« SWEDEN/ PLANBOK ÄLGSKINN BRUN [ELK LEATHER] ”KING OF THE FOREST” | トップページ | Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 »

2020年5月26日 (火)

INDIA/ Clutch Bag

1dscn7794 

昔々、私は世界でメーカーが3社しかないRという製品を担当している時期がありました。
ある日、インドの会社から国際電話があり、その製品の件で会いたいと言ってきました。
当時は電子メールが普及する前の時代で、ファクシミリあるいは電話がコミュニケーションツールとして全盛の頃でした。

ビジネスであれば先ずは話を聴く、というのが基本スタンスでしたから面談の日時を決めますと、約束の刻限に端正な顔立ちをされた明らかに紳士と分かる二人のインド人ビジネスマンが来社されたのでした。

用件は、Rをインドで生産したいので当社の技術をライセンスして欲しいというものでした。
そして、市場環境を分析し加えて社内の関係部署と協議した結果、ライセンスはお断りしたのでした。

1dscn7796

この面談の際に、インドのビジネスマンさんからギフトとしていただいたのが、写真のクラッチバッグでした。
外観は爬虫類の皮革のようであり、更に良く見ますとイタリア製でした。

それから10年位経ってからでしたが、久しぶりにこのクラッチバッグを見た私は気に入ったこともあり、東南アジア地域への出張においてはセカンドバッグとして持って行くことがありました。
これを見た人は、当社の人であっても、あるいは交渉相手の会社の人であっても、多くの人が一瞬ですがギョッとした顔をされました。
そういう時には、「どうです。エグイでしょう~?」と尋ねると皆さん苦笑されるのでした。
確かに『エグイ』クラッチバッグでした。

1dscn7795

ただし、エグイとはいいましてもなかなかしっかりした造りになっていまして、内側にもちゃんと皮のシートが使われていて手抜きの安物ではなさそうでした。


そういえば、昔々神田にあるカバン店に同僚がカバンを探したいというので付いて行ったことがあります。
その時、店主のおっちゃんが良いカバンと安物のカバンについて得々と説明をした後、いきなり私のカバンを手に取りながら安物のカバンの内側には皮のシートは使われておらんのじゃよと言いつつ勝手にカバンを開けたのでした。
店主のおっちゃんの仕草から私のカバンが安物の代表としてやり玉に挙げられたのは明々白々でした。
そして、おっちゃんは目にしたのでした、私のカバンの内側は皮のシートでびっしり覆われていたのを。
その時、おっちゃんは慌てましたです、見ていても気の毒なくらい。
そして、言いました、こういうのが良いカバンなんじゃよ、と。

因みに、その時私が持っていたカバンはT.ANTHONYで買ったカバンでした。

   

« SWEDEN/ PLANBOK ÄLGSKINN BRUN [ELK LEATHER] ”KING OF THE FOREST” | トップページ | Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 »

コメント

色々エピソードを持っておられますね。皮のバックの良し悪しをかばん屋さんに教えてもらった時に、高級バックだと判明するとはねえ。私の方といえば、金色のゼロハリバートンアタッシュケースを持ってましたが、流石に捨てるわけにも行かず、物入れとして押入れの奥に眠っております。

Kincyanさん
おお、懐かしいですねェ。
銀座に現れる時は手にされていましたのは貴殿のスタイルの一つとして記憶しています。
いっぽう、カバン屋のおっちゃんは我同僚や店員の前でえっらそうに演説をぶちかましたうえでの所業でした。
ま、お蔭でカバンの基本的良し悪しは分かるようになりましたけどね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWEDEN/ PLANBOK ÄLGSKINN BRUN [ELK LEATHER] ”KING OF THE FOREST” | トップページ | Winery(NY)/ Brotherhood AMERICA’S OLDEST WINERY EST.1839 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ