« 堺(中百舌鳥)/ ステーキのどん 中百舌鳥店 (どんハンバーグ、鶏の唐揚げ、シューストリングポテト、生ビール、赤ワイン) | トップページ | 大阪(新世界)/ 街の風景 (ミックスジュース発祥の店、他) »

2019年4月20日 (土)

堺(堺東)/ 虎屋 (居酒屋)

1img_7300 虎屋

堺東という街は以前(といっても50年ほど前)のような賑やかさは無くなったようであるが、さはさりながら栄えている店も多々あり多くのお客で賑わっている様子である。
それらの繁盛店の中でも、私にとって非常に居心地の良かった店の一つが「虎屋」である。

入口の暖簾には「立呑處」と染め抜かれているが、その実はちゃんと座って落着いて飲食を楽しめる店である。

1img_7279 

私が暖簾を潜って店内に歩を進めた時は、若旦那とおばちゃんが居られたのであったが、お二人とも柔和な性格で、言葉遣いも立ち居振る舞いも丁寧であった。
もうこれで居心地の良さは保障されたようなものであるが、それに加えて料理が実にヨロシイのである。

1img_7278 

先ず入店して最初は「熱燗」をいただくとともに大阪ならではの「梅焼き」が煮込まれた関東炊き(おでんのこと)をいただくことにした。
熱燗を一口含むと舌から喉元にかけて清酒の香と酒精の刺激が心地よく広がった。

1img_7276 大根、厚揚げ、梅焼き

また、注文した関東炊きは大根、厚揚げ、梅焼きの三種である。
どれも関西風の出汁で煮込まれていて、そこはかとなく懐かしい感覚が背中から肩にかけて流れたのであった。
特に「梅焼き」は関東地方では見かけることはない。
気の効いた店では伊達巻を入れているところもあるが、「梅焼き」は明らかに一線を画するものである。
この「梅焼き」はその本体の味わいも好いのであるが、おつゆを吸ってホトホトとした食感になったものは他の地域では味わえないものである。

1img_7277 どて焼

また「どて焼」も肉の旨味と味噌味や味醂のコク味や甘味がそれぞれのクラスターを維持しつつも程良く一体化していて、これがタマラン味わいとなっていた。

1img_7282 だし巻き玉子

また、我が好物である「だし巻き玉子」もフワリとした食感であり、出汁を含んだ玉子の旨味がこれまた頬落の味わいであった。

1img_7284 

「熱燗」に続いて、清酒や濁り酒を気の赴くままにいただいた。
いずれも好い酒であった。

1img_7286 

1img_7287 

1img_7290 

1img_7291 

1img_7294 大阪いか焼

暫らく飲んでから「大阪いか焼」をお願いした。
若旦那が丁寧に仕上げてくれたが、私はHO氏が嗜まれるような正統派のいか焼を食べたことがないので云々することは叶わないが、この「大阪いか焼」も美味しく濁り酒とともにいただいた。

1img_7295 

最後に、もう一合清酒をいただいて、お酒はこれにて打ち止め、とした。
何処かでストップしないと際限なく飲み続けてしまいそうであった。

1img_7296 砂ずり炒め

なお、同じ界隈にある「高砂」で砂ずりを食した経験があり、味の比較をしたくなって「砂ずり炒め」を注文した。
しかし、酩酊が進んでいたことから、味に関しては何ら記憶するところでは無くなっていた。
再訪を期するところである。

1img_7297 伝票

   

« 堺(中百舌鳥)/ ステーキのどん 中百舌鳥店 (どんハンバーグ、鶏の唐揚げ、シューストリングポテト、生ビール、赤ワイン) | トップページ | 大阪(新世界)/ 街の風景 (ミックスジュース発祥の店、他) »

堺(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺(堺東)/ 虎屋 (居酒屋):

« 堺(中百舌鳥)/ ステーキのどん 中百舌鳥店 (どんハンバーグ、鶏の唐揚げ、シューストリングポテト、生ビール、赤ワイン) | トップページ | 大阪(新世界)/ 街の風景 (ミックスジュース発祥の店、他) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ