« 堺/ いたすけ古墳 (タヌキ、鷺) | トップページ | 堺(堺東)/ まるは (かつ丼、玉子追加、みそ汁) »

2019年6月23日 (日)

府中/ 大國魂神社 (流鏑馬)

1dsc_5671 予選の的(外側から赤・青・黄・黒)

丁度一週間前の5月16日に大國魂神社の参道で流鏑馬が行われた。
前日の雨も上がり好天に恵まれたことから我が血が騒ぎ始め、翌日から大阪に行かねばならなかったのであるがD800を持って出掛けたのであった。

大國魂神社の参道に行くと、参道の甃に沿った土の部分が騎馬の走り抜ける道として設えられており、更にその傍に的が100mほどの間を空けて二つ並べてあった。
流鏑馬に参加された射手(いて)は総勢12名(男性7名、女性5名)で、3組(1組目:男性4名、2組目:女性4名、3組目:男性3名・女性1名)に分かれていた。
また、各射手は2回の騎射(計4射)を行い、その的中数で決勝への進出が決められるようであった。
なお、この日は、6名の射手(男性4名、女性2名)が決勝に進まれた。

私は流鏑馬を観るのは人生で初めてであって、その作法や用語などに関しては知見が無い。
したがって、以下の写真に付した用語は学生時代に経験した弓道の用語であり、正確なもので無いことはご容赦願うところである。

また、前述の通り流鏑馬は初めての経験であったことから、撮影のポジショニングやレンズの選択なども分からなかったので、この日は来年以降の撮影に備えての知見を得るということに主眼を置いたのであった。

なお、今回の撮影位置は二的から10mほど離れた位置であったが、これは開始1時間前に確保したもので、これより遅いと最前列では撮影できなかったであろう。

1dsc_5818 矢番え(弓に矢を番える)

1dsc_5819 矢番え

1dsc_5820 打起し(弓と矢を引分ける態勢にするために大三の位置にもっていく)

1dsc_5821 大三(押し大目、引き三分、ここから引き分けて会(100%の引分け・狙い)にもっていく)

1dsc_5822 引分け

1dsc_5823 会(狙いを定める)

1dsc_5824 放れ(矢を放つ)、残心・残身(矢を放った後の精神的・肉体的所作)

1dsc_5825 

1dsc_5826疾駆

1dsc_5893 矢番え

1dsc_5894 打起し

1dsc_5895 大三

1dsc_5897

1dsc_5898 的中直前

1dsc_5899 残心(身)

1dsc_5912 放れの瞬間

1dsc_5954

1dsc_5955 再び放れの瞬間

1dsc_5956 残心(身)

1dsc_5924 髭のおっちゃんが様になっていた

1dsc_5965 決勝の的

1dsc_5990 決勝の的は的中すると綺麗に割れる

1dsc_5978
1dsc_5979 的中
1dsc_5980 残心・残身

1dsc_5991 髭のおっちゃん、見事的中

1dsc_5997 鏑矢

1dsc_5999

   

« 堺/ いたすけ古墳 (タヌキ、鷺) | トップページ | 堺(堺東)/ まるは (かつ丼、玉子追加、みそ汁) »

コメント

流鏑馬神事をご覧になったのですね。
初めてご覧になったとは知りませんでした。
京都にいらした時すでにご覧になったと思っておりました。
私も鶴岡八幡宮の例大祭の時に観ましたが、勇壮な姿でありたいへん雅でした。
馬上から矢を射る一瞬を撮るのはひじょうに難しいと思うのですが、どのお写真も素晴らしく撮れていますね。
ずっと立った状態で足が痛くなりましたでしょうね。
こちらの記事を拝見しましたら今秋に鎌倉に流鏑馬神事を観に行きたくなりました。

FORTNUM & MASONさん
実際に見たのは初めてでした。
京都に居たのは学生時代のみでして、貧乏学生でしたから食べるので精いっぱいでした。
横浜からですと鎌倉は近くて行きやすいですね。
鎌倉のは有名ですから見物されているのがテレビのニュースで映されるかもですね。
何か目印を付けておいてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堺/ いたすけ古墳 (タヌキ、鷺) | トップページ | 堺(堺東)/ まるは (かつ丼、玉子追加、みそ汁) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ