« 新大阪/ 駅弁 (東海道 肉づくし) | トップページ | 東京駅/ 駅弁 (中華弁当) »

2019年6月18日 (火)

新大阪/ 駅弁 (ゐざさ 柿の葉すし、押し鮨 詰合)

1dscn3654 DELいCA STATION

新大阪駅で販売されている駅弁の中で「柿の葉寿司」はベストセラーの一つであろうとかなり確信に近い気持ちをもって推察している。
さて、2月のとある日であった。
新大阪駅の新幹線改札内の駅弁専門店「DELいCA STATION」の前に立ち、何か良いものは無いかいなァと目を上下左右に遣っていたら、ふと「柿の葉寿司」を長らく食していないことに気付いた。
しからば食べるらむ!と決め、目の会ったおばちゃんに、「柿の葉すし、押し鮨 詰合」を所望するらむ!と告げたのであった。

1dscn3656

新幹線の定められた席に座り、新大阪駅の発車と時を同じくしてプラスティックバッグから「柿の葉寿司、押し鮨 詰合」の箱を取り出したのであった。

1dscn3657

箱を開けると、中は薄い和紙で包まれていた。


1dscn3659

その薄い和紙を左右に開くと、柿の葉に包まれた「柿の葉すし」と竹の皮に包まれた「押し鮨」が現れた。
あと1回包装を取ると、いよいよ食することができるというものである。
この「柿の葉寿司、押し鮨 詰合」はまさに駅弁のマトリョーシカであった。

1dscn3660

ついにご対面となった「押し鮨」には鯖と鮭の2種類が2個づづ入れられていた。
また、「柿の葉すし」も以下の写真のように鯖と鮭の2種類が2個づづ入れられていた。

1dscn3665 柿の葉すし(鯖)

1dscn3664 柿の葉すし(鮭)

「柿の葉すし」も「押し鮨」も魚の厚みは薄手のものであったが、それぞれの魚の味はしっかりしていて、美味しくいただいたのであった。
なお、箱の中の説明書を読むと、「柿の葉すし」は醤油をつけずにそのまま食することが推奨されていた。

さて、「柿の葉寿司、押し鮨 詰合」であるが、京都駅に到着する前に食べきっていた。
自分でも、も少しゆっくり食べれば良いのに、と思うが、これは駅弁のサイズがそういうものなのであろうということで妙に納得しているのである。

1dscn3666 伊吹山

   

« 新大阪/ 駅弁 (東海道 肉づくし) | トップページ | 東京駅/ 駅弁 (中華弁当) »

駅弁」カテゴリの記事

新大阪(駅弁)」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな御弁当ですね。
柿の葉すし大好きです。 お肉よりお魚のほうが好きですのでお写真を拝見していただきたくなりました。
握り鮨も良いですが押し鮨もまた宜しいですものね。
新幹線内でいただくと また美味しさが違うのかも知れませんですね。

FORTNUM & MASONさん
柿の葉寿司は桜の名所である奈良県吉野のものが有名です。
東京ではお茶ノ水に名店がありましたし、柿の葉の抗菌作用を活かした柿の葉寿司はまさに弁当としてはうってつけなのでしょうねェ。
ところで、肉よりも魚系を好まれるのですね。
そういえば貝づくしの駅弁もありますが、こちらはいかがでしょうか?
私は一人で新幹線に乗りますが、隣の席にだれも居られないと良いのですが、誰か居られるとその状態で駅弁を食するのは何となく気を遣ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新大阪/ 駅弁 (東海道 肉づくし) | トップページ | 東京駅/ 駅弁 (中華弁当) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ