« US AIRLINES/ Mileage PROGRAM | トップページ | 化石/ 魚類 »

2020年6月10日 (水)

US HOTELS/ Membership Cards

1img_20200609071101 

アメリカでは高級ホテルからドライブインまでいろいろなホテルに宿泊する機会がありました。
それらの中で、チェーン展開しているホテルでは顧客獲得策の一環としてポイントプログラムがあり、最初に入会したのがMarriottホテルで、立て続けにHYATT、HILTON、SHERATON、WESTINなどのメンバーになりました。

しかしながら、特定のホテルだけに宿泊するということはなかったことから貯まったポイントは左程増えるということが無く、活用することがないままに終わりました。


1img_20200609140901

1img_20200609160401

ところで、ANAが1986年に成田ーWashington D.C.線を開設した頃のことです。
スチュワーデスさん達は、Washington D.C.での到着日はホテルに向かい点呼後宿泊でホテルからの外出は禁止、翌日と翌々日は自由時間、そして4日目に日本へのフライトに乗務、というのが決まりとなっていると聞いたことがありました。

彼女たちの宿泊するホテルはKEY BRIDGEというエリアにあり、それがMarriottホテルであるという情報を入手したことを日本からの出張者に連絡しますと、そこに宿泊したいとのリクエストがありました。

リクエストに従ってMarriott KEY BRIDGEを予約し、VIRGINIAにある顧客との仕事を終えてチェックインしました。
しかしながら、ANAのスチュワーデスさん達の姿どころか気配すら感じられませんでした。
ま、世の中こんなものよ!と思いました次第でした。

1img_0008_20200609071301

1img_0002_20200609140901

1img_0001_20200609140801

1img_0006_20200609071101

1img_0004_20200609071101

1img_0003_20200609140901

1img_0004_20200609140901

アメリカには日系のホテルも展開されていました。

バブル時代はそれが顕著でNYのESSEX HOUSEの買収なども含めるとかなり積極的であったように推察しています。


それらの中で、nikko hotelはシカゴのダウンタウンとメキシコシティに宿泊する時は定宿にしていました。
シカゴのはLawry’sに近くて歩いて行ける距離にあり便利でした。

メキシコシティのは一般客とは別に上層階でチェックインできたのが便利であったことと、メキシコシティが高地であることから高山病に備えて酸素ボンベが常備してあるということを聴いたことがありました。


1img_0005_20200609140901

1img_0006_20200609140901

トロントでの宿泊はPRINCEホテルが多かったでした。
一度でしたが週末の日曜日も宿泊したことがありましたが、サンデーブランチでは私達以外のお客さんたちが大皿に山盛りの料理を取っておられたのには日本からの出張者も驚いていたのを憶えています。やはり体の大きさの違いがこういうところで分かるというものでした。

1img_0007_20200609140901

   

« US AIRLINES/ Mileage PROGRAM | トップページ | 化石/ 魚類 »

USA(HOTELS)」カテゴリの記事

コメント

スーッチーさんの泊まるホテルを狙って予約を取れとは、まさにスケベ心満点ですね。とても微笑ましく思えます。それにしても、アメリカでの生活は、華麗ですな。

Kincyanさん
いかにも不純な動機です。
そして天罰は下る!ということで、ホテルのロビーは人影もなくひっそりとしていたのでした。
その後ANAはNY線も開設され、それにともなってマンハッタンの博物館や美術館には服装の洒落たあかぬけた姿勢の良い女性たちの姿が見られるようになりました。諸々の情報を総合しますと、あれはANAのCAさんたちだったと確信するところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« US AIRLINES/ Mileage PROGRAM | トップページ | 化石/ 魚類 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ