« 大阪(新世界)/ 千成屋珈琲 (ミックスジュース) [ミックスジュース発祥の店] | トップページ | 調布/ 個室会席 調風 (週替りランチ:豚の角煮) »

2019年7月 6日 (土)

大阪(新世界)/ 難波屋 (居酒屋)

1img_3523 難波屋

ミックスジュース発祥の店である「千成屋珈琲」でミックスジュースをいただいた後、HO氏の先導に従って次の居酒屋に向かった。
マンション群のエリアに入り、街灯はあるもののメインストリートと比べるとほの暗い道をヒタヒタと歩くと、中の灯りを受けて一際白く見える暖簾が視界に入ってきた。

1img_3516 立呑専用テーブルは股間付近の高さ

HO氏に続いて暖簾を掻き分けると、奥行きのある店内は先客で満ちていて、唯一入口に近い処で空いていたテーブルの脇に立った。
直ぐに奥の厨房から現れたお姉さんに熱燗をお願いすると、熱燗はグラスで供された。
そして、当店はCODということで、熱燗と交換に現金で支払いを行った。
まさに明瞭会計である。

1img_3517 壁のお品書はよしずに短冊という趣

さて、HO氏と酒の肴を選ぼうと壁を見ると、料理名を書いた紙の短冊が貼りつけられていて、それらの中から数点をお姉さんにお願いした。

1img_3519 揚げ春巻(1本を食べたところで写真を撮っていないことに気付いたが・・・)

先ず運ばれて来たのは「揚げ春巻(2本)」であった。
添えられた辛子にチョチョイのチョイと醤油をかけて、これに春巻の一端を付けていただいた。
揚げたてのアツアツで、なかなか好い味わいである。
なお、価格は1本100円で、CP抜群であった。

1img_3520 海老フライ

次に「海老フライ(3匹)」が置かれた。
「海老フライ」自体は細身ではあったが、これも揚げたてのアツアツで、咀嚼を繰り返すと海老の味わいが広がったのであった。
なお、価格は250円と、これまた破格のCPであった。

1img_3521 カレーシチュー

HO氏は「揚げ春巻」も「海老フライ」も余り食指が動かなかったようで、店のスリムなお兄さん(店主かも)に「カレーシチュー」(200円)と「ショルダーハム」(250円)を注文されてていた。

1img_3518 ショルダーハム

私は、カレー味には興が乗らなかったのでパスさせていただいたが、「ショルダーハム」はこれまた好い味わいであった。
「ショルダーハム」はこのクオリティと量で250円であり、そのウルトラなCPの良さには感心あるのみであった。

ただし、短時間とはいえ最初から最後まで立ちっぱなしというのは些かしんどいことであった。

   

1img_3515 ブスのちよちゃん

一度ちよちゃんの尊顔を拝しに訪ねたいものである。

   

« 大阪(新世界)/ 千成屋珈琲 (ミックスジュース) [ミックスジュース発祥の店] | トップページ | 調布/ 個室会席 調風 (週替りランチ:豚の角煮) »

大阪(居酒屋)」カテゴリの記事

大阪(新世界)」カテゴリの記事

コメント

この日は、お腹がいっぱいになりましたね。しかし、入りたい店には入れたかと。歳をとったせいか、たくさん食べれなくなりました。帰ったらバタンキュウでしたよ。

Kincyanさん
いつもディープな大阪の街を案内していただき、楽しく過ごさせていただいてます。
お互い歳のせいで食べたり飲んだりする量が減ってきました。
とはいえ、少しづつで良いので、また大阪の街を逍遥しましょう。
そういえば、明日から大阪ですね。
佳い時間を過ごしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪(新世界)/ 千成屋珈琲 (ミックスジュース) [ミックスジュース発祥の店] | トップページ | 調布/ 個室会席 調風 (週替りランチ:豚の角煮) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ