« 新宿歌舞伎町/ 上海小吃 (青島啤酒、紹興花彫酒、香菜柈干絲、金針花〇仁、宮爆鳰丁、餃子) | トップページ | 小金井/ 野川 (鷺の飛翔) »

2020年2月 7日 (金)

嘉興/ 嘉興サービスエリア 五芳斎 (一口粽香:栗子鮮肉粽)   [始皇帝ツアー DAY 5 13:05]

1img_7196 嘉興サービスエリア

杭州の「江南味道」で昼食を終えて上海浦東国際空港に向かいましたが、途中にある「嘉興サービスエリア」で休憩となりました。

1img_7190 五芳斎

「嘉興サービスエリア」に入りますと、バスの窓の向こうに「五芳斎」という粽の名店が目に飛び込んできました。
そして、バスを降りて真直ぐに「五芳斎」を目指しました。

1img_7192 菜譚

子供が粽を持ち上げている像を横目に見ながら入った店内はたいそう清潔感の溢れる佇まいで、多くの人が粽を贖っていました。
私は12種類ある粽のどれにしようかと考えていますと、現地ツアーガイドの斯さんが「栗子鮮肉粽」を進めてくださいました。
斯さんによりますと、このエリアは栗が有名だそうで、その栗を使った粽もお薦めだそうです。

1img_7193 目の前で笹の葉を剥いてくれます

斯さんが店の若いお姉さんに注文を告げてくれたので代金を支払いますと、おっちゃんが笹の葉を剥ぎ取ってからビニールの袋に粽をドスンと入れてくれました。
なかなか豪快なことです。

1img_7194 一口粽香:栗子鮮肉粽

ビニールの袋に入れられた粽を持って店の外にでて、改めて「栗子鮮肉粽」と対面しました。
先ず最初に感じられたのは、その重さであり、次いでビニール袋の薄い層を通して伝わってくるアツアツの手触りでした。
ビニール袋の口を開きますと、粽に固有の角煮のような香りともち米の甘美な香りが相混ざった状態で鼻腔を艶めかしく通り抜けるのでした。

1img_7198 中には栗、角煮がゴロゴロ入っている

次に三角錐の一角から食べ始めますと、もち米のネットリとした口当たりに続いて栗のゴロリとした硬さと角煮の動物繊維の解ける際の感じが前歯に伝わってきました。
更に、奥歯で咀嚼を行いますと、もち米の旨味に載って角煮の収斂未を伴った豚肉の旨味と栗から広がる淡い渋味を帯びたでんぷん系甘味が口腔内を満たしたのでした。

   

« 新宿歌舞伎町/ 上海小吃 (青島啤酒、紹興花彫酒、香菜柈干絲、金針花〇仁、宮爆鳰丁、餃子) | トップページ | 小金井/ 野川 (鷺の飛翔) »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

チマキは、ここで食べられたんでしたね。なかなかうまいチマキだったと思います。我が家でも、息子が帰ってきたときにはチマキを作ります。餅米と豚を入れますが、さすがに笹の葉には包めませんので、ご飯茶碗によそうだけですが。

そろそろロシア旅行の話をしないといけませんかね。

Kincyanさん
自宅で粽を作られるのですか~!
良いですねェ。
今回、初めて本場でチマキを食べましたが、佳い味わいでした。
結構病みつきになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿歌舞伎町/ 上海小吃 (青島啤酒、紹興花彫酒、香菜柈干絲、金針花〇仁、宮爆鳰丁、餃子) | トップページ | 小金井/ 野川 (鷺の飛翔) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ