« Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 | トップページ | Winery(NY)/ PALMER VINEYARDS »

2020年5月28日 (木)

Winery(NY)/ MILLBROOK VINEYARDS

1img_0001_20200527150001 Chardnnay 1991 Hudson River Region

私が初めてMILLBROOKのワインに出会ったのはマンハッタンにある老舗ワインショップである「Morrell & Co.」においてでした。
この老舗ワインショップ「Morrell & Co.」はワインの品揃えが豊富なだけでなくNY州のワインについても他店では扱っていない良い銘柄のものを取り揃えている店でした。

「Morrell & Co.」はMadison Ave.と54thSt.の交わる交差点に面した場所にあってオフィスから最も近い処にある大手の老舗ワインショップでしたことから、で昼食後や退社後に立ち寄ることを週に2回程度していました。
ある日、いつものように週末に飲むワインを選んでいましたら、店の人が薦めてくれたのが「MILLBROOK VINEYARDS」の「Chardnnay 1991 Hudson River Region」でした。
昨日も書きましたが、私の居た頃は米国産ではカリフォルニアワインがもてはやされていて、ニュートーク州のワインが置いてある店はあまり見掛けませんでした。
そうした状況の中、敢えて薦めてこられたのはかなりクオリティが高かったからであったと思っています。
因みに、「Morrell & Co.」は店の人たちが非常に行き届いたサービスをされる店でして、そのお薦めには好みの相違はあってもクオリティに関してはハイレベルなものだけが選ばれているというのが私の経験に基づく感想です。
価格は10ドル位のもので、当店が扱うカリフォルニアワインは安くても15ドル、南米産のワインが10ドル程度でしたから、価格的な面での扱いは高いとは言えないものでした。

あの時はお薦めに従って「Chardnnay 1991 Hudson River Region」も購入しました。
そして、後日いただいたのでしたが、Chardnnayの個性が濃厚にかつバランス良く感じられ、単独で飲み続けても飽きないワインに仕上がっていたのでした。
当時は「MILLBROOK VINEYARDS」の知名度が低かったせいなのか、はたまたハドソン川上流域のワインの評価が高くなかったせいなのでしょうか、10ドルという価格はめっちゃくちゃ安いと思った次第でした。

1img_0002_20200527150001 Chardnnay 1992 Hudson River Region

さて、1991年のChardnnayを味わったのは1994年のことで、翌年の2月の終わり頃に1992年を飲んでいることが記録に残っていました。
1991年が大層良かったことから期待が大きかったせいかもしれないのですが、1992年は若干平凡であったということをメモしていました。
ただし、価格が10ドル程度ということで考えれば御買得のワインであったように思います。

1img_20200527150001

なお、「MILLBROOK VINEYARDS」もRyeという街からは1時間程度で行けそうであったので、いつかは行かむ!と思っていましたが、その機会を得ることはありませんでした。
もし、今後NYに長期滞在する機会がありましたら、訪ねてみたい先の候補の一つです。

1img_0001_20200527150002

1img_0002_20200527150002

1img_0003_20200527150001

1img_20200527150101

1img_0003_20200527150101

   

« Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 | トップページ | Winery(NY)/ PALMER VINEYARDS »

WINE(NY)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 | トップページ | Winery(NY)/ PALMER VINEYARDS »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ