« 小金井/ 貫井神社 (赤とんぼ) | トップページ | USA/ ドル紙幣 (2ドル紙幣) »

2020年7月29日 (水)

USA/ ドル紙幣 (番号・記号)

1img_0003_20200728072201

1995年7月に米国勤務を終えて帰国しましたが、米国勤務中は仕事だけではなくアメリカの生活や文化に係わることも多々知る機会を得ました。
その内の一つが通貨に係わることでした。
今回は「紙幣」に記されている記号について知り得たことです。

米国の紙幣は全国主要都市にある連邦準備銀行によって発行されており、その数は「12」あります。
そして、それぞれの連邦準備銀行で発行された紙幣にはその固有の数字とアルファベットの文字が印刷されており、紙幣を見ればどの連邦準備銀行で発行されたものかが分かるようになっています。

私は知人からそのことを教えられ、発行された連邦準備銀行ごとの紙幣を集めてみることにしたのでした。
なお、蒐集の対象は予算的に楽な$1紙幣を対象としました。

蒐集を始めた当初は簡単に集めることができるであろうと思っていたのでしたが、いかんせんこれが存外に難しいことで、蒐集をしていた2年間程の間では結局4番Dのクリーブランド連邦銀行の$1紙幣には出会うことがありませんでした。

なお、ミズーリ州にはセントルイスとカンザスシティの2都市に連邦準備銀行があり、またロッキー山脈より西にはサンフランシスコの1都市にしか連邦準備銀行はありません。アメリカの発展の歴史がそのようにさせたのでしょうけれども、興味ある事実です。


番号 記号 連邦準備銀行    所在州

 1  A   ボストン         MA
 2  B   ニューヨーク      NY
 3  C   フィラデルフィア    PA
 4  D   クリーブランド     OH
 5  E   リッチモンド       VA
 6  F   アトランタ        GA
 7  G   シカゴ          IL
 8  H   セントルイス      MO
 9  I    ミネアポリス      MIN
10  J   カンザスシティ     MO
11  K   ダラス          TX
12  L   サンフランシスコ    CA

   

« 小金井/ 貫井神社 (赤とんぼ) | トップページ | USA/ ドル紙幣 (2ドル紙幣) »

Collection」カテゴリの記事

コメント

なあるほど、こんなところにもアメリカの開拓史がひそんでいるのですね。面白い。
一日のコロナ罹患者最大になりましたね。自転車で、遠くにはいくものの、レストランには心理的に入り難くなりました。土曜日に代々木上原の学習会に行ってましたが、前回からパスしてます。御用心のほどを。

Kincyanさん
アメリカは第2次大戦後の日本人の多くにとって心情的に近い国であり続けてきましたが、その一方で知らないでいることも多いようです。これからも気付いたことを思い出しながら書き綴ってまいります。
疫病コロナに関しては今や東京云々ではなく、全国区での感染拡大が止まらず、その防止が至上の課題となってしまいました。多くの人たちはこういう状況をありえることとして予測しつつそうならないように祈ってていたようですが、実際にはそうなってしまいました。
こうした状況が予測され加えてそうなったにも関わらず有効な対応策を実施しようとしない行政機関には困惑してしまっています。
貴殿もどうか疫病に見舞われませんよう警戒を厳にしてまいりましょうぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 貫井神社 (赤とんぼ) | トップページ | USA/ ドル紙幣 (2ドル紙幣) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ