« 小金井/ 福源居 (担担麺+半炒飯) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (モナムール、紅茶) »

2019年6月14日 (金)

府中/ 丸亀製麺 武蔵府中ル・シーニュ (すだちおろし冷かけ、 小えびかき揚げ)

1img_3980 丸亀製麺 府中ル・シーニュ

先日YH氏から連絡があり、「火曜日に会おうぜい。」とのお誘いをうけた。
しかしながら、体調が思わしくなかったことから木曜日に延期していただいた。
さらに、私としては余り遠くには出掛けたくなかったことを伝えると、京王線府中駅付近なら氏もご都合が好いとのことで、昨日は12時過ぎに府中駅で待ち合わせた。

何時ものように待ち合わせの刻限よりも少し早めに行くと、これまた何時ものようにYH氏は既に到着されていたのであった。
M社に最初から勤務してきた人達は相手を待たせないために少し早めに現地に到着しておくという人達が多く、そういえば過日高田馬場で待ち合わせたMI氏もそうであった。

さて、YH氏とは久しぶりの挨拶を交わして昼食に向かったのであるが、YH氏も私も府中の地理には疎い。
そこで、府中駅の傍にあるル・シーニュという商業施設にある飲食店に向かったのであった。
行ってみると、先ず目についたのが「いきなりステーキ」であったが、病み上がりの私には若干重たそうであった。
しからばということで、入店したのは「丸亀製麺」であった。

なお、私はここのところカツ丼に興味を持っていて、ネット情報によると丸亀製麺ではカツ丼を供する店舗があるとのことであったので、あわよくばカツ丼にありつけるかもという期待もあったのであった。

入店して長い列の最後尾に並んだがあっという間に列が進み、注文カウンターに至った。
そこでカツ丼の有無を問うと、やっていない、ということであったので、それに替るメニュを考えていなかった私は急遽YH氏が選択された「すだちおろし冷かけ」に便乗させていただいたのであった。

1img_3975すだちおろし冷かけ、小えびかき揚げ

トッピングは揚げたての「小えびかき揚げ」が目の前で並べられ始めたので、YH氏も私もこれを選択した。
支払いを終えて、刻みネギや卸し生姜を載せて、空いている席に着いた。

1img_3977すだちおろし冷かけ

先ずはすだちを渾身の力を込めて搾り、ここにサクサク・ホカホカの小えびのかき揚げの半分を載せて、徐にうどんを啜ったのであった。
丸亀製麺で冷たいうどんを食するのは初めてであったが、思っていた以上に腰のあるうどんで、すだちの搾り汁を含んだおつゆを纏った味はなかなかのものであった。

1img_3978小えびかき揚げ

また、「小えびのかき揚げ」は、大人の男性の拳骨1個ほどの大きさで、揚げたてのサクサク・ホカホカであった。
これを半分ほどに割ってからおつゆに入れて、先ずはサクサクでいただき、しばらくしておつゆを吸ってホトホトになりかけたものをジュルジュルといただいたが、どちらも結構な味わいであった。
これで価格が570円であるから、人気が出るのは必然というものであろうか。

因みに、YH氏はチェーン展開しているファストフード店には全く縁のない人で、この日が「丸亀製麺デビュー日」となったのであった。
また、氏のご感想は「美味しい!」と高評価であった。

なお、余談ではあるが、私は昼食でたべるうどんに関しては約2時間程度で消化してしまい、午後3時頃には空腹感に苛まれるということを数多経験している。
したがって、この日も同様の思いで「すだちおろし冷かけ」を「小えびかき揚げ」と共に食したのであった。
ところがである。
午後4時を過ぎても空腹感が訪れず、午後7時頃まではむしろ満腹感が続いていたのであった。
丸亀製麺、恐るべし!である。

   

« 小金井/ 福源居 (担担麺+半炒飯) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (モナムール、紅茶) »

府中(うどん)」カテゴリの記事

コメント

丸亀製麺、ご友人は初体験でしたか。美味いとおっしゃっていたのでしょう。私も、初めて食べた時に感動したものです。輪友の中には、丸亀製麺は、麺を茹でた後、出しっ放しにしているのはまずいと非難する人がいますが、しこしこして美味ければ良いと思うのですがね。チェーン店化して、各店舗で同じようなコシと味を実現しているのはすごいと思います。

Kincyanさん
丸亀製麺、良いですねェ。
丸亀製麺は店舗ごとに製麺機があったり、トッピングも豊富で、魅力度は高いですな。
麺を茹でた後、出しっ放しにしているようにはみえませんでしたがねェ。
丸亀製麺に限らず、評価の高い最近のファストフード店は、多くはその研究に研究を重ねられた成果でしょうか、味も価格もヨロシイですね。

M社での経験ですが、私より年齢が上の人達にはファストフードのチェーン店を全く未体験の人と、その反対に日常的に使っている人とで、二極分化していました。
この現象を解析してみると面白いかも、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 福源居 (担担麺+半炒飯) | トップページ | 府中/ Mon Amour 清風堂 本店 (モナムール、紅茶) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ