« 西安/ 漢源華宴 (昼食)   [始皇帝ツアー DAY 3 12:10] | トップページ | 西安/ 漢陽陵考古陳列館 基本陳列   [始皇帝ツアー DAY 3 13:10] »

2019年12月 5日 (木)

新宿/ SITAARA Grove (エビとカボチャのカレー、バターチキンカレー、ランチビール)

1dscn5650 SITAARA Grove

先日、中国旅行に際して情報をいただいたYH氏に報告をするべく、新宿でお目にかかりました。
この日は珍しく「インド料理に行かむ!」とYH氏からのご提案を受けて、高島屋新宿店の13階にある「SITAARA Grove」というインドの人たちが料理をされている店を訪ねたのでした。

1dscn5644 ランチビール

エントランスで来意を告げますと、店内奥の落ち着いたテーブルに案内されました。
席に着いて、まずは飲み物を!ということでインドビールの代表であるキングフィッシャーにしようかなどとメニュを見ていますと、「ランチビール」というのがあり、軽くこれで一杯飲りましょうということになりました。
「ランチビール」はその名から想像できるように小ぶりのものでしたが、シャンパングラスで供されとこともあって飲み心地の好いものでした。

さて、料理の注文ですが、YH氏はこの日のスペシャルカレーである「エビとカボチャのカレー」をセットで、私は定番の一つである「バターチキンカレー」をセットで注文し、カレーについてはシェアすることとしました。
なお、ライスとナンのどちらかを選択できるのでしたが、おかわりがができる「ナン」をいただくことにしました。

1dscn5645 エビとカボチャのカレーのセット

まず、「エビとカボチャのカレー」ですが、スパイスの色が濃厚に表れたインド出張時に経験したカレーと同じ感じでした。

1dscn5648 エビとカボチャのカレー

そして、その味わいはピツンツンとしたスパイスの刺激的な味が特徴的なニューデリーのレストランで味わったものを彷彿とさせられるものでした。

1dscn5646 バターチキンカレーのセット

一方「バターチキンカレー」はスパイスさよりも円やかさが際立った印象でした。
とはいえ、こく味もなかなかのものでして、口腔内に後追いで漂うスパイスの余韻も好い感じでした。

1dscn5647 バターチキンカレー

なお、中国旅行に関しましては、兵馬俑坑はYH氏が訪ねられた時に比べて随分整備が進んでいることや、上海でシーズンであった上海蟹食べなかったことなどが話題になりました。
また、氏の中国語の知見からポケトークの翻訳は発展途上ではあるものの良く出来ているようであるとのことでした。
なお、中国の卵料理で、日本語の料理をそのまま「料理」と訳していたのは「菜」とする方が通じるのではなかろうかと推測もされていました。
流石は中国通のYH氏だけありまして、非常に納得できる説明でした。

   

« 西安/ 漢源華宴 (昼食)   [始皇帝ツアー DAY 3 12:10] | トップページ | 西安/ 漢陽陵考古陳列館 基本陳列   [始皇帝ツアー DAY 3 13:10] »

新宿(カレー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西安/ 漢源華宴 (昼食)   [始皇帝ツアー DAY 3 12:10] | トップページ | 西安/ 漢陽陵考古陳列館 基本陳列   [始皇帝ツアー DAY 3 13:10] »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ