« 化石/ アンモナイト (褐色) | トップページ | 化石/ アンモナイト (白褐色) »

2020年6月15日 (月)

化石/ アンモナイト (淡褐色)

1dscn8001 


銀座に行きますと高級貴金属店、高級ブティック、高級飲食店などなど財力があれば楽しい思いができる店が数多く在ります。
そうした中に、すすらん通を晴海通側から入ってほんの少し歩いた右側に、直径が1m以上もありそうな巨大なアンモナイトの化石を飾っている店があります。
近寄って見ますと、自然にできた色や結晶の光沢が綺麗な「住房」と「気房」、それらを縁取る「隔壁」、そしてバランス良くらせん状に広がる住房と気房の配列の妙に思わず知らず見とれてしまうことでした。
しかし、残念ながらこのアンモナイトの化石の傍には「撮影禁止」の注意書きがしてあり写真を撮ることが叶わないでいます。
さらには、非売品となっていて購入することもできません。
この巨大なアンモナイトの化石を見るには銀座に行くしか手立てはないのです。

1dscn8007

さて、この化石も「Houston Museum of Natural Science」の売店で購入したものです。
価格も昨日の化石と同様で3.5ドルから5ドルの間にあったように記憶しています。

「住房」は埋もれていた地層の色に影響を受けているのでしょうか、赤色を帯びた褐色を呈しています。
また、隔壁の一部は隙間があったせいか結晶ができている部分がありました。

1dscn8007001

また、「気房」には石英系のものでしょうか?結晶が成長していていますが、この化石では空洞のままになっています。

1dscn8003

   

« 化石/ アンモナイト (褐色) | トップページ | 化石/ アンモナイト (白褐色) »

Fossil」カテゴリの記事

コメント

アンモナイトシリーズ続きますね。貴君に、そのような趣味があったとは、このブログで思わぬ発見でした。古代生物考古学に興味があるようで、NHKのBSあたりで良い番組をやっていますので、ご覧になっているのかもしれません。

Kincyanさん
昔からですが化石には惹かれますねェ。
手に入るのは安価で珍しくない化石ばかりですが、眺めていて飽きることはありませんなァ。
NHKの番組は知りませんでした。早速、見ることにいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 化石/ アンモナイト (褐色) | トップページ | 化石/ アンモナイト (白褐色) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ