« 小金井/ 春秋庵 (担々麺) | トップページ | 東京駅/ AIRYBEES »

2019年12月10日 (火)

海南航空 HU7269(西安-寧波)/ 機内食、夕焼け   [始皇帝ツアー DAY 3 16:00]

1img_6689 海南航空HU7269便 B737-800


西安での一連のツアーを終え、次の訪問地である寧波に向かいました。

移動は海南航空HU7269便で、機材はボーイング737でした。
私の席は右3列の真ん中で、窓側には髪を金色に染めたお嬢さんが座っておられました。

1img_6690 CAさん

搭乗が15時10分で、離陸後飛行状況が安定してからCAさんによるご挨拶がありましたが、制服など異国情緒に溢れるものでした。
その後、30分程した17時50分頃に機内食のワゴンが近づいてきて、CAさんから先ず飲み物について尋ねられましたのでお茶を所望しました。

次いで、機内食についてライスかヌードルかを尋ねられましたので、18時前のこの時間から2~3時間後には夕食が予定されていたこともあって、全部食べないにしても消化の良さそうな「ヌードル」をリクエストしたのでした。


1img_6692 機内食

すると、CAさんから手渡されたのは暖められた金属のボックスと厚紙のボックスでした。

1img_6694 機内食(ヌードルを選択)

早速それぞれのボックスの蓋を開けますと、金属の方からは『青椒肉糸が餡になった中国風焼きそば』という感じの料理が現れました。
また、厚紙の箱には、ナプキン、プラスティック製のナイフとフォーク、マフィン、そしてオレンジ(1/2個)が詰められていました。

1img_6695 機内食のヌードル

選択した「ヌードル」は、豚肉、ピーマン、シイタケ、ニンジン、などが炒められ、それがオイスターソースで味付けされたような餡になって麺の上に載せられていました。

また、麺もオイスターソースを纏ったもので、横浜の中華街でよく経験する『上海焼きそば』と同じような味わいのものでした。
私個人としては好きな味わいの餡かけ焼きそばでしたので、この後の夕食を考えると半分位は残さなければならぬ、と思っていたのに完食してしまいました。
オレンジとマフィンを食べなかったのがせめてもの救いというところでしょうか・・・。

1img_6697 左)激辛のペースト、右)ザーサイ

なお、厚紙の箱に入っていた「原味榨菜絲」は正にザーザイでした。

また、黄色いパッケージのものは中身が分からなかったので開けずにいたのでしたが、麺を食べ進んでできた空間に搾り入れて、それを麺にチョンチョンと付けて口に入れましたところ激辛のものでして、思わず知らず目が涙で溢れかえったのでした。

知っているようで知らない食べ物が多々あることに気付かされた経験でした。

1img_6704 夕焼け

機内食を食べ終わって暫くしますと、右隣の窓側の席に居られる金髪の中国人のお嬢さんがスマホで窓の外を撮影されていました。
お嬢さんの頭で隠れていた窓が見えますと、翼の先は夕焼けの景色でした。

お嬢さんの撮影が終わってから、英語で一言声をかけて私も数枚の写真を撮らせていただきました。

そして、この会話をきっかけにお嬢さんと少し話をさせていただきました。

このお嬢さんは、日本の門真に本社があるP社の中国支店で2年前まで働いておられたとのことでしたが、働いておられた都市の名前は中国語で答えられたので皆目分からずしまいでした。

なお、この日のお嬢さんは寧波に居られる友人に会いに行かれるとのことでした。

余談ではありますが、中国の若い人たちはコミュニケーションができる程度の英語会話力があり、日本で漫然と抱いていたイメージとは違っていることに気付かされました。(同じことを上海でも経験しました。)

今の中国をホンの一部ではありますが知ることにおいて、良い経験をさせていただいたというものです。

   

 

« 小金井/ 春秋庵 (担々麺) | トップページ | 東京駅/ AIRYBEES »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 春秋庵 (担々麺) | トップページ | 東京駅/ AIRYBEES »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ