« 新宿/ フォー Pho 麺 (フォー・ボー、 小海老と野菜の生春巻き) | トップページ | 小金井/ Pattiserie MARGUERITE (Fig) »

2019年11月28日 (木)

西安/ 諾世嘉頓酒店 ROSE GARDEN (朝食)   [始皇帝ツアー DAY 3 07:00]

1dscn5132 レストランからの眺め

二泊目となったホテル「諾世嘉頓酒店 ROSE GARDEN」では、前日の睡眠不足を取り戻すべく熟睡しました。
午前6時に起床してシャワーを浴びた後、HO氏と7時にホテルのレストランに朝食を摂りに行きました。
このホテルでの朝食は2回目でしたので、案内のお嬢さんに言って今度は大きな窓から外の景色が良く見えるテーブルに着かせていただきました。

1dscn5110 卵料理のオーダーカウンター

一旦席に着いてから徐に向かったのは卵料理を注文できるオーダーカウンターでした。

1dscn5107 ポケトークの画面

ここでは、HO氏が持参しておられた「ポケトーク」を借りて「中国風の卵料理をお願いします。」と料理人さんに伝えるべく「ポケトーク」に話しかけました。
すると、「ポケトーク」はその内容を中国語の音声と文字で料理人さんに伝えてくれたようで、料理人さんは少しニヒルな笑みを浮かべながら右手の親指をクッキリシャッキリ立てて了解した旨を示してくれたのでした。
この時、私は思わず「ポケトークよ、おぬし出来るやつよのう!」とつぶやいたのでした。

1dscn5112 具材の炒め

先ず、料理人さんは数個のバットにならぶ切り刻まれたハムのような食材などを指さして、「どれを入れましょうか?」というような仕草をされたので、私は知っている数少ない中国語の単語の中から「全部~。」と告げました。
すると、料理人さんは心得た!という感じでいくつかの食材を取って熱せられた鉄板の上に置かれたのでした。
ここで、余談ですが、近年の幾つか星の付いているホテルでは同様のサービスが行われていて、私は多くの場合はオムレツを注文し具材は全部入れたものを作ってもらうことにしています。
その手順や食材を憶えていますが、この日料理人さんが採られた手順はオムレツを作るものと同じように見えたのでした。

1dscn5113 卵を撹拌

料理人さんは具材を鉄板の上で炒めながら、やおら卵をボールで掻き混ぜ始めました。

1dscn5114 撹拌した卵を焼く

そして、掻き混ぜた卵を鉄板の上に丸く広げたのでした。
因みに、この時点では私は料理人さんが何やら中国風の卵料理に仕上げてくれるものと信じておりました。

1dscn5116 卵に具材を載せて・・・

更に見ていますと、料理人さんは広げた円形の卵の上に炒めた具材を移したのでした。
この時点で、私はオムレツに類似した中国風の卵料理ができるものと僅かな望みを捨てずにいました。

1dscn5117 オムレツ

が、料理人さんが「できあがりィ~。」という仕草で皿に置いてくれたのは紛れもないオムレツでした。

さて、オムレツを一旦テーブルの上に置いてから、再び料理を取りに行きました。
目指した先は中国料理のゾーンで、見て回りますとソソラレル料理が沢山並べられていました。

1dscn5120 ブロッコリーのクリームソース的な料理、菻香小黄魚(Small yellow ?? with garlic sauce)、酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)

1dscn5122 青梗菜の炒物、花肉炒菜花(Fried cauliflower with flower meat)、干煽豆角(Spilt stir fried beans)

1dscn5124 焼餃子、酸辡土豆玆(Hot and sour potato silk) 、清炒荷〇豆(Sauteed snow peas)

1dscn5125 欧式炒飯(Europian fried rice)、炒意大利面(Stir fried pasta)

1dscn5129 左)[左上から時計回りに]酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)、焼餃子、欧式炒飯(Europian fried rice)、炒意大利面(Stir fried pasta)、干煽豆角(Spilt stir fried beans)  右)オムレツ

そして、私が選んだのは「酸椒菜炒粉条(Fried noodles with sour peppers)」、「焼餃子」、「欧式炒飯(Europian fried rice)」、「炒意大利面(Stir fried pasta)」、「干煽豆角(Spilt stir fried beans)」で、これらと料理人さんに作ってもらった「オムレツ」を全て美味しくいただいたのでした。
なお、個人的な感想ですが、二種類の焼きそば、炒飯、それに焼餃子は好い味でございました。

   

« 新宿/ フォー Pho 麺 (フォー・ボー、 小海老と野菜の生春巻き) | トップページ | 小金井/ Pattiserie MARGUERITE (Fig) »

CHINA」カテゴリの記事

Tour(China)」カテゴリの記事

コメント

贅沢な料理も良いですが、焼きそば、チャーハン、餃子も中国風で美味しかったような気がします。慣れ親しんでいるせいかもしれませんね。

Kincyanさん
今回のツアーは料理や飲み物が良かったですねェ。
朝食の炒飯や焼きそばはこのホテルも良かったですし、これ以外のホテルのも美味しうございましたなァ。
親しみがある料理なのも理由の一つですが、加えて味付けが本場のもので、これまた美味し!でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿/ フォー Pho 麺 (フォー・ボー、 小海老と野菜の生春巻き) | トップページ | 小金井/ Pattiserie MARGUERITE (Fig) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ