« 化石/ アンモナイト (淡褐色) | トップページ | 化石/ 歯牙 »

2020年6月16日 (火)

化石/ アンモナイト (白褐色)

1dscn8010 

先日、魚類の化石のところでその真贋について懸念をもっているということを述べました。
その理由の一つに、魚の化石の周囲に沿って切削が施されている、ということを挙げました。
しかしながら、良く考えてみますと以前にニューヨークのMuseum of Natural Scienceで見た始祖鳥の化石にもそういう周囲に沿った切削が施されていたような気がしてきました。
そこで、以前Museum of Natural Scienceで撮った始祖鳥の化石の写真があったはずなので探してみたのでした。
が、ネガフィルムもプリントも見つけることができず、確認に至っておりません。
見つかり次第改めて掲載する所存です。
ところで、上野の国立科学博物館にも始祖鳥の化石があるとの情報を得ましたので、コロナ騒動が落ち着いたら見に行って確認してみようと思っていますが、暫くは難しいことと推察しています。

1dscn8016

このアンモナイトの化石も「Houston Museum of Natural Science」の売店で購入したものです。
前の二つと異なるのは色に赤みが無く、全体に乳白色の強い色をしていることです。
外側を見ますと、白っぽい岩石で覆われていて、前の2個からも分かるように埋もれていた地層の種類が内部の色に反映されていることが分かります。

1dscn8016001

また、隔壁部分における結晶の成長は観察されず、地層の酸性度が低いことで浸食が進まないでいたことが要因の一つではないかなどと素人考えで推察しています。

1dscn8014

   

« 化石/ アンモナイト (淡褐色) | トップページ | 化石/ 歯牙 »

Fossil」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 化石/ アンモナイト (淡褐色) | トップページ | 化石/ 歯牙 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ