« 誕生日 | トップページ | 府中/ 蔵カフェ (蔵カフェのランチ:カレー) »

2019年6月 6日 (木)

渋谷/ Il PUNTO (生ハム、チーズ、ピザ、イタリアワイン)

1img_3831 Il PUNTO

先日、HO氏と神宮球場で早慶戦の2回戦を観戦した後、徒歩で渋谷に移動した。
渋谷では、以前に行ったことのある新鮮な魚の店「よっちゃん」やワイン居酒屋と自称される「VIN」は日曜閉店となっていたので、すぐ近くにある「Il PUNTO」というワインの酒場と自称される店に入ったのであった。
「Il PUNTO」 に入ったのは、私達が店の前に立ったのが5時半で、店の開店が丁度その5時半であったこと。
それから、私達(少なくとも私)はこれ以上は歩きたくないという思いがあったことが、主たる理由である。

1img_3803 テーブル上にはトマトの缶づめが4個

ということで、先客の居ない店内に歩を進めると、実に落着いた物腰のお嬢さんが現われ、好きなテーブルに着いてもよいとのたまわれたので、HO氏が先に立って店内奥のテーブルに着いたのであった。
テーブルに着いてみると、そこには大きめのトマトの缶づめが置いてあった。
これらの缶づめはディスプレイとしては些か面妖であると思いつつ、テーブルの脇に移動せしめたのであった。

1img_3805 トレッビアーノ ヴェルディッキオ

席に着いて先ずは飲み物をということになり、HO氏に好みを尋ねると、白ワインが好いとのことで、メニュにあるグラスワインから「Trebbiano Verdicchio Chardonnay」をいただいた。
この白ワインはクオリティが良く、またこの価格で結構な量が供されていて、満足の一杯であった。
なお、当店のグラスワインは500~700円の価格帯にあり、5杯以上飲むのであればボトルをオーダーした方がCPは良さそうであったが、HO氏も私も左程飲めそうにはなかったことと、別の種類のワインも味わってみようということで、グラスワインを選択したのであった。

1img_3807 ¥0の炭酸水

また、メニュの中のちょっと分かりづらい場所に、炭酸水 ¥0、と表示されていたので、渇いた喉を潤すためにこれをいただいた。
このゼロ円の炭酸水であるが、強炭酸仕様になっていて、そのクリスピーと言うよりも泡が弾け散る感覚は秀逸であった。

1img_3809

メニュを見て、注文を終えるとお通しとして2種類のパンが供された。
空腹であったことも要因の一つであるが、このパンを白ワインといただいたところ、ちょっと止まらぬ美味さであった。

1img_3811 生ハムとサラミのてんこ盛りハーフ

白ワインとパンを楽しんでいると、程なく「生ハムとサラミのてんこ盛り」のハーフサイズが薄いプレートに載せられて運ばれてきた。
そして、驚いたことに、先ほど脇に置いたトマトの缶づめ4個が再びテーブルの中央にならべられ、その上に「生ハムとサラミのてんこ盛り」のプレートが置かれたのであった。
私達は、な~るほど~!、缶づめはプレートの土台だったのか~ァ!、と感心したのであった。

そして、生ハムとサラミソーセージを割と短時間で食べ尽くしたのであった。
生ハムは肉の旨味とともに程良い塩味がバランスしていて、美味であった。
また、小皿に添えられていた冷凍ブドウを少し合わせると、これはこれでサッパリした口当たりと味わいになり、結構好きな感じであった。
因みに、生ハムはメロンと組み合わせることが日本では多く行われているが、私は季節が合えば無花果を合わせるのを最も好むところである。

1img_3817 メニュ

次に「チーズいろいろ」というのを注文した。
このチーズの名前を記すのは骨が折れるので、ここではメニュの写真を掲載することにした。
手抜きであるが、私が文章で書くよりはこの方が分かり易いということも事実である。

1img_3821 モンテプルチアーノ

また、私はグラスワインの赤から「Montepulciano」をいただいた。
私的にはチーズに合わせるならやはり赤ワインが良い。

1img_3823 チーズいろいろ

さて、「チーズいろいろ」であるが、お嬢さんから緊急通報があり、この日はカマンベールチーズを切らせてしまったので、その分価格をさげるか、はたまた他のチーズの量を増やして価格はそのままにするか、という二者択一を尋ねられた。
それに対して、HO氏はアメフトのQBよろしく即決で増量を告げられたのであった。

1img_3827 ランブルスコ

最後にピザをいただくことにして、赤ワインも注文した。
HO氏は甘口が好いとのことで「Lambursco Rosso Dolce」を、私は「Lambursco Secco」をいただいた。

1img_3828 ピッツァ(オイルサーディンのバジルマリナーラ)

また、注文したピザは「ピッツァ(オイルサーディンのバジルマリナーラ)」であった。
この辺りでHO氏と珍しく政について議論をすることになった。
が、日頃のノンポリが祟ったのか、我が勉強不足を痛感する次第であった。

   

« 誕生日 | トップページ | 府中/ 蔵カフェ (蔵カフェのランチ:カレー) »

渋谷(ワインバー)」カテゴリの記事

コメント

自転車の友人たちと飲みに行っても、ビール、日本酒がメインで、なかなかワインというわけには参りません。たまにはチーズにワインというのも良いものですな。千葉の田舎にある、ワインと地元食材の店に行ってみたいですね。秋になりキノコのシーズンになったら行ってみましょうか。

Kincyanさん
ご紹介いただいた茨城のハンス・ホールべックは佳いお店で、電車を乗り継いで訪ねる価値のあるお店でしたね。
千葉のワインと地元食材のお店は以前にブログに掲載されていましたが、ここのことですよね。
是非ご紹介願います。
秋になるのが楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誕生日 | トップページ | 府中/ 蔵カフェ (蔵カフェのランチ:カレー) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ