« 新宿/ HARRY’S N.Y. (HIGHLAND PARK 12、IWAI TRADITION WINE CASK FINISH) | トップページ | 大阪(天王寺)/ 明治屋 (熱燗、ポテトサラダ、などなど) »

2019年10月 7日 (月)

堺(三国ヶ丘)/ スタンドミクニ (清酒 三輪福 純米酒、揚げたこ焼)

1img_5859 スタンドミクニ

過日のことですが、夕食を摂りに訪ねた「三国庵」で熱燗の大をいただき、〆にはカツ丼をいただいたのでした。
が、店を出てみますと存外に飲み足りない気分に襲われたのでした。
とはいっても既にカツ丼に小うどんを付けてたものをいただいていたので、食べることには気持ちが向かわなかったのも事実でした。

そこで思い付いたのが三国ヶ丘駅の構内にある「スタンドミクニ」という立呑みの店でした。
「スタンドミクニ」は基本が立呑みであって、長居をすることは前提にはない店です。(とはいいましても、店内には折畳みのできる簡易椅子がありまして、腰を落ち着けて飲みたい人にはそのニーズに応えられるようになっています。)
したがいまして、クピッと飲んでサパッと店を出るというコンセプトが主流になりますので、この宵の私のニーズにはぴったりの店だったのでした。

1img_5860 地酒メニュー

思い立った時が吉時と思い、早速店の暖簾とビニールシートを掻き分けて店内に歩を進めました。
そしてカウンターの前に立ちますと「地酒メニュー」が置いてあり、泉州の清酒が9種類もラインアップされていました。
それらの中から堺の蔵元である「利休蔵」の本醸造酒をお願いしたのでしたが、残念無念なことに売り切れとなっていたのでした。

そこで、再び「地酒メニュー」を繁々と眺めた後にだんじりで有名な岸和田の蔵元の「三輪福」の純米酒を選択しました。

1img_5862 清酒 三輪福 純米酒

注文を受けてくれた爽やか好青年の店員さんは時をおかずに枡の中にグラスを置いて「三輪福 純米酒」を一升瓶からドボドボドボ~ゥと気前よく注ぎ入れてくれました。
そして、グラスには表面張力で盛り上がった清酒、枡にはギリギリまで満たされた清酒、という顧客満足度200パーセントの状態にしてくれたのでした。

なお、爽やか構成年の店員さんに一升瓶のラベルの写真を撮らせて欲しい旨を伝えますと、爽やかな笑顔で一升瓶をグラスの横に置いてくれたのでした。
こういう好感度の高い店員さんの居られる店には足繁く通わねばならんというもので、次は早い内に機会を作って「利休蔵」の清酒を飲みに行きたいと思った次第でした。

1img_5863 清酒 三輪福 純米酒

1img_5864 揚げたこ焼

さて、冒頭でも述べましたように食事は不要という状況でしたが、そうはいっても酒の肴は欲しいというものです。
そこで、お品書に目を通しますと以前来店した時には無かった(と思う)「揚げたこ焼」というのに甚く興味をそそられましたので、これをいただくことにしました。
待つこと暫し、「三輪福 純米酒」をグラスに半分ほどいただいたタイミングで5個の揚げたたこ焼が供されました。
先ずは右側手前の1個をホイッと口に入れました。
そして一噛みした瞬間にグニュッ潰れて何やらメチャクチャに熱いものが舌と上顎を刺激したのでした。
それはもう熱いのなんの、悶絶に一歩手前の状態となったのでしたが、慌てず騒がずハフハフして口腔内温度を低下させ、次いで「三輪福 純米酒」を一口流し込んで事なきを得たのでした。
なお「揚げたこ焼」は表面が若干硬めのたこ焼という印象でして、味は焼いてあるのと大きな差異は無いように思った次第でした。

   

1img_5868






« 新宿/ HARRY’S N.Y. (HIGHLAND PARK 12、IWAI TRADITION WINE CASK FINISH) | トップページ | 大阪(天王寺)/ 明治屋 (熱燗、ポテトサラダ、などなど) »

たこ焼」カテゴリの記事

堺(たこ焼)」カテゴリの記事

堺(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿/ HARRY’S N.Y. (HIGHLAND PARK 12、IWAI TRADITION WINE CASK FINISH) | トップページ | 大阪(天王寺)/ 明治屋 (熱燗、ポテトサラダ、などなど) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ