところで粉末スープを投入して適宜かき混ぜた後、丼鉢に移しました。
なお、レトルトの外側はお湯に投入する前に入念に洗っておいたことはもちろんのことです。

1dscn8441

そして、生協の「牛肉の旨味が溶け込んだ ビーフカレー」を開封し、丼鉢に治まった生協の「こくと旨みの中華そば しょうゆ味」の上にかけまわしました。
これで所謂カレーラーメンの出来上がりです。

そして、箸を手にして徐に食べ始めました。
良い味です。
ほんの数分で食べおわりましたが、塩分は合計で8gほどあるようで一日の適正塩分量をこれ一食で超えてしまったようです。

なお、今回はスープにしたお湯の量が多かったようで、カレーが麺に絡まる量は存外に少なくなり、後追いでスープを口に送り込むことが必要でした。
将来、万一カレーラーメンを作る機会がありましたら、注意するポイントです。まさに失敗は成功の基というものです。

   

« 堺/ 世界遺産 百舌鳥古市古墳群 (記念切手) | トップページ | 堺/ 古墳 (出土品) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堺/ 世界遺産 百舌鳥古市古墳群 (記念切手) | トップページ | 堺/ 古墳 (出土品) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ