« 小金井/ 天丼てんや 武蔵小金井店 (上天丼弁当) | トップページ | San Antonio(TX)/ Natural Bridge Caverns (鍾乳石:石筍) »

2020年6月23日 (火)

献血

1img_20200623142701  献血手帳(1冊目)

私が献血を初めて行ったのは1979年10月22日で、26歳の時でした。
私はM社に入社して1年目のことで、この機会がなかったならば献血に参加しないで一生を終えていたかもしれません。
しかしながら、献血を一度経験しますと、それは大げさなことではなくて思っていたよりも簡単に終わるということを知り、また加えて世の中で血液を必要としている人の助けになるということを意識するようになりました。

1img_0001_20200623143301

私が献血をするきっかけになったのは、次の通りでした。
1979年10月の上旬でしたが、M社の千葉工場に勤務する人が心筋梗塞で手術を行うことになったのでした。
あの当時は輸血するのにあたって、適合する血液でかつその新鮮血が必要だったようです。
さらに、その人の血液型が数十人に一人という珍しいものでした。

そこで、M社では千葉にある工場および研究所の有志の人達数百人が検査を受けた結果、50人ほどの献血適合者が見つかったのでした。
そして、実際に献血することになったのは若い方から十数人で、新入社員であった私もその中の一人に入っていました。
その後、手術は上手く終わり、患者さんは元気に復職されたのでした。
私は千葉の研究所に勤務していた時は最初は年に2回ほどでしたが献血をしていましたが、仕事が忙しくなるにつれて遠ざかってしまいました。

因みに、求められた血液は「A・Rh(+)・Le(a-b-)」型で、私の血液もこの型でした。
[Le:Lewis式血液型、成人人口の10%程度]

なお、ネットで調べますと『Le(a-b-)型の人のみ癌の診断に使われる消化器系腫瘍マーカーのCA19-9を作る遺伝子が欠落するので、癌があってもマーカーが検出されないという特徴を持つ血液型』であるとの記述がありました。
何となくではありますが、要注意のようです。

1img_0004_20200623143301  献血手帳(2冊目)

さて、アメリカ勤務を終えて帰国してから数年経ったタイミングで献血を再開しましたが回数は増えず、2016年からは血液凝固防止薬を服用し始めたことから献血ができなくなりました。
できないとなると、そんなに貢献していないのに些か残念な気分です。

1img_0005_20200623143301

1img_0006_20200623143301 献血カード

1img_0007_20200623143301

1dsc_0158 最後の献血(@汐留、20140910)

1dsc_0159

   

« 小金井/ 天丼てんや 武蔵小金井店 (上天丼弁当) | トップページ | San Antonio(TX)/ Natural Bridge Caverns (鍾乳石:石筍) »

Medical」カテゴリの記事

コメント

一種の公共のために尽くすということなんでしょう。尊いことですが、今やジジイの血はとってもらえないかもしれません。人のための尽くすという気概は、難しいものですね。近代の哲学者カントは少しその世界を気にしていたようです。100分で名著の過去物をAmazon videoで見てますが、なかなか感慨深いものです。本を読むより楽です。

Kincyanさん
それほど上段に構えた訳ではなくて、自分にでもできることということで献血をしただけでした。
ということで、26年間で22回しかできていません。
今日の報道で実業家のY氏が個人の資産の中から京都大学のノーベル賞受賞者が運営される組織に総額100億円を寄付されるということでしたが、凄いですなァ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 天丼てんや 武蔵小金井店 (上天丼弁当) | トップページ | San Antonio(TX)/ Natural Bridge Caverns (鍾乳石:石筍) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ