« 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) | トップページ | 西荻窪/ 風神亭 (シャシュリーク、他) »

2019年9月 9日 (月)

神田神保町/ SANKOUEN CHINA CAFE & DINING (餃子セット、三種利き酒)

1img_5402 SANKOUEN CHINA CAFE & DINING

ほぼ1年前に神田ミズノでウォーキングシューズを購ったが、これが大層履き心地が良い。
今では外出時はこれを履いて出掛けることが殆どで、サラリーマン時代に愛用していた革靴の出番は皆無に近い。
そのミズノからビジネスシューズ系のウォーキングシューズを紹介するダイレクトメールが届いたので、新たに一足購入するべくミズノを訪ねたのであった。
しかしながら、私の足の幅にフィットする品揃えがなく、失意のもとミズノを後にしたのであった。

その後、岩波新書を購うべく岩波書店を探し歩いたのであったが岩波書店を見付けることができず、三省堂に立ち寄ってみると目指す本があったので購入した。

さて、その後であるが、時間が12時半を過ぎていたので何処か昼食に良さそうな店を訪ねるべく歩いていると、店頭のボードに担担麺とか酸辡湯麺とかジャージャー麺とか書かれていて何やらソソラレル雰囲気を醸し出している店があった。
店名を見ると「SANKOUEN CHINA CAFE & DINING」となっていて、カジュアル系中華料理店のようであったので躊躇することなく店内に歩をすすめていたのであった。

1img_5385 SUPER DRY EXTRA COLD

入店した12時半過ぎの店内は先客でほぼ満席状態となっており、案内されたのはカウンター席の最も左の椅子であった。
そこはフロアの担当者が出入りする席で、レストランでいえばトイレの導線にあるテーブルかこういう席が一番ランクの低い席であった。
が、不快感が不思議と無かったのは従業員さん達の立ち居振る舞いが穏やかだったからであろうと推察するところであり、またマネージャーの男性が店内に目を行き届かせておられたことも大きいようであった。

さて、最初はジャージャー麺でもいただこうかと思いつつ席に着いたのであったが、菜譚を見ていると「SANKOUENの定番 餃子セット」が第1ページに載っていた。
そこには「餃子6個の写真」に「ブラックニッカのハイボール」と「SUPER DRY EXTRA COKD」の写真があり、餃子とどちらかの飲み物を組み合わせるようになっていた。
そして、この日もたいそう蒸し暑い日であったので、先ずはビールという訳ではないが「SUPER DRY EXTRA COLD」をいただくことにしたのであった。

注文をして暫し、目の前に置かれた「SUPER DRY EXTRA COLD」は程好い冷たさと心地よい口当たりと喉越しで胃の腑に納まっていったがそれはビール自体の美味さに加えて店の雰囲気の良さもあったことが要因であろうと思料するところである。

1img_5391 餃子(菜譚の写真と相違して4個)

「餃子」は「SUPER DRY EXTRA COLD」をほぼ飲みきるタイミングで供された。
餃子は1個のサイズがかなり大きいもので、餃子の王将のものに比較して優に1.5倍はあろうかというサイズで、通常の餃子であれば4個で6個に相当するであろう量であった。
ただし、なかなかヨロシイ餃子ではあったが、1点述べさせてもらえれば皮の閉じ方が甘く、最初の一口で皮が開いて中の具が出てくることがイカンかったのであった。

1img_5389 紹興酒は10種類

さて、餃子はタップリあるしビールは飲み干してしまったので、再び菜譚に目を通すと黄酒・紹興酒のページに10種類の紹興酒が紹介されていた。
そして「選べる利き酒セット」にするとこれら10種類の中から3種類をいただけるということであった。

1img_5396 黄中皇、女児紅、神記

そこで、私が選んだのは「黄中皇」、「女児紅」、「神記」の3銘柄で、全て10年物であった。
それぞれを味わってみると確かに香や味わいに違いは感じられたが、その違いをどのように表現すれば良いのかは残念ながら今の私には分からない。
ただ「黄中皇」に関しては他の2銘柄よりも酸度が高くて軽い収斂性が感じられたことと、3種類とも液体としての粘度が高めで舌や上顎への纏わり感が心地よいものであった。

1img_5401 三省堂で購入した岩波新書

   

« 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) | トップページ | 西荻窪/ 風神亭 (シャシュリーク、他) »

コメント

おお、本買われましたね。もう少し涼しくなれば、一杯傾けながら、本を読むというのも、オツなものでしょう。暑くって、本を読む気が起こらない、今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) | トップページ | 西荻窪/ 風神亭 (シャシュリーク、他) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ