« 新宿歌舞伎町/ 樽一 (清酒、鯨料理、他)   [2/3] | トップページ | 新宿ゴールデン街/ 酒場 小鉄 (シングルモルト、他)   [3/3] »

2020年1月20日 (月)

杭州/ 大仏寺   [始皇帝ツアー DAY 5 08:45]

1img_7072 大仏寺へ向かう一行(建物は管理事務所、入口に立つおばちゃんは管理事務所の人、中央右手の石段にはオレンジ色の服を着たおっちゃん)

北山街を西方に向かって暫し歩いていますと、ツアーの先頭が右側の敷地に入って行きました。
そして、現地ツアーガイドさんが扉の閉じられている建物に連絡をとられると、暫くして豹がらの服を着たおばちゃんが現れました。
現地ツアーガイドさんとおばちゃんの遣り取りが暫く続いた後、漸く私達は建物の右手にある石段を登っていくことになりました。

1img_7073 おっっちゃんの箒

なお、石段の途中には先ほどから熱心に掃除をするオレンジ色の服を着たおっちゃんがおられましたが、その手には昔懐かしい竹箒が握られていたのが印象に残る光景でした。

1img_7087

さて、石段を登り切りますと、そこには「大佛寺」(左)および「大石佛院造像」(右)と記された石板が並んで置かれていて、その向こう側に大仏の石像の頭部が見えていました。

1img_7078 大仏(側面)

大仏は10mほどある崖にある巨石に彫られたようで、横からその姿を見ることができます。

1img_7080 大仏(左背面)

1img_7082 始皇帝座乗の舟を舫ったという金属製の輪(大仏右背面)

また、後頭部にあたる部分には最接近できます。
その右側には鉄製(?)の輪が撃ち込まれていて、それは始皇帝座乗の舟を舫ったものであるということらしいでしたが、誰もがそれを信じているというふうには思えませんでした。

1img_7086 左から現地ツアーガイドの斯さん、地元の歴史研究家、台湾からの研究家、鶴間先生

大仏の背後で鶴間先生の解説を伺っていますと、管理事務所のおばちゃんが連絡されたのでしょうか、地元で歴史を研究されているという方々が現れ、研究成果に基づく話をしてくださいました。

1img_7091 管理事務所の横にある境内への入口(石段の左側)

大仏を背後から見た後、石段を降りて管理事務所の横にある小さな扉を通って大仏寺の境内に入りました。

1img_7096 大仏

境内に入りますと、崖に穿たれた大仏の姿(上半身)を近くに見ることができました。
顔については後述することにしまして、非常に肩幅が広くて体格の良い大仏像です。

1img_7097

大仏は石仏で頭部には多くの四角い孔が開けられています。
そもそもは、大仏の頭部は土で覆われていてなだらかな曲線で顔が形成されていたとのことですが、その土を保持するためにこれらの穿孔に木の杭を入れて土の落下を止めていたということです。

なお、文化大革命の時代に多くの仏像などが破壊されたのですが、ここの大仏像は焚き木が重ねられていたことで破壊を免れたということです。

1img_7105 布袋像

また、境内東側の壁には小さな布袋像が彫ってありました。
これは中国最古の布袋像で、王義之の時代のものだそうでした。

1img_7107 何故か椅子が・・・

1img_7121 僧院横の民宿

境内を出て、再び石段を登り、左手に進みますと僧院に至ります。
その僧院の横の階段を降りて行きますと、今度は民宿に至りました。

1img_7125 民宿のカフェ

民宿にはカフェが併設されていまして、宿泊者向けの朝食などが供されるとのことでした。
因みに、このカフェは午後になると一般の人も利用できるとカフェのお嬢さんが教えてくれました。

1img_7126 中庭のテーブル

また、このカフェは細長い庭が設けられていまして、ここからは西湖を見降ろす形でその景色を眺めることができるようになっていて、結構オシャレな設えになっているのでした。
ということで、庭の奥にある長テーブルの辺りでツアー一行の集合写真が撮影されました。

1img_7132 北山街に面した民宿の入口

   

« 新宿歌舞伎町/ 樽一 (清酒、鯨料理、他)   [2/3] | トップページ | 新宿ゴールデン街/ 酒場 小鉄 (シングルモルト、他)   [3/3] »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

随分前のことなのに、よく覚えておられますね。メモが役に立つのでしょうか。それとも写真を見ることで、当時の記憶が蘇るのでしょうかね。

Kincyanさん
う~~~む。
メモが3分の1、写真を見て覚醒される記憶が3分の2、というところでしょうか・・・。
ただし、酩酊した時のことは写真を見ても思い出せないことが多いです。
加齢のせいでしょうかねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿歌舞伎町/ 樽一 (清酒、鯨料理、他)   [2/3] | トップページ | 新宿ゴールデン街/ 酒場 小鉄 (シングルモルト、他)   [3/3] »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ