« 鍾乳石 (2) | トップページ | 鍾乳石 (4) »

2020年6月27日 (土)

鍾乳石 (3)

1img_0006_20200624144401 

この鍾乳石のプレートは石筍を5mm程の厚みにカットしたものと推察しています。
石筍と推定しましたのは、4枚後の写真(上掲の面の反対側の面)を見ますと、中心部が乳白色の円状になっていることが根拠として挙げられます。
一般的に石筍は床面から上方に向かって伸びるのですが、その成長面(頂上部)は緩やかな曲面となっていて水平方向にカットしますと年輪が現れると同時にカット部位によっては成長面が同一組成で一定の厚みをもって形成されている場合はこの写真のようにある大きさのエリアとして現れるからです。
この鍾乳石のプレートは偶然に成長面が現れる部位でカットされたのでしょうけれども、成長面付近を観察できる珍しいサンプルであると思っています。

1img_0006001

1img_0006003

1img_0006002

1img_0005_20200624144501

1img_0005001

1img_0005004

1img_0005002

1img_0005003

   

« 鍾乳石 (2) | トップページ | 鍾乳石 (4) »

Stalactite」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍾乳石 (2) | トップページ | 鍾乳石 (4) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ