« 外科手術用螺子 | トップページ | TYLENOL »

2020年4月22日 (水)

NASA/ EMBLEM PATCHES

1img_8834 

机の引出を片づけています。
机の引出しには「外科手術用螺子」がありましたが、その近くに「NASAのエンブレムやミッション毎のエンブレム」がありました。

Houstonといいますと日本の人が真っ先に思い浮かべられるのはNASA/Johnson宇宙センターでしょうか。
私はHoustonに1987年から5年ほど赴任していました。
そして、日本や他の州からの来訪者や出張者に時間があればご希望に応じてNASA/Johnson宇宙センターを案内することが多かったのでした。
といいますのは、先述の通りHoustonといえば日本人にもアメリカ人にもNASAは最初に思い浮かべられる場所で、次がテキサスのカウボーイのT-ボーンステーキという感じでした。
NASA/Johnson宇宙センターはダウンタウンのオフィスからI-45(インターステートロード45号線、アイ-フォーティファイヴと称されます)を南に車で60マイル/時で30分ほど走った場所にありました。

1img_20200422133601

来訪者が多かった私は約5年のHoustonでの勤務期間中に60回以上はNASAを訪ねています。
NASAに関する話題は機会がありましたら改めて記述させていただきますが、今回は机の引出しにありました「NASAのエンブレムやミッション毎のエンブレム」についてです。

1img_0001_20200422133601 NASA

NASAは広大な敷地内にミッションコントロールセンター、各種研究施設、そして展示見学施設などがあり、展示見学コースの終わりにギフトショップが用意されています。
そのギフトショップではTシャツやキャップなどの定番の土産物が販売されていましたが、さらに宇宙に関連するグッズ、例えばSpace Icecreamなどの宇宙食も販売されていました。
そして、特別なのが「NASAのエンブレムやミッション毎のエンブレム」でした。
私が居た当時でも数十種類のエンブレムが販売されていました。

1img_0002_20200422133601 アポロ計画

エンブレムの価格は、あの当時で一つが$4位であったと記憶しています。
決して安くはなかったというのが印象です。

1img_0004_20200422133601 アポロ1号(メンバーは火災で殉職)

私は興味を惹かれたデザインのものを購入しました。
今から思えはもう少し系統的に買い揃えれば良かったと思うところですが、時既に遅しです。

1img_0003_20200422133601 SPACE SHUTTLE (Engle・Covey・Lounge・Fisher・Van Hoften)

1img_0005 SPACELAB

1img_0007 SPACE SHUTTLE ENTERPRISE APPROACH AND LANDING TEST

1img_0006_20200422133601 SPACE SHUTTLE (CHASE TEAM) 

   

« 外科手術用螺子 | トップページ | TYLENOL »

NASA」カテゴリの記事

コメント

かっこいいですね。私は持っていませんが、自転車用のジャケットを転倒で破いてしまった時に、出来合いのいい加減なワッペンを買ってきて貼り付けました。本来は、貴君のお持ちのようなものを貼っているとかっこいいですのにね。

Kincyanさん
日本ではなかなか入手できないので、希少価値的な品々でしょうか。
もう少しポイントを絞って集めれば良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外科手術用螺子 | トップページ | TYLENOL »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ