« 小金井/ 田舎うどん かもkyu (冷したぬきうどん w/牛しぐれ煮) | トップページ | 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) »

2019年9月 7日 (土)

大阪(新世界)/ 香豆里珈琲館 (モーニングセット)

1img_5337 香豆里珈琲館

新世界での2回目の朝もモーニングサービスを求めて2軒の喫茶店を訪ねた。
1軒目は宿泊していたホテルから徒歩で僅かに1分の場所にある「香豆里珈琲館」であった。
店名は漢字では「香豆里珈琲館」と記されるが、アルファベットでは「CAUSERIE」と記されていた。
手元のMerriam Webster's Collegiate Dictionaryを開くとcauserieに関してan informal conversationと記されている。
すなわち、肩ひじ張らない会話、ということになるが同義語ということではchatがその一つであり、雑談とかお喋りということを表している。
店名の由来としては最初に「CAUSERIE」があって、それにコーヒー間に相応しい「香豆里」という文字群があてがわれたのであろうと推察するところであるが、「CAUSERIE」という言葉をベースにされていることに創業者の教養が彷彿とさせられるのであった。

1img_5322 メニュ

さて、エントランスドアを開けて店内に歩を進めると、マダムが明るい声で迎え入れてくださった。
既に2人の先客が程良い間隔でカウンター席に居られたので敢えて場を乱すことは避けて、シャンデリアのほぼ下にあるテーブル席に着かせていただいた。

そして、メニュを見てホットコーヒーとトースト、ゆで玉子の組合せをお願いした。
なお、飲み物が350円で、そこにトーストを組み合わせると+10円、更にゆで玉子を組み合わせると+20円、と価格がアップしていくのであったが、フルセットで380円と近隣の喫茶店のモーニングサービスと同価格になるのであった。(トータルで4軒の喫茶店でモーニングサービスをいただいたが、全ての店で価格は380円であった。)

1img_5325 ホットコーヒー

注文を終えて直ぐに「ホットコーヒー」が供された。
先ずはカップを持ち上げて一啜りすると、苦味と淡い酸味がバランスしたコーヒーで、早朝の覚醒半ばの脳味噌が活性化するのを誘起してくれるのであった。
また、カップの口当たりの良さを感じたので、コーヒーを飲み終わってからソーサーの裏底を見ると、PLUSCERAM BONECHINA NARUMIと記されていた。

1img_5327 ゆで玉子、トースト

更にコーヒーを啜っていると、「ゆで玉子」と「トースト」がトレイに載せて供された。
そして、先ずはトースト一口大に千切って口に移し、ハグムハグムと咀嚼しながら茹で卵の殻を剥いたのであった。

1img_5329 モーニングセット

ゆで玉子とトーストを食べ終えて、最後のコーヒーを飲み終えた頃合いで、元気の良いおっちゃん達が入店されてきたので、支払いを済ませた。
ドアを開ける際に、マダムから「ええ(良い)日を。行ってらっしゃい。」と優しい声をかけていただき、店を出たのであった。
時に午前6時50分ころのことであった。

1img_5324 良い歳の移ろいが偲ばれる砂糖入れ

1img_5332 シャンデリア

   

« 小金井/ 田舎うどん かもkyu (冷したぬきうどん w/牛しぐれ煮) | トップページ | 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) »

大阪(カフェ)」カテゴリの記事

大阪(新世界)」カテゴリの記事

モーニングサービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 田舎うどん かもkyu (冷したぬきうどん w/牛しぐれ煮) | トップページ | 大阪(新世界)/ Coffee New World (モーニングサービス) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ