« 東京駅/ AIRYBEES | トップページ | 豊四季/ 茶の子 (森のコーヒー) »

2019年12月12日 (木)

寧波/ 老江東・鮮生記 (寧波料理)   [始皇帝ツアー DAY 3 20:15]

1img_6714 老江東・鮮生記

寧波の空港に19時10分に着き、そこから夕食を摂るレストラン「老江東・鮮生記」に直行となりました。
「老江東・鮮生記」に到着したのは20時15分頃のことでして、海南航空の機内食が胃の中に若干残っているような感じでした。
とはいえ、食べることにおいて問題となるようなレベルではありませんので、意気揚々と店内に歩を進めたのでした。

1img_6715 スタート時の料理

ツアーの一行が適宜席に着きますと、それを待っていたかのように料理が並べられました。
寧波という都市は海が間近であることから「老江東・鮮生記」もその名の通り新鮮な海産物の料理を得意とするようでした。
この日は、魚だけでも揚げた料理、煮た料理、蒸した料理、すり身を煮たもの、小海老、渡り蟹、浅蜊が供され、それに加えて数種類の肉料理や野菜料理などが供されました。
料理は少しづつでしたが全てをいただきましたが、残念ながらその名称を知り得るところではなく、加えて記憶が曖昧になってしまっていますことから詳細を書くことはできなくなっています。
したがいまして、ここでは16種類の料理について写真を掲載することで留めておきたく考えています。

1img_6724 テーブルセッティング

1img_6719

1img_6720

1img_6721

1img_6722

1img_6725 存外に美味

1img_6726

1img_6727

1img_6734 蒸した魚(これは身をほぐしてご飯に載せ、おつゆを回しかけて食べると美味、という人が多い)

1img_6735 東坡肉

1img_6736

1img_6737 紹興酒8年物

1img_6739

1img_6740 野菜スープ

1img_6743 雪華純生(喉が渇いていたので注文20元、最初の数口以降は紹興酒のチェイサー)

1img_6745 渡り蟹

1img_6747 茄子だったような・・・

1img_6748 確か小麦粉を練ったものだったような・・・

1img_6751 土台は茶碗蒸しのようなカスタード状、前回の上海出張でも食べた

1img_6755 私達が最後の客なのか、店を出てすぐに看板は消灯されました

この後、今宵の宿泊先である「中信寧波国際大酒店 CITIC NINGBO INTERNATIONAL HOTEL」に向かい、チェックイン後は一杯飲りに行くことなく、おとなしく寝ました。

   

« 東京駅/ AIRYBEES | トップページ | 豊四季/ 茶の子 (森のコーヒー) »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

美味しいのですが、とても食べきれません。3回分くらいありましたね。この時期は、もっぱら魚と野菜に集中して食しておりました。

Kincyanさん
このツアーは内容も良かったですし、食事も抜群でしたねェ。
おまけに量が多くて残すのが勿体ないことでした。
紹興酒は常温だねェ、と仰っていたのは記憶していますが、魚と野菜主体だったとは気付きませんでした。
体調がイマイチだったのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅/ AIRYBEES | トップページ | 豊四季/ 茶の子 (森のコーヒー) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ