« 小金井/ 野川 (桜 開花) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (カライヴ、ホットティw/ミルク) »

2020年3月14日 (土)

小金井/ 無坊 (坦坦麺、ライス)

1dscn6326 無坊

昨日は、ポカポカと温かい一日でした。
そして、前日の予告通りHO氏が11時に「無坊」の前に現れました。
氏に尋ねますと、片道約50kmの距離を愛用の自転車に乗って来た、ということでした。

店の前には「無坊」ファンの人でしょうか、既に一人の男性が並んでおられました。
私達も店の前で待っていますと、11時を少し過ぎたタイミングで店主殿が引き戸を開けて中に招き入れて下さいました。
私達は、一番奥の二席に座り、「坦坦麺」を注文しました。

実は、先週のことですが、HO氏は小金井遠征を敢行されていまして、その際に当店「無坊」で「汁なし坦坦麺」を食し、甚く美味であったことから今度は「坦坦麺」(所謂汁あり)を食するために再訪となった次第でした。

1dscn6321 坦坦麺

注文を終えて暫し、「坦坦麺」が供されました。
先ずは、2016年以来4年数カ月ぶりの「坦坦麺」に対面しますと、相変わらず佳い姿をしています。
特にナミナミと湛えられたスープは好い色を呈していて、グッと食欲が増すというものでした。

1dscn6323 ライスにはザーサイが付いていました

「坦坦麺」が供されたタイミングでライスを所望しましたが、HO氏は「坦坦麺」に心を集中する様子で不要とのことでした。

1dscn6324

さて、いざ食べるらむ!とスープを啜り、麺を啜り上げ、麺が踊る口腔内に肉味噌をスープとともに投入し、と貪るようにいただきました。
なお、「ほうれんそう」もその葉緑素系の苦みが程良く、スープのクリーミーな甘味とラー油や花椒の辛味、痺れ感とマッチしていて、青梗菜でもなく小松菜でもなく敢えてほうれん草を選ばれた店主殿の『審味眼』には一目置くところです。

最後に残ったスープ(とはいってもかなりの量の肉味噌が沈んでいる)にライスを投入し、おじやにしていただきました。
これがまたタマラヌ味わいで、塩分摂取量過多になることすら忘れて食べ切った次第でした。

なお、HO氏も「坦坦麺」に満足されたとのことで、予定通りケーキを食べに府中に向かったのでした。

   

« 小金井/ 野川 (桜 開花) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (カライヴ、ホットティw/ミルク) »

小金井市(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

教えていただいた無坊、美味いなあ。汁無しも、汁有りも、両方とも良いです。あのような坦々麺単品で5年近くもやっていけるというのは、相当なラーメン屋です、腕に自信ありと言う事でしょう。あのあたりの探索、またやりましょう。

Kincyanさん
遠路遥々小金井までお疲れ様でした。
自転車でのご来訪ということで滞在時間は3時間ほどに限定されましたが、昨今のコロナ騒動の中では交通機関に頼るよりは安全というものですねェ。
後1ヶ月ほどすればコロナ騒動の動向は多少は見えてくるでしょうから、様子を注視して計画をたててください。
また、騒動が終息すれば劉の坦坦麺をいただきに豊四季まで遠征いたします。
その時はヨロシクです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 野川 (桜 開花) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (カライヴ、ホットティw/ミルク) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

無料ブログはココログ