« 新宿/ TAP STAND CRAFT BEER & PIZZA (クラフトビール、他)  [1/5] | トップページ | 小金井/ 落葉 »

2019年12月20日 (金)

象山/ 象山影視城 (見学・前半)   [始皇帝ツアー DAY 4 10:15]

1img_0002_20191219150501象山影視城地図

セレモニーを暫し眺めた後は、象山影視城の見学コースに入りました。
掲載した地図はこのブログにおいては見づらいのですが、参考として掲げた次第です。

1img_6838 見学コース入口(地図:景区入口)

見学コースは敷地の北側にある「景区入口」から始まりました。
ここはセレモニーが行われていた広場の正面にある中国風の立派な建物で、欧米のアミューズメントパークと同じような自動改札口となっていました。

1img_6839 入口を入ってすぐの処(地図:「景区広場)

一端「景区前広場」でツアーコンダクターのTさんから概略の説明を聞き、そこから徒歩で地図のルートに従い反時計まわりに進みました。

1img_6846 太鼓が並ぶ道、右は造花(地図①の先付近)

この道に沿って並べられている太鼓にはそれぞれ家内安全とか恋愛成就とか金運上昇というようなことが書いてありまして、その太鼓をたたいた人はそこに書かれていることが叶うというものだそうで、ツアー一行の皆さんもたたいておられました。
私も近くにあった一台の太鼓をたたきましたが、存外に大きな音がして楽しいものでした。
因みに、たたいた後で気付いたのでしたが私がたたいた太鼓には恋愛成就と書かれていました。

1img_6847 枇杷の砂糖まぶしはハッカっぽい味でした(地図①と②の丁度中間付近)

暫く歩きますと建物が並んでいるエリアに出ましたが、そこでは土産物が販売されていまして、象山の名産である枇杷を砂糖まぶしにしたお菓子が販売されていました。
味見のサンプルを一ついただきましたが、随分とハッカ味のするものでした。

1img_6850 韓国の有名な映画が撮影された場所(地図②の手前?)

また、カラフルな道具が置かれたエリアは韓国映画が撮影された場所だそうでしたが、映画の名前を聴いた皆さんはご存じでしたが私は皆目分からないものなのでした。

1img_6860 城壁(地図④手前)

さらに歩き続け城郭に出ました。
そこは「キングダム」の撮影に使われたという風に聞こえましたが、ひょっとしたら私の記憶違いかもしれません。

1img_6862 橋の上には平たい提灯(地図⑤付近)

更に歩き続けますとセットの掘割があり、平たい提灯で飾られた橋に出ました。

1img_6864 橋の上からの眺め(地図⑤)、法螺貝がぶら下がっているのが見える

その橋の上からは掘割に沿って建物が並んでいるのが見えましたが、結構精巧に作られているようでした。

1img_6865 法螺貝の傍のベンチで山崎賢人氏が休息していたとのこと(地図⑤付近)

また、その建物の掘割に面した処に白い法螺貝がぶら下げられていまして、Tさんの解説では「キングダム」の撮影の合間に山崎賢人氏が休憩されていたとのことでした。
Tさんはいろいろな事に通暁されたツアーガイドさんで、この後も興味深いエピソードなどを聴かせていただいたのでした。

1img_6870 撮影現場は奥の門の向こう側(地図⑦付近)

更に歩を進めますと、映画の撮影中ということで通行を規制されることがありました。

1img_6871 同上

撮影されている現場は道のずっと奥の門の向こう側でしたので、カメラの望遠で撮影すると馬に乗った白い衣装の人と茶色い衣装の人が何やら演じておられ、その前にスタッフさんの姿が見えたのでした。

1img_6876 竹細工は象山地区の特産品とのことでした

また、ところどころにお土産物屋があり、象山地区の特産品であるという竹細工が沢山販売されていました。

1img_6877 同上、フクロウの置物は橋本環奈氏がキングダムで戦闘服とされていたのと似ています

また、竹細工の中にはフクロウの置物があり、橋本環奈氏がキングダムで着用されていた戦闘服を彷彿とさせられました。

1img_6883 撮影現場では見学者が写り込まないよう規制のテープが張られていました(地図⑩手前)

また少し歩きますと今度は格子戸の前で規制のテープが張られて通行止めとなっていました。

1img_6888 俳優さんとスタッフ(地図⑩手前)

通行止めが解除されますと、中から俳優さんが現れましたが、背丈が高く小顔でイケメンの人でした。

1img_6899 「キングダム」が撮影された城郭を背景に始皇帝ツアーのバナーを掲げるツアーコンダクターのTさん(地図⑩の横の馬場付近)

また、ツアーコンダクターのTさんは今回が第1回目であるの始皇帝ツアーに際して特製のバナーを作成されていて、このバナーの写真を「キングダム」が撮影された城郭を背景にしてツアー一行の皆さんが撮影されたのでした。

   

« 新宿/ TAP STAND CRAFT BEER & PIZZA (クラフトビール、他)  [1/5] | トップページ | 小金井/ 落葉 »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿/ TAP STAND CRAFT BEER & PIZZA (クラフトビール、他)  [1/5] | トップページ | 小金井/ 落葉 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ