« 西安/ 咸陽市博物館 (度量衡原器、前漢時代兵馬俑)   [始皇帝ツアー DAY 3 09:00] | トップページ | 秦咸陽宮遺址博物館、秦咸陽城一号宮殿遺址   [始皇帝ツアー DAY 3 10:30] »

2019年12月 1日 (日)

小金井/ 田舎うどん かもkyu (肉ごぼ天うどん、かしわ天)

1img_8051 かもkyu

先日、小金井市の健康診断を受診しましたが、終わったのが丁度昼食時でした。
そこで武蔵のうどんの名店である「田舎うどん かもkyu」に向かいましたが流石は人気店でして、僅かに二人掛けのテーブルが一つ空いているだけでした。

この最後のテーブルに着かせて頂いてお品書きを見ますと「秋めにゅう」と書かれた最後のページに「焼きチーズカレーうどん」という甚くソソラレル一品がありましたので、これを所望したのでした。
が、お姉さんからは供するのにかなり時間がかかるということを告げられましたので、残念とは思いつつ他のラインアップの中から「肉ごぼ天うどん」を太麺の普通盛でお願いしました。
この「肉ごぼ天うどん」はスタンダードメニュの一角を占める逸品でして、この日は「かしわ天」の小を併せていただくことにしました。
私にとって、「かもkyu」のうどんに「牛しぐれ煮」、「ごぼ天」、「かしわ天」を組み合わせるのはベストセレクションの一つというものです。

1img_8045 肉ごぼ天うどん(太麺、普通盛)

待つこと暫し、まずは「肉ごぼ天うどん」が供されました。

1img_8046 ごぼ天、牛しぐれ煮、わかめ、かまぼこ

「肉ごぼ天うどん」にはその名の通り「ごぼ天」と「牛しぐれ煮」が「わかめ」と「かまぼこ」と並んで置かれています。
揚げられて間もない「ごぼ天」は、まだ衣にはおつゆが浸透しきっておらずゴボウの繊維の歯応えと少し柔らかくなりつつある衣の舌触りが良いバランスの食感を醸し出していました。
そして、うどんを食べ進む内に衣がホトホトとした舌触りに変わっていき、最後はフニフニになった衣がゴボウ本体から離れようとするのを間合いを取りながらうどんとともに啜り込むと、うどんの小麦粉系甘味、衣の油を含んだ小麦粉系の旨味、そしておつゆのカツオ昆布出汁のコク味が混ざった得も言えぬ味わいとなるのでした。

1img_8049 かしわ天(小)

さて、「肉ごぼ天うどん」が供されてから少し遅れて揚げたての「かしわ天」が供されました。
まさに揚げたてでアツアツの一個を取り上げて、先端を少し齧りました。
次に、柚胡椒を少しづつ付けて半分ほどをいただきました。
良い味わいのかしわ天です。

1img_8048 柚胡椒

なお、柚胡椒は「肉ごぼ天うどん」とともに供されましたので、これは「かしわ天」に付けていただくためのものではなくて、「肉ごぼ天うどん」の薬味的な存在と推測するところですが、私的には当店のおつゆは大層美味なものなので、刻み葱以外の薬味は不要とするところです。

なお、かしわ天の残りはおつゆに漬してうどんと共にいただきました。

1img_8050 肉ごぼ天うどん、かしわ天

   

« 西安/ 咸陽市博物館 (度量衡原器、前漢時代兵馬俑)   [始皇帝ツアー DAY 3 09:00] | トップページ | 秦咸陽宮遺址博物館、秦咸陽城一号宮殿遺址   [始皇帝ツアー DAY 3 10:30] »

小金井(うどん)」カテゴリの記事

コメント

あっさりとしたうどん、荒れた胃にはよさそうですね。大阪で遊び倒したので、口内炎ができており、こういう食べ物がいとおしいです。

Kincyanさん
当店のおつゆは良い出汁が使われている上に醤油濃いものではなく、実に美味です。
うどんもおつゆも胃にも好し、味わった満足感も好し、です。
大阪ではそんなに遊んだのですか~!って、23日以降また行ったのですか?
大阪での遊興、良いですねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西安/ 咸陽市博物館 (度量衡原器、前漢時代兵馬俑)   [始皇帝ツアー DAY 3 09:00] | トップページ | 秦咸陽宮遺址博物館、秦咸陽城一号宮殿遺址   [始皇帝ツアー DAY 3 10:30] »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ